エリンギ 冷凍。 エリンギは腐るとどうなる?賞味期限や保存方法、新鮮な物の見分け方も!

【みんなが作ってる】 エリンギ 保存のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

エリンギ 冷凍

食物繊維が豊富で和洋中どんな料理にも合うエリンギ。 スーパーのきのこ売り場には必ず並んでいるほどよく使われるきのこですね。 ですが、日本で栽培されるようになったのは1990年代なんだそう。 エリンギはカリウムやカルシウム、ビタミンDなども豊富に含んでいて低カロリー。 コリコリとした食感が特徴のエリンギは、切り方によって違う食感を味わうこともできますが、冷蔵保存だと数日で食感が劣化してしまいます。 そんなエリンギの食感を損なうことなく、長期保存できるのは冷凍保存です。 そこで今回は、2通りの方法で冷凍したエリンギを調理して、どちらが良いか比べてみた結果を紹介します。 また、おすすめの冷凍方法についてポイントなども紹介します。 エリンギの2通りの冷凍方法の特徴 エリンギを冷凍する方法は、2通りありどちらでもOKなのですが、どちらが良いか比べてみることにしました。 まずは、冷凍するときの特徴で比較してみます。 加熱してから冷凍する エリンギを加熱してから冷凍しておくと、火が通っているので調理は短時間で済みます。 加熱は、茹でる、炒める、レンジ加熱などの方法があるのですが、エリンギの旨味成分や栄養分を損ないにくいのはレンジ加熱ですね。 加熱すると出る水分に栄養分などが溶けだしているので、その水分も一緒に保存袋に入れて冷凍します。 その水分が凍るので、エリンギがくっついてしまい、凍ったままでは簡単にバラせないです。 生のまま冷凍する 生のままのエリンギは、カットしても水分は出てきませんから、冷凍してもくっつきにくく、くっついていても凍ったまま簡単にバラせます。 使う分だけ袋から取り出して使えるので便利です。 冷凍エリンギを解凍調理してみた 生まま冷凍したエリンギと加熱してから冷凍したエリンギをフライパンで炒めて調理してみました。 解凍してから調理すると水分が出てしまうので、凍ったまま調理します。 生冷凍のエリンギの方が早く解凍できますが、火が通るまで少し炒めるので、調理時間は大して差がありませんでした。 生冷凍のエリンギも冷凍することで細胞が壊れているので、火が通りやすくなっています。 加熱冷凍のエリンギは、凍っていた水分が先に解けたので、エリンギが解凍できるまでにフライパンが焦げつきました。 生冷凍のエリンギもフライパンで炒めると水分が出てきましたが、水分が出てきたころには火が通っていたので焦げつきませんでした。 冷凍する前に加熱しておいた方が、調理が手早くできるように思っていたのですが、生のまま冷凍したエリンギの方が加熱しすぎることがなく、調理がしやすいですね。 生冷凍と加熱冷凍のエリンギを食べ比べてみた 味付けせずにフライパンで炒めた2通りの冷凍エリンギを食べ比べてみました。 香りの違いは? 生のまま冷凍したエリンギの方が香りが強く、良い香りでした。 見た目の違いは? 見た目の違いは写真でも分かるでしょうか? 生のまま冷凍したエリンギはプリッとしていますが、加熱してから冷凍したエリンギは、カサもクタッとしていてシワシワです。 味の違いは? 食べてみると見た目とは違い、味はあまり変わりませんでした。 食感の違いは? どちらもプリプリとした食感があり、噛むと水分も出てきて瑞々しさもありました。 加熱冷凍したエリンギは見た目がシワシワだったので、プリプリ感がないかと思っていたんですけどね。 風味の違いは? 食べたときの味や食感があまり変わらず、風味も大した差はないと感じました。 言われなければ分からないレベルです。 スポンサーリンク エリンギは生のまま冷凍がおすすめ 生冷凍のエリンギでも加熱冷凍のエリンギでも、食べたときの味や食感があまり変わらないので、どちらでも良いなら生のまま冷凍する方が簡単で良いですね。 生のまま冷凍したエリンギの方が、調理もしやすかったですから、冷凍するなら生のままが良いでしょう。 エリンギを生冷凍するときのポイント エリンギを生のまま冷凍するときに、外せないポイントを含めて冷凍保存のレシピを紹介します。 洗わない エリンギはクリーンな環境で栽培されているので、洗わずに調理するのが基本です。 洗うと風味が損なわれてしまうので、気になる汚れはキッチンペーパーで拭き取る程度が良いです。• エリンギは捨てるところがない 市販のエリンギは石づきがカットされているので、全部食べられます。 根元部分に硬いところがあれば、削り落とす程度でOKです。• 調理に合わせてカットする エリンギはカットに仕方で食感が違ってきますので、調理に合わせてカットしておきます。 手で縦方向に割くこともできますし、包丁で縦割りにしてもOKです。 軸を包丁で輪切りにすると、貝柱のような食感になります。 色んなカットをミックスして冷凍しておくのも面白いかも知れませんね。。• 保存袋に入れて冷凍保存する カットしたエリンギはできるだけ重ならないように、保存袋に平らに入れて空気を抜いておきます。 ひと手間かけられるなら、1~2時間ほど冷凍したところで、袋の上から軽く揉んでバラしておくと、使うときに取り出しやすくなります。 エリンギを冷凍保存できる期間 エリンギを冷凍保存できる期間は、1ヶ月程度です。 1ヶ月以上経っても食べられないことはないですが、食感や風味が悪くなってしまうので、1ヶ月を目安に使い切った方が良いです。 みそ汁などの汁物に、ポッと入れるだけで使えるので、サッサと使ってしまいましょう。 まとめ コリコリとしたエリンギの食感を損なうことなく、長期保存できるのは冷凍保存です。 エリンギを冷凍保存する方法は2通りありますが、どちらの方法がより良いのか、冷凍処理や冷凍エリンギの調理、調理したエリンギの食感や風味を比べてみました。 生冷凍のエリンギと加熱冷凍したエリンギを調理すると、味や食感はあまり変わらなかったですが、見た目や香りは生のまま冷凍したエリンギの方が良かったです。 冷凍処理の手間や冷凍エリンギを調理するときも、生のまま冷凍した方が簡単で失敗しにくかったです。 ということで、エリンギを冷凍保存するときは、生のままがおすすめです。 洗わずに冷凍する• 調理に合わせてカットする 生冷凍するときのポイントは、この2つですね。 すぐに使わないエリンギは新鮮なうちに冷凍保存しておくと良いです。

次の

エリンギの冷凍保存方法とレシピをご紹介【写真付きで解説!】

エリンギ 冷凍

冷凍保存にはさまざまなメリットがある。 同じきのこ類でもしいたけ等に多く含まれる旨味成分グアニル酸は、生のエリンギにはあまり含まれていないのだが、それを増やす方法が「冷凍」なのだ。 エリンギを凍らせると細胞内の水分が膨張して細胞が壊れるため、加熱調理の過程でグアニル酸を生成する酵素が働きやすくなり、生のまま加熱した場合の3倍ほどの量になるという。 実はこの成分も頑丈な細胞壁に守られており、効率よく取り出して体への吸収率をアップするためには、やはり冷凍して細胞壁を壊す方法が有効なのだ。 市販のパッケージのまま保存すると途中の温度変化等で中に水滴が付き、それが傷みの元になってしまうのだ。 一度パッケージから出し、キッチンペーパーで一本ずつ包んで食品保存袋に入れ、野菜室で保存すると1週間くらい鮮度を保つことができる。 冷凍保存なら賞味期限は1カ月程度までのばすことが出来る。 昨今市場に出回るきのこ類はほとんどがクリーンな環境で育てられた栽培物なので洗う必要はない。 冷凍する場合は特に、水分が付いているとくっついて固まってしまうので、乾いた状態のまま使う。 気になる汚れがある場合はキッチンペーパー等で拭く。 また、エリンギは切り方によって食感が変わる。 以下を参考に、使い途や好みに合わせてカットしよう。 自然解凍や電子レンジ解凍をするとドリップ(旨みを含んだ水分)が出るが、それを捨ててしまうと旨味や栄養分を無駄にすることになるので注意を。 エリンギの特徴はなんといってもその歯応えの良さ。 煮ても焼いても変わらないコリコリ食感を活かしてメンマ風にアレンジすると、食物繊維たっぷりの美味しく便利な作り置き惣菜に。 酒のつまみにも、弁当のおかずにも、ラーメンはもちろん蕎麦やうどんのトッピングにも、そうめんの薬味にもよし。 2パック(200g程度) ごま油... 大さじ1 醤油・酒・みりん... 各大さじ1 鶏ガラスープの素・砂糖... 各小さじ1 【作り方】 ・フライパンに胡麻油を入れ、好みの厚さに縦にスライスしたエリンギを炒める。 ・エリンギに油が回ったら調味料をすべて加え、水気がなくなるまで煮詰めれば出来上がり。

次の

エリンギの保存方法は冷凍?冷蔵?おいしい時短レシピに早変わりするコツ

エリンギ 冷凍

私は安価で栄養価も高く、料理のかさましにもなるので、よくきのこ類を買うのですが、えのきやしめじに比べて、少し高く手がでにくいのがエリンギです。 エリンギはパックに2房しかほどはいってなく、割高だな思ってしまうのですが、業務用スーパーや激安スーパーなどにいくと、大容量パックで(5〜6房)通常少量パックの1. 5倍のお値段でお買い得でした。 もちろん購入し、冷蔵庫で袋のまま保管していたのですが、水分が出てしまって、日がたつにつれて、変色…していきました。 大容量で買ってたので、すぐ消費できるわけでもなく余らして少し傷みは始めていました。 そんな時にエリンギを長期保存できる一番!良い方法を書籍から学んだのでぜひ参考にしていただければと思います。 エリンギの保存方法は、冷蔵より冷凍より…天日干しです! 一般的な長期保存は冷凍保存が広く知られていますが、天日干しの乾燥エリンギのメリットはたくさんあります。 そのメリットを3つ紹介します。 カサが減る まず、カサが減る!ということです。 なので、冷蔵庫や冷凍庫のちょっとした隙間にチャック袋にいれて保管できます。 食感が楽しめる 次に、歯ごたえのあるこりこりした食感に変化します。 先ほど、カサが減るといいましたが、だからって一度の使用量が増えて…結局節約にならない、というわけではないのです。 少量をお味噌汁や煮物、炒めものに使うことで、水分を吸収してカサは増しますし、歯ごたえ・存在感のあるエリンギと変化します。 おいしい出汁が出せる さらに、とってもよい出汁がでます。 天日干しにすることでぎゅっとうまみ成分がつまっているので、1つまみほどお味噌汁・お吸い物にいれることで、普通のエリンギやきのこでは出せない、香り高い出汁がでます。 おすすめです。 では実際にエリンギを天日干しにして乾燥保存する方法を紹介します。 通常きのこ類の常温保存は不可、冷蔵だと1週間ほど冷凍(カット)だと1か月ほどと言われています。 通常のエリンギのカット方法で(半分にカットし、縦方向に5ミリずつカットする)、干しネットにいれて天気の良い日に3〜1週間ほど干して、乾燥させるだけです。 これ、エリンギ??と思ってしまうほどカラッカラで薄っぺらくなります。 変色はしません。 出来上がったら、チャック袋に入れて冷蔵庫・冷凍庫で保管します。 乾燥材をいれておくとより長持ちします。 夜間は湿気を含んでしますので、室内に取り込んでください。 干しネットは100均などで売られています。 とても便利です。 特に適しているのは、日は短いけれど乾燥しているので水分が抜けやすい冬と夏〜秋にかけての強い西日が当たるころです。 梅雨や夏前のジメジメした時期は避けてください。 エリンギの保存期間はどれくらい? 関連ページ えのきだけは、きのこの中では椎茸に次いで生産量の多いきのこ類です。 そんなえのきだけですが、ちょっと忘れると冷蔵庫内でにょきにょきと伸び、変色したりしてしまうことがあります。 そこで今回は、えのきだけの上手な保存方法をご紹介します。 きのこの保存方法が分からなくて損をしていた時期がありました。 スーパーマーケットなどで売られているきのこのはたいてい冷蔵庫で冷やされています。 ですがきのこは冷蔵じゃなくて冷凍した方が良いのです。 この記事ではきのこの保存方法について解説したいと思います。 つるんとした食感が美味しいなめこは、味噌汁にしても手軽でおいしく、炒め物やあんかけにも大活躍な食材ですよね。 あまり旬を感じない食材ですが、天然物の旬は秋から冬。 食材として利用しているのは、ほぼ日本だけなんですね。 そんななめこですが、美味しく保存するにはどうしたらよいのでしょうか。 ぶなしめじが安売りしていたからといって買いすぎてしまい、使いきれずに困ってしまった経験があります。 そこで、ぶなしめじの保存方法を調べてまとめてみることにしました。 簡単な工夫で通常よりも長持ちさせることができますので、もし、同じ悩みを持つ方がいらっしゃれば、ぜひ参考にしてください。

次の