ゼウスwifi 速度。 ゼウスWiFiの評判・口コミは?速度やメリット・デメリットも徹底解説|WiMAXの最安値を比較!

どスゴイWiFiとゼウスWiFiの料金,速度を比較!5G対応可能なのはどスゴイWiFiだが │ IT技術者おすすめ格安SIMスマホ光回線徹底比較

ゼウスwifi 速度

まずは「最強」と話題になっている「ZEUS Wi-Fi」の基本的なスペックについて紹介します。 ZEUS Wi-Fiのスペック 運営会社 株式会社Human Investment 契約期間 2年(自動更新) 月額料金 2,980円〜(税抜) 通信制限 なし 通信速度(下り) 150. ZEUS Wi-Fiの料金 つづいて、ZEUS Wi-Fiにかかる費用の内訳を、詳しく説明します。 ちなみに、ただ今 特別キャンペーン実施中です。 元の金額も安いですが、特に「ゼウスWiFiデビューキャンペーン」が適用されるうちに使い始めるのがおすすめです! キャンペーンの終了時期は未定ですが、契約したい人はなるべく早めに申し込みましょう! ZEUS WiFiの評判・口コミは? とはいえ、やっぱり記事を読んでいる皆さんは、ゼウスWiFiの使い心地が気になりますよね。 「口コミがないなら自分で体験しちゃえ!」ということで「ゼウスWiFiドバドバ体験キャンペーン」に申し込んでみることにしました。 「ゼウスWiFiドバドバ体験キャンペーン」とは、課金開始から30日以内であれば解約手数料が無料になるという、ゼウスWiFiの特別キャンペーンです。 使い心地が心配で契約に踏み切れないな・・・という人は、私のように一度試してみるのがおすすめですよ。 公式サイトから必要事項を記入して申し込んだら、2日後には自宅に届きました。 写真はゼウスWiFiが届いた時の箱なのですが、ちょっとテンション上がるデザインです。 新品で購入したiPhoneが入っている箱にちょっと似ています。 高級感あります。 開封!同梱されているのは? 白い箱をパカっと開けてみました。 中に入っていたのは、以下の通り。 WiFiルーター端末(H01)• typeCの充電ケーブル• 取扱説明書• SIMカード• ちなみにTypeCの充電ケーブルですが、反対側はコンセントではなく「Type-A」というUSB規格になっています。 ですから、PCに差して充電するか、以下のような変換器が必要になります。 普段iPhoneを使っている人なら、1つは持ってますよね。 変換器も充電できるPCも持っていない人は、変換器を用意する必要があるので、注意です! WiFiルーター本体をチェック! こちらがゼウスWiFiで提供しているモバイルWiFiルーター端末「H01」です。 現在提供しているのは、この1種類のみです。 私が昔持っていたポケットWiFiと比べて、かなり軽い印象を持ちました。 縦横の幅は大体スマホと同じくらい。 厚みはスマホの1. 5倍くらいでしょうか。 充電規格は上で述べた通り、Type-Cになっています。 最新のAndroidスマートフォンやノートPCの充電ケーブルを持っていれば、併用して使える可能性が高いです。 手持ちの充電器もチェックしてみましょう。 肝心の通信速度はどうよ? 早速、ゼウスWiFiにつないで速度を試してみました。 PC(ネットサーフィン、Youtube)• スマホ(アプリゲーム、Youtube)• NintendoSwitch(友人との通信)• Kindle FireTV(動画配信サービス視聴) 上記でそれぞれ試してみました。 スマホ、PC、スウィッチは、特にカクついたり止まってしまうことはありませんでした。 ただ、テレビだけ光回線でつなぐときよりも読み込み時間が長く、ちょっとモッサリしてるかな・・・という印象です。 まあでも、これはゼウスWiFiに限ったことではなく、モバイルWiFi全般に言えることですね。 また、合計で10時間ほどつなぎっぱなしだったのですが、途中で通信が切れてしまうこともなかったです。 ゼウスWiFiを使ってみた感想 これまでいくつかのポケットWiFiを試してきた私ですが、使用感は「どんなときもWiFi」や「MugenWiFi」「よくばりWiFi」などと大差ないかなという感じでした。 ただ、 ゼウスWiFiは月額料金がキャンペーンですごく安くなっているので、使用感変わらず安く使えるのはとても魅力的ですよね。 あとは、公式サイトやルーター本体、箱などがカッコいいので、デザインで選ぶのもありだと思います笑 ZEUS WiFiを他社モバイルWifi2種と比較 使い勝手がわかったところで、改めて他社のモバイルWiFiと特徴や料金を比較してみましょう。 比較対象は、ゼウスWiFiと同じく最近サービス開始した「よくばりWiFi」と「どんなときもWiFi」です。 3社とも通信制限なし、海外利用、基本プランは2年縛りです。 ただし1つだけ大きく差がある点があります。 それは、 月額料金の差です!! 2年間続けて使った場合の金額を見ると一目瞭然ですね。 よくばりWiFiとどんなときもWiFiは8万円台ですが、 ゼウスWiFiは7万円台に収まっています。 サービスが同じならより安い金額で使いたい!という人は多いと思うので、ゼウスWiFiが一番おすすめのモバイルWiFiだと言えます。 ZEUS WiFi契約の流れと注意点 利用を開始する 届いた端末の電源をつけて、取扱説明書の指示に従って利用開始設定(SIMカードの挿入、SSIDの設定など)をすれば、即使えます! ゼウスWiFi契約時の注意点 契約する際は、以下のポイントについて注意しましょう。 あんしん補償は契約時しか入れない 「あんしん補償」とは、故障や破損でルーターが壊れてしまった際に、無償で新品の端末と交換してもらえる、月額400円のサービスです。 加入することができるタイミングは契約時のみで、一度外してしまうと再加入もできません。 後から入ることはできないので、迷う人は入っておいた方が無難だと思います。 契約から2年後のタイミングまでは解約金がかかる これは他のポケットWiFiも一緒なので、皆さんご存じかもしれません。 ゼウスWiFiは2年間の契約になるので、契約から2年後の更新月までに解約すると、解約金がかかります。 解約金は一律9500円です。 2年後の更新月を逃すと、無料で解約できるのはさらに2年後になるので、気を付けてください。 端末はレンタル。 解約時には返却が必要 端末は買取ではなく、レンタルになります。 本体代金がかからない代わりに、解約時に返却をする必要があります。 返却できない場合や、故障してしまっている場合は、端末代金18,000円請求される可能性があるので、気を付けましょう。 初期契約解除は利用開始日から8日以内まで 自宅で電波が入らない場合などは、初期契約解除ができます。 利用開始日から数えて8日以内に、ゼウスWiFiのコールセンター(0120-989-827)で電話申告を行いましょう。 返送する際は、充電ケーブルや取扱説明書、受け取り時の箱もすべて送り返す必要があるので、捨てないように注意しましょう。 ZEUS WiFi特徴まとめ.

次の

評判は?ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)を使った私の口コミ評価とデメリットを全解説!

ゼウスwifi 速度

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とは、2020年3月からスタートした新しいポケットWiFiサービスです。 30日間のお試し体験や、月額料金が安いという特徴があり、現在2つのキャンペーンも行っています。 しかし、新しく始まったサービスのため、おすすめなのかどうかって、よくわからないですよね。 結論を先に言ってしまうと、 ゼウスWiFiは「一番オススメ!完璧!」とまではいかないものの、「キャンペーン中に限り結構おすすめ!」なポケットWiFiです。 この記事ではゼウスWiFiのメリットやデメリット、また現在人気No1ポケットWiFiであるMugen WiFiとの比較結果などを紹介しています。 是非この記事を参考にして、ゼウスWiFiが自分におすすめなのか検討してみてくださいね。 最安値保証WiFiが今ベストな理由• 申込から最短即日発送で、すぐにでも利用ができるから• 契約期間の縛りがなく、無料で解約ができるのでリスクが少ないから• 初期費用も0円なので、気軽に契約できるから• 月額料金も3,280円と最安級だから• 月に利用できるデータ量が「100GB」と明記されて安心して利用できるから• 契約期間の縛りが無いので、テレワークや在宅勤務の短い期間だけの利用ということもできるから 最安値保証WiFiは「契約期間の縛りが無い」「無料解約」「初期費用0円」「月額料金も安い」「データ量も明確」とおすすめできる要素が詰まったポケットWiFiです。 はじめてポケットWiFiサービスを利用する人や、短期間だけでの利用がしたい人も解約金や違約金といったリスクなく気軽に利用することができます。 もし今後Mugen WiFiのサービスが再開したとしても、最安値保証WiFiのほうがおすすめできる要素が多いので、是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/ 下の表は、現在行われている割引キャンペーンを適用した情報です。 ゼウスWiFiの基本情報 月額料金 3,480円 現在キャンペーン中につき 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 初期費用 3,000円 回線 au,softbank,docomo 契約期間 2年 解約違約金 9,500円 (更新月は0円) 月間通信容量 無制限 3日間制限 なし 端末 H01 最大速度 下り:150Mbps 上り:50Mbps 端末の支払い 無料レンタル 紛失時賠償金:18,000円 支払い方法 クレジットカード ゼウスWiFiは以上のようなポケットWiFiとなっています。 半年目以降月額料金が上がるので注意しましょう。 それでは見ていきましょう。 メリット1.容量無制限なのでネットが使い放題 ゼウスWiFiは月に利用できる容量が無制限のポケットWiFiなので、ネットをたくさん利用することが出来ます。 最近では使い放題WiFiも珍しくはなくなってきましたが、ゼウスWiFiも使い放題が可能なポケットWiFiとなっています。 本当に無制限なの? ゼウスWiFiの公式サイトには以下の記載があります。 無制限と言いながら、ある程度の大容量まで利用した際に通信制限にかかるポケットWiFiは多くあります。 ゼウスWiFiが通信制限にかかるかはわかりませんが、 「どんなポケットWiFiでも通信制限にかかる可能性はある」ということは覚えておいたほうがいいかもしれませんね。 その他の無制限ポケットWiFiで通信制限にかかるという口コミ 人気ポケットWiFiであるMugen WiFiやクラウドWiFiも公式サイトでは「無制限」とは言っているものの、実際には通信制限にかかるという口コミがあります。 MugenWiFiは月に300GB利用すると速度制限にかかるという口コミが非常に多いです。 Mugen wifi データー通信量無制限と謳っておりますが……300GBで速度制限掛かります。 月中300GB使用で月末まで速度制限!! 動画も途中で途切れてしまう速度ですよ。 解約予定です。 クラウドwifi東京 使用して14日程で通信制限にかかりました。 普通の使い方だと思ったけど考えないかんなー — tobuon tobuon しかし、 公式サイトでは実際に通信制限にかかる具体的な容量は明記されていません。 基本的に「無制限」と紹介されているポケットWiFiも、ある程度の大容量通信をすると速度制限にかかると思っていたほうがいいかもしれませんね。 メリット2.月額料金が安い ゼウスWiFiは通常時の月額料金は「少し安いかな」という程度ですが、現在は「デビューキャンペーン」を行っているため非常に料金が安いです。 通常時 月額料金 3,480円 キャンペーン 月額料金 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 ポケットWiFiの月額料金は最安値クラスで3,000円前半なので、2,980円という料金は非常に安いです。 7か月目以降の3,280円も最安値クラスであるため、料金面では非常にお得なポケットWiFiサービスとなっています。 メリット3.30日間お試し体験ができる ゼウスWiFiは現在「ドバドバ体験キャンペーン」という、 利用開始30日以内の解約料金を無料にするキャンペーンを行っています。 クラウドWiFiは最適な回線に接続してくれるメリットがある一方、端末の電源を入れてから1分程度回線を探す時間がかかるデメリットがあります。 また、最適な回線に振り分けると言いながらも、ほとんどsoftbank回線に繋がるという特徴もあります。 長年いろいろなポケットWiFiを利用している筆者からすると、「クラウドSIMが本当にメリットと言えるのか」は非常に微妙な点となってきているので、この点だけを期待しすぎるのはあまりおすすめしません。 メリット5.無料レンタル端末は画面があって使いやすい ZEUS WiFiから無料でレンタルされる端末「H01」は、画面があって非常に使いやすい端末となっています。 画面があることにより、「WiFi接続に必要なSSIDやパスワード」「月にどの程度ネットを利用したか」「今現在の接続状況はどうなっているか」を 確認することが出来るので、非常に便利です。 クラウドSIMが利用できる人気端末に「U2S」という端末がありますが、U2Sには画面がありません。 筆者も利用した経験があるのですが、画面が無いので「どれくらいネットを利用したのか」「今現在の接続状況がどうなのか」がわからないんですよね。 そのため、画面のあるゼウスWiFiの端末は利用がしやすく大きなメリットと言えるでしょう。 3.ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)2つのデメリット ここからは、ゼウスWiFiの以下2つのデメリットについて解説していきます。 それぞれ見ていきましょう。 デメリット1.契約期間が2年間ある ゼウスWiFiは契約期間が2年間あり、その間に解約をしようとすると解約料金9,500円が発生してしまいます。 以下の表は4月に契約した場合のシュミレーションです。 1ヶ月目は「ドバドバ体験キャンペーン」で解約金が無料になりますが、それ以降は2年毎にある更新月以外で解約金が発生します。 ポケットWiFiの契約期間は2年間のものが多くあるため、デメリットに思えないかもしれません。 しかし、 最近では契約期間のしばりがないサービスや、契約期間以降は解約金が必要のないポケットWiFiサービスも出てきました。 その点を踏まえると、契約期間が2年間あるというのはデメリットと言えるでしょう。 デメリット2.キャンペーンがいつ終わるかわからない ゼウスWiFiは、月額料金が安くなる「デビューキャンペーン」と、30日間解約金が無料になる「ドバドバ体験キャンペーン」を行っています。 この2つのキャンペーンが終了する時期は、現在公開されていません。 もしこのキャンペーンが終わってしまった場合、ゼウスWiFiを選ぶメリットが一気に2つもなくなってしまいます。 もしゼウスWiFiを検討しているのであれば、このキャンペーンが終わるまでに契約をするようにしましょう。 ここまでゼウスWiFiのメリットやデメリットについて紹介してきました。 ここでは、 当サイトで一番人気のあるポケットWiFiの「Mugen WiFi」と「ゼウスWiFi」を徹底的に比較していきます。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 月額料金 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 3,280円 初期費用 3,000円 3,000円 回線 クラウドSIM クラウドSIM 契約期間 2年 2年 解約金 9,500円 更新月:0円 1~12か月:9,000円 13~24か月:5,000円 それ以降:0円 通信容量 無制限 無制限 端末 H01 (画面あり) U2S (画面なし) 最大速度 150Mbps 150Mbps 支払 カード カード お試し期間 解約金:無料 初期費用:必要 月額料金:必要 お試し期間でも容量無制限 解約金:無料 初期費用:無料 月額料金:無料 50GB以上利用すると 約25,000円の解約金が発生 そして「ゼウスWiFi」と「Mugen WiFi」それぞれのお得なポイントについてより詳しく解説します。 お試し期間でも容量無制限 料金 ゼウスWiFiはMugen WiFiより月額料金が安く、お得です。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 月額料金 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 3,280円 月額料金差がある期間は最初の6か月間だけなので、約1,800円の料金差となります。 そこまで大きな料金差ではないため、あまり気にしないでしょう。 端末 Mugen WiFiのU2S端末は画面がついていませんが、ゼウスWiFiのH01端末には画面がついています。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 端末 H01 (画面あり) U2S (画面なし) 最大速度 150Mbps 150Mbps どちらの端末も速度面に差はありませんが、画面の有無により操作性が異なります。 ポケットWiFiを長期間使う上で、端末の操作性は重要なポイントです。 画面があり操作のしやすいゼウスWiFiの端末は、Mugen WiFiよりオススメと言えるポイントとなっています。 お試し期間でも容量無制限 ゼウスWiFiもMugen WiFiも、どちらも30日間のお試し期間がありますが、詳細が異なります。 Mugen WiFiは基本的に手数料1,000円以外全て無料の期間ですが、ゼウスWiFiの場合初期費用と月額料金は必要です。 しかし、Mugen WiFiはお試し期間中に50GB以上利用すると高額な解約金が発生するのに対し、ゼウスWiFiは制限がありません。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi お試し期間 解約金:無料 初期費用:必要 月額料金:必要 お試し期間でも容量無制限 解約金:無料 初期費用:無料 月額料金:無料 50GB以上利用すると 約25,000円の解約金が発生 「30日間中たくさんネットを使って、通信制限にかかるか試して見る」ということができるのはゼウスWiFiだけです。 Mugen WiFiの場合、端末に画面がないのでどの程度利用したのかわからず、50GB以上利用したかの判断も難しいです。 月額料金と食費用はかかってしまいますが、より安心してお試し利用をしたいなら、ゼウスWiFiのほうがおすすめと言えるでしょう。 Mugen WiFiのお得なポイント Mugen WiFiがゼウスWiFiよりお得なポイントは以下の3点です。 解約金• お試し期間がより安い 解約金 Mugen WiFiは契約期間の縛りが2年以降なくなるため、解約のしやすさがゼウスWiFiよりも容易です。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 契約期間 2年 2年 解約金 9,500円 更新月:0円 1~12か月:9,000円 13~24か月:5,000円 それ以降:0円 ゼウスWiFiが2年に1回しか解約金が0円になるタイミングがない一方、Mugen WiFiは1年目以降から解約金が安くなりますし、2年目以降はいつ解約しても0円です。 更に、2年以上Mugen WiFiを利用すると、無料レンタルされている端末を返却する必要がなくなり、もらうことができます。 ゼウスWiFiを含め、通常無料レンタルされている端末は返却義務があるので、この点はMugen WiFiのほうが圧倒的に優っているポイントと言っていいでしょう。 お試し期間がより安い Mugen WiFiのお試し期間は、ゼウスWiFiよりもさらに安く利用することが出来ます。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi お試し期間 解約金:無料 初期費用:必要 月額料金:必要 お試し期間でも容量無制限 解約金:無料 初期費用:無料 月額料金:無料 50GB以上利用すると 約25,000円の解約金が発生 手数料の1,000円と返送料は発生しますが、それ以外は基本的に料金はかかりません。 しかし、 お試し期間中に50GB以上利用してしまうと、約25,000円ほどの高額な解約金が発生してしまうという大きなデメリットがあります。 Mugen WiFiの端末は画面がついていないため、どの程度ネットを利用したのか把握することが非常に難しいです。 この点だけは必ず注意して利用するようにしましょう。 5.ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がおすすめな人・おすすめではない人 ここまで、ゼウスWiFiのメリットやデメリット、人気ポケットWiFiのMugen WiFiとの比較などをしてきました。 ここでは、 結論としてゼウスWiFiがおすすめな人とおすすめではない人を紹介していきます。 ゼウスWiFiがおすすめな人 ゼウスWiFiは現在2つのキャンペーンの存在により、おすすめのできるポケットWiFiです。 メリットを5つ紹介してきましたが、中でも以下のような人には特におすすめできます。 現在Mugen WiFi・ゼウスWiFiは申し込みを停止しているため、利用できません。 現状一番おすすめのポケットWiFiは「最安値保証WiFi」です。 契約金・解約金無料の『最安値保証WiFi』 プラン名 縛りなしプラン 契約期間 縛りなし 発送日 2日以内での発送 初期費用 0円 月額料金 3,280円 解約料金 0円 利用できるデータ量 月約100GB 支払い方法 クレジットカード 公式サイトURL 最安値保証WiFiは、現在当サイトで一番おすすめのポケットWiFiです。 「いつでも無料で解約ができる」「初期費用も0円」の2つの特徴があり、契約にも解約にもリスクなく気軽に利用することが出来ます。 月に利用できるデータ量も約100GBと明記されているのも安心できる要素です。 筆者も実際に最安値保証WiFiを利用していましたが、速度はもちろん、サポートの対応も素晴らしかったので、興味がある方は是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/.

次の

ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)を徹底レビュー。通信速度は速い?遅い?端末の使い勝手はどんな感じ?

ゼウスwifi 速度

クラウドSIMって、何? クラウドSIMって聞いたことがあるでしょうか? SIMという言葉は聞いたことがある方が多いと思います。 スマホやモバイルルーターに契約したSIMカードを挿入して回線に接続する仕組みです。 そのSIMカードをクラウド上に置きユーザーは使用時にSIMカードのデータをダウンロードして使用する方法です。 クラウドSIMを用いる事で、その時、その場所に適したSIMカードを選択する事が可能になるので、空いている回線を選択したり、速度が速い回線を選択したりすることが可能になります。 クラウドSIMは様々なキャリアに対応する事が可能なため、ユーザーがクラウドSIMに対応したスマホやルーターの電源を入れると現地に対応した最適なクラウドSIMのデータをサーバーからダウンロードされる。 SIMデータをダウンロード後、そのSIMカードを挿入した端末として利用可能になるという仕組みです。 クラウドSIMの仕組みは、その場所に対応したSIMを選択する事が可能なため、今までは海外での利用を想定したモバイルWi-Fiのサービスが殆どでした。 今まではTFNの「GWIFI」などに代表される様に海外用のモバイルルーターとして提供されてきましたが、最近では国内の大手通信キャリア docomo、au、softbank のSIMに対応した、エックスモバイル「限界突破Wi-Fi」、グッドラック「どんなときもWiFi」、スマモバ「THE WiFi」、Human Investment「ゼウスWiFi」などから国内での通信容量が無制限のサービスが提供されるようになってきました。 ここでは、最近CMで話題のTHE WiFi「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」にフォーカスして、通信速度や料金について見てい行きたいと思います。 つながらない事があるってホント? クラウドSIMはサーバー上にSIMカードが存在していて、ユーザーは使用時にSIMをダウンロードする仕組みです。 そのため、ユーザー数が急激に増えたりすることで、ユーザー数がサーバー上のSIMカードを超えてしまうとユーザーがダウンロードできるSIMカードが存在しなくなってしまうので、繋がらない事象が発生する事がある。 そもそもそんなことが起こらないように、運営会社は多めのSIMカードをクラウド上に保有するべきなのだが、余剰にSIMを保有する事でその分経費がかさむ為、運営する側としてはギリギリの線を模索しながら運営をしていることが実状なので、急激な変化への追従が難しい。 そんな問題点に直面しているのが、「どんなときもWiFi」 2020年2月に一部のキャリアのSIMに不具合が発生し、3月にはSIMカードの提供が止まったり、必要数のSIMカードの不足が発生しており、2020年4月3日から新規の受付を停止する事態に陥っている。 様々な不具合とコロナウイルスの影響も相まって、この様な事態に陥っている。 他のクラウドSIMでサービスを提供している会社も同様の潜在的な問題が存在しているため、契約を考えている方は、これらのリスクがある事も念頭に入れておきたいところ。 「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」特徴比較 「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」両方共通しているのが、国内データ通信容量無制限で大手3大キャリアに対応している事です。 どスゴイWiFiの特徴は、全国15万箇所のWi-Fiスポットに対応しており、5Gアップグレード可能な端末を採用しています。 さらには海外132カ国で利用可能となっています。 ゼウスWiFiの特徴は、海外106カ国で利用可能となっており、どスゴイWiFiと比べると若干サービス内容が少ないです。 「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」料金比較 どスゴイWiFiの料金プランは、大きく分けて2つあります。 前述の繋がらない問題を考えると、全国15万か所のWi-Fiスポットが利用可能な「THE WiFi」のプランを選ぶ方が無難です。 利用の際には特に設定は無く、その場所で端末の電源を入れる事で自動的に料金が発生します。 契約期間については、2年縛りで自動更新はありません。 2年目以降は解約事務手数料は掛からなくなります。 ゼウスWiFiデビューキャンペーンを使う事で、最初の6ヵ月までは2,980円で利用可能です。 キャンペーンが行われている間はキャンペーンを適用して契約する事をおすすめします。 アジアでは1GBの場合約430円程の国が多く、他の国についても1,000円程度なので、「どスゴイWiFi」よりは海外利用料金は安価となる傾向です。 契約期間については、2年縛りの自動更新です。 このため、解約時は2年に1度の契約更新月に解約をしないと解約事務手数料9,500円が掛かってしまいますので注意が必要です。 「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」速度比較 では、実際に「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」を使ってみた際の速度について見ていきましょう。 どスゴイWiFiの実測速度は平均すると、下り:25Mbps、上り:20Mbpsといったところ、モバイルWi-Fiの速度ですから十分な速度が出ています。 速度低下は体感的に特にありませんでした。 ゼウスWiFiの実測速度は平均すると、下り:20Mbps、上り:15Mbpsと高速とはいいがたいですが、遅く感じる事はあまりありませんでした。 お昼時の12~13時に速度低下しましたが、その時の速度でも5Mbpsは出ていましたので、問題なく利用できるかと思います。 「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」どっちがおすすめ? これまでの記事を読んで頂きありがとうございます。 「どスゴイWiFi」と「ゼウスWiFi」を比べてみるとそこまで大きな差が無いことが分かって頂けたのではないでしょうか? 速度や安定度で見れば「どスゴイWiFi」を選択し、料金や海外利用なら「ゼウスWiFi」を選択するのが無難でおすすめです。 「どスゴイWiFi」の5G対応ですが、契約2年目以降に5G対応端末に変更する際の料金を無料にするという内容です。 決して、5Gを直ぐに使えるようになって無制限という訳ではありませんので、広告などのうたい文句にだまされないようにしましょう。

次の