塩まじない。 塩まじないのやり方や効果的な書き方!どれくらいの期間で効く?

【効果ありすぎて危険】断ち切れない悩みを浄化する「塩まじない」って知ってる?

塩まじない

塩まじないというおまじないをご存知でしょうか? 塩まじないは名前の通り、塩を使ったおまじないです。 「なぜ塩なの?」と思われる方もいるかと思いますが、 塩は古代より魔除けや浄化をするためなどにも用いられ、悪い気を払い身を清める効果があるといい伝えられています。 玄関の盛り塩やお葬式後の清め塩などを思い出して頂けるとわかりやすいかと思います。 その他にも、お相撲の土俵に塩をまくのも、邪気を払い神聖な場所にし、怪我をしないようにする目的があるとされています。 塩を使う理由が少しはおわかり頂けたでしょうか? 塩まじないは不安や悩み解消に、かなり効果抜群なおまじないです。 ネットを見ましても、成功者がかなり多く、しかも簡単なおまじないなのです。 ここでは、 塩まじないについてのやり方や注意点などをご紹介していきます。 塩まじないとは? 以前、ご紹介しました「」は、願望が叶ってると、自分の思考に思い込ませて、現実に引き寄せる!って話を、させてもらいました。 しかし、ネガティブな感情が勝ってしまって、上手く願望を引き寄せられない方には、 塩まじないを活用する事が、かなりおすすめです。 簡単に言いますと、 塩まじないをする事によって、願望を手にいれる「おまじない」なのです。 ただ、おまじないは魔術ですので、塩まじないを行う前に魔術についてからお話します。 魔術も色々あります 「おまじない」=「魔術」となり、魔術には白魔術と黒魔術があります。 白魔術は自分に良いポジティブな魔術で、 黒魔術は呪いなどのネガティブな魔術の事です。 白魔術と黒魔術の違いは、 白魔術はポジティブな魔術なので魔術を行う事によって、代償を払う事もなく安心してできます。 しかし黒魔術は、 悪魔に代償を払う魔術なので強力な効果がある分、願いが叶った後、何等かの代償が自分にふりかかります。 なので、黒魔術に関しては下手に素人が手を出さないべきと言えます。 塩まじないは安全なの? では、 塩まじないは安全かどうかが気になりますよね? 私自身、塩まじないを10年以上前から行ってますが、何の代償も払った事はありませんし、沢山の方が塩まじないで成功してます。 また、海外のヒーラーさんが絶賛してる魔術なので、安全な白魔術だと言えます。 ただ、塩まじないにも、注意点がありますので、失敗しない為にも、気をつけて行ってください。 【スポンサーリンク】 塩まじないのやり方 まず塩まじないをするためには4つの道具が必要です。 紙(最後にトイレに流すのでトイレットペーパーを使用)• ペン(使用前に塩水で清めておく)• 塩(通常の食塩では無く、お清め用の塩や、粗塩、岩塩を使用)• 火をつける物(ライターやマッチなど火をつける物でしたら決まりはありませんが、こちらも清めてから使って下さい) 最後の火をつける物については、環境などによって燃やせない場合は無くても大丈夫です。 それでは実際に塩まじないのやり方をご紹介します。 燃やせない方はそのまま流して下さい。 先程、塩まじないのやり方で、 願望とは反対の言葉をペンで書くとご紹介しました。 お金が欲しい方が「お金がない」と書いて塩まじないをする事に、間違いではないのですが、 叶い方が自分が望む様な叶い方ではない場合があります。 単に「お金がない」と書くと、病気や事故をして保険金が入る場合もあるし、身内に不幸があったりして遺産が入るなどの場合もあります。 きっと誰もが、「臨時収入を貰った!」とか、「宝くじが当たった!」など、ポジティブなお金が入るのが理想ですよね? 「お金がない」の言葉だけでは、お金が入る事は叶っても、どういう流れでお金が入ってくるかは、わからないのです。 なので、 「お小遣いをもらえない」「給料が上がらない」「宝くじが当たらない」等の書き方がおすすめです。 その他、悩みの例として下記の様な書き方があります。 むしろ、 塩が多いとトイレの配管が錆びやすくなり、配管の故障に繋がるので、一回のおまじないで沢山の塩を使わない様にして下さい。 目安は、料理の時と同じで、塩ひとつまみ 親指と人差し指で掴むくらいの量 でOKです。 また、 トイレットペーパーを、燃やすか、燃やさないかで効果が変わる事はありません。 私は、両方試しましたが、両方効果がありました。 むしろ、アパートやマンション住まいだと、部屋でトイレットペーパーを燃やすのも、NGだったり危険だったりするので、折り畳んだトイレットペーパーを、そのままトイレで流した方がいいと思います。 塩まじないを成功させるコツ 塩まじないを成功させるコツは、トイレットペーパーを流した時に、「これで悩みは解消された」と思う事です。 私自身、何度も塩まじないを試してきましたが、塩まじないをやった後も何となくスッキリせず、悩み解消しない時程、塩まじないが成功しませんでした。 何度か塩まじないの効果を体験していくうちに、大きな悩みの時でも「塩まじないしたから、これで悩みが消える。 良かった。 」なんて思う様になって、塩まじないをした後はスッキリした気分になります。 これが、成功の確率が上がった理由の様な気がします。 塩まじないの効果が感じられない人は試してみて下さい。 さいごに 塩まじないは、トイレを使った簡単なおまじないです。 ですから、トイレは普段からきちんと掃除をしてキレイにしておきましょう。 トイレ掃除は自分の運気も上げてくれます。 どんどん運気も上げて、悩みも解消して、ポジティブな幸せを引き寄せましょう。

次の

塩まじないのやり方・書き方!効果が出る期間は?

塩まじない

人間関係に効く塩まじないのやり方の材料を紹介します。 塩まじないは、人間関係においての嫌なことを紙に書いて燃やすという作業が必要です。 なので、燃やす場所として灰皿があれば良いでしょう。 ほかに安全に紙を燃やすことができる場所があれば問題ありません。 紙とペンも書くことができればこだわりません。 人間関係に効く塩まじないの材料• ライター• あなたが悩んでいることや解決したいことを思い浮かべてください。 「〇〇が嫌だ。 」と言い切る文体で書いた方が良いでしょう。 そして、その内容をしっかりと紙に書いてください。 あとは、燃やして流すだけです。 燃やすことが正式な手順とされています。 でも、現代では室内で火を扱うと火災報知器が鳴ってしまったりしますよね。 そのような場合は、トイレットペーパーなどの水に溶ける紙に悩み事を書いてトイレに流してしまうことをおすすめします。 まずは、ご自宅の火災報知器がどのようになっているのかを調べてみましょう。 人間関係に効く塩まじないの手順• 1紙に人間関係で悩んでいることを書きだします。 2自分の悩みを書いた紙でひとつまみの塩を包みます。 3包んだ紙をを火事にならない安全な場所で燃やしてください。 4紙と塩が燃えカスになったら、そのカスをトイレやシンクに流すと完了です。 基本的に塩まじないは、嫌なことを浄化するという意味合いが強いです。 自分の願いごとをトイレに流してしまうとイメージしてください。 なので、「出世したい」などと言う前向きな願い事は書き方はしない方が良いでしょう。 「雑用係」や「上司のパワハラ」などあなたが止めたいと思っている項目を流しましょう。 自分が浄化したいと思っている内容を端的に書くことがコツかもしれません。 ただ、自分が相手のことが嫌いという気持ちだけならば、自分自身が持っている嫌いという気持ちを浄化したいという書き方でも良いでしょう。 パワハラをされたりと仕事関係で辞めて欲しいと思っている人がいる方は、塩まじないを行いましょう。 ただ、相手を憎いからと言って傷つけるような願い事はしないようにしてください。 逆にあなたが仕事を辞めさせられるという展開になってしまう可能性も高いので呪うようなことを願うのは止めてください。 相手を辞めさせることができたら縁を切って忘れるようにしましょう。 それくらいの気持ちで行う方が成功するでしょう。 人間関係に効く塩まじないの材料や手順を紹介しました。 ほかにも縁切りの塩まじないが気になる方は、下記の記事を参考にしてみてください。 おまじないは、「お呪い」と書くのでやり方を間違えると呪いになってしまいます。 嫌いな人がいても自然と離れられるようにお願いをしましょう。 相手がけがをしたり病気になるような願い事をしてはいけません。 何もしていない人の仕事を辞めさせるような願いごとなども止めましょう。 悪意を持ったお願い事をしてしまうと自分に返ってきてしまいますよ。 悩み事を解決したかったのに自分が不幸になってしまっては意味はないですよね。 なので、誰かを貶めたりするような願い事は避けるようにしてください。

次の

塩まじないで願いが叶う予兆・前兆は?回数・時間帯・正しいやり方は?

塩まじない

塩まじないで知っていて欲しいこと 代償 塩まじないは安全な呪術だと言われており、体験者の中にも「代償などなかった」「まじない返しなどなかった」という声が聞かれます。 しかし、塩まじないの方法を間違えてしまうと、それなりの代償を払ったという人がいるのも事実です。 というのも、塩まじないは呪術の中でも白魔術と呼ばれる安心なもの。 それでもやり方や捉え方を間違えると代償を伴う黒魔術になってしまう危険があります。 塩まじないのような白魔術にはルールがあり、「他人を動かしてはならない」「人を不幸にさせることを願ってはならない」ことです。 塩まじないをする際に、嫌いな人や呪いたい相手に向かって不幸に陥れるようなことを書くなどすると、それは黒魔術となり代償が発生することがあります。 願ったことが自分に返ってきたり、それ以上の出来事を招いたりするケースも少なくありません。 自分のことについて、「お金がない」と書き、臨時収入などを願っていたとしても、言葉が足らずに、入ってきたお金の流れは、あなたが病気やケガをした保険金かもしれないのです。 お金は入ってきたかもしれませんが、そのために自分の体が壊れてしまうのはそれを代償と言えるはず。 時には、障害が残ったり死を感じさせたりするような代償かもしれません。 塩まじないは安全、それはきちんとした手順で、しっかりとした方法を取れていた時のことだと認識をしていてください。 あなたやあなたの大切な人に塩まじないによる代償が起こった時には、願いが叶うどころではなく、辛く悲しい現実を歩む可能性もあるのです。 危険性 塩まじないについての危険性は代償の話しから繋がります。 一つは代償のようにまじない返しやその一種となるものを受けてしまい、不幸を呼び込むことになることです。 幸せになるために、願いを叶えるために実践した塩まじないは一歩間違えると人生に影響を及ぼすくらいに危険なものとなります。 恋愛についての塩まじないでは、彼との破局を迎えてしまう可能性、仕事についてならば将来に関わるような失敗、金運は最終的には無一文になることも考えられなくはありません。 正しく塩まじないをした場合でも、どのような過程で願いが叶うのかは分からないものです。 結果、願いが叶った状態となり「これが塩まじないの効果なのか」と驚くこともあります。 だからこそ、危険なことへの過程も「これだ!」とはっきり言えるものではないのです。 それでも不幸だと感じる出来事が身に起こる可能性は否定できないので細心の注意が必要だと言えます。 また、トイレでライターを使ってトイレットペーパー燃やすという方法には物理的な危険性がはらんでいることを忘れてはいけません。 マンションなどでは火災報知器が作動してしまったり、火事を引き起こす要因になったりしますので、十分に注意をして行う必要があります。 狭い個室内でのことですから、無理だと思えば紙を燃やさなくても効果があったという口コミがありますので、そのまま紙をトイレに流して様子を見ましょう。 注意点 塩まじないをする際の注意点は、乱発しないということです。 人には叶えたい願いが無限にありますが、何でもかんでもおまじないに頼る姿勢は、代償や危険性に繋がる場合があることを覚えておきましょう。 「どうしても叶えたい願い」「諦めきれない夢」「どうしようもならない現実」など、願いを叶えたいと心の底から強く望む場合にのみ塩まじないに取り組むと、より願いが叶いやすくもなります。 塩まじないを乱発していると、モチベーションが下がり、中途半端な気持ちでおまじないの効果を求めることになりますので、見えない存在に「遊び半分」だと思われてしまうかもしれません。 「ここぞ!」という場面にのみ塩まじないを活用しましょう。 また、トイレットペーパーに願いを書く場合には、願っていることとは反対のことを書きます。 漠然とした書き方ではなく、具体的に書くようにしてください。 願いの効果はおかしな風に発揮されないように、「お金がない」ではなく「宝くじが当たらない」などと書くことです。 これならば、臨時収入は宝くじが当たることで入ってくるという効果を得ることが出来ます。 このように具体的に書くようにすることで、病気やケガでの保険金などで収入を得ることにはなりませんので工夫してください。 塩まじないで幸福を掴みましょう 塩まじないをする際には決して軽い気持ちで行わないようにしてください。 効果が凄まじいおまじないではありますが、それだけ代償や危険性について理解をしていなければあなたが後悔してしまうことになります。 しかし、きちんとした手順で書き方に工夫をすれば問題ありません。 どうしても叶えたい願いがあるのならば、塩まじないは必ずあなたの味方になってくれます。 代償や危険性を理解した上で、こちらの注意点を頭にいれ正しく行ってください。 必要なものもそれほどなく簡単に行えますから、心持ちだけは強く持ち、あなたの思い通りの未来を手に入れるために活用しましょう。 【期間限定・7月19日(日曜)迄】願い事を叶えたい思っていませんか? こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。 あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 」 「今思っている願いを必ず叶えたい…。 」 こんな感じならば、の占いを初回無料でプレゼントします! 雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果でアナタに合った願いが叶う為の法則や、願いが叶う為の考え方がわかると、あなたの思う事が叶えられる為のヒントを知ることができます。

次の