麻雀 東風 戦。 麻雀の東風戦で勝つコツは接戦攻略法にあり!3つの簡単セオリーが接戦を制する

東風戦

麻雀 東風 戦

麻雀において、「半荘」「東風」という麻雀用語が使われます。 これらの言葉は役についてなのか、ルールについてなのか、いったい何を意味するのでしょうか。 今回は「半荘」「東風」について説明します。 半荘とは 半荘と書いて「ハンチャン」と読みます。 ハンチャンとは麻雀におけるゲーム単位を指す用語です。 最も小さいゲーム単位といえば「局」にあたるわけですが、その局を複数局繰り返して「ハンチャン」となります。 半分の意味を持つ「半」を使用した用語であることから想像出来ると思いますが、半荘よりも局数が多い「一荘」もあります。 一荘は一回の勝負が決するまでに非常に長い時間を要します。 日本では半荘戦が主流となっていますので、半荘を覚えておくといいでしょう。 日本で麻雀の試合を一試合行うとすれば、半荘を一回行うということになります。 半荘の局数 半荘は一試合ということですが、その半荘一試合を前後半にわけてゲームが行われます。 前半を東風戦、後半を南風戦と呼びます。 「東南西東」の東と南ですので、一荘戦の場合は加えて西風戦、北風戦が行われるということです。 東風戦は「東場」とも呼ばれ、ゲームの最小単位である「局」を4局行います。 四人打ち麻雀では、一人一回親が回ってきます。 そして南場も4局行いますので、半荘一試合は合計8局の勝負となるのです。 東風戦 半荘以外にも一試合の単位はあります。 既に紹介した「一荘戦」もその一つです。 半荘戦よりももっと短い時間で試合が行える「東風戦」もあります。 半荘の前半を「東風戦」と紹介しましたが、その前半戦だけで勝負を決めてしまおうというのが「東風戦」です。 オンライン麻雀ではよく見かける試合方式です。 おわりに 東場4局と南場4局を行うのが半荘戦と覚えておけば、一荘戦や東風戦は倍にするか半分にするかなので簡単です。

次の

【ルール解説】麻雀の東風戦とコツを解説!

麻雀 東風 戦

無料オンライン麻雀は、基本的にフリー雀荘と同様と考えてください。 どの卓にも断りなく自由に参加が可能です。 フリー雀荘と言っても、中には知り合い同士で遊びたいという方もいるようですので、卓に入る時に 「入ってもいいですか?」などと聞いて、参加する事をおすすめします。 VIP会員専用卓への接続 VIP会員専用卓は最大2000人の接続で、東風戦、東南戦、三人打ち、麻雀大会卓(大会期間中VIP会員のみ参加可能)が用意されています。 無料版サーバへの優先的な接続 無料版(第1〜第3)サーバへの優先的な接続権が得られます。 また、不定期でVIP麻雀の大会卓が設置されます。 【仲間でワイワイ(チャット中心)卓】 チャットをしながらお気楽に楽しむ卓です。 初めて参加される方にもお勧めの卓です。 【仲間でワイワイ 麻雀中心 卓】 チャット中心 卓との違いは、Rateが変動することです。 チャットをしながら勝負も捨てないで頑張る!卓 です。 【ランキング卓】 どなたでも参加可能です。 勝負を重視した戦いが繰り広げられる卓です。 【超上級ランキング卓】 Rateが1850以上で300試合以上戦ったすんごい人が集う卓です。 ランキング卓と同様に結果は麻雀大会に反映されます。 【VIP麻雀大会卓】 VIPサーバで不定期に開催される麻雀大会の卓です。 大会開催中にVIPサーバに出現します。 上位入賞者へ賞品がつく大会もあります。

次の

麻雀 東風戦について

麻雀 東風 戦

麻雀において、「半荘」「東風」という麻雀用語が使われます。 これらの言葉は役についてなのか、ルールについてなのか、いったい何を意味するのでしょうか。 今回は「半荘」「東風」について説明します。 半荘とは 半荘と書いて「ハンチャン」と読みます。 ハンチャンとは麻雀におけるゲーム単位を指す用語です。 最も小さいゲーム単位といえば「局」にあたるわけですが、その局を複数局繰り返して「ハンチャン」となります。 半分の意味を持つ「半」を使用した用語であることから想像出来ると思いますが、半荘よりも局数が多い「一荘」もあります。 一荘は一回の勝負が決するまでに非常に長い時間を要します。 日本では半荘戦が主流となっていますので、半荘を覚えておくといいでしょう。 日本で麻雀の試合を一試合行うとすれば、半荘を一回行うということになります。 半荘の局数 半荘は一試合ということですが、その半荘一試合を前後半にわけてゲームが行われます。 前半を東風戦、後半を南風戦と呼びます。 「東南西東」の東と南ですので、一荘戦の場合は加えて西風戦、北風戦が行われるということです。 東風戦は「東場」とも呼ばれ、ゲームの最小単位である「局」を4局行います。 四人打ち麻雀では、一人一回親が回ってきます。 そして南場も4局行いますので、半荘一試合は合計8局の勝負となるのです。 東風戦 半荘以外にも一試合の単位はあります。 既に紹介した「一荘戦」もその一つです。 半荘戦よりももっと短い時間で試合が行える「東風戦」もあります。 半荘の前半を「東風戦」と紹介しましたが、その前半戦だけで勝負を決めてしまおうというのが「東風戦」です。 オンライン麻雀ではよく見かける試合方式です。 おわりに 東場4局と南場4局を行うのが半荘戦と覚えておけば、一荘戦や東風戦は倍にするか半分にするかなので簡単です。

次の