きめつのやいばイラストはしら。 鬼滅の刃 (きめつのやいば)とは【ピクシブ百科事典】

【鬼滅の刃 考察】同期組と五感について|おさらい動画【きめつのやいば ネタバレ】まとめ

きめつのやいばイラストはしら

同期組 今回はおさらい動画となります。 同期組とは、炭治郎・善逸・伊之助・カナヲ・玄弥の五人の事で、同時期に鬼殺隊に入隊した者達の事を指します。 この同期組の五人には、それぞれ五感のうち一つだけ、秀でている部分があります。 炭治郎は嗅覚、善逸は聴覚、伊之助は触覚、カナヲは視覚、玄弥は味覚といった具合です。 玄弥の味覚というのは少し違うような気もしますが、五感を全員に当てはめるとするなら、このようになります。 ではここから、一人ずつ振り返ってみましょう。 炭治郎 炭治郎は五感の中で、特に嗅覚が優れています。 炭治郎の師である鱗滝も、嗅覚が優れていたようです。 鬼と人間の匂いをかぎ分け、物語の初期の頃は「隙の糸」を匂いから感知する事ができていました。 最近は隙の糸についての描写はありませんが、強敵との戦いでは、そんな簡単に嗅ぎ取れるモノではないという事なのでしょう。 さらに炭治郎は匂いから、人の感情や考えている事を、ある程度察知することができます。 しのぶが常に怒りを感じていた事や、実弥の玄弥に対する気持ちを言い当てた事もありました。 そして炭治郎は、伊之助の回想と炭十郎の回想を経て、透き通る世界が見えるようになっています。 そのとき伊之助の触覚についても触れているので、炭治郎は触覚についても、透き通る世界を通して強化されているものと思われます。 善逸 善逸は五感の中で、特に聴覚が優れています。 善逸が眠りに入っても戦う事が出来ているのは、聴覚により全てを把握することが出来ているからだと思われます。 そう考えると善逸の眠り状態は、悲鳴嶼さんの通常時と同じ状態だという事にもなります。 この、五感のうち視覚を閉じて、聴覚のみで戦うという行為は、おそらく透き通る世界を見るために必要な要素でもあります。 出来るだけ体の使う五感を抑える事で、透き通る世界を見れるようになると炭十郎は言っていたからです。 これは縁壱も使っていたと思います。 炭治郎は嗅覚により、鬼が近くにいる事を察知できますが、善逸は聴覚によりそれが可能です。 そして善逸は、人から聞こえてくる音によって、その人の人柄・心理状態なども読み取る事ができます。 この能力を活かせば女心も丸わかりで、善逸もモテモテになりそうな気はしますが…。 そんな日が来ることはあるのでしょうか。 伊之助 伊之助は五感の中で、特に触覚が優れています。 人間の触覚とは「肌に何かが接触した時に感じる感覚」の事です。 鬼滅の刃の世界での触覚は、それに加えて、殺気を肌で感じる事も含まれているようです。 なので伊之助は上半身裸になり、殺気を感じやすいようにしているそうです。 炭治郎は、伊之助の殺気を感じる優れた触覚をヒントに、透き通る世界への扉を開きました。 以前の動画で私は、伊之助が終ノ型を使うような事があり、触覚を失ったとしても、日常生活には支障が無いといった発言をした事がありました。 しかし、触覚を失ってしまえば肌への感覚が無くなるのですから、それはそれで大変な事になりそうです。 もし今後、伊之助の触覚が失われるような事があっても、せめて殺気を察知する能力が無くなるくらいで、済んでほしいところです。 カナヲ カナヲは五感の中で、特に視覚が優れています。 具体的に言うと、静止・動体視力が特に優れているそうです。 それが最初に見れたのは、炭治郎達の機能回復訓練での事でした。 最終的には炭治郎に抜かれる事になるのですが、ここでもカナヲの視覚による影響があったと思います。 そしてそれは、戦いにおいても見ることができました。 カナヲは童磨との戦いで、童磨の動きを見ながら次の動作を予測する、といった離れ業をやってのけています。 そんなカナヲを見て童磨は「柱の娘より実力があるかもしれない」と言っていました。 そして、童磨との戦いでカナヲは、花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼」を使う事により、さらに静止・動体視力を上げています。 ですがこの技の代償は大きく、無理矢理に視覚をブーストしているため、最終的には失明さえしてしまう恐れがあります。 童磨との戦いでは技を使っている時間が短かったため、カナヲは右目が少し見えなくなる程度で済みました。 しかし、今後またカナヲが終ノ型を使うような事があれば、片目はおろか、両目さえ失明してしまう恐れがあります。 できるなら、そのような事が起こらない事を願うばかりです。 玄弥 最後は玄弥です。 人間の五感で言うなら、玄弥には味覚が当てはまります。 しかし、味覚が優れているというのは、どこかおかしな表現です。 あくまで同期組五人に五感を当てはめた場合、玄弥には味覚が残されているという形になります。 おそらく味覚の代わりとなっているのは、玄弥の持つ咬合力という能力でしょう。 玄弥は、咬合力と異能とも呼べる消化能力で、鬼を喰らい、一時的に鬼の能力を得る事ができます。 得られる能力は、主に怪力・不死・超再生がメインとなります。 ただし、本来の鬼の能力よりは遙かに劣り、玄弥の場合、日輪刀以外で首を切断されても死んでしまいます。 さらにこの能力には「鬼を喰らうことで理性や判断能力が低下する」といったリスクがあります。 そして、黒死牟との戦いの際は、上弦の壱の黒死牟の髪の毛・刀の一部を喰らうことで、今までの鬼化とは少し違った影響が出ています。 上弦の壱ともなると無惨の血が濃いためか、玄弥の目は黒死牟のものとソックリな状態になり、痣まで黒死牟と同じようなものが発現しています。 さらには血鬼術も使えるようになり、もうほとんど「鬼そのもの」と言えるほど、鬼に近づいていました。 そうして最後には、鬼同様の消滅の仕方で、玄弥はこの世を去っています。 これは、強すぎる鬼を食べ過ぎてしまったことにより、人間に戻ることが出来なかったという事なのでしょう。 どこまでの鬼ならば人間に戻れるのか、非常に判断が難しい能力とも言えます。 しかし、この能力が無ければ、黒死牟を倒す事はできていなかったでしょう。 ずっと物語ではパッとした活躍がなかった玄弥ですが、最後の最後で見せてくれました。 ちなみに玄弥の使っていた血鬼術は、木の血鬼術です。 この木は、半天狗・憎珀天の木の竜を食べた事によるものなのではないかと、噂されています。 まとめ的なもの 今回は、同期組五人と五感の関係性について、サラッとまとめてみました。 カナヲが終ノ型を使った事により、視覚を失いかけたこと。 これが、他の同期組にも当てはまらなければいいのですが。 今のところカナヲは視覚の一部を失い、玄弥は命を失っています。 残る炭治郎・善逸・伊之助は、一体何を失ってしまうのでしょうか。 このまま無事であればいいと願いながらも、ワニ先生の恐怖に怯える毎日です。 皆さんも何かお気づきの点があれば、コメント欄で教えてくださいね。

次の

鬼滅の刃 全話ネタバレまとめ【最新話あり】

きめつのやいばイラストはしら

おしながき• 同期組 今回はおさらい動画となります。 同期組とは、炭治郎・善逸・伊之助・カナヲ・玄弥の五人の事で、同時期に鬼殺隊に入隊した者達の事を指します。 この同期組の五人には、それぞれ五感のうち一つだけ、秀でている部分があります。 炭治郎は嗅覚、善逸は聴覚、伊之助は触覚、カナヲは視覚、玄弥は味覚といった具合です。 玄弥の味覚というのは少し違うような気もしますが、五感を全員に当てはめるとするなら、このようになります。 ではここから、一人ずつ振り返ってみましょう。 炭治郎 炭治郎は五感の中で、特に嗅覚が優れています。 炭治郎の師である鱗滝も、嗅覚が優れていたようです。 鬼と人間の匂いをかぎ分け、物語の初期の頃は「隙の糸」を匂いから感知する事ができていました。 最近は隙の糸についての描写はありませんが、強敵との戦いでは、そんな簡単に嗅ぎ取れるモノではないという事なのでしょう。 さらに炭治郎は匂いから、人の感情や考えている事を、ある程度察知することができます。 しのぶが常に怒りを感じていた事や、実弥の玄弥に対する気持ちを言い当てた事もありました。 そして炭治郎は、伊之助の回想と炭十郎の回想を経て、透き通る世界が見えるようになっています。 そのとき伊之助の触覚についても触れているので、炭治郎は触覚についても、透き通る世界を通して強化されているものと思われます。 善逸 善逸は五感の中で、特に聴覚が優れています。 善逸が眠りに入っても戦う事が出来ているのは、聴覚により全てを把握することが出来ているからだと思われます。 そう考えると善逸の眠り状態は、悲鳴嶼さんの通常時と同じ状態だという事にもなります。 この、五感のうち視覚を閉じて、聴覚のみで戦うという行為は、おそらく透き通る世界を見るために必要な要素でもあります。 出来るだけ体の使う五感を抑える事で、透き通る世界を見れるようになると炭十郎は言っていたからです。 これは縁壱も使っていたと思います。 炭治郎は嗅覚により、鬼が近くにいる事を察知できますが、善逸は聴覚によりそれが可能です。 そして善逸は、人から聞こえてくる音によって、その人の人柄・心理状態なども読み取る事ができます。 この能力を活かせば女心も丸わかりで、善逸もモテモテになりそうな気はしますが…。 そんな日が来ることはあるのでしょうか。 伊之助 伊之助は五感の中で、特に触覚が優れています。 人間の触覚とは「肌に何かが接触した時に感じる感覚」の事です。 鬼滅の刃の世界での触覚は、それに加えて、殺気を肌で感じる事も含まれているようです。 なので伊之助は上半身裸になり、殺気を感じやすいようにしているそうです。 炭治郎は、伊之助の殺気を感じる優れた触覚をヒントに、透き通る世界への扉を開きました。 以前の動画で私は、伊之助が終ノ型を使うような事があり、触覚を失ったとしても、日常生活には支障が無いといった発言をした事がありました。 しかし、触覚を失ってしまえば肌への感覚が無くなるのですから、それはそれで大変な事になりそうです。 もし今後、伊之助の触覚が失われるような事があっても、せめて殺気を察知する能力が無くなるくらいで、済んでほしいところです。 カナヲ カナヲは五感の中で、特に視覚が優れています。 具体的に言うと、静止・動体視力が特に優れているそうです。 それが最初に見れたのは、炭治郎達の機能回復訓練での事でした。 最終的には炭治郎に抜かれる事になるのですが、ここでもカナヲの視覚による影響があったと思います。 そしてそれは、戦いにおいても見ることができました。 カナヲは童磨との戦いで、童磨の動きを見ながら次の動作を予測する、といった離れ業をやってのけています。 そんなカナヲを見て童磨は「柱の娘より実力があるかもしれない」と言っていました。 そして、童磨との戦いでカナヲは、花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼」を使う事により、さらに静止・動体視力を上げています。 ですがこの技の代償は大きく、無理矢理に視覚をブーストしているため、最終的には失明さえしてしまう恐れがあります。 童磨との戦いでは技を使っている時間が短かったため、カナヲは右目が少し見えなくなる程度で済みました。 しかし、今後またカナヲが終ノ型を使うような事があれば、片目はおろか、両目さえ失明してしまう恐れがあります。 できるなら、そのような事が起こらない事を願うばかりです。 玄弥 最後は玄弥です。 人間の五感で言うなら、玄弥には味覚が当てはまります。 しかし、味覚が優れているというのは、どこかおかしな表現です。 あくまで同期組五人に五感を当てはめた場合、玄弥には味覚が残されているという形になります。 おそらく味覚の代わりとなっているのは、玄弥の持つ咬合力という能力でしょう。 玄弥は、咬合力と異能とも呼べる消化能力で、鬼を喰らい、一時的に鬼の能力を得る事ができます。 得られる能力は、主に怪力・不死・超再生がメインとなります。 ただし、本来の鬼の能力よりは遙かに劣り、玄弥の場合、日輪刀以外で首を切断されても死んでしまいます。 さらにこの能力には「鬼を喰らうことで理性や判断能力が低下する」といったリスクがあります。 そして、黒死牟との戦いの際は、上弦の壱の黒死牟の髪の毛・刀の一部を喰らうことで、今までの鬼化とは少し違った影響が出ています。 上弦の壱ともなると無惨の血が濃いためか、玄弥の目は黒死牟のものとソックリな状態になり、痣まで黒死牟と同じようなものが発現しています。 さらには血鬼術も使えるようになり、もうほとんど「鬼そのもの」と言えるほど、鬼に近づいていました。 そうして最後には、鬼同様の消滅の仕方で、玄弥はこの世を去っています。 これは、強すぎる鬼を食べ過ぎてしまったことにより、人間に戻ることが出来なかったという事なのでしょう。 どこまでの鬼ならば人間に戻れるのか、非常に判断が難しい能力とも言えます。 しかし、この能力が無ければ、黒死牟を倒す事はできていなかったでしょう。 ずっと物語ではパッとした活躍がなかった玄弥ですが、最後の最後で見せてくれました。 ちなみに玄弥の使っていた血鬼術は、木の血鬼術です。 この木は、半天狗・憎珀天の木の竜を食べた事によるものなのではないかと、噂されています。 まとめ的なもの 今回は、同期組五人と五感の関係性について、サラッとまとめてみました。 カナヲが終ノ型を使った事により、視覚を失いかけたこと。 これが、他の同期組にも当てはまらなければいいのですが。 今のところカナヲは視覚の一部を失い、玄弥は命を失っています。 残る炭治郎・善逸・伊之助は、一体何を失ってしまうのでしょうか。 このまま無事であればいいと願いながらも、ワニ先生の恐怖に怯える毎日です。 皆さんも何かお気づきの点があれば、コメント欄で教えてくださいね。

次の

柱(鬼滅の刃) (はしら)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばイラストはしら

元柱 今回お話する元柱は、以下の三名についてです。 元水柱・鱗滝左近次、元鳴柱・桑島慈悟郎、元炎柱・煉獄槇寿郎の三人です。 まずはこの人から! 元炎柱 元炎柱・煉獄槇寿郎。 元柱ですが、自分の無能に打ちのめされていたとき最愛の妻を亡くし、剣士を引退したそうです。 その頃も柱だったかどうかは、少しハッキリしていない部分ではあります。 年齢は判明していませんが、煉獄杏寿郎が20才だったということを考えると、槇寿郎は30代後半から40代前半、といったところでしょう。 強さに関しては、戦闘シーンが炭治郎とのケンカだけなので、まだハッキリしないところです。 最初は本当に嫌なキャラでしたが、杏寿郎の遺言を受け涙を流したり、炭治郎に謝罪の手紙を書くなど、根っからの悪者ではありません。 今では再び刀を取り、本部で輝利哉様の護衛を務めています。 この本部に敵襲があった場合、槇寿郎の実力というものが見れるかもしれません。 本部への敵襲ともなると、かなりの強敵が現れる可能性があります。 槇寿郎がどこまで戦えるのか、見物です。 それにしても、槇寿郎の妻である煉獄瑠火は、美しい人でした。 そんな美しい女性を射止めることができた槇寿郎。 やっぱり柱時代の槇寿郎は、かっこよかったのでしょう。 元鳴柱 元鳴柱・桑島慈悟郎。 この鳴柱という名称についてですが、呼吸の名前と名称が違うのは、鳴柱だけのようです。 これは雷の語源である「神鳴り」からきているのではないかと考えられているそうです。 桑島は、皆さんご存じ善逸の育手であり、人間時代の獪岳の育手でもあります。 そして、雷の呼吸の後継者として、二人を育てていました。 桑島は、二人で足りない所を補い合ってほしいと願っていましたが、その想いは叶わず。 獪岳は黒死牟に追い詰められ、鬼になることを選んでしまいました。 その事に自分の責任を感じた桑島は、介錯なしの切腹をする事になります。 今更なのですが、私はここに少し違和感を覚えました。 この責任を取る先は、鬼殺隊です。 政府ではありません。 獪岳が鬼になったのはそんなに前の事ではないので、当時の鬼殺隊の当主はお館様のはずです。 そこでふと思いました。 お館様が切腹を許したのか。 そこは優しさではなく、本人の意思を汲んだのか。 前に鱗滝の手紙でも、禰豆子が人を襲った場合は切腹すると書かれていました。 当時はそれが当たり前だった、という事でしょうか。 ここは今の時代の感覚とは違うので、何とも言えないところです。 桑島の年齢についてですが、ここもハッキリとはしていません。 見た感じ60才~70才、といったところでしょうか。 大正時代の平均寿命は、45才だというデータがありました。 それに比べると、かなり長生きしているような気がします。 ただ、このデータは乳幼児の死亡で、かなり平均が下がっているということです。 なので桑島のように、大正時代に70才頃まで生きた者がいたとしても、おかしい設定ではありません。 そして、桑島は35才の時に、戦闘中片足を失ったことで柱を引退しています。 当たり前ですが、長生きしている桑島は、痣を発現していません。 当時の周りには、誰も痣者がいなかったという事なのでしょう。 元水柱 元水柱・鱗滝左近次。 この方も、皆さんご存じ炭治郎の育手であり、義勇や錆兎の育手でもあります。 この人から義勇という柱が生まれ、そこから炭治郎へと繋がりました。 鱗滝は、かなり鬼殺隊に貢献している育手です。 ただ、鱗滝の作っていた厄除の面だけは、少し怖い部分があります。 これについては、また別の記事でお話します。 鱗滝も他の元柱と同じく、年齢不詳な人物です。 年齢のヒントとなるのは、鱗滝が47年前に手鬼を斬ったということです。 手鬼を斬った時の鱗滝はまだ若々しく、おそらく20才前後だと思われます。 なので鱗滝の年齢は「60代後半から70代前半」となるのでしょう。 結構な年齢の鱗滝ですが、今は禰豆子の側にいます。 もし禰豆子を襲ってくる敵が現れた場合、鱗滝が戦う姿を見れるかもしれません。 私は今後、鱗滝のお面の下を見れるのではないかと思っていましたが、そこについてはすでに公式ファンブックで触れられています。 鱗滝のお面の下は、優しい顔をしているそうです。 優しい顔をしており鬼に舐められることが多かったので、お面を付けるようになったそうです。 鱗滝は独身ですが、いい感じの女性はいるのだとか。 一度見てみたいですよね。 まさか、ひささん…? あと、鱗滝はお酒が苦手だそうです。 まとめ的なもの 鬼滅の刃のキャラクターは一人ひとり特徴が強く、考察もとても楽しいです。 元柱のアナザーストーリーとか、見てみたいですよね。 「鱗滝のデート」• 「槇寿郎と瑠火の出会い」•

次の