フェイル セーフ 例。 「フェイルセーフ」とは何なのか?

フェイルセール(ふぇいるせーふ)

フェイル セーフ 例

フェールセーフ 産業の場に限らず、さまざまな場所で使用される設備、装置、機器類は、それを構成する部品の損傷や機能の低下を避けることはできません。 このためにこれらの設備等に対する点検、整備が重要なことですが、一方、こうした事態が発生したときに、設備等に要求していた機能が不全になり、例えば不良品が発生する、危険な状態が現出するといったことが予想される場合には、これを防止する機能をあらかじめ備えておくことは大切なことで、こうした考え方をフェールセーフといいます。 フェールセーフは 労働災害防止の分野においても重要で、例えば、多くの産業機械に設けられる安全装置において、これを構成する部品の損傷や機能の低下によって安全機能が損なわれる場合には、機械を緊急停止させる、代替の機能により安全装置の機能を継続させる、作業点等危険な箇所への身体の侵入を不能にする等の措置が行われます。 工作機械等の制御機構のフェールセーフ化に関するガイドラインにおいては、システム又はこれを構成する要素が故障しても、これに起因して労働災害が発生することがないように、あらかじめ定められた安全側の状態に固定し、故障の影響を限定することにより、作業者の安全を確保する仕組みをいうとしています。 また、同ガイドラインでは、フェールセーフ化の対象とする制御機構は、原則として次の表に示す制御機構とするとしています。 制御機構の区分 内容 1 再起動防止回路 急停止機構等の作動によって機械が停止したときや、停電後に機械への通電が復帰したときに、作業者が再起動操作をしなければ、機械を再び起動できないようにする回路 2 ガード用インターロックの回路 機械の運転中に作業者が危険領域内へ侵入するのを防止する回路。 機械が停止した後にガードのロックを解除し、作業者が危険領域内へ侵入するのを許可する方式と、ガードを開いたときに機械が急停止する方式の2種類がある。 3 急停止用の回路 機械側で何らかの異常を感知したときに、直ちに機械の運転を停止させる回路。 作業者がカードを開いたとき、安全装置が作動したとき、機械が何らかの故障や異常を起こしたときなどに作動する。 4 非常停止用の回路 作業者が何らかの異常を感知したときに、直ちに機械の運転を停止させる回路。 機械の運転中に労働災害が発生しかねない不測の事態が起きたときや、機械に異常が生じたとき、作業中にトラブルが発生したときなどに作動させる。 5 行き過ぎ防止用の回路 機械があらかじめ設定した位置・角度等を超えて行き過ぎないように監視を行い、行き過ぎが生じたときは直ちに機械を停止させる回路 6 操作監視用の回路 作業者が正しい操作をしたときに限り、起動信号を発生させる回路 7 ホールド停止監視用の回路 ホールド停止状態にある機械が故障や電磁ノイズ等に影響によって暴走しないように監視を行い、暴走が起きたときに直ちに機械を停止させる回路 8 速度監視用の回路 機械を低速状態で運転するときに、故障や電磁ノイズ等の影響によって機械があらかじめ定めた速度を超えて暴走しないように監視を行い、暴走が起きたときは直ちに機械を停止させる回路 9 ホールド・ツー・ランの回路 作業者が操作装置を押しているときに限って機械が運転を継続し、操作装置から手指等を離したときは直ちに機械を停止させる回路 関連資料(通達).

次の

フールプルーフとは

フェイル セーフ 例

1.フェールセーフの設計思想と事例 誤操作や誤動作が起きたとき、従業員に危険がおよぶ恐れがあります。 従業員の安全性を確保するためにも、安心できる設計手法が「フェールセーフ」です。 フェールセーフの設計思想と事例について詳しく説明します。 機械を扱う際、十分に注意しなければなりません。 正常に機能するかどうか定期的な点検も必要になります。 しかし、いざというとき誤操作や誤作動、故障が起こり危険を引き起こす可能性があるのです。 何かしら故障が起きたとき、安全方向に制御するのが「フェールセーフ」になります。 必ず故障することを前提にしている設計手法の1つです。 フェールセーフは安全性確保のための機能だと思いがちですが、「誤りが生じたとき安全に導くこと」が設計思想になります。 「故障が起きたこと」を前提に考えているのです。 多重の安全装置を設置しているのはほかの手法になるでしょう。 私たちの移動手段になっている新幹線はとても速いスピードで動いています。 もし、新幹線が走っているときに地震が起きたらどうなるでしょうか。 地震が起きるとレールが乱れて車体がななめになってしまいます。 乗客の中からケガ人が出てしまうでしょう。 安全を確保するために、車両を安全に導く必要があります。 そこで、フェールセーフの登場です。 フェールセーフを導入=車両を緊急停止するシステムになるでしょう。 制御システムはもちろんのこと、フェールセーフの設計思想が必要不可欠になります。 現在でも、フェールセーフの質を高めるための工夫を続けているのです。 地震や台風などの自然災害や人為的ミスによって事故が起きる可能性はあります。 機器やシステムを構築する際は、必ず「基本」があります。 基本をもとに部品やシステムを設計しているものです。 フェールセーフの基本は、必ず起こる事故を想定しているのが特徴になるでしょう。 起こる事故を防ぐにはどの部品を使うべきか、細かく考えているのです。 システムや機器は、扱う人によって誤動作・故障を招いてしまいます。 「フールプルーフ」はフェールセーフと同じ「安全」に配慮した設計手法です。 しかし、設計思想に違いがあります。 フェールセーフは必ず起きる誤作動・故障を考えて設計する手法ですが、「フールプルーフ」は事前に誤作動・故障を防ぐために配慮した設計思想です。 従業員の健康状態によっては集中力が低下したまま、システム・機器を扱うケースがあります。 集中力が低下している状態でも安全に作動できるよう設計しているのです。 フェールセーフと似ているようですが、根本的な考え方はまったく違います。 主に、産業分野における設計思想ですが、日常にあふれているものにも設計思想が見つかるでしょう。 たとえば、毎日使うことが多い「洗濯機」です。 洗濯機はフタをきちんと閉めなければ動かないようになっています。 安全性を確保するために必要なシステムです。 フタを閉めないと稼働しない洗濯機は、まさにフールプルーフの設計思想が入っていると言えるでしょう。 視野を広く持つと、たくさんの場所でフールプルーフが活躍しているのがわかるでしょう。 特に、危険がひそんでいる作業場や工事現場では最も大切な要素になるでしょう。 安全を確保するためには、現場の状況を明確につかんでおかなければなりません。 現場の状況を把握して、起きる事故を想定しておきましょう。 「きちんと気をつけておけば絶対に安全」という甘い考えはNGです。 現場で働いている人は必ずしも毎日同じ健康状態であるわけではありません。 具合が悪いとき、集中力が低下しているときもあります。 人為的なミスで大事故につながる可能性もあるのです。 現場によって扱う機器やシステムは異なるでしょう。 起こり得る誤動作、ミス、故障からやってくる危険を踏まえて、安全性を確保していかなければなりません。 設計思想の中には入っていませんが、従業員たちへの注意喚起や教育も同じくらい大切なものになるでしょう。 事故が起きたときの対処法や処置をしっかり現場に伝えておかなければなりません。 衛生管理者は従業員たちの危険意識を高め教育をほどこす重要な役割を担っています。 わかりやすく説明できるよう、会社と連携しながら教育をしていきましょう。 また、従業員たちが不安に思っていること、疑問に感じていることも聴き取り調査するといいですよ。 現場で働いている人たちの意見は安全を高めるものとして必要不可欠でしょう。 書面で確認するよりも現場で生の声を聞いたほうがより的確な手法で安全を高めることができます。 従業員たちとのコミュニケーションも常に取っていかなければならないでしょう。

次の

フェイルセーフとプールフルーフの違い、医療での例

フェイル セーフ 例

フールプルーフとは、機器の設計などについての考え方の一つで、利用者が操作や取り扱い方を誤っても危険が生じない、あるいは、そもそも誤った操作や危険な使い方ができないような構造や仕掛けを設計段階で組み込むこと。 また、そのような仕組みや構造。 フールプルーフ設計では「人間は間違えるものである」「よく分かっていない人が取り扱うこともある」という前提に立ち、誤った使い方をしても利用者や周囲の人を危険に晒したり、機器が破損したり、致命的な事態や損害を生じさせないような構造に設計する。 また、誤った使い方ができないような構造を工夫したり、危険な使い方をしようとすると機能が停止するような機構を組み込むこともある。 よく知られる例としては、正しい向きにしか挿入できない電池や、ドアが完全に閉じなければ起動しない電子や洗濯機、ギアがパーキングに入っていないと始動しない自動車、左右に離れたボタンやレバーを両手で同時に操作しなければ降りてこない裁断機やプレス機、人が座っていないと水を噴射しない洗浄便座などがある。 これに対し、機器の一部が損傷、故障、停止などしても危険が生じないような構造や仕組みを導入する設計思想のことは「」(fail-safe)という。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の