エクセル シート 再 表示 一括。 Excel VBA 全てのシートを再表示するマクロ ついでに非表示にしまくるマクロも。

エクセルの非表示シートを一括表示

エクセル シート 再 表示 一括

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 ブック内の任意のワークシートを非表示にして、ビューから削除することができます。 ブックのブックウィンドウを非表示にして、ワークスペースから削除することもできます。 非表示のワークシートとブックのウィンドウ内のデータは表示されませんが、他のワークシートやブックから参照することはできます。 必要に応じて、非表示のワークシートまたはブックのウィンドウを表示できます。 既定では、開いているすべてのブックがタスクバーに表示されますが、必要に応じてタスクバーに表示または非表示にすることができます。 ワークシートの表示と非表示を切り替える• 非表示にするワークシートを選択します。 ワークシートを選択する方法 選択対象 操作 1 つのシート シート見出しをクリックします。 目的のタブが表示されない場合は、シートのタブの左にあるスクロールボタンをクリックしてタブを表示し、タブをクリックします。 隣接した複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Shift キーを押しながら、選択する最後のシートのタブをクリックします。 隣接していない複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Ctrl キーを押しながら、選択する他のシートのタブをクリックします。 ヒント: 複数のワークシートを選択しているときは、ワークシート上部のタイトル バーに [作業グループ] と表示されます。 ブック内の複数のワークシートの選択を解除するには、選択していないワークシートをクリックします。 選択されていないシートが表示されていない場合は、選択したシートのタブを 右クリックし、ショートカットメニューの [ シートのグループ解除] をクリックします。 ワークシートを再表示するには、同じ手順に従いますが、[再表示] を選択します。 非表示になっているシートを一覧表示するダイアログボックスが表示されるので、再表示するシートを選びます。 Visual Basic for Applications VBA コードを使用していない場合、ワークシートを再表示しても、一度に1つしか作成できません。 プロパティ Xlsheets を割り当てる VBA コードによってワークシートが非表示になっている場合、[再表示] コマンドには非表示のシートは表示されません。 VBA コードを含むブックを使用していて、非表示のワークシートで問題が発生した場合は、ブックの所有者に詳細を問い合わせてください。 ブックウィンドウの表示と非表示を切り替える• [ 表示] タブの [ ウィンドウ] で、[ 非表示にする] または [再表示] をクリックします。 Mac では、リボンの上にある [ファイル] メニューの [ウィンドウ] メニューの下に表示されます。 ワークシートを再表示する場合は、一度に1つしか使用できないため、[再表示] ダイアログボックスで非表示のシートの一覧から選択します。 [ 再表示] が使用できない場合、ブックには非表示のブックウィンドウはありません。 Excel を終了すると、非表示のブックウィンドウへの変更を保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 次回ブックを開いたときにブックウィンドウを非表示にするには、[ はい]をクリックします。 Windows タスクバーのブックウィンドウの表示と非表示を切り替える Excel 2013 では、 1 つのドキュメントインターフェイスが導入され、それぞれのブックがそれぞれのウィンドウで開きます。 [ ファイル] メニューの [ オプション] をクリックします。 ワークシートの表示と非表示を切り替える• 非表示にするワークシートを選択します。 ワークシートを選択する方法 選択対象 操作 1 つのシート シート見出しをクリックします。 目的のタブが表示されない場合は、シートのタブの左にあるスクロールボタンをクリックしてタブを表示し、タブをクリックします。 隣接した複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Shift キーを押しながら、選択する最後のシートのタブをクリックします。 隣接していない複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Commandキーを押しながら、選択する他のシートのタブをクリックします。 ワークシートを再表示するには、同じ手順に従いますが、[再表示] を選択します。 非表示になっているシートを一覧表示するダイアログボックスが表示されるので、再表示するシートを選びます。 ブックウィンドウの表示と非表示を切り替える• [ ウィンドウ] メニューをクリックし、 [ 非表示] または [再表示] をクリックします。 シートのタブは、ブック内のワークシートの整理と識別に役立ちます。 シートのタブはブックの下部にあります。 不要なシートが表示されないようにする、または他のユーザーに特定のワークシートのみを表示するには、少なくとも 1 つのシートが表示内に残っていれば、必要な数だけシートを非表示にすることができます。 非表示にするシートのシート タブを右クリックし、[ 非表示] をクリックします。 ワークシートを再表示する 非表示のワークシートを表示したい場合、再表示する方法は以下のとおりです。 シート タブを右クリックし、[ 再表示] をクリックします。 [ 再表示] ボックスで、再表示したいシートをクリックし、[ OK] をクリックします。 ヒント: 名前に合わせて、シートのタブのサイズが自動的に変更されます。 長い名前のシートタブが多数ある場合は、それらをすべて表示することはできません。 最後に表示されたシート見出しまでスクロールし、[ 次の非表示のシートをアクティブにする] をクリックします 最後に表示されているシートタブの後の3つの点。 シートのタブの順序を変更する カスタマイズ済みのシートの順序になるよう、一度に 1 つずつワークシートの順序を変更する方法を示します。 移動するワークシートのシート タブを右クリックし、[ 並べ替え] を選びます。 [ 選択したシートの移動] ボックスで、選んだシートを移動してその後のシートにするシートをクリックし、[ OK] をクリックします。 この例では、Sheet 6 が Sheet 8 の後に表示され、並べ替えにより Sheet 7 の前に移動します。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。 関連項目.

次の

ワークシートの非表示と再表示:エクセル2010基本講座

エクセル シート 再 表示 一括

なぜだ。。。 でも大丈夫、シートをまとめて再表示する方法はあります。 本記事では2つの方法を紹介しますので、自分に合っている方法、好きな方法を選んで使ってみてください。 1.「VBAエディタ」から再表示する方法 Excelのシートを再表示するひとつめの方法は、「VBAエディタ」から再表示する方法です。 VBAと聞いただけで、難しそう、、ダメだ、、と思うかもしれませんが、難しいことはなにひとつないので、まずは実践してみてください! Excelのシートを再表示する手順「VBAエディタ」編 1.Excelを開く。 for each s in sheets:s. 6.VBAエディタを閉じる。 Excelと同じ閉じ方で大丈夫。 こぼれ話:コードはユーザー辞書に登録しておこう 上記のシートの一括再表示は非常に便利なのですが、 for each s in sheets:s. そこで、このコードを簡単に表示するための方法がユーザー辞書への登録です! 例えば、私はこのように登録しています。 「単語」の部分に、for each s in sheets:s. 気にならない方は@などの使用は必要ありません。 より詳しい設定方法はこちらをご覧ください。 2.「ユーザー設定のビュー」を登録して簡単に切り替える方法 Excelのシートを再表示するふたつめの方法は、「ユーザー設定のビュー」を登録して簡単に切り替えできるように設定する方法です。 ひとつめのVBAの方法に比べて、難しい言葉が出てこないので理解はしやすいと思いますが、はじめに設定を行う必要があるので少しだけ手間はかかります。 簡単な設定なので身構えなくても大丈夫です! Excelのシートを再表示する手順「ユーザー設定のビュー」編 1.Excelを開く。 3.上部リボンの「表示」タブから「ユーザー設定のビュー」を押下する。 5.名前を決めて(例えば、シート全表示)OKボタンを押下する。 7.上部リボンの「表示」タブから「ユーザー設定のビュー」を押下する。 9.名前を決めて(例えば、シート非表示)OKボタンを押下する。 まとめ Excelのシートを再表示するふたつの方法を紹介しました。 冒頭でも述べたように、好きな方法を使用してもらうのがよいと思います。 「VBA」を使った方法は、設定が不要なため、不定期な作業や頻度が高くない作業時に向いているでしょう。 「ユーザー設定のビュー」を使った方法は、初期設定する手間があるため、定期的な作業や頻度の高い作業時に向いているでしょう。 シート数が少なければ、冒頭で述べたショートカットキーでの対応でもよいでしょう。 状況に応じて、臨機応変に使い分けができるとぐっと作業効率が上がると思います。 ほかのメニューも同様にショートカットキーで対応できるので、使用頻度の高いものはコマンドの順番を覚えるのがいいと思います。 はじめは拙くひとつずつ確認しながらコマンドを打っていくと思いますが、徐々に慣れてきていつの間にか手がパパっと動くようになりますよ! 以上、「<Excel>すべてのシートを一括再表示~非表示シートをまとめて再表示する方法~」でした。 スポンサーリンク webzarashi.

次の

Excelで非表示後に再表示できない場合の3つの解決策!【画像で解説】

エクセル シート 再 表示 一括

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 ブック内の任意のワークシートを非表示にして、ビューから削除することができます。 ブックのブックウィンドウを非表示にして、ワークスペースから削除することもできます。 非表示のワークシートとブックのウィンドウ内のデータは表示されませんが、他のワークシートやブックから参照することはできます。 必要に応じて、非表示のワークシートまたはブックのウィンドウを表示できます。 既定では、開いているすべてのブックがタスクバーに表示されますが、必要に応じてタスクバーに表示または非表示にすることができます。 ワークシートの表示と非表示を切り替える• 非表示にするワークシートを選択します。 ワークシートを選択する方法 選択対象 操作 1 つのシート シート見出しをクリックします。 目的のタブが表示されない場合は、シートのタブの左にあるスクロールボタンをクリックしてタブを表示し、タブをクリックします。 隣接した複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Shift キーを押しながら、選択する最後のシートのタブをクリックします。 隣接していない複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Ctrl キーを押しながら、選択する他のシートのタブをクリックします。 ヒント: 複数のワークシートを選択しているときは、ワークシート上部のタイトル バーに [作業グループ] と表示されます。 ブック内の複数のワークシートの選択を解除するには、選択していないワークシートをクリックします。 選択されていないシートが表示されていない場合は、選択したシートのタブを 右クリックし、ショートカットメニューの [ シートのグループ解除] をクリックします。 ワークシートを再表示するには、同じ手順に従いますが、[再表示] を選択します。 非表示になっているシートを一覧表示するダイアログボックスが表示されるので、再表示するシートを選びます。 Visual Basic for Applications VBA コードを使用していない場合、ワークシートを再表示しても、一度に1つしか作成できません。 プロパティ Xlsheets を割り当てる VBA コードによってワークシートが非表示になっている場合、[再表示] コマンドには非表示のシートは表示されません。 VBA コードを含むブックを使用していて、非表示のワークシートで問題が発生した場合は、ブックの所有者に詳細を問い合わせてください。 ブックウィンドウの表示と非表示を切り替える• [ 表示] タブの [ ウィンドウ] で、[ 非表示にする] または [再表示] をクリックします。 Mac では、リボンの上にある [ファイル] メニューの [ウィンドウ] メニューの下に表示されます。 ワークシートを再表示する場合は、一度に1つしか使用できないため、[再表示] ダイアログボックスで非表示のシートの一覧から選択します。 [ 再表示] が使用できない場合、ブックには非表示のブックウィンドウはありません。 Excel を終了すると、非表示のブックウィンドウへの変更を保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 次回ブックを開いたときにブックウィンドウを非表示にするには、[ はい]をクリックします。 Windows タスクバーのブックウィンドウの表示と非表示を切り替える Excel 2013 では、 1 つのドキュメントインターフェイスが導入され、それぞれのブックがそれぞれのウィンドウで開きます。 [ ファイル] メニューの [ オプション] をクリックします。 ワークシートの表示と非表示を切り替える• 非表示にするワークシートを選択します。 ワークシートを選択する方法 選択対象 操作 1 つのシート シート見出しをクリックします。 目的のタブが表示されない場合は、シートのタブの左にあるスクロールボタンをクリックしてタブを表示し、タブをクリックします。 隣接した複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Shift キーを押しながら、選択する最後のシートのタブをクリックします。 隣接していない複数のシート 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Commandキーを押しながら、選択する他のシートのタブをクリックします。 ワークシートを再表示するには、同じ手順に従いますが、[再表示] を選択します。 非表示になっているシートを一覧表示するダイアログボックスが表示されるので、再表示するシートを選びます。 ブックウィンドウの表示と非表示を切り替える• [ ウィンドウ] メニューをクリックし、 [ 非表示] または [再表示] をクリックします。 シートのタブは、ブック内のワークシートの整理と識別に役立ちます。 シートのタブはブックの下部にあります。 不要なシートが表示されないようにする、または他のユーザーに特定のワークシートのみを表示するには、少なくとも 1 つのシートが表示内に残っていれば、必要な数だけシートを非表示にすることができます。 非表示にするシートのシート タブを右クリックし、[ 非表示] をクリックします。 ワークシートを再表示する 非表示のワークシートを表示したい場合、再表示する方法は以下のとおりです。 シート タブを右クリックし、[ 再表示] をクリックします。 [ 再表示] ボックスで、再表示したいシートをクリックし、[ OK] をクリックします。 ヒント: 名前に合わせて、シートのタブのサイズが自動的に変更されます。 長い名前のシートタブが多数ある場合は、それらをすべて表示することはできません。 最後に表示されたシート見出しまでスクロールし、[ 次の非表示のシートをアクティブにする] をクリックします 最後に表示されているシートタブの後の3つの点。 シートのタブの順序を変更する カスタマイズ済みのシートの順序になるよう、一度に 1 つずつワークシートの順序を変更する方法を示します。 移動するワークシートのシート タブを右クリックし、[ 並べ替え] を選びます。 [ 選択したシートの移動] ボックスで、選んだシートを移動してその後のシートにするシートをクリックし、[ OK] をクリックします。 この例では、Sheet 6 が Sheet 8 の後に表示され、並べ替えにより Sheet 7 の前に移動します。 補足説明 では、いつでも専門家に質問できます。 では、サポートを受けられます。 また、 では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。 関連項目.

次の