ペレット インコ。 セキセイインコの食事をシードをペレットに切り替える方法│ぴよため

セキセイインコの食事をシードをペレットに切り替える方法│ぴよため

ペレット インコ

by LOVE WING PRO ライフアップフード 、脂肪のパーセントにより3種類があります。 結構新しいペレットになりますね。 メーカーHPを見ても実物画像がないし、ペレットのサイズも表記がないため正直このペレットについては良くわかりません。 一応国内工場生産、保存料、着色料の不使用ということはわかりました。 機会があれば使ってみたいと思います。 やっぱりインコのペレットについては欧米が進んでいますね。 国内メーカーについては正直遅れていると感じます。 でも自分も出来れば国産のものを使いたい気持ちはあるので頑張ってもらいたいと思います。 いかがでしたでしょうか。 詳しい人なら既に知っている内容かもしれませんが、これからペレットに挑戦させたいなどの人に少しでも役に立てれば幸いです。 hsnkisk6082.

次の

【インコペレット】Harrison’sハリソン アダルトライフタイム【2020年】

ペレット インコ

「鳥さんの行動には全て理由がある」をモットーに、行動学という側面から、人と飼い鳥との楽しく健康な暮らしの手伝いを目指す。 主な活動として、飼い鳥の問題行動の改善を実施。 褒めて伸ばすトレーニング(ポジティブレインフォースメント)を用いるほか、食事を含む飼養環境の見直しをご提案。 鳥さんたちから学んだことを、多くの飼い主さんにお伝えできれば幸いです。 主な著書に『これ1冊できちんとわかる しあわせなインコとの暮らし方』(マイナビ出版)、『インコ&オウムのお悩み解決帖』(大泉書店)など多数。 バードトレーナーの柴田祐未子さんに、オカメインコ用ペレットのおすすめと選び方を教えていただきました。 ペレットとは、種子(シード)と並ぶ鳥類の餌のことで、種子では補いにくい栄養素をとれる、総合栄養食のことです。 ひとくちにペレットといっても、粒の種類や大きさ、着色料の有無など、さまざまな種類が発売されており、どれを選べばいいか悩んでしまいますね。 そこでこの記事では、数あるオカメインコ用のペレットのなかから、柴田さんが厳選した商品をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 食事は、病気や寿命に大きく関わってきます。 鳥さんの食餌は大きく2つに分けて、 種子(シード)と ペレットが考えられます。 ペレットとは、飼い鳥の栄養要求量の推奨量をもとにして作られた、犬でいうところのドッグフードのような総合栄養食です。 ここで勘違いされないようにお願いしたいのが、実は、オカメインコをはじめ、飼い鳥に関する正確な栄養要求量はまだまだ研究途中ということから、 ペレットは総合栄養食であって、完全栄養食ではないということです。 そうはいっても、ペレットがシードに比べてすぐれている点は、下記のようにいくつかあります。 1)日光からしか取り入れることができないビタミンD3の供給源が配合されているものや、天然の消化促進剤が配合されているペレットもある 2)消化吸収しやすく、効率的に栄養を摂取できる 3)腎疾患や肝疾患などの鳥さんのための療法食用ペレットがある 4)鳥さんの成長ステージに合わせて、使い分けができる 一方で、 シードには鳥さん本来の「種子の皮を剥く」という食べる楽しみを備えています。 オカメインコさんの食餌は、シードに加えて、ふだんから、そして元気なうちに栄養満点のペレットも食べられるようになっておくと、いざというときに安心です。 ペレットのほとんどは 海外メーカーが主流です。 種類も多く、長い歴史があります。 一方で、 国内メーカーもペレットの開発・製造に力を入れています。 海外産・国産のどちらにもいえることですが、あるとき突然、輸入がストップしてしまったり、製造中止になってしまったりというケースがあります。 万が一、いつものペレットが入手できなくなった場合、食べ慣れているごはんではないと食餌を拒否してしまい、体調不良につながることも。 そういった場合に備えて、 海外産と国産の両方を食べてくれるようなオカメインコさんに育てておくと、飼い主さんも安心かもしれません。 ペレットによって、大きさや形がさまざまなので、鳥さんも飽きずにすむのではないでしょうか。 ちなみに、海外メーカーのパッケージ袋に「Diet(ダイエット)」と表記されていることがありますが、日本語でいうところのダイエット(減量用)ではなく、「常用食」という意味なのでお間違えのないようお願いいたします。 内容量が200~300g程度ものや、1000g以上のものなど、メーカーによって分量はさまざまです。 ペレットには、推奨消費期限が定められていることから、この 期限までにオカメインコさんが食べ切れる分量を選ぶと、ムダをなくすことができるのではないでしょうか。 冷蔵庫(または冷凍庫)に入れておけば、消費期限が延びると思われがちのようですが、アメリカのバードフードメーカー・ハリソン社によると「冷蔵庫で保管しても、新鮮さはいくぶん保つことができるかもしれないが、消費期限が延びるということにはならない」との見解です。 お気に入りのペレットに、小袋タイプがない場合もあるかと思います。 この場合、鳥さん仲間と分け合うなどして、消費期限内には使い切ることをおすすめします。 100%オーガニック! こちらは、USDA(米国農務省)のオーガニック認証を受けた、完全有機原料で作られる高品質な100%オーガニックペレットです。 このため、開封後は2カ月以内に使い切ることが推奨されています。 外部の光を遮断できる袋に入っているため、保存する際も別容器に移す必要はありません。 鳥たちの成長段階や季節による体調の変化に合わせた内容を選ぶことができて、より高い栄養が必要なときのための『ハイポテンシー』もあります。 粒のサイズは、オカメインコさんなら極小粒の「スーパーファイン」、小粒の「ファイン」がよいでしょう。 なかなかペレットを食べてくれないという子の場合は、粉状の「マッシュ」を試してみてはいかがでしょうか。 粒のかたさは比較的やわらかめです。 シリーズ内に療法食もあり、いざというときも安心 こちらの商品の粒のサイズは、「ミニ」、あるいは「ミニ」より小さいサイズの「ニブルス」があり、これより大きいサイズのものもあるので、オカメインコさんの好みに合わせて選ぶことができます。 容量は、8oz(227g)、22oz(624g)、44oz(1250g)があるので、まずは小さい容量から試してみてはいかがでしょうか。 粒のかたさは、噛みごたえがあるので、かためを好むオカメインコさんは受け入れてくれるかもしれません。 また、換羽期や繁殖期用として『ブリーダー』、『ハイエネルギーブリーダー』、老鳥用に『シニアダイエット』があります。 消化吸収が悪いとき、腎疾患用、肝疾患用など症状に合わせたペレットがあるのもラウディブッシュの商品の魅力のひとつです。 食餌は、健康に生きていくために栄養を摂取する必要なもの。 ですが、飼い鳥にとっての最大の楽しみと言っても過言ではない、食の楽しみという点を補うために、 一粒ずつ殻を剥いて食べるお仕事が必要なシードと、必要な栄養素を摂取できるペレットを上手に取り入れることで、栄養と食の楽しみの両面を充実させてあげることができるのではないでしょうか。 もし、ペレットよりもシードの割合が多い場合は、ビタミン剤などの補助的な栄養剤を利用するなど、栄養バランスを整えてあげることも可能です。 詳しくは、かかりつけの獣医師に相談してみてください。 オカメインコさんにとっては、殻を一粒ずつ剥いて食べる楽しさがあることから、シードの方が嗜好性が高く、ペレット導入時になかなか食べてくれないというケースも多いようです。 この場合、 ペレットを粉状にしてシードに振りかけて与え、ペレットの味に普段から慣れてもらうようなアプローチをおすすめします。 もし好きな果物がある場合は、その 果汁でペレットに味付けをするのもおすすめです。 また、人が食べているものに興味を示すオカメインコさんの場合は、飼い主さんがペレットを食べている(食べているふりでもOK)様子を見せることで、食べ物と認識して食べてくれるようになる場合も。 あの手この手で、あきらめずにチャレンジしていただけたらと思います。 ペレット導入時は、 オカメインコさんの体重を確認し、ちゃんと食べているかを観察しながら、時間をかけて試すようにお願いします。 一見、ペレットを食べているように見えても、クチバシで砕いているだけで、口のなかには入っていない場合も。 必ず、体重を確認しましょう。 たんぱく質や脂肪、繊維、水分の成分は、どのメーカーもほぼ同じ割合ですが、これら以外の配合や食感、形、色、香りにそれぞれ特徴があります。 最終的に、どのメーカーのペレットを食べてくれるかは、オカメインコさん次第。 かため、やわらかめ、サクサクしているなど、オカメインコさんの好みのメーカー、ペレットを探してみてはいかがでしょうか。

次の

【インコペレット】beapharベアファーCare +【2020年】

ペレット インコ

日本ではセキセイインコの食事はシード(種子類)が主流になっており、ペレットの流通量は多くありません。 しかし、セキセイインコ用のペレットがないからといって、他の鳥用のペレットを与えないようにしましょう。 同じインコであっても種類が違えば必要な栄養素量は違います。 なぜなら、セキセイインコやオカメインコなどは穀物を主食とする穀食性の鳥であり、ベニコンゴウインコやキソデボウシインコなどは果物を食べる果食性、ナナクサインコや文鳥などは植物性の食べ物だけではなく昆虫類も食べる雑食性など、鳥の種類によって食性が異なるためです。 他の鳥用のペレットをセキセイインコに与えることによって、特定の栄養素が過剰になったり、反対に欠乏してしまう可能性があります。 必ずセキセイインコ用と記載されたペレットを購入してください。 人工保存料・防腐剤不使用で、 自然な材料のみを使用して作られたインコ専用のペレットです。 主な材料には粉とうもろこし・飼料大豆・大麦などが使用され、無着色・無香料。 素材にこだわりたいインコの飼い主の方は、ぜひ選んでみてください。 ニンジン・セロリ・ビーツなどの新鮮な野菜を使用し、ベリー系のフルーツも多数含まれているのが特徴。 自然のフレーバーが、インコの食欲を刺激します。 高タンパク質・低脂肪で、ビタミンやミネラルの含有率もバランスがよいことから、栄養吸収が抜群。 消化性にも優れているため、インコの健康のサポートにぴったりです。 対象 セキセイインコ・マメルリハインコ・コザクラインコ・ボタンインコなど小型インコ サイズ 小粒 高栄養価 無 原産国 アメリカ オーガニック素材を使用し、栄養バランス抜群のペレットです。 材料に使われる素材は、米国の農務省USDA認定。 鳥獣医師や栄養士がインコの健康を重視して作った、バランスフードとなっています。 こちらの商品は 高エネルギー期以外の成鳥向けに作られているため、与える際はインコの年齢・状態を確認してください。 同メーカーで販売している高栄養素ペレット、ハイポテンシーと組み合わせることで、さまざまな時期のインコに最適な食事を与えられますよ。 ペレットのサイズは、 セキセイインコなどの小型の鳥に最適な小粒タイプ。 直径数mmと小さめのため、インコが食べやすくなっています。 栄養バランス抜群、インコ以外の小鳥にも与えられるペレットなので、数種類の鳥を飼っている家庭にもおすすめですよ。 対象 セキセイインコ・マメルリハ・カナリア・文鳥・など小型の鳥 サイズ 小粒 高栄養価 無 原産国 アメリカ セキセイインコは色の付いていないペレットよりも、色付きのペレットを好む傾向にあります。 無着色のペレットには見向きもしなかったのに、色付きのペレットは喜んで食べてくれた、なんてこともしばしば。 野生のセキセイインコは、赤い色を頼りに熟した果実を探すということが関係しているようです。 着色料は人の食べ物にも使用されている天然由来のものを使用していることがほとんどで、セキセイインコの体に影響を及ぼすものではありません。 しかし、色の付いたペレットを食べていると、フンに色がついてしまいます。 フンの色で健康状態を知ることができなくなってしまうため、色付きのペレットを多く食べるのは避けた方が無難ですが、どうしてもペレットを食べてくれない場合は、色つきのペレットを試してみるのもおすすめです。 色付きのペレットを好んで食べる場合は、少量ずつ無添加のペレットを混ぜ、徐々に色付きのペレットを減らしていくようにしましょう。

次の