西村菜那子。 NGT西村菜那子が「おうち時間」生かし薬膳資格

西村菜那子、NGT48 5thシングル「シャーベットピンク」個別特典会 完売状況まとめ

西村菜那子

識者顔負けの豊富な知識を持ち、12月30日に行なわれる「富士山女子駅伝」の番組公式応援アイドルに就任。 もちろん箱根駅伝にも精通しており、昨年末には「3代目・山の神」こと神野大地(元青山学院大学)と対談するなど、駅伝界でその博識ぶりが認知されている。 出雲駅伝や全日本大学駅伝のレースだけでなく、各大学の記録会などにも自ら足を運んで情報を収集してきた。 そこから導き出されたトップ3の顔ぶれはまったくの予想外だった。 「多くの方が『青学大、東洋大、東海大の争い』と予想すると思うので、私はあえて方向性を変えてみようと思います。 今回のトップ3は法政大、帝京大、青学大の順でいきます。 こんな予想をする人は、なかなかいないんじゃないでしょうか(笑)。 法政大は選手層が厚くなってきていますし、何よりも5区に前回区間賞の青木涼真選手(3年)がいるのが大きいですね。 青木選手は関東インカレ3000m障害を連覇するなど、昨年よりも力をつけています。 1万m28分台の坂東悠汰選手(4年)や佐藤敏也選手(3年)も強いので、3区終了時で4位以内であれば、5区の青木選手でトップを奪えるんじゃないかと予想しています。 そのまま復路も法政大が1位でゴールして、周囲を驚かせてほしいな、という願望もちょっとあります(笑)」 青木は法政大初の理系学部所属の箱根駅伝ランナーで、前回は5区で1時間11分44秒の区間新記録を樹立。 今回は「1時間10分」という目標を掲げており、次なる「山の神」にもっとも近い選手だ。 「青学大には、同じく2年連続で5区を担いそうな竹石尚人選手(3年)がいます。 今年、青木選手が法政大のエースになったので別の区間で起用されることも考えられますが、直接対決になったら楽しみですね」 前回、法政大の2区を務めた坂東は、5000mでチーム最速タイムの13分47秒26を持つスピードランナー。 2年連続で6区を好走(ともに区間3位)している佐藤は30kmで学生歴代5位の1時間30分02秒の記録を持っており、今回は往路に入る可能性が高い。 坂東、佐藤、青木の3人を軸に往路では大活躍の予感が漂っている。 しかも、78回の出場を誇る法政大だが、総合優勝は一度もない。 菜那子さんの予想が的中したら大騒ぎになりそうだ。

次の

NGT48 Official Site

西村菜那子

目指すは日本のアンジェリーナ・ジョリー!? 社会を変えるために、いかに効果的な戦略を選択していくか。 それを考えると、アイドルだからこそとれる方法もある。 山口 前に、海外ボランティア留学をしてみたいと思って調べたことがあるんです。 カンボジアとかを考えていたんですが、かなり費用がかかるし、留学している間にお金を稼げるわけでもないから、けっこうな額を貯めてからいかないといけなくて。 土井 そうですね。 山口 生活もあるので、やりたい気持があっても、追いつかない。 そういうところは、社会貢献活動をやっている人はどうしているんだろうと思っていました。 土井 なるほど。 それは多くの人が感じていることです。 私の場合は、普段は「普通の」弁護士の仕事をやりながら、時間を作って難民の弁護をやったりしていたんです。 だから、お二人もアイドルというお仕事があって一応の生活はなんとかなるという前提のもと、仕事以外の時間を社会貢献に使うという手もあります。 でも、アイドルの仕事の一環としてでも社会貢献ができますよね。 被災地でのイベントなどは、本当に素晴らしいことだと思います。 西村 私は、実現は難しいことかもしれないんですけれど、やってみたいことがあります。 子供たちにアイドルの衣装を着せたり、メイクをしてあげたりする機会を作れないかなと思っているんです。 小さい女の子はアイドルという職業や、かわいい髪型や衣装に憧れますよね。 いろいろな事情で、それが難しい環境にある子たちに体験させてあげたいなって。 土井 とてもいいと思いますよ。 それは、たとえば私たちがやってもあまり意味がない。 アイドルがお手伝いをするからこそ、「本物」になるわけですよね。 苦しい立場に置かれている子供たちはたくさんいます。 世界には、戦争で難民になっている子もいるし、平和な日本にもいろんな子がいます。 西村 施設に入っている子とか。 土井 そうですね。 親がいない子や、親と暮らせない子、難しい病や怪我と戦っている子などもたくさんいます。 そういう子に夢を叶えてあげる機会を作ってあげたら、生きる糧となる素敵な思い出になるかもしれません。 西村 私の家では親の方針で、長期休みになると、施設にいる子を3人くらい毎年あずかっていました。 土井 季節的な里親をやっていたのですね。 素晴らしいご両親です。 西村 それで、長期休みの間だけでも家庭での生活をして、本当に喜んでくれて、施設に帰るお別れの時にはすごく泣いてしまったり……そういう経験があるので。 土井 なるほどね。 西村さんにひとつお願いしていいですか。 いつか日本のアンジェリーナ・ジョリーになってください。 西村 えっ、どういうことでしょうか(笑)。 土井 実は、ヒューマン・ライツ・ウォッチがやっている主要な活動の一つが、実の親と暮らせていない子どもたちのほとんどが施設に入所していますが、その子どもたちも、かわりの家族と暮らせる社会にしようという活動なんです。 家族と暮らせるということは、学校に行けることと同じように子どもにとって当たり前の権利で、「子どもの権利条約」でも約束されていることです。 アメリカでは、アンジェリーナ・ジョリーのような有名人も含めて、里親や養親になることをよしとする風潮があります。 日本では「そういう子は施設にいて当たり前」という市民意識なんですよね。 それが反映して国の政策も遅れているわけです。 「アメリカにはアンジェリーナ・ジョリーがいて、いいな」と思います。 今ははまだ若いですし、アイドルなので無理だと思いますが(笑)、いつか時期が来て「そういうのもありかな」って思えるようだったら、恵まれない子どもを里親として育てる、という選択肢をぜひ考えてみて、そのような生き方を世間に示してほしいです。 もし自分では難しいとしても、そうしたメッセージを広げる活動を、お願いしたいです。 西村 はい、考えてみます。 山口 私がアイドルになった理由の一つは、音楽は世界共通で、言葉の壁はあっても音楽なら共有できるからです。 アイドルとして歌やダンスの技術を磨いて、それで少しでもみんなの心をつなげたらいいなと思うんです。 土井 私がボランティアで行っていたエリトリアは、アフリカでも最貧国でした。 でも、そういう場所にも音楽は必ずあります。 たとえお金がなくても、歌えばいいし、踊ればいいものですから。 音楽で人の気持ちは変わると思います。 それは私たち一般人には難しいこと。 山口さんの考えはすばらしいと思います。 土井香苗 (どい・かなえ) ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表 1975年、神奈川県生まれ。 東京大学法学部卒。 96年に司法試験に合格後、大学4年生の時、アフリカで一番新しい独立国・エリトリアに赴き、1年間、エリトリア法務省で法律作りのお手伝いのボランティア。 その後、98年大学卒業、2000年司法研修所終了。 00年から16年3月まで弁護士(日本)。 普段の業務の傍ら、日本にいる難民の法的支援や難民認定法の改正のロビーイングやキャンペーンにかかわる。 06年米国ニューヨーク大学ロースクール修士課程終了(国際法)。 07年以来、米国ニューヨーク州弁護士。 06年から、国際NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチのューヨーク本部のフェロー。 07年から日本駐在員。 08年9月から日本代表。

次の

「NGT48西村菜那子の駅伝コラムが批判殺到でヤフーニュース掲載中止」の真相は? NGT事件のとばっちりに同情の声

西村菜那子

識者顔負けの豊富な知識を持ち、12月30日に行なわれる「富士山女子駅伝」の番組公式応援アイドルに就任。 もちろん箱根駅伝にも精通しており、昨年末には「3代目・山の神」こと神野大地(元青山学院大学)と対談するなど、駅伝界でその博識ぶりが認知されている。 出雲駅伝や全日本大学駅伝のレースだけでなく、各大学の記録会などにも自ら足を運んで情報を収集してきた。 そこから導き出されたトップ3の顔ぶれはまったくの予想外だった。 「多くの方が『青学大、東洋大、東海大の争い』と予想すると思うので、私はあえて方向性を変えてみようと思います。 今回のトップ3は法政大、帝京大、青学大の順でいきます。 こんな予想をする人は、なかなかいないんじゃないでしょうか(笑)。 法政大は選手層が厚くなってきていますし、何よりも5区に前回区間賞の青木涼真選手(3年)がいるのが大きいですね。 青木選手は関東インカレ3000m障害を連覇するなど、昨年よりも力をつけています。 1万m28分台の坂東悠汰選手(4年)や佐藤敏也選手(3年)も強いので、3区終了時で4位以内であれば、5区の青木選手でトップを奪えるんじゃないかと予想しています。 そのまま復路も法政大が1位でゴールして、周囲を驚かせてほしいな、という願望もちょっとあります(笑)」 青木は法政大初の理系学部所属の箱根駅伝ランナーで、前回は5区で1時間11分44秒の区間新記録を樹立。 今回は「1時間10分」という目標を掲げており、次なる「山の神」にもっとも近い選手だ。 「青学大には、同じく2年連続で5区を担いそうな竹石尚人選手(3年)がいます。 今年、青木選手が法政大のエースになったので別の区間で起用されることも考えられますが、直接対決になったら楽しみですね」 前回、法政大の2区を務めた坂東は、5000mでチーム最速タイムの13分47秒26を持つスピードランナー。 2年連続で6区を好走(ともに区間3位)している佐藤は30kmで学生歴代5位の1時間30分02秒の記録を持っており、今回は往路に入る可能性が高い。 坂東、佐藤、青木の3人を軸に往路では大活躍の予感が漂っている。 しかも、78回の出場を誇る法政大だが、総合優勝は一度もない。 菜那子さんの予想が的中したら大騒ぎになりそうだ。

次の