プルームテックプラス バッテリー容量 減った。 プルームテックで禁煙を始める三種の神器

プルーム・エス(Ploom S)実機レビュー・概要・評価・感想|吸いごたえと環境に配慮した全世代対応ユニセックス近未来デバイス

プルームテックプラス バッテリー容量 減った

[Ploom TECH プルーム・テック 公式サイトより引用] 今まで電子タバコを吸ったことがない人は、吸い方に戸惑うと思います。 本当にこの吸い方で正しいのか、疑心暗鬼で吸われている方も多いです。 実際吸ってみても、「煙が少ない、味が薄い」といった感想もあるようです。 では、正しい吸い方とは?の前にプルームテックとは何かについて簡単に説明します。 Ploom TECH プルームテック 2018年7月、全国のコンビニで発売されるようになり、たくさんの方々に愛用されている PloomTECH プルームテック。 なんと出荷台数 400万台を突破しました。 IQOSは500万台、gloは200万台となり、 プルームテックはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。 プルームテックは、 0. プルーム・テックはこちらで成分が確認できます。 メビウスレギュラーで0. ニコチンは少な目なので、紙巻タバコと同じように吸っていると、物足りなく感じてしまうかもしれません。 たばこベイパー JT独自の用語で、リキッドを加熱し、たばこカプセルをくぐらせた後の蒸気を指します。 プルームテックで使われる「パフ」という用語について 「パフ」とはJT独自の用語で、たばこベイパーを吸引する単位です。 1パフ=1回吸う たばこカプセル1個につき50パフが交換の目安。 バッテリーフル充電で250パフ、たばこカプセル5個分。 説明書には パフ回数は吸い方により異なることがあります と、書かれています。 ここで疑問• 1パフを短く吸ったら、損をするんじゃないの?• 1パフを長く吸った方が、得をする? 「たばこカプセル1個につき50パフ」というのは 1パフ=2. 4秒間吸引 として計算されています。 つまり、 2. 4秒 x50パフ=120秒 となります。 短く吸う 例えば1秒吸引だと120回吸引 できることになります。 長く吸う 4秒吸引だと30回吸引... にはならないです。 4秒以上の吸引時間は計測されないため、4秒吸っても2. 4秒とカウントされます。 これがどういうことになるかというと、カートリッジ内のリキッドの方が早く消耗してしまうことになるのです。 これが カプセル余りの原因です。 4秒以下ならばどのように吸ってもカプセルとカートリッジをバランスよく消費しますが、2. 4秒以上吸う場合は注意が必要です。 プルームテックの味が薄い プルームテックを初めて吸われた方は、たばこの匂いがないので驚かれたと思います。 それと同時に、「物足りない。 味が薄い」と感じたと思います。 たばこカプセルの味の薄さに関しては、以下の方法で改善されるかもしれません。 口吸い、肺吸い 吸い方には、2種類あって、口吸いと肺吸いがあります。 口吸い 煙を口に一旦含んでから、空気と一緒に肺に入れることです。 普通、紙巻たばこを吸う場合はこのやり方です。 しかし、プルームテックで同じ吸い方をしていると、煙が少なく、味も薄く感じてしまう方もいます。 肺吸い 口に煙を貯めることなく、直接、煙を肺に流し込みます。 そうすることで、より多くの煙を吸い込むことができます。 紙巻たばこでやるとむせてしまいそうですね。 実際やろうとすると、これが結構難しい! コツとしてはプルームテックをくわえているかのように口をとんがらせつつ、普通に深呼吸をしてみます。 空気が直接肺にいくのを意識します。 この感覚をプルームテックをくわえながらするとできるようになります。 結構肺の力を必要とするので、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。 マウスピースで格段に吸いやすくなる プルームテック用のマウスピースを使用することで格段に吸いやすくなります。 吸う力も少なくて済みますし、肺吸いがより簡単になります。 衛生面でもマウスピースを使った方がいいですね。 マウスピースは水洗いできて、柔らかい素材のものを選びましょう。 柔らかくて口当たりがいいですし、歯に当たって痛めることもありません。 リンク より濃い味、好みの味を堪能したい 吸い方を変えてみても、まだ物足りないと感じられた方は、フレバーリキッドを試されると良いと思います。 いつまで吸えるのか 50パフするとLEDが青く点滅して交換を知らせてくれます。 でも僕は味がある間は勿体ないので吸い続けます(笑) ランプがついても気にせず吸い続けます。 逆にランプはいらないぐらいです。 そうすると、カートリッジが先に無くなってしまいカプセルが余るという問題が発生。 カートリッジは再利用ができる! 電子タバコはリキッドというグリセリンなどが入った液体を蒸発させて吸います。 プルームテックも同じでリキッドを染み込ませたコットンを加熱させ、その蒸気を吸います。 このリキッドだけを購入してプルームテックに注入すれば、カプセル余りを気にせずに吸えるんです! しかも、リキッドの種類はたくさんあるので、好みの味にすることもできるんです。 プルームテックのお値段は? 現在、旧バージョンのプルームテックは、2000円 税込 、新バージョンのプルームテックは、3000円 税込 で販売中です。 まとめ 勢いよく早く吸ってしまうと、香りもニコチンも薄まってしまいます。 肺吸いで ゆっくりと深く吸うことで結構味が変わりました。 「メビウス・パープルクーラー」 だと、より甘さを感じられるようになりました。 「メビウス・メンソール」だと、よりメンソール感が得られるようになりました。 長年、紙巻たばこを喫煙していると、紙巻たばこ独特の匂いがないので、恋しくなりますが、プルームテックに慣れてくると、たばこの煙はやっぱり臭いと感じるようになりました。 それでも、短時間でニコチンがほしいというときは、紙巻たばこも併用していますが、家や車ではほとんどプルームテックだけでいけるようになりました。 たばこ代の節約、禁煙にも繋がりますので、是非プルームテックを上手に愉しんでください。

次の

プルームテックケースのおすすめ人気ランキング15選【おしゃれで携帯しやすいものを厳選】

プルームテックプラス バッテリー容量 減った

今使っているプルームテックのバッテリー。 奥の先端の塗装が完全に剥がれているバッテリー、私的には2代目で、購入は2017年8月でございます。 もう2年なので、ほぼほぼ寿命でございます。 予備的に、たまに使う感じです。 手前は、2018年10月に購入した、メインで使っている3代目のバッテリー。 バッテリーの持ちが悪くなってきました 1箱5カプセル持たないときもあります。 そろそろ1年ですから、交換時期かなぁ…なんて思っております。 ということで、プルームテック追加導入でございますw バッテリーのバージョンが若干変わってます。 左から…• 2017年8月の2代目バッテリー 「M1. 25A 7F」210mA 0. 78Wh• 2018年10月の3代目バッテリー 「M1. 25B 8D」190mA 0. 70Wh• 2019年8月 新しいバッテリー 「M1. 25B 8L」190mA 0. 70Wh 初代、2代目まではバッテリー容量210mAでしたが、新しい物は190mAに減ってます。 特に問題はないとは思うけど、20mAも減量・コストダウンでしょうか? 色が若干違ってますが、おそらく経年劣化でしょう。 毎日使うものだから、2代目も3代目も汚れたり一部塗装が剥げてます。 USB充電器・ACアダプタは3代目に付属していた物と同じでした。 5A出力なんですよね。 愛用中のプルームテックたち。 PloomTECH プルームテック• ということで本日は、プルームテック、バッテリーの自分的代替わり!新しく追加導入しました! ていうお話でした。

次の

PloomTECH

プルームテックプラス バッテリー容量 減った

スペック サイズ H 93. 5mm 重量 94. 5A充電) 喫煙時間 3分30秒(または14パフ) 喫煙本数 約10本 バイブ 有 加熱方式 高温加熱• 喫煙可能本数が少ない。 (IQOS 3 MULTIと同じ10本、glo miniの15本より少ない)• 喫煙時間はアイコス・グローなどとほぼ同じ パッケージ・内容品 変わった形状のパッケージ。 そういえば、同じくJTがリリースするのパッケージも普通とは違う形状のおしゃれなものでした。 パッケージデザインにもこだわりが。 ただし、サイズは若干大きくかさばります。 裏側には同梱品の詳細、本体カラーやシリアルナンバーなどが書かれています。 外側のスリーブ・蓋を外すとパッケージの中には2段式のトレーが入っていて、デバイスと付属品がそれぞれ収納されています。 内容品一覧• Ploom S デバイス本体• マイクロUSBケーブル• ACアダプター• クリーニングブラシ• ユーザーガイド兼保証書 本体の他に充電用のケーブルにコンセントアダプター、使用後に欠かせないクリーニングブラシが同梱されています。 また、ユーザーマニュアルは日本の大手企業がリリースした製品らしく、注意事項や使い方、トラブルシューティングまで事細かに親切に書いてあります。 初めて加熱式たばこを使い始めるユーザーにとっては嬉しい付属品です。 デザイン・ディティール 丸みを帯びたデザインのプルームエス デバイス本体。 手に収まりが良く握りやすいだけでなく、優しい印象のラウンドフォルムボディーは他の加熱式たばこ(アイコスやグロー)などと比べてもコンパクトなサイズ。 サイズ的にはグロー本体と近いサイズ感です。 PloomSデバイス本体はマットな質感で、高級感を感じる仕上がり。 しかし、汚れはつきやすい印象です。 ブラックや限定色 も同じくマットペイント(ラバー?)なので致し方ありません。 どちらにせよ、プルームエス本体は汚れに弱いと言えるでしょう。 他の加熱式たばこ本体に比べて、ラウンド形状でキュートなフォルムの本体ですが、気に貼るのは背面の継ぎ目。 製造上の理由だと思いますが、せっかくの可愛らしいフォルムをスポイルしてしまいます。 同じく背面には必要事項の記載あり。 本体上部にはボタンやLEDランプ、専用たばこを差し込む部分が。 写真左から順番に• アクションボタン(電源ボタン)• 状態表示LED(4LED)• モード表示LED(1LED)• たばこスティック差し込み口 このように4つの機能が一つの場所に集約されています。 たばこスティック差し込み口はスライドカバー方式で、差し込み口を開くことができます。 中を見てみると、アイコスやグローなど他の加熱式たばこと異なって、差し込み口が反対側まで貫通していて、中にヒートブレード(加熱のためのブレード)がありません。 加熱部は反対側のクリーニング蓋まで貫通しています。 このため、クリーニング時にはクリーニングブラシをたばこスティック差し込み口からクリーニング蓋まで貫通させることができるため、 他の加熱式たばこデバイスに比べてクリーニングが簡単にできるのが特徴です。 また、底部にはマイクロUSBケーブル差し込み口も設けられています。 プルームエス本体内蔵バッテリーを充電する場合は、ここにマイクロUSBケーブルを差し込んで充電します。 付属のコンセントアダプターだけでなく、モバイルバッテリーやパソコンなど、他のUSB搭載機器からも充電可能です。 充電状態は「状態表示LED(4LED)」に表示されます。 空の状態からフル充電にかかる時間は約90分かかります。 Ploom S(プルームエス)の使い方 プルームエスを使うには、プルームエス専用のたばこスティックが必要です。 クリーニング たばこスティック20本使用するごとのクリーニングが推奨されています。 スライドカバーと、底のクリーニングカバーを開き、たばこスティック差し込み口からクリーニングブラシを差し込んで中に残ったカスなどを取り除きます。 試しに20本でクリーニングしてみましたが、アイコスと違って専用たばこにヒートスティックが刺さる構造ではないため、残りカスはかなり少ない印象です。 使い終わったたばこスティックは? 使い終わったら吸い殻と同じで捨てるだけ、なのですが、状態を確認してみます。 よく見ると周囲の紙巻き部分が若干変色しているな、ほどの変化しかありませんが、中身がどうなっているのか気になるので分解してみます。 アイコスは使用後に専用たばこをチェックすると、かなり焦げていますから、大きな違いを感じます。 プルームエス専用たばこスティックを分解するとこのようになっています。 このようにたばこ葉は、たばこスティック本体の先端部分にしか詰まっていません。 それなのに、普通の紙巻きたばこと同じぐらいの価格なのは納得いかない、とモヤモヤしてしまいますが、おそらく加熱部分がこのたばこ葉が詰まっている部分にしかないせいなのでしょう。 そういえばIQOSの専用タバコも普通のタバコよりも短いですからね。 たばこの葉が詰まっていない部分は空洞で、紙巻部分が硬くなっています。 タバコ葉はあまり変色していません。 若干焦げたような跡はありますが、あまり変わっていません。 このため、1回ではなく2度つかうことができてしまうのはこのせいだと思います。 しかし、2度目からの使用については、かなり風味が落ちてしまう(正確には1回目の後半からかなり風味が落ちるように感じる)ので、風味を最大限楽しみたければ1度の使用に留めておいた方が良いでしょう。 感想 良い点と悪い点それぞれを挙げてみます。 悪い点• ニコチンのキック感が少ない• 喫煙可能本数が10本(1箱の半分と少ない) 確かにJTが言う通り、たばこ葉のうまみと言う点においては 他の加熱式たばこよりも濃い味わいに感じます。 これは、加熱方式の違いもあると思いますが、専用たばこスティックのチューニングのせいのもあるでしょう。 たばこの味わいとおいしさにフォーカスした製品と言う印象です。 なぜそう感じるのか?といえば、それは ニコチンのキック感が弱いからです。 アイコスに比べて、ガツンとくるニコチンのキック感を感じません。 たばこを吸ったぞ!と言う満足感が弱いのです。 ただし、グローよりは若干強めのキック感。 味わいが濃いのでその部分では満足感を感じますが、ニコチンをガツンと感じたいニーズには答えられていない印象です。 まとめ これでニコチンのキックがガツンとくれば最高!喫煙本数10本でも文句言えないのですが、ガツンと感で言えばアイコスには敵いません。 デバイスが丸っこくて、可愛らしいのもユニセックスを意識してのことだと思いますが、立てて立てて置けないなどの不満点も。 味で言えば加熱式タバコの中では一番美味しいと思いましたが、一長一短ですね。 気になっていた方はチェックしてみてください。

次の