プラトニック ドラマ。 「プラトニックラブ」がもたらすカップルにとって良い効果とは?

BSプレミアムドラマ「プラトニック」 中山美穂 堂本剛 主題歌は ビリー・ジョエル「ストレンジャー」・「オネスティ」

プラトニック ドラマ

プラトニック不倫って?普通の不倫関係と何が違うの? 肉体関係のある不倫とは一線を画し、体の関係を一切持たない プラトニック不倫と普通の不倫関係の一番の違いは「肉体関係」の有無です。 プラトニックとは、純粋に精神的で清らかなさまで、プラトニック不倫は、肉体的な欲求から離れた、精神的な繋がりを持つ既婚者同士のことを言います。 肉体関係を持つ通常の不倫とは一線を画しているのです。 お互いが不倫相手とSEXすることを求めておらず、二人が繋がっているために「SEXは必要ない」と思っています。 会話を楽しんだり見つめあったりすることで、十分にお互いの気持ちを確かめ合ったり、ときめきを感じたりしているからです。 体の繋がりの必要性体の関係がないからと言って、満足していないわけではありません。 むしろ心の繋がりのみで関係が成り立っているため、通常の不倫カップル達より本人たちが感じる「幸福度」や「満足度」は高い場合が多いでしょう。 お互い好き同士でも肉体の交わりを持たない事で、体裁を保とうとしている ジェットコースターに乗っている時のような、刺激的な恋である不倫…。 ドキドキするようなスリルを味わえるのと引き換えに、不倫には多くのリスクがつきまといます。 何よりもまず、不倫相手の配偶者にバレてしまったら一巻の終わりです。 お金、仕事、友達、住む家など…全てを失ってしまう可能性も大いにあるでしょう。 肉体関係を持った不倫は「不貞行為」とみなされ、社会的制裁を下される不法行為です。 慰謝料の請求はもちろんのこと、配偶者から離婚を要求された場合、それを受け入れなければなりません。 一時の気の迷いだったとしても、不倫には人生そのものを壊してしまうほどの大きな威力があるのです。 しかし、肉体関係を結ばないプラトニック不倫の場合…。 それは法的には「不貞行為」に入りません。 そのため万が一、配偶者や周囲の人にバレてしまうようなことがあったとしても、法律上では不倫とは言えないため、慰謝料を請求されたり、離婚の原因になったりする可能性は低いと言えます。 自身の体裁を保つためだったり、恋愛のドキドキを「安全に」楽しみたい既婚者にとって、プラトニック不倫はとても都合が良いのです。 肉体的な繋がりより、精神的な繋がりを大切にしている 不倫とプラトニック不倫の大きな違いは、「肉体的な繋がりの有無」だと前項でも述べました。 プラトニック不倫をする既婚者たちは、肉体的な繋がりを必要としておらず、精神的な繋がりを何よりも大切にしています。 通常の不倫の場合、「SEXがしたいから、特定の相手(不倫相手)を作る」と考えている既婚者も少なくありません。 しかし、プラトニック不倫はそうではなく、肉体関係を目的としていないので、恋人同士になった時点で、お互いに恋愛感情を抱いていることは間違いないでしょう。 言い換えれば、プラトニック不倫はお互いに好意を抱いていないと成り立たない関係なのです。 プラトニック不倫は不倫ではないのか?と問われると、肉体関係を結ばないこと以外はやっていることは不倫と同じだという意見もあれば、法的には不貞行為がない場合は不法行為にならないため不倫ではない、という意見もあります。 一番近い例えとして、「友達以上恋人未満」の関係が当てはまると言えるでしょう。 学生時代のようなピュアな恋愛!いつまでたってもときめいていたい プラトニック不倫をすることで得られる最大のメリットは、「まるで学生時代にタイムスリップしたかのように、思春期の頃にしていたようなピュアな恋愛ができる」ということではないでしょうか。 誰かに初めて恋をしたときのような甘酸っぱい記憶は、誰もが持っていることでしょう。 ただ目が合うだけで幸せを感じたり、時間を忘れて色々なことを語り合ったり…。 まさに少女漫画やドラマに出てくるような淡い青春の胸キュンを、オトナになった今でも、肉体関係を持たないプラトニック不倫では味わうことができるのです。 もちろん「好きな人とはSEXをしたい」という気持ちを持っている男女が多数派なのは確かですが、恋愛する上で、甘く切ない胸のトキメキを感じることは、何よりも幸せを感じ、心を満たしてくれるものでもあります。 男性も女性も、幾つになってもときめいていたいものですし、「女として」「男として」特別扱いされていたいものなのです。 【プラトニック不倫】既婚者が体の関係なしのセカンドパートナーをもつ男性心理 最終的にはSEXをするまでの過程を楽しんでいる 既婚者が体の関係なしのセカンドパートナーを持つ男性心理として、「最終的にはSEXをするまでの過程を楽しんでいる」場合もあるでしょう。 「相手を落とすまでが楽しい」「自分のものにした途端、どうでもよくなった」などと、恋愛をどこかゲーム感覚に捉えている既婚男性は多いです。 確かに好きな相手を振り向かせることに夢中になっている時が、恋愛をする上で一番胸が高鳴ったり、「恋って楽しい」と思える時期だと言えるでしょう。 好意を寄せる相手に対して、「触りたい」「SEXしたい」という感情を抱かない男性は、きっと、いません。 あえて気持ちを抑えているのです。 その理由の一つに、既婚男性が「エッチしてしまったら、終わってしまう」「冷めてしまう」という気持ちを持っていることが考えられます。 本当は先に進みたいけれど、あえて気持ちを抑えることで、「恋愛のドキドキやトキメキを楽しんでいたい」と思っているのでしょう。 不倫のリスクを回避したいと思っている 既婚者が体の関係なしのセカンドパートナーを持つ男性心理として、考えられる大きな理由の一つに「不倫のリスクを回避したいと思っている」ことが挙げられます。 家庭を持っている男性にとって、不倫のリスクはとても大きいものだと言えるでしょう。 バレてしまえば、今まで築き上げてきたものすべてを失う可能性があるのですから。 どんなに慎重になって「墓場まで持っていく覚悟」を持っていたとしても、肉体関係が実際にあるのとないのとでは、その差は大きいです。 法律では、不倫は「不貞行為」があった場合に「不法行為」とみなされます。 ですから、肉体関係がなければ直接的に「不法行為」とはならず、最悪の事態を免れることもできるかもしれません。 人間は、いくつになっても、たとえ結婚していたとしても、恋に落ちてしまう時はおちてしまうものです。 しかし、理性を持っていたり、はたまた勇気がない既婚男性は、決して肉体を求めることなく、「友達以上恋人未満」の状態を保ち続け、こっそりと恋愛のドキドキを感じているのでしょう。 デートや食事を一緒に楽しめる相手がいればそれでいい プラトニック不倫をする男性の中には、「デートや食事を一緒に楽しめる相手がいればそれでいい」と思っているだけの人もいるでしょう。 このパターンの既婚男性は、妻以外の女性に興味はあれど離婚するつもりはなく、夫婦間の仲も悪くないことが多いです。 しかしいくら夫婦の仲が良くても、「全く女の気配がないんじゃ男が廃る」「定期的に女性と話すことで、女性のトレンドや話題をリサーチしておきたい」などという思いは持っているため、特定のセカンドパートナーを作るのでしょう。 こういった考えを持つ既婚男性は、妻とのSEXにも満足していることが考えられ、また相手の女性に対して、好意は持っているものの、そこまで「入れ込んだ思い」がないため、「別にSEXできなくてもいい」と、強引に肉体関係を求めることをしません。 後々面倒くさいことになっても困るので、安全に、楽しく過ごせればそれでいいと思っているのです。 【プラトニック不倫】既婚者が体の関係なしのセカンドパートナーをもつ女性心理 体の関係を持ってしまったら色々なモノが壊れてしまいそうで怖い 既婚者が体の関係なしのセカンドパートナーを持つ女性心理として、「体の関係を持つことで、色々なモノが壊れてしまうのが怖い」と思っていることが考えられます。 不倫の代償は大きい。 女性にとってもそれは言えることで、不倫がバレてしまったら窮地に立たされることは、言わずもがな。 女性の社会進出が進んでいる現代でも、シングルマザーとして育児と仕事の両立をしたり、たとえ子供がいなくても、慰謝料を払い続けながら生活していくことはとても大変なことです。 すでに夫との関係が上手く行っていなかったり、破綻している場合は除きますが、それ以外の既婚女性は、夫の他に好きな人ができたからといっても、そう簡単に離婚しようとは思わないでしょう。 何事も「絶対」などありませんから、どんなに気を付けていたって、バレる時はバレます。 守りたいモノが大きい既婚女性は、あえて肉体関係を結ばず「不倫のいいとこどり」をしようとするのです。 簡単にエッチ出来てしまうカップルより、「したくてもできない」カップルの方が燃えるから プラトニック不倫をする既婚女性は、青春ドラマのヒロインのように「恋愛のドキドキを激しく感じたい」と思っていることが考えられます。 「エッチしたい」と思った時に難なくできてしまうカップルより、「触れたくても触れられない」「したくてもできない」二人でいた方が、抑圧された環境下にいるため、相手に対する想いはより深く大きくなるもの。 そのため、通常の不倫より愛情が増しやすく、相手から飽きられにくくなります。 「恋は障害があった方が燃える」と言われているように、「したいけどできない」ことがあった方が、「私たちは運命で結ばれた相手だから、障害なんかに負けないわ」などと、お互いの絆が深くなり、気持ちも長続きするのです。 不倫相手の子を妊娠する心配がないから、ハラハラしないで済む 不倫のSEXにはリスクがつきものです。 特に女性側には、絶対にあってはならない取り返しのつかないリスクがあります。 それは、「妊娠」。 どんなに気をつけていてもSEXをしている限り、避妊に100%はありません。 「妊娠してしまうかもしれない」という不安は常に付きまとい、ホルモンバランスがちょっと乱れて、生理が遅れただけだとしても、「妊娠してたらどうしよう…!」と動揺し、一人で悩み、精神的にも疲れてしまうこともあるでしょう。 女性にとっての望まない妊娠は、男性に比べ肉体的にも精神的にも負担が大きいです。 不倫相手の彼には内緒で、一人震える手で妊娠検査薬をしたことがある女性も少なくないはず。 一方で、そのような精神的苦痛を一切感じなくていいのがプラトニック不倫です。 不倫相手の子供を妊娠する心配がないから、生理がこないたびにハラハラしないで済みます。 そんな「安心」「安全」な婚外恋愛を、既婚女性はしたいと思っているのでしょう。 「妻」や「母」ではなく「女」として見られたい 既婚者が体の関係なしのセカンドパートナーを持つ女性心理として、男性から「女として見られたい」という気持ちが考えられます。 結婚して家庭に入ると、時間の経過とともに女性はどうしても「女」というよりは「妻」「母」になっていきます。 家事や仕事、育児に追われ、自分の身だしなみは最低限で、「綺麗だね」「可愛いね」などと言われる機会もなくなり、旦那にですら見向きもしてもらえないこともしばしば。 女性自身も自分が「女」であることを忘れがちになってしまいます。 しかし、女性は死ぬまで「女」。 心のどこかに「男性から女として見られたい」「女として扱われたい」という願いを持っているのです。 そんなときセカンドパートナーがいれば、既婚女性は忘れていた「女心」を取り戻すことができるでしょう。 「彼にもっと好きになってほしい」「可愛いねって言われたい」という気持ちが、既婚女性をますますキレイに輝かせるのです。 家庭は捨てるつもりないけど、生涯共に助け合って生きていける「相棒」が欲しい 既婚女性がプラトニック不倫をする心理として「家庭は捨てるつもりはないけど、生涯共に助け合って生きていける相棒が欲しい」という気持ちを持っていることが考えられます。 イメージ的には「親友」が近く当てはまるでしょう。 人は一人じゃ生きていかれませんし、長い人生何があるかわかりません。 旦那に先立たれてしまったり、何かあった時に、お互いが信頼できて助け合って生きていける相手を、既婚女性は求めているのでしょう。 また、人生において、自分の考えを何でも話せたり、素を見せられる相手がいれば、とても生きやすく、楽しく毎日を過ごすことができます。 自分のことを理解してくれて、何かあった時は助けてくれる相手のことを既婚女性は「側にいてくれるだけで幸せ」と感じていて、「肉体関係などなくてもいい」と考えているでしょう。 プラトニック不倫をするときの注意点。 既婚者同士の微妙な関係はどう保つ? 肉体的関係がないからといって、皆がいる前で堂々と仲良くしない プラトニック不倫をするときの注意点として、くれぐれも気をつけて欲しいことは、「SEXをしていないからといって、皆がいる前で堂々と仲良くしない」ということです。 いくら「私たちはプラトニックだから、やましいことなんてないのよ」と本人達がそう思っていたとしても、周りの目はそうとは捉えないかもしれないからです。 確かに法律では、不貞行為がない限り不倫は不法行為になりません。 しかし、いくら一線を越えてなくても二人が恋愛感情を抱いており、相手のパートナーを精神的に苦しめるようなことがあったとすれば、それは立派な不倫です。 プラトニックな関係であっても、「自分たちは不倫をしている」という気持ちを忘れないでください。 例えば同じ社内で、二人で密会したり、常にアイコンタクトをとったりしていると、かなりの確率で周囲から怪しまれるでしょう。 相手に対して特別な感情を抱いていることは、二人だけの秘密にしてください。 不倫相手に夢中になるあまり、家庭での自分の立場を忘れてしまわないようにする プラトニック不倫をするときに気を付けなければならないことは、「家庭での自分の立場を忘れないようにする」ことです。 結婚して、恋愛とは無縁になってしまった自分が恋をした…。 相手からも好意を寄せられている…。 そのような状況になったら、平凡だった毎日がパッと輝いて、浮かれてしまう気持ちもよくわかります。 しかし、相手に夢中になるあまり、周りが見えなくなっていてはいけません。 「家庭」があるのですから、プラトニック不倫をしていて家のことがおろそかになってしまうなんてことは、絶対にないようにしましょう。 例えば、急に夜家を開けることが多くなったり、家にいても家事が手につかず携帯ばかりをいじっているようだと、当然パートナーは怪しいと思うはず。 浮気や不倫を疑われ、いくら性的にやましいことがなくても、夫婦関係が壊れてしまう可能性だって大いにあるのです。 心の中ではプラトニック不倫相手の彼に夢中でも、家には持ち込まないこと。 自分のやるべきことを淡々にこなしながらも秘密の恋をするというスキルを身につけましょう。 体の繋がりがなくても社会的制裁を受ける可能性があることを知っておく 「プラトニック不倫は一線を越えてないから、たとえ関係がバレても離婚を要求されたり、相手の配偶者から慰謝料を請求されたりすることはないだろう」と安心していてはいけません。 確かに不貞行為のないプラトニックな関係は、法律的には「不法行為」に当たらないため、直接的な社会的制裁を受けることはないでしょう。 しかし、恋愛感情を抱いている二人の精神的な繋がりにより、相手のパートナーが傷つき病んでしまった場合、社会的制裁を要求できることもあるのです。 また、世間一般からしたら、SEXがあっても無くても、特別な感情を抱き精神的に結ばれている二人は「不倫している」とみなされます。 社会の不倫に対する風当たりは強く、職場などで公になってしまうと周りから敬遠され噂のまとになったり、最悪昇進に響いたり、左遷の対象になってしまうこともあるでしょう。 性的繋がりがないからといって、脇を甘くしないこと。 「自分は不倫をしている」という自覚を持つことが大切です。 相手に依存しすぎるのではなく「付かず離れず」の距離感を保つ プラトニック不倫をする上で、気をつけなければならないことは「相手に依存しすぎない」ということです。 相手を好きになりすぎてしまい、入れ込みすぎてしまうと、様々な弊害を避けては通れなくなってしまうからです。 相手に依存しすぎてしまうと、現状では満足できなくなって「もっと、もっと」と相手に求めすぎてしまいます。 そうなってしまうと、周りが見えなくなってしまい家庭をかえりみない行動をとってしまい、家族に「浮気してるのか?」と怪しまれてしまうきっかけになってしまうでしょう。 また、「精神的に支え合いたい」という、プラトニック不倫相手との気持ちにもズレが生じて、今までのような関係を保つのが難しくなってきてしまう可能性もあります。 既婚男性と「精神的に繋がっていたい」「セカンドパートナーが欲しい」と思ったら、まずは自分自身が自立すること。 相手に全面的に寄りかかるのでは無く、「付かず離れず」の距離感を保ちましょう。 家族ともいい間柄を築きながら、プラトニック不倫相手とも良い間柄を築く。 そうやってどちらも努力することが、プラトニック不倫という微妙な関係を保つためには大切だと言えるでしょう。 コミュニケーションを密にして、定期的にお互いの気持ちを確かめあう 既婚者同士でプラトニック不倫をしようと思ったら、何よりもコミュニケーションを密にして、定期的にお互いの気持ちを確かめ合うことが大切です。 SEXは良くも悪くも、相手の思っていることがダイレクトに伝わってきます。 キスの仕方、前戯にかける時間などで、愛情をある程度測ることだってできるでしょう。 プラトニック不倫は、体の繋がりがない分通常の不倫より相手の気持ちがわかりずらく、どうしても不安な気持ちが生まれがちです。 そうならないためにも、プラトニック不倫相手とのコミュニケーションを密にすることが何よりも大切なのです。 自分の気持ちは、恥ずかしがらず、面倒臭がらず、しっかりと言葉にして伝えましょう。 向こうもまた同じように、不安な気持ちを抱えているかもしれません。 定期的にお互いの気持ちを確かめ合うことで、より一層二人の絆は深まりますし、プラトニックラブも長続きしていくでしょう。 プラトニック不倫をしたい時に、バレずにセカンドパートナーを探す方法 マッチングアプリや出会い系サイトなど、スマホで手軽に探す プラトニック不倫をしたい時に、バレずにセカンドパートナーを探す方法として、一番手軽で手っ取り早いのは、マッチングアプリや出会い系サイトを使って探す方法です。 スマホでちょっと探せば、自分自身の目的に応じた便利なサイトがたくさんあるでしょう。 登録も簡単で、お金が一切かからないものもあります。 一つだけ言えることは、結婚していながらセカンドパートナーを探している男女は実に多いということ。 多くのサイトは、顔写真や住んでいる地域、趣味や年齢など細かくわかるようになっていて、その中から好みのタイプを選んでアプローチする、という手順になっています。 出会い系サイトやマッチングアプリでは、自分の求めている理想の相手を簡単に見つけることができるでしょう。 ただ、最近はカメラの加工技術が発達しているので、いざ対面した時に「写真と全然違う!」とショックを受けることもあるかもしれません。 風俗やキャバクラなど、異性と出会える場所に出向く プラトニック不倫をしたい時に、バレずにセカンドパートナーを探す方法として、これは男性向けかもしれませんが「風俗やキャバクラなど、異性と出会える場所に行く」ということも挙げられます。 女性の場合は、ホストや数少ないですが女性向けの風俗もあります。 人と会話をしたり、お酒を飲むのが好きな場合は、自らがお店で働いて、お金を稼ぎながら出会いを探すのも一つの手でしょう。 「風俗嬢やキャバクラ嬢を落とすなんて無理だ」と思う人も多いかと思いますが、嬢たちだって人間です。 「気が合うな」「一緒にいて楽しいな」と思う相手とはたとえキャストとお客の間柄だったとしても、交際に発展する可能性は大いにあります。 しかし気をつけるべきことは、「アプローチ法を間違えないようにすること」です。 好かれたい一心で、相手の言われるがまま、言うことを聞いたり、たくさん貢いだりしていると、「都合のいいカモ」にされてしまう危険性があります。 お金で掴もうとせず、心で掴むようにすることが大切です。 職場や友達の中で気が合いそうな人を探し、さりげなく近づく プラトイック不倫をしたい時に、バレずにセカンドパートナーを見つけたいと思ったら、職場や友達の中で気が合いそうな人を探すという手もあります。 同窓会で久しぶりに会った、気になる存在の相手と電話番号を交換したり、会社の飲み会を「面倒くさい」と思わず参加するようにしたり。 「この人いいな」と思うことがあったら、さり気なく近づいていきましょう。 あくまでさり気なく、がポイントです。 周りに「あの人が好き!」と公言したり、あからさまなアプローチはくれぐれもしないようにしましょう。 下心を持っていないことがわかれば、相手は警戒心を解き、心を開いてくれやすくなります。 ボディタッチをしたり、下ネタを言うことを慎み、時間をかけて少しずつ口説いていきましょう。 「いつもそばにいてくれて、一緒にいると居心地がいいな」「なんでも話せて、自然体でいられるな」相手が気づいた時にはもう、「友達以上恋人未満」の関係は出来上がっていると言えるでしょう。 趣味や習い事を通して出会う プラトニック不倫をしたいと思ったら、趣味や習い事なども出会いの場になります。 これを機に、自分が興味のある新しいことを初めてみるのはいかがでしょうか。 セカンドパートナーを求める場合は、男女両方から人気のあるもの、もしくは自分に比べ異性の割合が多いものを選びましょう。 例えば既婚男性が出会いを求める場合は、女性達から人気のある料理教室や茶道、既婚女性が出会いを求める場合は男性に人気のあるゴルフスクールや釣り、というように、です。 異性の割合が多ければ多いほど、出会える確率は高くなります。 共通の話題があると、会話も盛り上がりやすいですし、相手に対して親近感を持ちやすく、仲良くなるまでにさほど時間もかからないでしょう。 この時のポイントとしては、「趣味」「習い事」に来ているということを忘れないこと。 出会いを求めに来ているわけではない、ということになっているはずですから、決してガツガツせず、落ち着いた大人の対応を心がけるようにしてください。 プラトニック不倫とは、不倫のいいとこ取りを出来る恋愛! お互いに好意を持っていても、体の関係を結ばないプラトニック不倫は、通常の不倫に比べ、リスクの差は歴然です。 体の繋がりはなくとも、デートをしたり見つめ合うことで、少女マンガや青春ドラマのような甘酸っぱい胸のトキメキを感じることが出来るプラトニック不倫は、ローリスクで「不倫のいいとこ取りができる」と、安心、安全に疑似恋愛を楽しみたい既婚者達から人気となっています。 肉体的にではなく、精神的な部分で繋がっているプラトニック不倫をする恋人達は、お互いの気持ちを何よりも大切にしているため、普通の不倫をするカップル達よりも絆が深いのかもしれません。 たとえ肉体関係はなくても、セカンドパートナーがいることで、人生は何倍、何十倍と充実し楽しくなるでしょう。 しかし、当然お互い配偶者がいる身ですから、自分の立場を忘れるようなことがあってはなりません。 プラトニック不倫も立派な不倫だということをわきまえ、秘密の恋を楽しんでください。 【期間限定・7月5日(日曜)迄】不倫の事で悩んでいるアナタへ こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。 あなたの不倫の悩みは、少しでも解消したでしょうか? もしも、まだ 「やっぱり不安がある…。 」 「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。 」 「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」 こんな感じならば、【】を初回無料でプレゼントします。 雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。 今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【】を初回無料でプレゼントします。 片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。

次の

男性に聞く!プラトニックな恋愛関係ってアリ?浮気や不倫との境界は?|主婦のキモチ

プラトニック ドラマ

プラトニック不倫とは プラトニック不倫とはいったいどんなものでしょうか? プラトニックとは、 「純粋に精神的」を意味します。 そしてこれに不倫という言葉が続き、 純粋に精神的な不倫 ということになります。 不倫というと、一般的には配偶者以外の異性と肉体関係を持つことを指しますが、このプラトニック不倫においては、肉体関係はありません。 つまり、 「配偶者以外の異性と肉体関係のない恋愛関係をもつこと」 がプラトニック不倫ということになります。 プラトニック不倫は、不倫の前提である肉体関係がないため、矛盾しているように見えますが、配偶者以外の異性と恋愛関係をもつため、不倫と判断される一面もあり、これまでの不倫に対する既成概念を揺さぶる不思議な言葉です。 普通の恋愛に例えるとすれば、 「友達以上恋人未満」 という関係に似ています。 プラトニック不倫をする理由 男性の心理 男性がプラトニック不倫をする理由には様々あります。 まず考えられるのは 夫婦関係のマンネリ化によるものです。 結婚してから子供もでき、家庭を持つようになると、今までの男女関係も家族という意識に変わります。 そうなると 男性には刺激や恋愛の欲望を感じ、プラトニック不倫にハマってしまうことも少なくありません。 また、家族や妻には打ち明けられない悩みを異性に聞いてほしいと思っている男性もいます。 普段から甘えたり、弱音を言えない男性にとっては、 話を聞いてくれる異性のパートナーと精神的なつながりを求めているのです。 女性の心理 一方で女性の方はどうでしょうか。 男性と同じく 夫婦関係のマンネリ化によりプラトニック不倫に走ることがあります。 妻のことが女性として見れなくなってくる男性と同じく、女性も夫を男性と見れなくなってくるものです。 女性は恋愛のときめきを求めてプラトニック不倫になることもあります。 ドラマのような恋愛を一度は経験したいと思っている女性もたくさんいるのです。 そんなときに、 女性として扱ってくれる男性が現れれば、恋愛関係に発展しやすいのは当然のことです。 プラトニック不倫の特徴 それではこのプラトニック不倫の特徴とはどういうものでしょうか。 以下にまとめてみました。 不倫相手と肉体関係を望まない プラトニック不倫は不倫相手と肉体関係を望まない関係です。 性欲を満たさない関係なのです。 これは単に性欲を抑え、我慢しているということではありません。 プラトニック不倫には肉体関係が必要ないのです。 不倫相手と精神的なつながりを求める それでは、プラトニック不倫は相手に何を求めるのでしょうか。 それは、 「純粋で精神的なつながり」です。 もちろんプラトニック不倫も恋愛感情の形の一つですが、相手とメンタル面においてつながろうとする意識が強いのです。 一緒にいるだけで幸せを感じ、会話をしているだけで満たされる不倫の形です。 これまでの恋愛関係の既成概念に当てはめにくい 上記より、プラトニック不倫はこれまでの恋愛関係の既成概念にとらわれず、比較的最近になって認知されるようになった恋愛関係です。 つまり、不倫のようで不倫ではなく、不倫ではないようで不倫とも言える、まったく新しい恋愛関係と言えます。 あえて言うのであれば、配偶者がいる以上、完全に自由な恋愛関係ではないということです。 まとめ いかがでしたか? プラトニック不倫という恋愛関係、それは本来の不倫とはまた異なる愛の形です。 これまではごく少数派として、世の中に埋もれ、見えなかったプラトニック不倫。 最近ではこの関係の認知度が高くなり、世間でもしばしば耳にするようになりました。 この世界に決まった愛の形などありません。 人はそれぞれ自由にその形を選ぶべきです。

次の

プラトニック (テレビドラマ)

プラトニック ドラマ

起源 [ ] とは「プラトン的な」という意味で、古代ギリシアの哲学者の名が冠されているが、プラトン自身が純潔を説いた訳ではない。 プラトンの時代にはパイデラスティアー(paiderastia、)が一般的に見られ、プラトン自身も者として終生「純潔」というわけではなかった。 プラトンは『』の中で、男色者として肉体(外見)に惹かれる愛よりも精神に惹かれる愛の方が優れており、更に優れているのは、特定の1人を愛すること(囚われた愛)よりも、美のイデアを愛することであると説いた。 の時代にの、によってプラトンの著作がラテン語に翻訳され、プラトンの思想(実際には独自に解釈されたもの)が大きな影響を持つようになった。 フィチーノは『饗宴』の注釈書の中で、アモル・プラトニクス(amor platonicus)という言葉を使った。 が説くように、人間を含む万物は一者(神)から流出したものであるが、人間はその万物のうちにある美のイデアを愛することによって結果的に一者を愛し、一者の領域に(エクスタシーを経て)近づいてゆくことができると考えられた。 そして、この言葉が転用され、男女間の禁欲的・精神的な愛を指すようになっていった。 のは、人間のすべてがプラトニック・ラブの傾向を持っているが、純粋なプラトニック・ラブは正常者のうちにはほとんど見出すことができず、ある種の性格異常者のうちに存在していると指摘している。 西洋のプラトニックラブ [ ]• 中世のでは、貴婦人に対する精神的な愛が強調されていた。 詩人は女性に対する精神的な愛を歌うものであった(にとってのベアトリーチェ、にとってのラウラ)。 こうした、愛に対する姿勢の伝統の背後にあるキリスト教の精神(十戒の一つ、汝姦淫するなかれ、など)との連関でも、プラトニック・ラブが解釈されたものと考えられる。 英語の早い例では劇作家ウィリアム・ダヴェナント(Sir William Davenant)の喜劇 "Platonic Lovers"(1636)がある。 は「プラトニック・ラブとは、不能と不感症の間の愛情を指す、馬鹿がつけた名前である」と風刺している。 日本のプラトニックラブ [ ]• は「悲しくも我が文学の祖先は、処女の純潔を尊とむことを知らず」と遊里を賛美するような江戸文芸の風潮を嘆いた(『処女の純潔を論ず』1892年)。 脚注 [ ] [].

次の