お 褒め の 言葉 を いただき。 「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

「もったいないお言葉」の意味とは?類語や使い方、例文を紹介!

お 褒め の 言葉 を いただき

6月 29, 2016 7月 29, 2019 このページでは、ビジネスシーンやプライベートでも使える「 褒められた時の返事や返し方、対応の例文 敬語の使い方 」についてご紹介しています。 「よくやったね!頑張ったね!」などといったように褒められると、とても嬉しいですしやる気も上がりますよね!特に上司など目上の方から褒めてもらえると、今までの努力が報われたような気持ちになります。 しかし、褒められたときにアナタはどんな 対応や 返し方をしていますか? 「いえいえ、そんな・・・」なんて曖昧な返事をしてませんか?褒められた場合の返答の理想は「褒めてよかった」と思ってもらえるような返事が出来るように心がけていきましょう。 結果を残してるビジネスマンは褒められる事にも慣れています。 そこから会話を広げ、その人との人間関係を築いていくのもうまいです。 ですので実際に、ビジネスマンが日ごろ使ってる返答の例文を参考に「褒められた時の返し方の敬語の使い方なども見てみてくださいね。 こういった細かいコミュニケーションが、その人との関係を築いていきますので意識して使ってみましょう。 褒められた場合の返事 褒められた際に「ありがとうございます」だけではなんだか、素っ気ないですよね。 褒めるという行為を行った相手は、勇気を出してあなたに伝えてくれたはずです。 その行為に対して感謝の気持ちを忘れずに、しっかりと大人のマナーとして対応したいものです。 そこで、褒められ上手さんになれるように様々なフレーズを例文と一緒にまとめました。 褒められた場合は、基本的には 「否定」はせず相手を立てながら謙遜するのが良いでしょう。 その際には、 感謝の言葉を一緒に添えるのも忘れないようにしましょう。 今回は褒められた時の返事として、様々なパターンがありますので今回は下記の2パターンのフレーズを紹介します。 褒められ上手な人の対応• 褒められ上手な対応基本フレーズ• 褒め返すのも返答の1つ 1.褒められ上手な対応基本フレーズ もったいないお言葉です 褒められた際に返す基本的な定番フレーズです。 「いえいえ、そんなことないです」と否定するのではなく、相手を立てながら謙遜するのがマナーです。 もったいないお言葉です」 おかげさまで 仕事で業績をあげ、それに対して褒めて貰った時に相手を立て感謝の気持ちを伝える言葉です。 ありがとうございます」 とても人様におほめいただくようなことでは こちらも褒められた時に返す基本フレーズです。 謙虚かつ礼儀正しく聞こえます。 ありがとうございます。 今後も精進いたします 仕事の成果などを褒めてもらった場合に使う返し方です。 今後も精進いたします」 私自身が一番驚いているんです 自分の成功などを祝福された時に使えるフレーズです。 実は、幸運に恵まれて、私自身が一番驚いているんです」 もう勘弁してください お酒の席など、恥ずかしいほど持ち上げられた時に冗談めかして使うと良いです。 もう勘弁してください」 何も出ませんよ これも、恥ずかしいほど褒められた場合などに使う返し方の例です。 しかし、 相手が言ってくれた事に対して一度、何かしらの反応をするのを忘れないようにしましょう。 ありがとうございます。 上司に対する感謝の気持ちも表すことができます。 相手の良いところが上手く見つけられないという方は 相手の良いところを上手く見つけられないという方は、相手の特徴をまずは思い浮かべてみてください。 そんな時に悪口と思えてしまうような特徴しか思いつかない時でも大丈夫! 「飽きっぽい」など一見悪口に聞こえてしまうような言葉でさえも言い方を変えるだけで褒め言葉になりますので「」を参考にして様々な褒め方を身につけておくと褒められた時の返事として上手く活用できると思います。 まとめ 褒められた時の返し方が、うまい人は褒められ上手です! 何をやっても、うまくいくような人や仕事が出来るビジネスマンは、こういった時の対応もうまいです! ただ「ありがとう」と言うので終わるのではなく、相手を立てたり相手を褒め返すなどのコミュニケーション力を発揮しているので、良い人間関係を築いていけるのですね。

次の

「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

お 褒め の 言葉 を いただき

「嬉しい」は形容詞で体言(名詞・代名詞)ではありません。 「嬉しいです。 「です」は「だ」の丁寧語で本来は体言の後につく言葉なため、実は間違った丁寧語となっているのです。 丁寧語では「嬉しゅうございます」もしくは「嬉しく思います」と言う表現もありますが、「嬉しゅうございます」は、ビジネスの場ではあまり耳にしない言葉で不自然に思われてしまいます。 また、「嬉しい」と思っているのは自分なので『自分の動作が主体』となり、通常目上の人に対しては謙譲語(へりくだった表現)を用いるのですが、形容詞には謙譲語がないので単純に変換できません。 「嬉しい」気持ちを敬語で表す場合は「喜ばしい」となります。 では「喜ばしい」を使ってみると「喜ばしい限りです」なんだかおかしくありませんか?間違いではありませんが口頭で表現するには、少し仰々しい言い回しですよね。 言われた相手も戸惑ってしまうかもしれません。 では「嬉しい」気持ちはどう表したら良いのでしょうか。 <招待されたとき> ・お招きにあずかりましてありがとうございます。 ・お招きにあずかり感謝しております。 ・お招きいただき感激しております。 <品物をいただいたとき> 強い感謝を示すときの表現としては、 ・お祝いの品までいただき、何とお礼を申し上げればよいか、言葉もありません。 ・ご親切を賜り、お礼の言葉もございません。 ・ご厚意に、胸がいっぱいになりました。 ・お心づかいいただきましてまことにありがとうございます。 ・お気遣い深く感謝しております。 出張のお土産をいただいたときなどの感謝を示す表現では、 ・ありがたく頂戴いたします。 ・ご丁寧に恐れ入ります。 ・お気遣いありがとうございます。 品物を受け取ったとき、「お心遣い」や「お気遣い」という言葉がサラッと出てくるとしっかり敬語を勉強されているなという印象を持ってもらえます。 <助力・援助を受けたとき> ・お力添えに感謝しております。 ・助言を(ご協力)いただき心より感謝しております。 「嬉しい」気持ちを表現したくなる場面として、昇進を告げられたり褒められたりといった場面も考えられますよね。 この場合の「嬉しい」は「気分が良い」という意味合いが強いのではないでしょうか。 過剰に謙遜せずに素直に「嬉しい」気持ちを伝えるようにしたいですね。 また相手(上司や目上の方)に『褒めて良かった』と思ってもらえる返事ができるとその人とさらにいい人間関係を築くことができるのではないでしょうか。 「嬉しい」の類語には、 ・喜びを示す「心うれしい」「喜ばしい」 ・喜びを与えるさま「心地よい」「気持ちよい」「麗しい」「愉しい」 ・嬉しさ、喜びをみせる「仕合わせ」「嬉々たる」「悦ばしい」などがあります。 類義語に置き換えた例 英語にも日本語の敬語表現と同じように丁寧な言い回しがあります。 英語で「嬉しい」は「happy」が思い浮かびます。 「嬉しい」という意味の英語には、「Glad」・「Pleased」・「Delighted」という表現もあります。 では、具体的な使用例を見てみましょう。 ・それを聞いて大変嬉しい。 I am very happy to hear that. ・会えて嬉しい。 I am glad to see you. ・昼食会への招待を大変嬉しい。 I am glad for the invitation to your lunch party. 「喜んでいる」という意味もあります。 ・お会いできて嬉しいです。 I am pleased to meet you. It's a great pleasure to meet you. ・お越しいただいて光栄です It's a pleasure to have you here. 「make 〇〇's acquaintance」は、「〇〇と知り合いになる」と言う「会う」の少しかしこまった表現なので、ビジネスの場で使われることが多くあります。 」「名誉なことです。 」という表現。 ・お目にかかれて大変光栄です。 It's a great honor to be able to meet you. ・招待された事は大変な名誉です。 」と言う意味 ・ おほめにあずかり大変うれしく存じます。 I feel greatly flattered at your compliment. ・私の作品を気に入っていただいて大変うれしく存じます. I feel greatly flattered that you like my work. ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。 雑用や地味な仕事の連続で、 本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。 転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけや転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。

次の

「身に余るお言葉」の例文・使い方・類語|メール/ビジネス

お 褒め の 言葉 を いただき

日本人の「謙遜的な姿勢を重んじてきた」という性質上、褒められても「そんなことないですよ」「自分なんてまだまだ未熟です」というように、謙遜してしまいがちになってしまうという人も多いかと思います。 ある程度の謙遜は確かに好印象ではありますが、過剰すぎる謙遜姿勢は、お褒めの言葉を言った相手からすると、自分の言葉を軽んじられたように聞こえてしまい「せっかく褒めたのに嬉しくないのか?」と思われてしまうため、かえってマイナスな印象になる場合も多いのです。 褒めてもらった時は誰だって嬉しいはずですので、上司やお客様などに褒められた時には、過剰に謙遜せず、素直に「ありがとうございます」などといった感謝の言葉を伝えましょう! 「褒めてもらって」は謙譲語・尊敬語ではないためお褒めの言葉にはNG! ビジネスシーンなどの会話において、よくありがちなミスとして「尊敬語・謙譲語が混同する」「本来敬語ではない言葉を敬語と思い込んで使っている」などがあります。 そんなミスの代表例として、上司からのお褒めの言葉に対して「褒めてもらってありがとうございます」と返事をしてしまうケースが挙げられます。 「褒めてもらって」という言葉自体は、確かに他者からの褒め言葉に対する返事・返信の1つであり「褒める」という言葉に「もらう」が付いているため、一見謙譲語のように見えるかもしれません。 しかし、これは敬語ではなく、人間関係が重要視されるビジネスシーンにおいては、あまりふさわしいものではありません。 「褒めてもらって」という言葉をビジネスシーン等で用いる場合は「お褒め頂き」などを用いるようにし、感謝の言葉を添えるようにしましょう。 お褒めの言葉への正しい返事の仕方は? お褒めの言葉には「ありがとうございます」などの感謝の言葉で返事しよう! 褒められ慣れていないため、いざ上司などからお褒めの言葉を頂いても「そんなことありませんよ」と謙遜してしまうという人は「恐縮です」という言葉を用いることをおすすめします。 ビジネスシーンなどにおける会話・メールなどでも度々見かける「恐縮です」という言葉は、お褒めの言葉に対する返事・返信にも使えるのです。 「恐縮です」の「恐縮」という言葉には、相手から受けた厚意などに対して感謝する気持ちだけでなく、自分自身が相手にかけてしまった迷惑に対する謝罪・すまないという気持ちを表現する言葉でもあります。 また、人によっては相手への厚意に対して照れくさい気持ちや気恥ずかしさを表す場合もあり、様々な表現に使えますよ! 素直に感謝の気持ちを表現しにくいという時だけでなく「恐縮」という言葉は、突然のメールをする時や相手への頼みごとをする時などにも「お忙しいところ大変恐縮ですが」などというようなビジネスメールに最適な言葉に言い換える時にも便利な言葉でもありますので、ビジネスメールが苦手という方は是非覚えておきましょう。 感謝の言葉にさらにプラスアルファ!相手を立てる言葉で好感度アップ! お褒めの言葉に対する返事・返信のテクニックの1つとして「ありがとうございます」や「お褒めいただき光栄です」などの感謝の言葉に加えて「褒めて頂いた相手の立場を立てる言葉」を付け加えると、さらに相手の印象に残りやすく、褒められ上手になります。 多くの人は自分の言動に対して喜んでくれたりことは嬉しいことです。 気持ちの良い返事・返信で、互いに褒め合ったり、認め合ったりすることで、より信頼できる仕事相手・取引相手になれることでしょう。 NGなお褒めの言葉へのメールの返信とは? 返事・返信にお褒めの言葉に対する感謝の言葉を書かない ビジネスシーンなどにおいては、対面だけでなくメールでの取引・コミュニケーションも多くなります。 そのため、メール上でのトラブル等を防ぐためにも、ビジネスメールにおけるお褒めの言葉に対する返事・返信方法も理解しておく必要があります。 プライベートでは、SNSをはじめ、ショートメールでのやり取りがほとんどという人も多く、なかにはビジネスメールなどの、比較的長文で敬語などを多用するメールに対しては苦手意識を持っているという人も多いことでしょう。 基本的な言葉の使い方や相手に合わせた使い方を理解すれば、簡単に好印象なメールを送れますよ。 お褒めの言葉に対するメールでの返事・返信においても、対面の時と同様に褒めて頂いた相手へ感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 対面とは違い、メールの送り主の顔・表情を読み取ることができないメールでは、書いている文章でしか相手の気持ちを読み取れません。 そのため、感謝の一文があるだけで雰囲気が変わります。 お褒めの言葉に対して「ありがとうございます」とだけ書く また、メールでお褒めの言葉を頂いた時にやってしまいがちなミスの1つとして「ありがとうございます」のひとことで終わってしまっているというケースです。 よく知った相手で、なおかつ対面の場合であれば「ありがとうございます」のひとことでも問題はありません。 メールを送ってきた相手の顔や表情がわからないビジネスメールにおいて好印象の返事・返信をするためには、自分が送る文章から感謝の気持ちが相手に伝わるようにすることを心がける必要があります。 「ありがとうございます」という言葉だけでは、相手によっては傲慢なイメージや冷たい印象を感じてしまう場合もあるのです。 お褒めの言葉への正しいメールの返信の仕方は? お褒めの言葉に対する感謝の一文を入れる 敬語やマナーが学べる本の2つ目は『私の敬語正しいと思っていたけれど。 』です。 可愛い絵柄が印象的なこちらのコミックエッセイは、著者であり会社員歴15年の森下えみこさんが同僚や上司とのコミュニケーションのなかで、正しい敬語や話し方を学び直すという内容になっています。 取り扱っている内容も様々であり、電話・メール・対面コミュニケーションなどから、尊敬語・謙譲語・丁寧語の基本など社会人なら今更聞けない内容も多く、敬語に自信がないという人の学び直しにもぴったりです。 『私の敬語正しいと思っていたけれど。 一見難しく見えるかもしれませんが、何度もやり取りしていくなかで、相手に合わせたコツが掴めてくるのです。 今回ご紹介したポイントも参考にしながら、憧れの「褒められ上手」になりましょう! また、個人が持つビジネスマナーの知識・技量を表す資格の1つに「ビジネスマナー検定」があります。 この検定では今回取り上げた敬語・言い換えをはじめ、様々な観点から受験者のマナーが試されます。 関連記事ではビジネスマナー検定の内容についてまとめています。 挑戦してみたいという方は要チェックですよ!.

次の