保湿 ニキビ。 なぜ乾燥肌でもニキビができるの?乾燥肌ニキビ対策に保湿はあり?

ハトムギ保湿ジェルはニキビが悪化したお肌やニキビ跡にも効果的!?口コミは?

保湿 ニキビ

肌をみずみずしく、うるおった状態にするための「保湿」。 でも、「保湿をしすぎる」ことで、毛穴の目立ち、ニキビ、肌荒れ、湿疹などが起きる場合があります。 本来、肌をうるおいを与える保湿をしすぎても肌トラブルは起きません。 肌トラブルが起きる原因は、「保湿のしすぎ」ではなく、「間違った保湿のしすぎ」です。 肌をキレイにするための保湿が、肌トラブルを引き起こすなんて皮肉な話です。 そこで、この記事では、 「間違った保湿のしすぎ」による肌トラブルの原因から、その対処法を紹介します。 「間違った保湿のしすぎ」による肌トラブルを防いで、あなたの肌に合った「正しい保湿」を知り、みずみすしいキレイな肌を取り戻してください。 でも、これは間違いです。 毛穴は、大きくも小さくもなりません。 正しくは、毛穴の目立つ原因は、毛穴の周りの肌にあります。 資生堂の『』によると、毛穴の目立つ肌の特徴は2つです。 水分の蒸散量が多い• 皮脂の分泌が多い 毛穴の目立つ肌の見た目は皮脂でベトベトしているのに、肌内は乾燥している状態です。 このような肌を「インナードライ肌」と呼びます。 インナードライ肌の場合、見た目や感覚的には「ベトベト(ベタベタ)」するので、油分を重視していないスキンケアをしている人が多い傾向にあります。 皮脂が多いので、油分よりも水分補給を重視してしまいがちです。 このため化粧水やローションで水分だけを補給する偏ったケアをしてしまいます。 でも、水分補給だけのケアを保湿とは言えません。 なぜなら、 水分だけではうるおいを保つことができないからです。 毛穴の目立つ肌は、肌の水分が蒸発しやすいので、水分補給だけしてもどんどん乾燥します。 皮脂が分泌される頃には、肌内部のはカラカラです。 水分補給だけを「保湿」だと思って、 水分補給だけの保湿をしすぎると余計に肌が乾燥する可能性がありnます。 だから、「水分」だけでなく、 「油分」も一緒に補給するスキンケアに変更しましょう。 そのため気になる人は、 少しでも皮脂を取り除こうと、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、洗顔回数が多い傾向にあります。 でも、強い洗浄力や洗顔時に生じる摩擦は、肌に刺激を与えます。 肌に過剰な刺激が加わると、肌を守るために、さらに皮脂の分泌量が増えます。 こうなると完全に悪循環に陥って、いつまでも皮脂の分泌が減りません。 さらに、洗顔料によって肌へ刺激が与えられると肌のバリア機能は低下するため、肌の乾燥状態を促進します。 肌が乾燥しやすい状態だと、いくら保湿しても肌内の水分がどんどん蒸発していきます。 本来、洗顔は肌を清潔にするほかに、その後に行う保湿の効果を高める役割があります。 肌の上についた汚れ、ゴミ、皮脂などを取り除くことで、保湿による水分と油分の補給を円滑に行えます。 でも、強い洗浄力の洗顔料や洗顔のしすぎは、肌に刺激を与えて、保湿できない肌状態にします。 だから、洗顔を行う際は、マイルドな洗浄力の洗顔料で、洗顔の回数を抑えましょう。 洗顔の回数は、一日1~2回が適切です。 1-2.ニキビ対処法 間違った保湿のしすぎでニキビができる原因は、油分重視の保湿を行っていることです。 保湿する際に、油分たっぷりのクリームを使うことで、肌がオイリーになり、ニキビができる懸念材料になります。 この場合は、保湿する際に、クリームの使用量を減らしましょう。 もしくは、油分の少ない化粧品を使いましょう。 自分のニキビ肌に適切なクリームの使用量は油分の少ない化粧品が判断できないなら、ノンコメドジェニックテスト済み化粧品がオススメです。 ノンコメドジェニックテストとは 比較的皮脂腺の多い被験者の背中を利用して、化粧品を複数回繰り返し塗布し、 最終的に病理専門医が検査を行い、ニキビの元である「コメド」が形成されているかどうかを確認する試験がノンコメドジェニックテストです。 コメドとは皮脂が毛穴の中に溜まってしまった状態を指し、ニキビの初期段階です。 化粧品を使用することで、ニキビを悪化させたり、コメドをできやすくする懸念があります。 化粧品原料中に含まれる油分がすべて、ニキビやコメドを誘発するとは限りませんが、「ノンコメドジェニックテスト」によって、その化粧品がコメドを誘発しにくいという証明できます。 テストをクリアできれば、「ノンコメドジェニックテスト済み」という表記ができ、ニキビができにくい処方の化粧品だといえます。 1-3.肌荒れ対処法 保湿しすぎで肌荒れが起きる原因は2つあります。 つまり、 保湿ができていません。 保湿とは、水分と油分をバランスよく肌に補給して、その状態を継続することです。 水分だけ、油分だけ、一時的に肌がうるおう状態を保湿とは言いません。 このようなケアをいくら行っても、保湿ができません。 そのため、肌荒れも予防できません。 保湿しているのに肌荒れができるなら、現在の保湿スキンケアを見直しましょう。 本当に保湿ができる方法は後述しています。 保湿を行いたいがために化粧品を使いすぎることで、肌荒れを引き起こす場合があります。 特に、乾燥肌は少しでも肌を保湿しようと、化粧品をたくさん人がいます。 化粧水、ローション、乳液、保湿クリーム、栄養クリーム、美容液など。 ポーラ文化研究所の「」によると肌ケアに熱心な人では最近1週間で平均8. 2個を使用しています。 化粧品を使う際、肌に摩擦が生じることがあります。 肌への摩擦は、刺激になります。 肌への刺激は、肌荒れの原因に。 少しでも肌にうるおいを与えようとたくさんの化粧品を使って保湿することが、肌に過剰な刺激を与えて肌荒れを引き起こす場合があるわけです。 化粧品を使う目的は、肌を正しく保湿すること。 そのためには、水分と油分をバランスよく補給することで、一般的な化粧品だと2個のアイテムでそれはかないます。 ですから、 3個以上の化粧品を使っている場合は、取捨選択をして本当に必要な化粧品だけの使用をおすすめします。 1-4.湿疹対処法 保湿しすぎで湿疹ができたら、それは化粧品に含まれる成分に対して「アレルギー反応を起こしている可能性が高い」です。 化粧品を使用する前にパッチテストを行いましょう。 なぜなら、アレルギー反応は、固有の体質によるものなので、実際に試してみないと分からないから。 藤田医科大学医学部アレルギー疾患対策医療学 教授 松永佳世子氏の「」でも、パッチテストが推奨されています。 そして、アルブチンによるアレルギーが一番多かったと報告されています。 アルブチンは、美白効果のある医薬部外品有効成分です。 女性にとっては、非常に魅力的な美白成分ですが、アレルギーが気になる場合は避けたほうが良いかもしれません。 2.保湿しすぎても問題が起きない正しい保湿スキンケア 正しい保湿スキンケアのポイントは、以下の通りです。 洗浄力はマイルドで、洗顔はやさしく• 保湿するタイミング• 保湿する方法• 保湿効果• 必要最小限の化粧品を使ったスキンケア 2-1.洗浄力はマイルドで、洗顔はやさしく 洗顔の目的は、肌についたほこりやメイク汚れ、不要な皮脂などを落とすことです。 肌を清潔にすることで、その後の保湿効果も高まります。 しかし、強い洗浄力や洗顔のしすぎは肌に必要な保湿成分を失うことにもつながります。 その後の保湿効果も低下します。 洗浄力のマイルドな洗顔料で、肌に必要な保湿成分を落としすぎないようにしましょう。 また、 洗顔のしすぎで、肌に過剰な刺激を与えないことも大切です。 洗顔はまず手の汚れや油分をきちんと落としてから、やさしく洗います。 すすぎはぬるま湯で行い、洗顔料が肌に残らないようすみずみまで洗い流します。 その後、清潔なタオルで肌に押し当てるようにして水気を拭き取りましょう。 2-2.保湿するタイミング 洗顔後と入浴後は、すぐに保湿しましょう。 洗顔後と入浴後は、そのまま放置しておくと、気温や体温によってどんどん肌に付着した水分が蒸発していきます。 その際、肌内部の水分も蒸発するために、さらに乾燥してしまいます。 そのため、すぐに保湿ケアを行う必要があります。 洗顔後と入浴後は、肌が乾燥する前にしっかり保湿しましょう。 2-3.保湿する方法 保湿する際は、 清潔な手のひらで保湿化粧品を使いましょう。 敏感肌や乾燥肌にとっては、コットンの繊維刺激になることもあるので、手のひらで直接なじませるのが良いでしょう。 保湿する際にパッティングをする人がいますが、肌への過剰な刺激になるので止めましょう。 パッティングをしても肌への浸透力が上がらないので、意味がありません。 保湿は、清潔な手のひらでやさしく肌を包み込むように行いましょう。 2-4.保湿効果 保湿する際には、「水分」と「油分」をバランスよく補給することを心がけましょう。 もし、水分と油分のバランスが分からなければ、最初から同時に補給できるオールインワンジェルを使ってもいいかもしれません。 保湿効果の高さを見分けるひとつの指標として、「抗シワ評価テスト済み」の化粧品を選びましょう。 商品パッケージや説明に、「効能試験評価済み」や「抗シワ試験済み」と書かれています。 乾燥による小ジワを目立たなくする保湿効果があるので おすすめできます。 2-5.必要最小限の化粧品を使った保湿スキンケア 保湿しすぎで、肌荒れが起きる原因は、化粧品の使い過ぎです。 つまり、保湿のしすぎではなく、化粧品を使用する際に生じる摩擦が原因。 だから、 保湿を控えるのではなく、肌に与える刺激を最小限に抑える必要があるわけです。 肌への刺激を最小限に抑えるためには、必要最小限の化粧品で保湿スキンケアを行うといいでしょう。 保湿スキンケアには、肌をやさしく清潔にして、その後の保湿効果を高める洗顔と、水分と油分をバランスよく補給する保湿が必要です。 保湿スキンケアを最小限の化粧品で行うなら、ダブル洗顔不要クレンジングと、高保湿オールインワンジェルの2つがおすすめです。 まとめ 保湿は、肌にとって悪いことではありません。 間違ったケアが肌に悪いのです。 保湿のしすぎで、毛穴が目立つ、ニキビ、肌荒れなどが起きる原因は、以下の3つです。

次の

【思春期ニキビ】中高生向け!予防スキンケアと正しい洗顔・保湿方法で跡を残さずに治そう

保湿 ニキビ

15種類以上試してわかった保湿クリームの選び方 色々な保湿クリームを試してきてわかったことをまとめていきます。 5000円台の保湿クリームはほぼ同じ• よく 「ヒアルロン酸配合!」とか 「〇〇セラミド配合!」のようなフレーズで宣伝している保湿クリームがあります。 確かにヒアルロン酸やセラミドは保湿力に定評のある成分です。 特に保湿クリームを探す人の中には、「セラミドが入っているのを探そ!」という人も多く見られます。 この選び方ですと、運悪く質の低い保湿クリームにあたりかねません。 2.5000円台の保湿クリームはほぼ同じ 試してきた保湿クリームの中には、5000円台の保湿クリームもありました。 有効成分がグリチルリチン酸ジカリウムと水溶性プラセンタというのが定番になっていて、容器もそっくりです。 もちろん、1つ5000円する保湿クリームなので、保湿力が低いというものはありませんでした。 また、2000円~3000円で良質なものと5000円のものも大きな違いは無い印象でした。 細かいところを見れば、5000円の方が優れている点はありますが、保湿という点で見れば大きな違いはありません。 ノンコメドジェニックテスト済みとは、ニキビを誘発しやすい油分が含まれていないかというテストです。 このテストで証明されている化粧品は、ニキビができにくい処方であるということがわかります。 ニキビケアをしたいという人は「ノンコメドジェニックテスト済み」と書かれた保湿クリームを使うようにしてください。 以上がニキビ用の保湿クリームを選ぶときのポイントです。 ここからは、僕が使った保湿クリームをオススメできる順に並べていきます。 ニキビ保湿クリームを使い比べ!比較結果を発表! コスパ最強のニキビ保湿クリームです! ファンケルアクネケアジェル乳液aはニキビケア用のジェル乳液になります。 使用感はプルプルとした触り心地で、油っぽさがありません。 保湿力も高くて、1日を通して乾燥を感じることはありませんでした。 乾燥しやすい時期に使いましたが、かなり満足しています。 他のトライアルセットと比較しても圧倒的なコスパの高さを誇ります。 ニキビに悩んでいて、保湿クリームを探している方は一度検討みてはいかがでしょうか? 高い保湿力をもった新しい保湿クリームです! 新しくリニューアルしたノブACアクティブから出て保湿クリームです。 レチノール誘導体はビタミンAのことで、ターンオーバーを促進する働きがあるのです。 またビタミンC・E誘導体も配合していて、美容成分は充実しています。 全成分を見るとワセリンも配合されているので、完全に乾燥肌向きとなっています。 ノブACアクティブは1500円でトライアルセットもやっていてフルライン使えるので、一度試してみる価値ありです。 富士フイルムの独自技術を利用した保湿クリームです! 富士フイルムから販売されているルナメアACの保湿クリームです。 この保湿クリームには、ニキビの炎症を鎮める有効成分が配合されています。 これにより、ニキビの炎症を鎮めつつ保湿を同時に行うことができます。 配合されている保湿成分には、4種類の植物エキスが豪華に配合されています。 この保湿クリームはニキビ用として作られていますが、保湿力が高いので気に入っています。 ニキビに悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか? 浸透テクノロジーを利用した保湿クリームです! ビーグレンのQuSomeモイスチャーゲルは浸透テクノロジーを利用したサイエンスコスメから出ている保湿ゲルです。 配合されている保湿成分はコラーゲンやヒアルロン酸で、保湿力の高い成分を配合しています。 実際に使ってみると、かなり保湿力が高いのがわかります。 それでも肌に馴染ませていくと、しっとりしてきて肌馴染みが早いこともわかるでしょう。 乾燥肌の方でも充分な保湿ができます。 肌に合わないことが不安な方でも安心して試せます。 乾燥しやすい方は試してみる価値ありです。 ニキビケアはこれ1本で済ませるのがおすすめです! 化粧水・乳液・美容液・保湿クリームを1本でまとめたオールインワンゲルです。 保湿にやたらと多くの化粧品を使う人がいますが、ニキビケアとして考えるとそれはおすすめできません。 今の保湿は化粧品を使い過ぎで、逆にスキンケアがニキビの原因になっていることもあります。 その中でおすすめできるなと感じているのが メディプラスゲルです。 美容成分が 66種類配合されていて、その中には保湿力の高い成分が配合されています。 さらに、ニキビ系の化粧品にありがちな殺菌成分や刺激になる成分は配合されていません。 保湿クリームは全体的に価格が高いものが多いですが、メディプラスゲルはこのクオリティで1ヶ月1500円以下で抑えることができます。 このコスパの高さは魅力的です。 30日間の全額返金保証もついていて、初回は半額で約1000円OFFで購入することができます。 保湿クリームとしての実力は間違いありませんが、価格が高い・・・! 背中ニキビ・顎ニキビ対策ができる薬用ニキビジェルです。 また、保湿成分にはヒアルロン酸やトレハロース、植物エキスにはカミツレエキスや紫根エキスが入っています。 ひどい乾燥肌の方でも十分に保湿させることができる保湿クリームです。 敏感肌や乾燥肌の方でも満足に使うことができます。 敏感肌で肌の刺激が不安な方でも試しやすくなっています。 ビタミンC誘導体は万能な成分ですが、実際には色々な種類があります。 実際に使ってみると、ベタつきのないさっぱりした保湿クリームになっています。 ビタミンC誘導体には皮脂分泌の抑制やコラーゲン生成の促進などが期待できます。 かなり乾燥肌の方との相性はいいでしょう。 ニキビケアにビタミンC誘導体を利用したいという方は試してみてはいかがでしょうか? 顎ニキビで悩んだら使う価値ありです! 顎やフェイスラインのニキビ対策に使われる保湿ジェル、メルライン。 顎やフェイスラインの乾燥しやすい部位をターゲットにしているため、保湿力が高くなっています。 顎やフェイスラインは、ニキビが治りにくく跡になりやすい部位です。 また、刺激となる成分を排除しているので、敏感肌の方でも推奨できます。 それでも不安という方は180日間全額返金保証もついているので、検討してみてはいかがでしょうか? 定番のニキビ化粧品ブランドのクリームです! プロアクティブ+の薬用クリームは有効成分にサリチル酸とビタミンCを配合した保湿クリームです。 サリチル酸はピーリング作用のある成分で、ニキビケアによく使われています。 またビタミンC誘導体は美白成分として認められている成分で、ニキビ跡予防として入れられています。 保湿力に関しては植物エキスが多数配合されていることから、ある程度はあることが予想されます。 ノンコメドジェニックテスト済みとなっている点もさすがです。 ただ敏感肌の方の中にはサリチル酸がダメという方もいると思います。 ニキビに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか? 背中ニキビ用の保湿ジェルです! 背中ニキビ専用の保湿ジェルとして売られているジュエルレインです。 これらの成分でニキビ予防とニキビ跡予防ができます。 ただ、背中ニキビの場合は保湿でも良いのですが、背中の場合はマラセチア毛包炎の可能性もあります。 マラセチア毛包炎というのはマラセチア菌というカビ菌が原因で起こる皮膚疾患です。 この場合は保湿ジェルをいくら塗っても意味がないので、皮膚科に行くことをオススメします。 「保湿ジェルを塗り続けても中々改善しない・・・」 という方は一度皮膚科へ行ってください。 敏感肌専門ブランドの高保湿クリームです! ディセンシアつつむは敏感肌専門ブランドから出ている保湿クリームです。 この保湿クリームには特許技術が利用されていて、肌表面を覆うことで乾燥やほこりから肌を守ってくれるのです。 しかも肌の水分が蒸発するのも防いでくれるので、乾燥肌と相性が良くなっています。 また保湿成分にはヒト型セラミドを配合していて、高い保湿力をもちます。 ニキビ向けの有効成分を配合しつつ、高い保湿力を兼ね備えている優秀な保湿クリームです。 使用感もベタつかず、長く保湿できます。 無期限の返金保証も付いているので、一度試してみる価値ありです。 化粧品では無いけど、オススメしたい保湿剤 保湿クリームではありませんが、オススメしたい保湿剤というのがあります。 化粧品ではなく、医薬品に指定されているものです。 医薬品だからと言って、何かしらの効果があるわけではありませんが、乾燥を防ぎます。 皮膚科医の先生もオススメしているものでもあるので、参考にしてみてください。 白色ワセリン ワセリンの中で不純物をよりキレイにしたものが白色ワセリンです。 白色ワセリンは石油から抽出した鉱物油100%でできています。 油分がニキビに悪いと聞いたことがあるひともいるかもしれませんが、ミネラルオイルはニキビには無害です。 不純物が酸化すると、ニキビの刺激になります。 ただ、白色ワセリンは不純物を取り除いてキレイになっています。 この白色ワセリンは、肌に全く浸透しません。 つまり、肌の外で常に乾燥からは皮膚を守ってくれます。 白色ワセリンは酸化が始めるのが数年後なので、肌に残っていても大丈夫です。 皮膚科でも使われる保湿剤で、薬局で手に入るものなので、一度試してみてはいかがでしょうか? ヒルドイドローション ニキビ治療のときに保湿剤としてもらえるヒルドイドという保湿剤です。 この薬は、• 保湿作用• 血行促進効果 などの効果をもちます。 ベタつきも少ないですし、使用感は悪くありません。

次の

ニキビのくり返しを止める効果的な保湿方法とは

保湿 ニキビ

乾燥肌のスキンケアとして保湿クリームが必要であることはよく知られています。 しかし、ニキビ肌の人は、「べたべたするから嫌だ」とか「ニキビに悪いから必要ない」と思っている方も多いのではないでしょうか? それは大間違いです! ニキビ肌の人でも保湿クリームを使わないと、さらにニキビが悪化してしまうことも。 今回は、 「ニキビ肌の人にあまり良くないイメージのクリームがなぜ必要なのか」という理由と、 ニキビケア用クリームの選び方について徹底解説していきます。 合わせておすすめの保湿クリームも紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。 ニキビの原因は油分?乾燥!? ニキビに油分は大敵だとか、オイリー肌はニキビができやすいとか、肌の油分が増えるとニキビが増えるイメージはありませんか? 実際にニキビができる原因としては、ホルモンバランスの乱れやストレスなどで皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴が詰まってしまうことが挙げられます。 肌の皮脂量が増えるとニキビができやすいため、脂っぽい肌はニキビができやすい環境といえます。 しかし、実際は純粋なオイリー肌の人だけがニキビができやすいというわけではないのです。 実は乾燥肌もニキビができやすい! 自分はオイリー肌だと思っていたのに、実は乾燥肌だったということがあります。 10代のころの思春期ニキビは、成長ホルモンの影響で男性ホルモンが過剰になることによって、皮脂分泌が増え、ニキビになりやすくなります。 しかし、20代、30代以降の大人ニキビは、肌の水分不足がニキビを引き起こしていることが多いのです。 肌の水分が足りないと、肌を守るために皮脂の分泌を増やしてしまうため、一見オイリー肌に見えても肌の内側は水分量が少ない、インナードライ肌と呼ばれる肌質の可能性があります。 この場合は、肌の脂を抑えるスキンケアをすると逆効果!肌の内側までしっかりと保湿して、肌を潤すことが必要です。 ニキビ肌にもクリームは必要なの? ニキビ肌でも保湿が必要ということは、保湿クリームを使えばよいのでしょうか? 乳液よりも油分が多いクリームですから、保湿できたとしても、ニキビにはあんまり良くないと思われる方も多いかもしれません。 実際のところ、クリームは本当にニキビ肌に必要なのでしょうか。 乳液との違いも合わせて見ていきましょう。 クリームと乳液の違いは? クリームは化粧水や美容液の成分をしっかりと肌の中に閉じ込めるために、スキンケアの一番最後に行います。 美容成分や保湿成分などを蒸発させないために、フタの役目を果たしていて、乳液と同様に肌を油分でバリアしてくれます。 同じ役割をもつ乳液とクリームですが、その違いは水分と油分のバランスの差にあります。 乳液の方が水分が多く、クリームの方が油分多めにできています。 水分の蒸発を防ぐ役割としては、油分の多いクリームの方が長時間肌のうるおいをキープすることができるのです。 肌表面のクリームでニキビ菌は増殖しない 「べたつくからクリームは嫌い!」と思ってクリームを使わない人もいるかもしれません。 確かにクリームには油分があります。 ニキビ肌の人は、その油分がニキビの悪化する原因になると思いがちですが、ニキビ菌は空気が触れる場所では繁殖しないんです。 だから、クリームは肌表面につけるものであるため、こうした心配はいらないということです。 ただし、クリームを塗りすぎると毛穴の奥に入り込んでしまう可能性があるため注意が必要です! あくまで油膜を作ってフタをするためのものですから、使用する際はうっすらと肌に塗る程度で十分です。 乾燥肌によるニキビにはクリームが必須! クリームの油分そのものがニキビの原因になることはありませんので、クリームは保湿成分を閉じ込め、肌の乾燥を防ぐためにも絶対必要です。 特に大人ニキビの場合は、乾燥から発生したり悪化するケースが多いです。 肌の表面はオイリーでも内面はカラカラに乾いていることも考えられます。 それを防ぐためにも、化粧水や美容液で肌を整えたら、保湿クリームを塗ってしっかりと肌に美容成分を閉じ込めるようにしましょう。 ニキビ肌のクリームの選び方 ニキビ肌でもクリームを使って問題ないことが分かりましたが、どんなクリームを選べばいいのでしょうか? ニキビ肌におすすめのクリームの選び方をみていきましょう。 保湿成分配合のものを選ぶ ニキビ肌の場合は特に保湿成分が入ったクリームを選ぶことが大切です。 例えば、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の配合されたものです。 セラミドは肌の土台とも言える存在で、保湿効果だけでなく肌のバリア機能を回復させる働きも持っています。 また他の保湿機能も、セラミドによってより効果を発揮することができます。 コラーゲンは保湿効果とともにターンオーバーを促す作用があります。 肌を健康にし、美白やエイジングケアの面からも外せない成分です。 ヒアルロン酸は水分を蓄える力が強く、肌の乾燥を防ぎ改善する効果があります。 無添加の保湿クリームがおすすめ ニキビ肌の人は添加物に弱い、敏感肌の人が多いです。 そのためクリームを選ぶときは保湿成分に注意するだけでなく、無添加のものを選ぶことも大切です。 ニキビができているときは肌に炎症が起こっているのと同じです。 とても弱っている状態なので、合成香料や着色料といった添加物が入っていると、敏感に反応し悪化させることになります。 逆に無添加の肌に優しいものを使えば、きちんと保湿され肌の機能の回復に繋がります。 そうしてニキビが落ち着くと肌のターンオーバーも正常化し、さらに保湿成分が浸透しやすい状態を作ることができます。 クリームの正しい使い方 ニキビ肌の保湿クリームの選び方をみてきましたが、クリームの塗り方も間違えないようにしましょう! 意外とクリームを塗る順番を勘違いしている人もいると思いますので、再度正しいクリームの塗り方を確認していきましょう。 クリームを塗るまでの順番は? まずは、クリームを塗る順番を説明していきましょう。 スキンケアの手順• 化粧水• 美容液• クリーム となります。 特に化粧水からクリームまでの流れは、人によっては美容液を使わなかったり、乳液またはクリームどちらかを使う人もいると思いますので、この順番は肌を保湿する上での理想の手順です。 この順番が前後してしまうと化粧品の本来の効果が発揮できなくなることも考えられますので、仮に美容液や乳液を省いたとしても、順番は間違わないようにしましょう。 いずれにせよ、クリームは一番最後に行うことを覚えておきましょう。 乳液とクリームはどちらも使った方がいいの? 結論を先に述べると、クリームの使い方はお好みです。 両方使ってもいいですし、片方だけでも問題ありません。 べたつきが苦手な場合は、朝のスキンケアや夏の暑い時期は乳液を使い、夜はしっかり潤いを与えるためにクリームを使うという使い方もできます。 ひどい乾燥肌の人は、特にしっかりと保湿できる方がいいので、クリームの方がおすすめです。 肌の状態にあわせて、乾燥しやすい目元や口元だけ乳液とクリームを重ねづけするという方法もあります。 また、同じクリームでも保湿成分のたっぷり入った軽い付け心地のものであればべたつきもあまり感じずにすみます。 商品によって使用感が異なりますので、実際に使ってみた感じで乳液とクリームをうまく使い分けるといいですね。 クリームの塗り方 意外とクリームの正しい塗り方を知らない人も多いので、ここで紹介しておきます。 クリームの効果的な塗り方• 手のひらに10円大くらいの大きさのクリームを取る。 ケチらずにたっぷり使うことがポイント!• 手の体温で温めながら、手でこすり合わせるようにクリームをのばします。 肌の中央から外側に向かって、顔全体になじませます。 目元や口元、鼻など細かい部分は指先を使ってなじませていきます。 首元も忘れないようにしましょう。 クリームは直接肌に塗るのではなく、いったん手のひらでゆるめてから塗ると、肌になじみやすくなります。 クリームの容器がビンなど直接手で取るものは、素手でクリームをすくうと雑菌が入ってしまうため、スパチュラ(へら)を使ってすくうようにしましょう。 市販のニキビ肌向け保湿クリーム それではニキビ肌におすすめのクリームをみていきましょう。 まずはドラッグストアや薬局でも購入できる、市販でおすすめのニキビ肌向けクリームを紹介していきます。 キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム それでもニキビがひどい場合は病院へ 洗顔からクリームまできちんとスキンケアをしてもニキビが良くならない場合は、病院へ行くのも一つの方法です。 クリームと合わせて皮膚科で処方される塗り薬も使えば、プツプツとしたニキビや赤みのあるニキビも落ち着きやすくなります。 皮膚科で処方される薬としては、ディフェリンゲルやベピオゲルといった毛穴の詰まりを取り除く作用のある薬と、アクアチムクリームやダラシンといった抗菌薬が処方されます。 これらの薬で肌がヒリヒリする場合には、保湿剤としてヒルドイドクリームが処方されることもあります。 塗り薬を塗る順番としては、化粧水や乳液、クリームといった基礎化粧品のあとに塗り薬を使用します。 また、お医者さんによっては複数の薬を混ぜた、専用のクリームを作ってくれたりもするので、ニキビが頻発する場合は病院へ行きましょう。 まとめ クリームは油分のイメージからにきびに悪そうと思いがちですが、実はしっかり保湿するためには必要不可欠なものといえます。 特に乾燥肌の人の場合は欠かせません。 保湿クリームの選び方のポイントをまとめました。

次の