コロナ は いつ 終わる。 占いでコロナはいつ終わる?コロナウイルスの予言をしていた有名占い師は?

新型肺炎【コロナウイルス】いつまで続くの終息は?東京オリンピックは大丈夫?-sakukurashi

コロナ は いつ 終わる

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の

新型コロナウイルスの流行が終わるには「2~3年かかる」と考えている医師が多い

コロナ は いつ 終わる

Contents• 新型コロナウイルスの流行はいつ終わる?落ち着く時期について調査 日に日に世界中で感染が広がっている新型コロナウイルスの収束時期はいつになるのでしょうか? 世界の研究機関などの見解がバラバラで、 いつ終わるかは見通しがつかないというのが現状です。 世界の国々や研究機関の見解は? 新型コロナウイルスの収束時期について、WHOは2月13日時点で「見通せない」という見解を示しています。 世界の国々や研究機関の中でも見解は様々。 終息には1年から2年かかるだろう。 平和の祭典が大規模感染の舞台になる恐れがある。 — 盛田隆二🍶Morita Ryuji product1954 あくまでも高橋医師個人の見解ではありますが、現場を経験された先生方は総じて厳しい意見をおっしゃっています。 新型コロナウイルスがいつ収束するのか・・・具体的な数字はまだ定まっていないようです。 そこで、過去に中国・韓国で流行した「SARS」「MARS」の事例はどうだったのか? 参考として調べてみました。 2003年:SARS 重症急性呼吸器症候群 の流行時はどうだった? 2002年11月から2003年7月にかけて中国・香港で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)。 11月ごろに発生し、年末年始ごろに感染拡大が始まり、春節期間で一気に世界に広がった経緯は、今の新型コロナウイルスとそっくりですよね。 このSARSの流行期間は 約9ヶ月間でした。 SARS 重症急性呼吸器症候群 とは、SARSコロナウイルスが原因となって引き起こされるウイルス性の呼吸器感染症です。 SARSの主な症状としては、• 筋肉痛• 無気力状態• 咽頭痛 などのインフルエンザのような症状が出た後、非定型肺炎へ進行し、• 乾性咳嗽• 呼吸困難• 潜伏期間は2~7日間のことがほとんどで、最長10日間。 世界保健機構 WHO によると、香港を中心に8096人が感染、37ヶ国で774人が死亡したとされています。 ちなみに日本での感染者は確認されませんでした。 2015年: MARS 中東呼吸器症候群 の時はどうだった? 2015年5月から12月末ごろまでにかけて韓国や中国で流行した、MARSコロナウイルス 中東呼吸器症候群。 初めて確認されたのは2012年にサウジアラビアで、2015年の流行の後も感染者や死者が出ています。 このMARSの流行期間は 約7ヶ月でした。 MARSの主な症状としては、 急性の重篤な呼吸器症状で• 息切れ• 呼吸困難• 下痢 ほとんどの患者が肺炎を起こし、一部の患者は腎不全をきたしました。 特に、 高齢者や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全など基礎疾患のある方は、重症化する傾向にあります。 潜伏期間は2日から14日。 WHOによると、1293人感染が感染し、458人が死亡したとされています。 このMARS流行の際も、日本での感染者は確認されていません。 SARSやMARSと新型コロナウイルスの感染者数比較 SARSは8096人が感染、37ヶ国で774人が死亡。 MARSは1293人感染が感染し、458人が死亡。 その他にクルーズ船ダイヤモンドプリンセス号内での感染者634人・死亡者2人。 国外では中国を主として、感染者78,045人・死亡者2,459人。 見てわかるとおり、桁が違います。 SARSやMARSの終息宣言までにかかった期間が7ヵ月~9ヵ月となると、今回の新型コロナウイルスはどのくらいかかるのか・・・。 個人で出来る範囲のことをやるしかない現状と、日に日に国内での感染者数が増えていく不安が半年や1年以上続く、とは考えたくないですね。 スポンサーリンク まとめ 今回は新型コロナウイルスの収束時期についてまとめてみました。 国内外の国や研究機関の見解は明るいものから衝撃的なものまで様々。 コロナウイルスを病原としたSARSやMARS流行時の収束時期は7ヵ月から9ヵ月でした。 しかし、今回の新型コロナウイルスの感染者数と死亡者数は、SARSやMARSとは桁違いの多さです。 まだピークを迎えていないとなると、個人でできる範囲ではもはや防ぎきれないのでは?と思ってしまいます… 新型コロナウイルスへの対策が後手後手になっている印象の日本政府ですが、2月25日に今後の基本方針が示されますので、この発表を待ちたいと思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

占いでコロナはいつ終わる?コロナウイルスの予言をしていた有名占い師は?

コロナ は いつ 終わる

この知識はこんな方におすすめ• いつまで続くのだろうか…• なんとか乗り越えたい いつまで続ける必要があるのか? 皆さん自粛中で辛い状況が続いているかと思いますが、そもそも、この自粛というものは、科学的に考えたらいつまで続けなくてはいけないのかということを今回は紹介させてもらいます。 大阪などは、自粛を解除するための基準として具体的な指標も示してくれていたりします。 実際に、状況としてどの辺りまでになれば、国や行政機関が言うような自粛を解除してもいい状態までなるのかということについては、世界的な研究者たちが議論してくれています。 念のために言っておきますが、海外のデータを元に分析したものですから、日本では、いわゆるロックダウンや外出禁止令まで出したりすることができませんので、どこまで当てはまるのかということについては考える必要もあります。 とはいえ、参考になるデータかと思いますので、そこからどこまで我慢する必要があるのかということをある程度理解していただけたらと思います。 2つの指標から感染パターンを予測 この自粛どれだけ続ければいいのかということについては、当然ですが、正確に予測したり答えに導くことは難しいものです。 ですが、南カリフォルニア大学が興味深いデータを出してくれているので参考になると思います。 世界36カ国のウィルスの感染パターンについて調べた分析で、主に2つの指標を調べて、自粛をどれくらい続ければいいのかということを解析してくれています。 まず1つ目として、 ウイルスの日次増殖率です。 これは1日ごとの感染者症例数の増加率です。 もう1つが、 累積症例の倍数までの時間です。 これは累積の感染者症例数が2倍になるまでの時間の長さです。 この2つを指標として調べてくれています。 どうやら、この2つの指標は感染パターンを把握するためにかなり信頼度の高い指標になると言われています。 ですから、1日ごとの新規感染者数の増加率と感染者数が倍になるまでの時間の長さをチェックすると、実際のウイルスの感染状況がある程度見えてくるとされています。 詳しい内容については、今回の参考文献を見ていただきたいところですが、結論として示されているのは、国がいわゆるロックダウンをしたり外出禁止ような強烈な行なった場合でも、少なくとも44日間はかかるとされています。 ですから、イタリアやフランスのように完全に外出禁止のようなことを行った場合でも、少なくとも44日間は続ける必要があるとしています。 つまり、都市をロックダウンさせて外出禁止にしたとしても、その効果が出るまでには44日間もかかるということです。 さらに、このようなロックダウンや都市封鎖のようなことを行い、感染ペースが落ちてきたといった効果が見えてくるまでには3週間が必要だとされています。 ですから、新規の感染者数が和らぐまでには3週間を必要とするということです。 そして、実際に、その感染者数がコントロール可能な段階になってくるまでには、およそ1ヶ月程度はかかるというデータもあります。 さらに、完全な封じ込めを達成するまでには、完全な自粛をしたとしても45日間かかると計算されています。 ですから、外出禁止にして国境を封鎖して、感染した人を完全に隔離するということをしたとしても、約45日程度は封じ込めまでに時間が必要になるということです。 要するに、 ちゃんと自粛ができていれば、3週間目ぐらいで新規感染者数のペースが徐々に落ち始めて、それがコントロール可能な段階に入ってくるまでにはおよそ1ヶ月ぐらいは必要になり、さらにそれを続けて45日ぐらい経ってくると、感染の封じ込めができるようになってくるのではないかというデータです。 日本では外出自粛ではあります。 ロックダウンなどよりは弱いかもしれませんが、みんなで1ヶ月ぐらい我慢してさらにそれが伸びていますが、その自粛がちゃんとうまくいっていれば、そろそろ効果も出てくるのではないかということが言えるのではないかなと思います。 自粛率によるシュミレーション ただし、この辺りについては気になる研究もあり、自粛は全員しているわけではありません。 もちろん、このような状況でも仕事で出なくてはいけない人もいるのは理解できますが、わざわざこんなタイミングでパチンコに行くような人もいるそうです。 先ほど紹介したデータは完全に外出禁止にした場合ですが、一定の人たちが自粛をしなかったりする場合に、自粛率がどれくらいあれば封じ込めの戦略がうまくいくのかということを調べてくれた研究もあります。 つまり、国民全体の何パーセントの人たちが、しっかり外出の自粛すれば効果が出るのかということを調べてくれています。 これももちろん完全な予測ができるデータではありませんし、まだまだ研究段階のものなので、そこも踏まえておく必要はありますが、参考にはなると思いますので紹介しておきます。 シドニー大学の研究で、数学的なシミュレーションを使って、オーストラリアにおける新型コロナの拡大や隔離対策がどのような状況になっていくのかということを調べてくれています。 今日本では、皆さん自粛をして頑張っていると思います。 もちろん、ずっと自宅の中にいないといけないというわけではありませんし、人混みを避けてさえいれば散歩をしたり必要な外出はしてもいいと思いますが、そのような人と触れないということを徹底している人が、国民の8割だったとしても4ヶ月もかかってしまうということです。 では、その割合がもっと下がったらどうなるのでしょうか。 ですから、日本でも自宅待機率を8割にしようということを言っている人がいますが、これもこのシュミレーションから見てみると結構正しいわけです。 これはあくまで数理モデルですから、どこまで実際に当てはまるのかということも考える必要がありますし、オーストラリアのデータですからどれぐらい日本に当てはまるのかということはわかりませんが、このような研究を見てみても、やはり、 出来うる限り家にいるというのが大事だということが理解できます。 後半の研究は数理モデルですから、そこまで悲観的に考えないとしても、大体ちゃんと自粛することができれば1ヶ月半から2ヶ月ぐらいで終息していくのではないかとか、ちゃんと続けることができていれば、長くても2ヶ月強から3ヶ月ぐらいで落ち着いてくるのではないかというデータも結構出ています。 あくまでそれぞれの研究なので、実際のところは分かりませんが、皆さんも何かと辛い状況かとは思いますが気をつけていただき、一緒にこの状況を乗り換えで行くことができたらと思います。 定期的な運動もとても大切です。 とはいえ、わかっていても運動するのは面倒だという人も多いでしょうし、外出できない中では長時間の運動も難しいと思いますので、自宅で簡単にできて、時間もかけずにできる効果的な運動について解説した動画を紹介しておきます。 1日たった4分で自分の免疫力を高めて体調を良くするための運動で、体型を保つことも出来るようになります。 ぜひチェックしてみてください。 今回のおすすめ本 今回のおすすめの本としては、1冊目は、やはり体調を整えるためにはを紹介しておきます。 これは、進化医学の観点から、体調を整えるためにはどうすればいいのかということを分かりやすく解説してくれている素晴らしい本で、体調を整えるための教科書として使える本です。 そして、2冊目は、です。 今回コロナウイルスによりウイルスとは怖いものだと皆さん思ったと思います。 ですが、このウイルス自体は生物にとって重要な役割も果たしているもので、生物はウイルスにより進化してきたものだという話が紹介されています。 ウイルスに対する理解を深めることができれば、もちろん、安心することはできなくても無駄に不安になりすぎることもなくなるのかと思います。

次の