このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。。 「iCloudミュージックライブラリ」がうまく表示されない場合の対処法

Apple Musicの「このアイテムは再生できません」エラーを修正する方法

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。

国内外で報告相次ぐメッセージアプリのエラー 今回報告されているのは、iOS11. 青色の文字はタップしても何も反応しませんでした。 I ran IOS 11. 3 update. Tapping REPAIR ACCOUNT fails. How do I correct this issue? Messages is not in the list of apps using iCloud. 引用: 関連するAppleサポートコミュニティの投稿は他にも多数あり、これまでもiOS11. 3に関する不具合を追ってきましたが、その中でも特に報告の多い不具合のように思えます。 (特に海外) スポンサーリンク iOS11. 3で見送られた新機能「iCloudにメッセージを保管」 iOS11. 3では、メッセージで受信した添付ファイルなどをiCloudに保存し、同じApple IDを使用しているデバイス間で受信メッセージを同期できるiCloudサービス 「iCloudにメッセージを保管(Messages on iCloud)」が追加される予定でした。 同機能は開発者向けに配信されているベータ版では提供されていたものの、正式版のiOS11. 3では取り下げられています。 今回のエラー「iCloudにメッセージを保管は現在無効になっています」も、新機能「iCloudにメッセージを保管(Messages on iCloud)」に関する文言と推測できるので、 iOS11. 3内部に残された一部機能の誤動作による影響により生じている問題かと思われます。 iCloudにメッセージを保管は現在無効〜の解決方法 今回のエラー 「iCloudにメッセージを保管は現在無効になっています」は、基本的に通常の再起動で改善する場合が多いようです。 iPhone X: サイドボタンと 音量ボタンを長押し、 スライドで電源オフをドラッグして電源オフ。 電源が切れた後に サイドボタンを長押しして電源オン。 iPhone 8以前: 上部のボタンもしくは サイドボタンを長押し、 スライドで電源オフをドラッグして電源オフ。 電源が切れた後に 上部のボタンもしくは サイドボタンを長押しして電源オン。 「iCloudにメッセージを保管」はiOS11.

次の

【解決】「iOS8.4」で「iCloudミュージックライブラリ」を有効できないバグ不具合の設定方法

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。

どうも、です。 Apple Music使っていますか?邦楽はまだまだラインナップが微妙な感じですが、洋楽好きにはたまらない音楽配信サービスです。 さてさて、そんなApple Musicには端末に曲をダウンロードすることで、オフラインでも再生できる機能があります。 このオフライン再生の機能を利用するためには、「 iCloudミュージックライブラリ」をオンにする必要があるのですが、「 iCloudミュージックライブラリを有効にできません」と表示される場合があります、。 そこでここでは「 Apple MusicでiCloudミュージックライブラリをオンにできない原因と対処法」について、図解で解説していきたいと思います。 広告 設定アプリで上記手順でiCloudミュージックライブラリをオンにしたとき、「 iCloudミュージックライブラリを有効にできません」と表示される場合があります。 警告が表示される前にミュージックアプリに移る 上記の警告はiCloudミュージックライブラリをオンにして約1秒後に表示されるので、 この警告が表示される前にミュージックアプリに切り替えてみてください。 その後設定アプリに戻ると、iCloudミュージックライブラリがオンのままになっているはずです。 For Youの設定を完了させる 上の方法で解決しない場合は、Apple Musicの For Youの設定を完了することで解決する場合があります。 まず好きな音楽ジャンルをタップして選択します。 複数選択が可能で、選択が完了したら「次へ」をタップします。 次に好きなアーティストを3人選びます。 選んだ後、完了をタップするとFor Youの設定は完了です。 以上の設定を終えることで、 iCloudミュージックライブラリをオンにできるようになるはずです。 以上、 iCloudミュージックライブラリをオンにできない場合の対処法でした。 最後まで読んでいただき感謝!感謝!.

次の

iCloudを表示最大数の無料アカウントがiPhone XS、XS Max、iPhone XRでアクティブ化されています

このアカウントではicloudミュージックが有効になっていません。

あなたは同じ質問がありますか? 確かに、時には、Apple Music を聞きたいなら、一部の曲はグレーアウトの状態で表示されます。 タップして再生しようと、「この曲は現在、この国または地域では入手できません」「項目は使用できません、この項目は再生できません」というエラーメッセージが表示されて、音楽が聞けません。 なぜこのような問題が起きっていますか?おそらく、提供終了したか、貴方と Apple Music との契約が切れたか?ネットで色々と調べたら、エラーが発生された原因といくつかの改善方法を探しました。 そこで今回は Apple Music 「この項目は再生できません」、「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示された問題の対処法をまとめて紹介したいです。 参考になさってください。 「一回しましたが、再生したら、この項目は再生できませんとでます。 分かりません。 」このような件につきまして、ここではいくつかの原因を考えています。 アルバムが未発売• 曲が提供終了した• 共有プレイリスト・コンピレーションアルバム• ドライバが正しく更新されていない• インターネットの接続状況が悪い• デバイスが不安定• 編集された曲か不完全な曲のダウンロード• iCloud ミュージックライブラリを有効にしていないから ご覧のように、この Apple Music 再生の問題の原因は人によって異なりますので、あなたの原因を見つけることは困難です。 iCloud サーバーの問題、ネットワーク接続ステータス、または iOS バグなどの可能性がありますが、同じ悩みが抱えている方に向け、次の文では、 「項目は使用できません、この項目は再生できません」問題の対策を紹介していきます。 「項目は使用できません、この項目は再生できません」の解決策 「項目は使用できません、この項目は再生できません」の場合、以下の対処方法をご参考にしてみてください。 インターネット接続を確認 インターネットの接続が悪ければ、、iCloud ミュージックライブラリ と Apple Music から曲をダウンロードし、再生を開始することができません iOS デバイスで Wi-Fi ネットワークに接続できない場合は、モバイルデータ通信を使って対処できます。 iPhone、iPad、iPod touch など端末を再起動 理由がわからないけど、一度端末を再起動してみるといいですね。 パソコンも携帯デバイスも電源を切って、再起動を試すと、直るかもしれません。 iCloud ミュージックライブラリを有効にする iTunes Match または iCloud ミュージックライブラリを使用する場合は、iOS デバイスとコンピュータで iCloud ミュージックライブラリ が有効にする必要があります。 iCloud ミュージックライブラリがにオフになって、iCloud から曲がダウンロードされないことがあります。 だからあなたは曲リストを持っていますが、リストにある曲は再生できません。 iCloud ミュージックライブラリを有効にする手順は以下のとおりです。 Apple Music の登録に使っている Apple ID で、お使いのすべてのデバイスにサインインしてください。 その上で、以下の手順にそって、iCloud ミュージックライブラリを有効にします。 再生できない曲を削除して再度ダウンロード・同期 コンピュータから同期した曲を再生できない場合は、Apple Music と iCloud ミュージックライブラリをオフにして、もう一度曲を再生してみてください。 その後、曲を再度 iTunes ライブラリに追加して、ダウンロードします。 それから、iTunes を使用してコンピュータからデバイスにすべての曲を再同期させると、この問題が解決するかもしれません。 Apple ID の再登録 Mac または Windows パソコンを認証すると、App、オーディオブック、ブック、音楽、映画などのコンテンツにそのコンピュータからアクセスできるようになります。 Mac を認証する前に、最新バージョンの macOS にアップデートしておいてください。 Windows パソコンでは、最新バージョンの iTunes for Windows にアップデートしておきましょう。 別のコンピュータ、iPhone、iPad、iPod touch からコンピュータを認証することはできません。 Mac または Windows パソコンを認証する方法 1. Mac では、ミュージック App、Apple TV App、または Apple Books App を開きます。 Windows パソコンでは、iTunes for Windows を開きます。 Apple ID でサインインします。 Mac の操作は以下のとおりです。 Apple Music のサーバーステータスを確認 Apple Music の加入者であれば、「この項目は再生できません」という問題を満たしている場合は、Apple Music のを確認できます。 サーバーに何らかの問題がある場合は、この音楽ストリーミングサービスを使用することはできません。 新しい曲を集めたときほど、慎重にデータ容量をチェックして、ギリギリまでいっぱいになっていないか確認しておきます。 最新の iOS・iTunes にアップデート 時に古いバージョンの iTunes ・iOS にバグがあるかもしれません。 iTunes か iOS の再インストールまたは最新版のアップグレードによって、問題を解決できます。 iTunes の最新版は Apple の公式サイトからダウンロードできます。 アルバムが未発売 Apple Music では、未発売のアルバムでも(発売されたらすぐ聴けるように)あらかじめライブラリに登録しておくことができます。 アルバムの発売日までまだ時間があり、一部の曲がすでにリリースされている場合、アルバム全体の曲目リストが表示されるものの、アルバムのみ収録の曲は発売日まで再生できません。 このような場合、曲を聞くなら、「この項目が再生できない」と表示されます。 解決策:このような場合、特にいい方法ありませんが、先にライブラリに追加して、発売日まで待ってください。 曲が提供終了 一部の曲が「項目は使用できません」、「この項目は再生できません」と表記されたら、著作権の所有者は Apple Music で曲の提供を終了することにした場合もあります。 だから、急に曲が再生できません。 共有プレイリスト・コンピレーションアルバム 共有プレイリスト ときに、Apple Music で配信されていない曲が曲目リストに表示されています。 人気アーティストなので、多くのユーザーがいろいろな共有プレイリストを作成することがいっぱいです。 その場合は曲名をタップしても 「項目は使用できません」「この項目は再生できません」のメッセージが出ます。 例えば、以下のとおりです。 米津玄師さんは Apple Music で楽曲を配信していない人気アーティストですが、米津玄師さんの名前で Apple Music を検索してみると、このように候補の一番上に「共有プレイリスト」が出てきます。 この通り、実際にプレイリストを開いてみると、それらがすべてグレーの「再生できません」の状態になっています。 ちなみに、Apple Musicで配信されていない楽曲を自分で購入していて、その楽曲が共有プレイリストに含まれていた場合…iTunes ストアで購入した楽曲であれば、共有プレイリスト内で再生できます。 同様の事態に見舞われたユーザーの話によると、このメッセージは一部の曲に対して表示されるもののようです。 特にインディーズレーベルからリリースされているものや既に廃盤となっている作品がよく「この曲は現在、この国または地域では入手できません。 」というメッセージが表示されます。 またインポート後にアーティスト情報等をいじったところ、突然として曲を聴くことができなくなった場合もあります。 そのような場合、上記の方法3、4を参考にすれば解決できるはずです。 Apple Music の曲を MP3 として変換して保存して永遠に再生! 徹底的に「この項目が再生できない問題」を解決するには、ロカールファイルとしてダウンロードして永遠に保存することをおすすめします。 ご周知のように、Apple Music での音楽は聴き放題ですが、ダウンロードされた曲はすべて Apple の 専門技術で保護されているため、ほかのデバイスに転送したりコピーしたりすることができません。 デバイスの制限なしで Apple Music の音楽を永遠に再生したいなら、Apple Music の曲を事前に普通の音楽ファイル MP3 に変換する必要があります。 Apple Music での音楽を MP3 に変換して永遠に保存できるソフト: Apple Music 音楽変換( も用意)は、Apple Music 向けの究極的な音楽変換ソフトです。 Apple Music での曲を普通の MP3、AAC、WAV、FLAC 形式に無劣化で変換でき、変換後、曲の ID タグ情報もすべてそのまま保持します。 シンプルで非常にパワフルなソフトだと思います。 そして、最新の Mac OS と Windows OS バージョンに完全に対応します。

次の