雨戸 後付け。 窓後付けシャッターが激安価格|通販ならリフォームおたすけDIY

窓後付けシャッターが激安価格|通販ならリフォームおたすけDIY

雨戸 後付け

取り付け場所と方法 1. 電動シャッターの取り付け場所 電動シャッターの取り付け場所は、窓かガレージになります。 窓に電動シャッターを取り付けるメリット 窓に電動シャッターを取り付けるメリットは、防犯やプレイバシーの保護の他に、静音対策にも役立つことです。 他にも雨戸のように台風の時に窓を守る役目もあります。 防犯の役目としては、窓だけですとガラスを割られてしまえば簡単に泥棒などに入られる恐れが高いですが、電動シャッターを取り付けることで安易に外から侵入できないようになることがあげられます。 電動シャッターを取り付けることで家の中を外から覗かれないようにできるのでプライバシーの保護にもなりますし、外の騒音も防ぐことができますので静かな状態を保つこともできます。 最近では、雨戸代わりに電動シャッターを取り付ける方もいます。 普通の雨戸の場合、開閉のたびに窓を開けなければならず、さらに開閉時の音も大きいので台風の時ぐらいしか使わないという方も多いです。 しかし電動シャッターならほとんど音をさせることがなくボタン一つで簡単に開閉ができます。 防犯のために毎日、雨戸を閉めたいと思っていても、手間がかかるため諦めていた方でも電動シャッターなら簡単に開閉ができます。 さらに、現在ある雨戸の上から電動シャッターを取り付けることができるものもありますので、電動シャッターを閉めた後に雨戸を閉めることもできます。 既に手動シャッターを利用されている方でも電動シャッターにリフォームすることは可能です。 手動シャッターの場合も雨戸の場合同様、開閉時にいちいち窓を開けなければなりませんし、開閉時の音なども大きいものです。 既存のシャッターを電動シャッターに変えることで開閉時の手間や騒音を気にしなくてすむようになります。 ガレージに電動シャッターを取り付けるメリット ガレージに電動シャッターを取り付けるメリットは、当然ながら車を守ることになるからです。 シャッターがついていないガレージですと大切な車にいたずらをされたり、犬や猫などの動物がガレージに入ってしまって車を汚されたり、悪天候の時など、雨や飛来物によって車に傷がついたりする可能性は高いです。 そのようなリスクを避けるためにも電動シャッターを取り付けることで大切な車を守る事ができます。 また、シャッターがないガレージですと、外出のため車で出かけてしまえば、車が無いという事で留守にしているとアピールすることになってしまいます。 電動シャッターをつけて車庫の中が見えないようにしていれば、外から車の有無はわかりませんし、留守かどうかもわからないと思わせる事ができるのでプレイバシーも保護されるうえに防犯にも役立ちます。 電動シャッターを取り付ける方法 電動シャッターを取り付ける場合、窓でもガレージでも、既存の窓やガレージに後からリフォームして取り付けることができます。 電動シャッターを取り付けるとなると、かなり大がかりな工事になってしまうのではないかと心配な方もいるかと思いますが、仮に窓に電動シャッターを取り付けようとした場合、現在ある窓を壊すことなく取り付けられるタイプもあり、工事日数も一日でできるものもあります。 現在、雨戸をつかっている方でも、雨戸の上から電動シャッターを閉める形で使えるものもあります。 また、手動シャッターを使用している場合でも、後から電動シャッターに変える方法もあります。 取り付け費用の相場は 電動シャッターの取り付け価格は、本体価格の他に電動ですので配線工事も必要なため、本体価格の他に工事賃がかかります。 窓に電動シャッターをつける場合の費用の相場 窓に電動シャッターを取り付ける場合の費用の相場は約30万円です。 ただ、窓の大きさや電動シャッターの羽根の形状によっても金額は変わってきます。 窓の大きさによっても費用は変動 窓へ電動シャッターを取り付ける場合、窓の大きさによって変動します。 窓の電動シャッターの羽根の形状 窓の電動シャッターは、一般的にアルミやスチールの羽根を上下させて開閉するものです。 羽根の形状には、• 電動シャッターを全て閉めた時に窓をピッタリ覆うタイプのクローズタイプ• 羽の間に小さな穴(通気孔)を設けることで通風や採光もできるタイプのスリットタイプ• 羽根の開閉によって通風・採光の調整も可能なタイプのブラインドタイプ などがあります。 この3つのタイプの他にも、上部や下部など一部分をスリットタイプにできるものなどがあります。 ガレージに電動シャッターを取り付ける場合の費用の相場 ガレージに電動シャッターを取り付ける場合、100万円程度が費用の相場となりますが、収納形式や素材、形状によって費用は大きく変わります。 ガレージ電動シャッターの収納形式 電動シャッターの収納形式は2種類あります。 一般的なのは、シャッター上部についているシャッターボックスにシャッター板が巻き取られるタイプの「巻き上げ方式」で、費用も一番低く1台分だと100万円程度、2台用だと150万円程度が費用の相場となります。 このタイプの場合、価格は手ごろなのですがシャッターを巻き上げる時の音が大きいことがデメリットです。 シャッター板が、天井に沿って収納されるタイプのオーバースライダー方式の収納形式の場合、シャッターボックスが必要ないのですっきりした印象になります。 巻き上げ方式より開閉スピードが速く、騒音が抑えられ、板の劣化がしにくいというメリットがありますが、費用は、巻き上げ方式より高くなり、1台用で150万円程度、2台用で200万円以上が費用の相場になります。 ガレージ内に照明をつけたい場合は、さらに高額になります。 ガレージ電動シャッターの素材 シャッターの素材によっても価格は変わります。 電動シャッターの素材には4種類あり、その中で、よく見かけるタイプのシャッターは、スチール製です。 メンテナンスがほとんど必要ない腐食しにくい素材ならアルミ製とステンレス製がありますが、アルミ製の場合でスチール性のものより1. 5倍、ステンレス製のものだとスチール製の2倍以上の価格になりますので初期価格は高くなってしまいます。 この他に、最も高級感のあり、温かみがあるので好まれる方も多い木製のものもありますが、4種類の素材の中で一番メンテナンスに手間がかかります。 ガレージ電動シャッターの形状 ガレージの電動シャッターの形状として一番馴染みのある形状は、巻き上げ式で全閉鎖するスラットシャッターですが、全閉鎖ですとどうしても圧迫感を与えてしまいます。 シャッターの形状によっては、• パイプ構造になっていて隙間があるグリルシャッターや• シャッター上部がパイプ構造になっていて隙間のある上部開放シャッター• 外から光を取り入れることが可能なパネルシャッター• 風と光をシャッター内部に通す事ができるパイプシャッター など開放感を得られるような形状もあります。 また、それらを組み合わせた形の形状の電動シャッターなどもあります。 シャッターの修理・交換の場合の費用は 3. 手動シャッターから電動シャッターへの交換する方法 手動シャッターから電動シャッターに交換する場合、全ての手動シャッターに対応するわけではありませんが、従来の手動シャッターを電動化する方法があります。 この場合、取り付け費用を大幅に下げることができますが、開閉時が電動化するだけですので、最新の電動シャッターのような静音性は期待できません。 手動シャッターを電動化する場合、今ある手動シャッターにモーターをつけるだけで施工が完了するので外壁を傷つける心配がありません。 施工にかかる時間は、シャッターの大きさや状態によっても変化しますが、2時間~半日ほどで完了します。 価格の相場は、手動シャッターから電動シャッターに総入れ替えの場合のおよそ3分の1ほどの価格で取り付けることができます。 費用を抑えるという面だけで考えれば、従来の手動シャッターを電動化するのはいいかもしれません。 ただ、手動式シャッターの場合、軽量シャッターとなりますので防犯効果も低なりますし、静音性についても総入れ替えした電動シャッターのようなわけにはいきませんので、せっかく電動シャッターにしたというのにその良さがほとんど感じることがないかもしれません。 価格こそ少々高くなりますが、電動シャッターを購入しようと思われたのなら使い勝手の悪いものを購入するより、新規で電動シャッターを取り付けることをおすすめします。 電動シャッターの耐久年数 便利な電動シャッターでも故障のリスクは必ずあります。 定期的なメンテナンスをしていても電動シャッターの耐久年数は、最新商品でも10年~15年程度です。 耐用年数を超えて利用すると思わぬ事故につながる恐れがあります。 電動シャッターには、人や車が挟まった場合に自動で停止する機能がついていますが、耐用年数を超えると劣化のためにセンサーが作動しなくなって電動シャッターに挟まれてしまうといった事故が起こることもあります。 扱いを間違えると関わる思わぬ大きな事故につながることがありますので、プロの方に定期的に点検やメンテナンスをしてもらいましょう。 さらに電動シャッターを開閉する際に何か不具合を感じたら、すぐに電動シャッターの設置・修理のプロの方に連絡をして点検をしてもらい場合によっては、修理や買い替えをするなどの対策をしましょう。 電動シャッターの修理 電動シャッターを修理する場合の金額の相場は、出張費や人件費のといった基本料金の他に交換する部品の料金がかかります。 そのため相場が広くなってしまいますが、おおよそ部品交換の場合で15,000円~40,000円が相場と言われています。 さらに、部品の交換だけで直りそうにない場合は、シャッターの交換が必要になることもありますが、その場合は、65,000円~350,000円が相場となります。 きちんとメンテナンスをしていても、気が付かない部分に何か不具合が起きていることもありますので、耐久年数を超えていなくても定期的に業者に依頼して点検や修理を検討するようにしましょう。 不具合がある場合、全部取り替えなくても部分修理や部分取り換えで改善できることもあります。 さらに電動シャッターを導入するにあたって気をつけたいのが停電時の対応です。 停電時に内側から手動で開ける事ができるようになっているものもありますが、完全に動かなくなってしまうものもあります。 電動シャッターを購入する時は、多少値段が高くても停電時に手動で動かす事ができるものを選ぶようにしましょう。 見積もりは複数社に依頼しよう 電動シャッターは、種類がたくさんありますので、どの電動シャッターが自分の家に合っているのかを決めるのは大変です。 金額が手ごろだというだけで選んでしまうと後悔することになるかもしれません。 しかし、だからと言って価格が高ければいいのかというとそういうわけでもなく、電動シャッターは、窓に取り付けるにしてもガレージに取り付けるにしてもデザインによって家のイメージを大きく変えますので、値段や性能だけで判断するのは難しいかと思います。 さらに場合によっては取り付けが困難な場合もありますし、配線工事も必要です。 電動シャッターの取り付けの価格は、取り付ける電動シャッターの素材、形状、大きさなどでも変わってきますし、既存シャッターの有無でも変わります。 既存シャッターがある場合なら、その既存シャッターを撤去するかどうかでも価格は、変わってきます。 後悔しない電動シャッターを選ぶために電動シャッターは、プロの業者に相談してから購入しましょう。 施工実績が豊富なプロの業者に頼むことで、どんなシャッターがいいのか、自分の希望にあった現在の家にぴったりの電動シャッターを調べてもらうことができます。 取り付け金額は、施工業者によって大きく違いがあります。 ですから見積もりは1社だけではなく、複数社に依頼して比べるようにしましょう。 工事費込みで見積もれば安くなる場合もあります。 でも実際、どこの業者に見積もりを依頼したらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。 そのような方は、先ずは気軽にリフォームの一括見積ができるをご利用ください。 電動シャッターはリフォーム会社で施工してもらおう 電動シャッターは、種類が多いのでなかなか素人では判断がしにくいものです。 希望の電動シャッターがあったとしても、既存の窓やシャッターに使えるものかどうかはプロではなないとわかりません。 もしかすると、自分が思っていたよりもいい電動シャッターがあるかもしれません。 電動シャツターの後付けをするなら、リフォーム会社に依頼して相談し施工してもらいましょう。 リフォームの一括見積もりができるナコウドで 電動シャッターの取り付けリフォームは、気軽にリフォームの一括見積もりができるをぜひご利用ください。

次の

シャッターを取り付けたいけど幅が足りない…!そんな悩みを解決!

雨戸 後付け

雨戸は後付けが可能!災害対策や防犯にも! 「雨戸のない場所の窓が台風で割れないか心配……」そんな悩みをお抱えの方にぜひ知っておいていただきたいのが、 雨戸は後付けが可能ということです。 もともと雨戸のなかった場所にも、簡単な工事で雨戸を取り付けることができます。 災害対策のほかにも、雨戸の後付けにはさまざまなメリットがあります。 まずは雨戸の有用性を再確認するために、雨戸を後付けするメリットを以下にまとめておきました。 雨戸を後付けするメリット 窓ガラスの保護 災害対策 雨戸を取り付ける最大の目的といえるのは、やはり 割れやすい窓ガラスを保護することでしょう。 頑丈な金属製のシャッターでガラスを覆うことによって、物理的な衝撃から窓を守ることができます。 たとえば毎年多くの地域に被害をもたらす台風が到来すると、強風によってさまざまなものが飛んできます。 小枝や小石はもちろん、風の強さ次第では 看板や屋根瓦まで飛ばされてくるのです。 飛来物の直撃だけでなく、 「風そのもの」も窓ガラスを破壊する凶器となります。 強烈な風圧によって窓が押し破られる被害のほか、室内と屋外の急激な気圧の変化によって 部屋の中の空気が膨張し、窓を破裂させてしまうこともあるのです。 また、雨戸は 窓が割れてしまったあとにも役立ちます。 台風以外にも地震など窓が破損するトラブルは複数ありますが、ガラスが割れても金属製の雨戸は無事なことが多いため、ガラスを修理するまで窓をふさいでおくのに便利です。 断熱性の向上 冬場にどれだけ暖房を炊いていても、窓の周りが寒いという経験はありませんか?ガラスは熱伝導率が非常に高いため、部屋の熱は窓からどんどん逃げていってしまうのです。 雨戸を閉めておけば、ガラスと外気とが直接触れ合わず、 熱の流出を抑えることができます。 冬の夜間など、寒さの厳しい時間帯は雨戸を閉めておくことで、暖房で暖めた室温を長く維持することができるでしょう。 断熱性の向上は省エネ、ひいては光熱費の削減につながります。 これは冬場に限らず、夏の冷房においても同様です。 雨戸を閉めてから冷房をかければ、冷気が逃げにくく効率よく部屋を冷やすことができますよ。 夏の雨戸は日よけにもなるのでおすすめです。 ガラス破りの抑止 防犯 空き巣の侵入手口として代表的な「ガラス破り」とは、窓のガラスに穴を開けて内鍵を解除することです。 堅牢な雨戸は、空き巣によるガラスの破壊工作から防御するうえでも非常に心強い存在となることでしょう。 さらに、雨戸の中には外からでも開閉できるものがありますが、その際ガラガラと 比較的大きな音が出ます。 夜間はもちろん、昼間住人が不在の際も、静かにことを運びたい空き巣は音を出すことを嫌うので、ガラス破りを抑止する効果が見込めるのです。 火災の延焼防止 雨戸は簡易的な防火戸としての役割ももっています。 熱に弱いガラスの代わりに金属製の雨戸が火災の延焼を防ぎ、家の中のものを炎から守ってくれたり、逆に家の中で起こった火災が燃え広がるのを押しとどめてくれるのです。 主な雨戸の種類 現在主流となっている雨戸には、形状によっていくつかの種類があります。 雨戸の種類を知って、お住まいにピッタリのものを選んでみましょう。 ・引き戸タイプ 昔からある雨戸です。 横にスライドすれば、開閉できます。 戸袋 雨戸収納する場所 を多く取ることから、最近はあまり見なくなりました。 しかし、形的にはレトロなものが多いので古民家風の家や和風な家に、人気なようです。 ・折り戸タイプ 見た目が洋風なことが特徴です。 洋風な外観の家には取り入れやすい雨戸となっています。 収納スペースもあまりいらないため設置する家も多いようです。 ・引き違い戸タイプ 見た目は引き戸に似ていますが、戸袋のないタイプの雨戸です。 つまり窓のレール上に常に戸板が乗っていて、通常の窓と同じように雨戸を開けると2枚の戸板が重なった状態になる雨戸のことをいいます。 戸袋を作らなくてよいため省スペースになる反面、窓の左右のうちどちらかは常に雨戸でふさがれている状態になるため、光の射し込む量が半分になってしまうというデメリットもあります。 ・シャッタータイプ 雨戸の種類の中でも頑丈さに定評があります。 最近の家庭では、このシャッタータイプの雨戸を取り付けているところが多いようです。 メリットは、収納スペースが少なくていいことです。 上下に開閉をおこないますが、重くない素材で作られていることが多いため、力を使わなくて済みます。 また、電動タイプもあります。 雨戸を取り付ける際には、自分の家の見た目を気にするかたもいると思います。 それぞれの雨戸の特徴を知ることで、選択の視野が広がります。 後付けなら「エコ引き違い雨戸」がオススメ! 雨戸を後付けするなら、引き違いタイプの亜種である 「エコ引き違い雨戸」がおすすめです。 エコ引き違い雨戸とは戸板がブラインドのような形状になっていて、羽根の部分 ルーバー を自由に開閉することのできるタイプの雨戸のことをいいます。 エコ引き違い雨戸の利点は、雨戸を閉めた状態でも、 ルーバーを開ければ風や光を通せることです。 それでいて、引き違いタイプのメリットである 戸袋不要という点も生きているため、省スペースでありながら採光や採風を支障なくおこなえる良いとこ取りの雨戸だといえるでしょう。 もちろんルーバーを閉じれば通常の雨戸と同様に強風や日差しから窓を保護してくれるため、雨戸本来のメリットを十分に発揮してくれます。 戸袋が要らないので雨戸本体を窓枠に取り付けるだけでよく、工事にかかる費用や時間が抑えられるのもうれしいところです。 これからお住まいに雨戸を後付けしてみたいとお考えの場合は、ぜひエコ引き違い雨戸の採用を検討してみてください。 雨戸の後付けはDIY可能!万全を期するなら業者に頼むのもアリ? 台風に備えて、雨戸の取り付けを自分でしたいと思うかたもいるのではないでしょうか。 雨戸はホームセンターや建材店などで市販されているので、 DIYで取り付け工事をおこなうことも可能です。 自分で雨戸を取り付ける場合は、窓枠の大きさや外壁の材質など、取り付けにかかわる情報をしっかりと集めてから雨戸を購入するようにしましょう。 雨戸の枠自体を壁に取り付ける方式が一般的なため、コーキングによる防水処理も忘れてはいけません。 ただ、雨戸の取り付けには大変な時間と多くの作業が伴います。 雨戸を取り付ける場合は、不安定な場所で作業をしなければならないことがあります。 そのため、体勢を崩してけがをしてしまうかもしれません。 安全かつ、確実に雨戸の取り付けをおこないたい場合は、 プロの業者へ依頼することがおすすめです。 業者に依頼することで、より早く丁寧に雨戸を取り付けることができます。 雨戸の取り付けは、種類によって相場が変わってきますが、5万円前後が相場だとされています。 シャッタータイプは他のタイプの雨戸より費用が高い傾向にあり、8~15万円が一般的な相場です。 雨戸の取り付け工事はさまざまな要因で費用が変動しやすいため、必ず事前に見積もりを取っておきましょう。 現地での見積もり調査を無料でおこなってくれる業者であれば、相場との比較をしやすいのでおすすめです。 まとめ 雨戸の役割は、台風などの強い風や雨から家を守ることです。 雨戸は、ゴミが窓ガラスに当たって割れるのを防いでくれます。 雨戸にはさまざまな種類があります。 主な種類は「引き戸タイプ」「折り戸タイプ」「シャッタータイプ」などです。 家の外観に合わせて選択すると、よりいいかもしれません。 雨戸の後付けおこなう場合は、「エコ引き違い雨戸」がおすすめです。 外の風や光が取り入れやすいことがメリットです。 しかし、雨戸の取り付けには多くの時間と大変な作業がともないます。 確実に、できるだけ早く雨戸を取り付けたい場合は、プロの業者に依頼をすることをおすすめします。 雨戸修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年10月17日に加筆・修正しています).

次の

窓後付けシャッターが激安価格|通販ならリフォームおたすけDIY

雨戸 後付け

後付けのシャッターをつけられるかを簡単に判断する方法 「幅が足りないから取り付けられません」と言われてもピンときませんよね… 後付けでシャッターを取り付ける場合、窓の周りを添うようにシャッターの枠が付くので単純に窓の周りに何か障害となるものがあるとシャッターの取り付けが難しくなります。 よくあるのが… ・エアコンのダクトが窓のすぐ横を通っている。 ・窓の横が壁 ・窓のすぐ横に換気口がある などです。 そして、最も多く今回の悩みでもある、窓の上部(窓から軒までの幅)の幅が狭いケースがあります。 窓のシャッターを取り付ける場合には、普段シャッターを収納しておく、シャッターボックスというものが付きますが、そのシャッターボックスを取り付ける幅が窓の上に必要となります。 窓の周りに何もなければ、問題なく取り付けできますので、まずは窓の周りを見る事が判断の1つとなります。 LIXILのリフォームシャッター。 省スペース収まりタイプ 今回は、軒下から窓の上までの幅が狭いため、通常のシャッターボックスでは取り付けができません。 (シャッターボックスが入らない) そこで、幅が狭い場所でも取り付けが可能となる、を使用しました。 この商品は、窓から軒下まで8センチほどあれば取り付け可能となります。 なぜ省スペース収まりタイプを使うと取り付けできるのか? 考え方は単純で簡単にいうと、シャッターを前に出して窓より下に下げてあげる事によりシャッターボックスを取り付ける幅を確保します。 施工場所:西東京市 写真の窓の周りについているのが、シャッターを前に出す(ふかす)角材になります。 角材の中についている板のようなものが、シャッターボックスを取り付けるスペースになります。 上の写真が、ふかした角材にシャッターの枠を取り付けた様子になります。 そして、シャッター取り付け完了時の写真です。 2カ所並んで取り付けさせていただきました。 省スペース収まりタイプのシャッターのメリットデメリット メリット メリットは、取り付けができないと思っていたところにシャッターを設置できる事が大きな1つです。 シャッターを取り付けることで、防犯性能が上がり安心して過ごす事ができます。 台風の時なども、不安なく過ごせることもシャッターを取り付けられたことで得られます。 デメリット 省スペース収まりタイプの最も敬遠されがちなデメリットが、シャッターボックス部分が下がる事で、窓の開口が小さくなる点です。 中からの見た目も、常に少しシャッターが下がったように見えます。 掃き出し窓の場合は、背が高い方には少し出にくくなるといった点もあります。 また、枠をふかすため、ベランダがある場合は少し狭くなります。 以上のデメリットがありますが、デメリットよりメリットが勝っている場合には、大いに取り付ける価値のある商品です。 取付できるかできないかの詳しい寸法は、一度ご相談ください。 「ぜひ取り付けてください」「絶対つけた方がいいですよ」などの売り込みのお話は致しませんのでお気軽にご連絡ください。 フリーダイヤル:0120-949-817.

次の