リクルート キャリア。 リクルートキャリア

海老原嗣生

リクルート キャリア

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 今回は、近年特に人気の高いリクルート系列会社の1つ、リクルートキャリア2017年卒本選考のポイントを6点にまとめてお伝えします。 選考前の確認にぜひご一読ください。 リクルートキャリアの特徴 向上心への熱い情熱 リクルートキャリア(以下、キャリア)では、 顧客へのキャリア支援はもちろんのこと、自身のビジョンを情熱的に語る社員が多いことで有名です。 他人のキャリア形成を本気で考えている仕事柄、自分のキャリアについての深い哲学を持ちながら仕事をする社員が多く存在しているのです。 内定者によれば、実際に飲み会の席でも「君の『Will』はなんなの?」という声が飛び交い、情熱的なビジョンを語る社員が多く存在しています。 良い意味で仕事を自分に人生にプラスに反映させていきたいと思う学生にはオススメの企業です。 積極的な事業開拓 キャリアは経営幹部クラスの 「CAREER CARVER」をはじめ、「アントレ」・「ReCoBook」などの新しいサービスを多く展開しています ( )。 この背景として、「リクナビ」は競合企業であるマイナビが運営する「マイナビ」に利用者数を追い越されたことから、新規顧客の開拓に積極的であることが挙げられます ( より)。 ライバルを追っていくような環境で、次々と新しい事業を生み出していく挑戦的な風土で活躍していきたいと考える学生にはオススメの企業です。 リクルートキャリアの選考フロー 2017年卒のキャリアの選考は以下のフローで行われました。 ・Webテスト ・1次面接 ・2次面接 ・3次面接 ・最終面接 それでは早速、選考のポイントについて見ていきましょう。 リクルートキャリア本選考のポイント5選 1. リクルート共通の選考ポイントとキャリアの選考ポイントを実践しよう キャリアの選考においては、リクルート系列会社の選考において共通で必要なポイントに加え、キャリア独自の選考ポイントを踏まえて選考に臨むことが必要です。 「自分を語れるのか」というリクルート系共通のポイントに対して、対人営業が大きな鍵を握るキャリア特有のポイントは 「自分の考え、熱意によって人を動かした経験を語れるか」です。 以上の点を踏まえて、後述のポイントを熟読して選考に臨みましょう。 SPIは何度も参考書を解くことで問題に慣れよう キャリアの2017年卒の選考では 言語・非言語・性格診断の3つが課されました ( より)。 特に苦手な学生はSPIを課している他の企業を受検することで問題の形式に慣れるようにしましょう。 下記に、SPIを受けられる企業の一覧を掲載します。 ・ 3. また記入した人生のイベントについて、面接官が気になったこと、特に挫折経験や頑張ったことについて深掘りが行われたそうです ( より)。 従って、自分の人生で転機になった経験について「なぜ自分はその選択肢をとったのか」について自身で分析を行い、メモなどに残しておくようにしましょう。 横軸が時間の経過を表す軸。 下記に具体的な自己分析手順を記入するので参考にしてください。 自己分析の手順例 (1)物心ついた頃から現在までの間に、自分が経験してきたことを洗い出す (2)個々の経験の中で、「その行動をとった理由と背景」を客観的に分析する (3)「自分の価値観・人生観を形成してきた経験」は何かを分析する (4)(1)〜(3)の結果が、他者・客観的認識とズレがないかを確認する 4. 2次面接では自分ならではの主体性を語ろう 17年卒の2次面接では、 前回の面接より強く「過去」に対して厳しく深掘りがなされること、また 自身の将来像を面接で質問することで人生をしっかりと考え行動しているかが精査されています。 具体的には、1次面接で人を動かした経験を述べたところ、2次面接では「対象となる相手をどのように動かしたか」「その時何を考えてその行動に至ったか」という問いがなされました ( より)。 従って、この面接では前回の面接に引き続き「なぜ自分はその行動をしようとしたのか」にプラスして「その時に感じた困難はどのようなものであったのか」「その困難を解決するためにどのようなアクションを起こしたのか」について具体的に答えられるように準備しましょう。 過去の経験について書き出し、過去の行動がどのような思考で行われたのかについて事前に書き出しておくことが有効な対策となります。 3次面接では「自分の考え・熱意によって人を動かした経験」を語ろう この面接では、 キャリアの方針と学生がマッチングしているかを最終確認する目的で行われる面接です。 実際、17年卒の選考では1次・2次面接よりも厳しい深掘りが行われたようです ( より)。 従って、キャリアの選考におけるポイントである「自身で考えて人を動かした経験」を過去の経験から語り、キャリアへの適性をアピールしましょう。 内定者が実際に経験した深掘りの例を掲載するので参考にしてください。 学生:学校で最下位の成績から受験に成功した経験がある。 面接官:なぜ最下位から上を目指そうと思ったのか。 学生:その根底には自分の負けず嫌いな性格の影響がある。 面接官:なぜ負けず嫌いな性格になったかのか。 学生:幼少期、弟の前で恥ずかしい姿を見せないために常に弱気な姿勢を見せないように意識していた。 最終面接は入社意識確認の目的で行われる 17年卒最終面接は キャリアへの入社意思確認の目的で行われました。 具体的には、他社との併願状況や、理想の社会人像についての質問を通して、入社への意思確認が行われます ( より)。 従って、上述したキャリアの風土や業務を自分の過去の経験と結びつけてキャリアへの適性を示すようにましょう。 おわりに いかがでしたか。 2017年卒のキャリアの選考は、自身の過去について「なぜその選択を行ったのか」についての入念な深掘りがなされる面接でした。 事前に自分の過去を振り返り、キャリアに対して自分が適性があることをアピールするようにしましょう。 さらに詳しい選考の情報を知りたい方は、以下をご覧ください。

次の

キャリア採用情報

リクルート キャリア

来歴・人物 [ ] を経て、を卒業。 を経て、に入社。 新規事業や人事制度設計に携わるほか、系列のリクルート ワークス研究所で『 Works 』(隔月刊。 1995年 - ) の編集長にも就任した。 に、HRコンサルティング会社、ニッチモを立ち上げ、 代表取締役に就任すると同時に、リクルートエージェントの第1号フェロー社員となり、人事経営雑誌「HRmics」(季刊誌。 非売品)の編集長になる。 主義・主張 [ ] 不景気になると「学生が就職できない」と騒ぎ、景気が上向きになれば「学生が採れない」と騒ぐが、問題はその度に行われる議論の中身である。 海老原が指摘するのは、こうした議論の危うさである。 『お祈りメール来た、日本死ね 新卒一括採用と雇用システム』では日本企業の採用の問題を制度的補完性の点から議論されなければならないという立場と、安易な欧米型礼賛や表面的な模倣の中に日本の課題の処方箋はないという立場である。 著書 [ ]• 雇用の常識「本当に見えるウソ」 プレジデント社 2009(後、ちくま文庫 2012)• 面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと - 会場に行く電車の中でも「挽回」できる! プレジデント社 2010• 2社で迷ったらぜひ、5社落ちたら絶対読むべき就活本- 受ける順序を変えるだけで内定率アップ プレジデント社 2011• 「若者はかわいそう」論のウソ 2010• 課長になったらクビにはならない 日本型雇用におけるキャリア成功の秘訣 朝日新聞出版 2010• 学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識 朝日新聞出版 2009• 仕事をしたつもり 2011• 日本人はどのように仕事をしてきたか 中公新書ラクレ 2011• もっと本気でグローバル経営ー海外進出の正しいステップ 東洋経済新報社 2011• 偏差値・知名度ではわからない就職に強い大学・学部 朝日新書 2011• 女子のキャリア [ちくまプリマ-新書] 2012• 危ない大学〔・倉部史記・との共著〕(洋泉社・新書y)2012年• 日本で働くのは本当に損なのか 日本型キャリアVS欧米型キャリア [PHPビジネス新書] 2013• いっしょうけんめい「働かない」社会をつくる PHP新書 2014• なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか? 人気企業の「手口」を知れば、就活の悩みは9割なくなる 東洋経済新報社 2015• お祈りメール来た、日本死ね 新卒一括採用と雇用システム 文春新書 2016 脚注 [ ].

次の

リクルートキャリアの年収は高い?【評判も社員から聞いた】

リクルート キャリア

「さまざまな企業の魅力を学生に伝え、自分に合った就職先を見つけてもらう。 そんな場を作り出すのが僕たちの仕事です」 こう話す増本全さんは年間約150回開催されるイベントのため、全国を飛び回る日々だ。 リクルートキャリアで10名のメンバーを率いるリーダーを務める。 最も大規模なイベントが、冬に東京で開催される合同企業説明会。 多い時は約500社が参加し、5万名近い学生が集まる。 自分たちが企画した催しから企業と学生の出会いが生まれるのは、「ぞくぞくするような感覚」だと増本さんは言う。 「この会社ならきっと働くのが楽しいに違いないと感じました。 何をやっている会社なのかは、正直わかりませんでしたが(笑)」 面接で会った社員の生き生きとした姿を見て感じた直感は当たっていた。 今は確信をもって、仕事を「好き」と言える。 「たとえ、つらくても仕事が嫌いになるということはあり得ない。 この会社で働き始めて、それに気付きました。 目の前の仕事に魂を込めて全力で取り組めば、それは必ず好きな仕事、やりたい仕事になるんです」 仕事の原点は、自身の就職活動にある。 将来何をしたいかわからなかった彼を、学習院の卒業生たちが助けてくれた。 先輩のアドバイスによって多くの企業を訪問し、働くことの意義を肌で感じた。 会って話を聞いた卒業生は60人にもなる。 実は、2年生までは大学になかなか馴染めず、アルバイトに打ち込む日々が続いていた。 「皆おとなしくて、内向き。 そんなイメージがあったんです。 でも、卒業生との出会いを通じて、それは完全になくなりました。 人のつながりを大切にし、後輩のためなら何でもしようと考える先輩がこんなに多いのかと、本当に驚きましたね」 増本さんも多忙を極める仕事の合間を縫って、面接対策セミナーや、経済学部のキャリア支援プログラムに参加している。 「社会に出て働くきっかけを作ってくれた場所に恩返しをしたい。 皆そんな気持ちで参加しています。 もちろん、僕もその一人です」.

次の