太陽 光 発電。 【太陽光発電のデメリットまとめ】メリットの裏にある部分を徹底調査

太陽光発電ならあんしん太陽光発電エコの輪

太陽 光 発電

1.太陽光発電モジュールとは? そもそもモジュールとは、どのようなものなのでしょうか。 モジュールの基本の役割や構造、そして太陽光パネルとの違いを、1つずつ詳しく見ていきましょう。 (1)太陽光発電モジュールは太陽光発電システムの動力源 モジュールは、受光した太陽光の光エネルギーを電気エネルギーへ変換できる、太陽光発電システムを構成する1つの部材です。 太陽光発電システムにおいては、いわば動力源としての役割を担っています。 モジュールはパネル状になっていますが、1枚だけでは発電量が小さいため、必要な枚数だけ設置して発電量を稼ぎます。 このとき、モジュールは1枚単位で発電するので、家の中で利用したり電力会社へ売電したりするためには、電力をひとまとめにしなければなりません。 また、モジュールで発電した電力は、そのまま住宅の家電製品で利用したり売電したりできない直流電流です。 このような利用や売電における条件をクリアするためには、モジュールだけではなく、太陽光発電システムとして機能させる構成部材の存在が欠かせません。 たとえば、発電した電気をまとめる接続箱や、交流電流へ変換するパワーコンディショナが挙げられます。 モジュールは、このような電気機器と組み合わせて利用することで、初めて自家消費や売電が可能となります。 (2)太陽光発電モジュールと太陽電池セルの関係 モジュールについて調べていると、「太陽電池セル」という言葉を目にすることがあります。 太陽光発電メーカーのカタログや仕様書を見ていても、モジュールとセルで性能を分けて表記している場合も見受けられます。 この2つの名称は、どのように使い分けられているのでしょうか。 その答えは、構成単位の違いにあります。 つまりセルは、太陽光発電システムにおける最小の構成単位ということになります。 セルの発電量は1枚あたり数W程度で、発電した電気はグリッド線やバスバー電極を通じて流れていきます。 1枚のモジュールで、50〜70セル程度で構成されていることが多いです。 モジュールの構成部材は、セル以外にも表面のガラスや金属フレームなどさまざまです。 モジュール内では、セル同士をつなぐバスバー電極がひとつなぎになっています。 そのためセルから流れてくる電流は、1枚のモジュールの発電量として抽出できるのです。 そして、モジュールも次のモジュールと直列接続されています。 このモジュール接続した構成単位を、「ストリング」と呼びます。 アレイに設置されるモジュール枚数によりますが、基本的には1つのアレイに複数のストリングが存在することになります。 このストリングをパワーコンディショナや接続箱に接続することで、電力をまとめていくのです。 (3)太陽光発電モジュールの構造と各部位の役割 モジュールの構造や、その各部位の役割について解説していきます。 モジュールを分解すると、以下の図のような部材が層状に重なり合っているのがわかります。 それぞれの部材が担う役割を説明していきます。 モジュールは、フレームでの固定と接着剤によって、最終的に1枚のパネルとして成り立っています。 フレームの材料は、基本的にアルミやステンレスといった金属材料です。 構造設計においては、モジュールの表面に雨水が溜まらないように、そしてモジュール背面に雨水が漏れ出ないよう、雨水対策が施されています。 そのほか、モジュール間のケーブル接続やアース線の取り付けポイントなど、さまざまな工夫が取り入れられています。 強化ガラスが用いられている理由は、落下物や飛来物があったとしても、簡単にヒビが入ったり割れたりしないためです。 ガラス表面には、撥水性もしくは親水性のコーティングがされており、汚れがつかないように、そして雨水が流れ落ちやすいようになっています。 封止シートは、セルをサンドイッチして封をする形で使われます。 原材料としてはエチレンビニルアセテート(EVA)が利用されていることがほとんどです。 太陽光をセルに到達させるための透明性、そして発電時の発熱に耐えられるような耐熱性能が求められます。 モジュール内部への湿気や粉塵などの侵入から守り、セルの劣化を防いでくれているのです。 主なバックシートの役割は、モジュールの裏面を保護することです。 バックシートは屋外環境に直接さらされることになるので、耐候性や耐湿性などさまざまな条件が求められます。 材料としては、高分子フィルムを他積層したものが用いられています。 さらに副次的な要素として、太陽光を反射してセルへ入射する太陽の光量を増やすといった効果もあります。 そのため、近年ではバックシートには光を反射しやすい白いものが使われることが多くなりました。 また、ジャンクボックスの役割は出力だけではありません。 モジュール同士を直列接続するためにある、ケーブルのコネクタ差込口でもあります。 つまり、モジュールで発電した電気は隣のジャンクションボックスへ流れ、そのモジュールを経由してまた次のパネルへと流れていくのです。 ジャンクボックスは、モジュールの背面に配置されています。 バックシート同様に耐候性や耐湿性などが求められるほか、ケーブルの接続不良や不具合によって熱が溜まりやすい部分になるので、高い耐熱性や難燃性が求められます。 (4)太陽光パネルと太陽光発電モジュールは違う? モジュールに似た表現として、太陽光パネルやソーラーパネル、太陽電池モジュールなどの名称があります。 実のところ、これらはすべて同じものを指しています。 名称が違うだけで、その意味合いは全く同じものです。 太陽光発電の市場浸透とともに、当初はソーラーパネルと呼ばれていたものが、太陽光パネルや太陽光発電モジュールと呼び方が変化していきました。 特に、ソーラーパネルは太陽熱温水器など太陽熱システムと混同することがあり、メーカーなど関係者からは使用が避けられる傾向にあります。 メーカーや業者によって呼び方が異なりますが、会話の意味を取り違えることのないようにしておきましょう。 2.太陽光発電モジュールの基本知識と選び方 では、実際にモジュールのメーカーや機種を選んでいく中で、どのような基準で比較検討を進めればよいのでしょうか。 ここでは、モジュールの種類や性能など、比較検討を行ううえで基本知識として最低限知っておきたいことを解説します。 各メーカー・機種によって異なるポイントを把握して、モジュールの選び方を理解していきましょう。 3.太陽光発電モジュールの種類 モジュールは、使用されるセルの材料によって種類が分かれます。 現在モジュールとして主に使われている材料は、シリコン系と化合物系の大きく2つです。 さらに太陽光発電システムとして利用されるのは細かく5つあります。 それぞれの材料の特徴をまとめると、以下の表のようになります。 セル材料 特徴 変換効率 シリコン系 単結晶 シリコン 純度の高いシリコンを原材料としたセル。 精錬や生産に手間がかかり、製造コストが高い一方で、純度が高い分だけ変換効率は高い。 主に、小さい面積でも発電量を稼ぎたい住宅用太陽光発電製品としてラインナップされることが多い。 単結晶シリコンと比べると純度が低いため変換効率も劣るが、製造コストが安く済むため安価。 主に、コストを重視する産業用太陽光発電に利用される。 層状に重ね合わせると、それぞれ異なる波長域の太陽光を吸収できるため、変換効率を高められる。 生産効率が良いため、低コストで製造が可能。 また、熱や影に強いという特性を持っており、シリコン系に比べると変換効率は低い傾向にあるものの、実発電量は多くなるという特徴がある。 特性としては、CISとほぼ似たものを有しており、欧米を中心に普及している。 CIGSセルの中には、有害物質であるカドミウムを使用しているものがあるが、そのようなセルは日本での使用が禁止されている。 まだ商用化には至っていないものの、実証実験では上記表よりも高い変換効率を叩き出しているメーカーもあり、今後も変換効率は少しずつ上っていきそうです。 また、このほかにも現在研究開発段階のものとして、有機系の有機薄膜や色素増感、量子ドット太陽電池と行った素材もあります。 いずれも低コストや高性能、形状面で優れた特徴を有しており、実用化が期待されています。 4.太陽光発電モジュールの性能 モジュールの性能として、注目すべき指標は大きく次の3つがあります。 モジュール性能の指標となるもの 変換効率 出力 価格 それぞれの指標の意味と、比較する基準について確認していきましょう。 (1)変換効率 モジュールが受光した太陽光のエネルギー量に対して、何%を電気エネルギーへ変換できるかの割合を示した指標です。 もちろん、変換効率が高いモジュールほど性能がよく、発電量が増えるため売電収入も増加します。 メーカーのカタログや仕様書を見ると、モジュールの変換効率には「セル変換効率」と「モジュール変換効率」の2つの指標があることがわかります。 セル変換効率はセル単体での変換効率、モジュール変換効率はモジュール1枚あたりの変換効率です。 モジュールはセルの集合体なので、変換効率が変わらないように思いますが、実際にはモジュール変換効率のほうが低い数値なっています。 これは、セルで発電した電力がグリッド線やバスバー電極を伝達している間に、電力のロスが発生するためです。 そのため、各メーカーで比較検討をする場合は、モジュール変換効率を基準としましょう。 また、カタログに掲載されている変換効率の値は、あくまでもある環境条件下における理論値に過ぎません。 実際には、気温や湿気などさまざまな外的要素で変換効率は変わります。 ただ、このモジュール変換効率は発電量に影響しますが、本質的に比較する際には次に解説する出力で比較するほうが良いです。 (2)出力 一定の条件下で太陽の光がモジュールへ照射されたときに発電する、電力量のことをいいます。 出力は、メーカーのカタログや仕様書では「公称最大出力」と表記されていることが多いです。 公称最大出力とは、AM1. もちろんこれは理論値であり、周辺環境や気象条件によっても出力は変わります。 変換効率は、あくまで単位面積あたりの数値です。 つまり、モジュール1㎡の出力に他なりません。 そのため、モジュール1枚分の面積がそれぞれ違えば、1枚分の性能としては変換効率で単純比較ができなくなります。 (3)価格 モジュールの性能という観点からは少しずれますが、価格もカタログに記載されている指標の1つです。 とはいっても、太陽光発電においてカタログに記載されている定価は全く当てにならないため、絶対に参考にしないでください。 理由は、大きく2つあります。 販売店の購入量やメーカーとの関係性によってメーカーからの仕入れ値が異なりますし、経由する仲介業者の数も変わるためです。 太陽光発電業界では、太陽光発電モジュールで大幅に値引きをして、システム全体で儲けが出るように価格を調整するのがほとんどです。 そのため、設備や工事代などを含めた、全体の費用を考慮して比較をする必要があるのです。 販売店は、太陽光発電のシステム全体で売れる価格、取れる利益がいくらになるかが重要になるため、相見積りを取得して全体の費用をもって比較検討をしましょう。 5.太陽光発電モジュールの保証 モジュールには、出力保証と製品保証の2つの保証がついています。 (1)出力保証 モジュールを一定期間利用した後の出力を、何%まで保証するのかというものです。 保証年数や保証%の数値、期間中の保証%の推移などは各メーカーによって異なります。 仮に保証条件に該当する物が出てきた場合、そのモジュールを無償交換してくれます。 (2)製品保証 メーカーによって定められている設置基準や使用環境を遵守していたにもかかわらず、製品不具合が起きた際に無償対応してくれる保証です。 こちらは、多くのメーカーで10年間に設定されることが一般的になっています。 太陽光パネルは非常に高額な買い物になり、運用期間も長期間です。 安定運用という目線で、保証にも気を配っておきましょう。 (3)太陽光発電モジュールの選び方 主要メーカーのモジュール性能を比較すると、以下の表のようにまとめられます。 メーカー 型式 公称最大出力 モジュール 変換効率 国 内 パナソニック VBHN325SJ53 325W 19. 20 II 340W 19. 表からわかるように、変換効率はそこまで大きな差はありません。 一方で出力に関しては、海外メーカーの方が1枚の面積が大きいモジュールをラインナップしており、その分だけ出力が高くなっています。 実際に見積もりを取得して、設置できる総出力と価格のバランスで検討をすすめるのが良いでしょう。 このような性能情報に加えて、販売店から提示される発電量シミュレーションの情報も考慮に入れて比較するべきです。 ただ、発電量シミュレーションもメーカーごとに算出条件が異なるため、あくまで参考程度に捉えておきましょう。 6.太陽光発電モジュールの7つの注意点 モジュールを選んで、実際に太陽光発電システムの稼働を始めた後に注意点があります。 そのポイントは、大きく次の7つです。 太陽光発電モジュールの7つの注意点 モジュール表面の汚れ モジュール表面のガラス割れ ホットスポット 自然災害での破損 盗難 モジュール内部の経年劣化 廃棄 安定した売電収入を得るためにも、発生原因とその影響度合い、そして対策を把握しておきましょう。 (1)太陽光発電モジュール表面の汚れ モジュールのガラス表面には、コーティング処理が施されているため、基本的にはガラス表面に汚れが付着しても雨で流れ落ちる設計になっています。 ただし長期間利用していくうち、どうしても水垢や微細なゴミ、砂などが残り、ガラス面の汚れが目立ってくるのです。 自分で水洗い等をして汚れを落とそうと考える気持ちもわかりますが、せっかくのコーティング剤が剥げてしまうこともあります。 気になる方は、必ず専門業者に依頼しましょう。 (2)落下物による太陽光発電モジュール表面のガラス割れ モジュールは、鳥の糞や雹などの落下物でガラス面が割れてしまうことがあります。 表面が強化ガラスになっているとはいえ、落下物の大きさやスピードによって割れてしまった事例はいくつもあります。 ガラスが割れてしまうと、太陽の光を上手く受光できず発電量が低下してしまいます。 定期的な点検を行って、ガラス割れがないか目視で確認しましょう。 (3)ホットスポット ホットスポットは、モジュールの一部分が局所的に発熱し温度上昇を起こす現象です。 モジュールの一部分が影や雪に覆われると、発電した電流の流れがせき止められ、逃げ場を失った電気エネルギーが熱エネルギーに変わることで発熱します。 ホットスポットが発生した場合、発電量の低下状態に陥り、最悪の場合は火災に繋がります。 ホットスポットの発生は、モジュール1枚単位で発生するため、太陽光発電システムの発電状況からは気づかないことが多いです。 そのため、設置前の周囲環境の確認はもちろん、定期的な点検もかかせません。 (4)自然災害での太陽光発電モジュールの破損 自然災害大国ともいわれる日本では、特に台風によって引き起こされる被害が多く、強風によるモジュールの飛散、豪雨での水災による倒壊・流失などが挙げられます。 また、近年では台風以外にも、竜巻による強風やゲリラ豪雨による水災などが挙げられます。 自然災害による故障は、メーカー保証の対象外となるため、自然災害保険などへの加入が必要です。 また、自然災害でさらに厄介なのが、2次災害で第三者へ被害を与え、加害者となる可能性があるということです。 そのような場合、自然災害保険でも補償対象となりませんので、別途個人賠償責任保険などへ加入を検討しましょう。 (5)太陽光発電モジュールの盗難 最も意外な注意点が、盗難です。 太陽光発電システムは多くの場合、郊外かつ人家が周りにないところに設置されやすいため、盗難者に狙われやすいのです。 フェンスや防犯カメラ等を設置し、侵入障壁を高めて予防をすることに加え、盗難保険へ加入する必要性も出てくるかもしれません。 (6)太陽光発電モジュール内部の経年劣化 利用しているうちにさまざまな要因が積み重なり、経年劣化していきます。 劣化の要因としてあげられる代表的なものは、ゆがみや振動によるマイクロクラック、湿気によるEVAの劣化などです。 経年劣化による発電量低下は、年0. 3〜0. モジュールを選ぶ際には、出力保証の期間や保証範囲を確認したうえで慎重に選ぶべきでしょう。 (7)寿命を迎えたモジュールの廃棄 モジュールもいつかは役目を終えて、廃棄するときが来ます。 モジュールは複合部材を接着しているため、部材の分離が難しくリサイクルに向いていません。 また、モジュールには、微量ながら有害物質も含まれているため、正しい処理を行う必要があります。 そのため、適切な処理ができる産業廃棄物業者へ、含有されてる成分等を伝えたうえで、対応をお願いすべきです。 また、事業計画時に廃棄費用の積立ても考慮することを忘れないようにしましょう。 7.太陽光発電モジュールは比較ポイントと注意点を理解して最適な選択を! モジュールは、太陽光発電システムの動力源であり、他の構成部材に比べても価格インパクトが最も大きいです。 各メーカーの性能比較をする基準としてよく挙げられる変換効率ですが、あくまでも単位面積あたりの性能であって、太陽光発電事業として見ると比較項目にふさわしくありません。 モジュールを選ぶときには、太陽光発電システムとして設置できる総出力と価格、そして発電シミュレーションをベースに比較を行うべきです。 また、太陽光発電システムが稼働後の挙動も含めて検討を進めなければ、後々後悔することになります。 特に、モジュールの経年劣化や故障等の注意点は重要なポイントです。 保証内容が十分であるかも留意して、最適な選択をしていきましょう。

次の

「太陽光発電」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

太陽 光 発電

灯台の電源として用いられる太陽光発電設備 技術的特徴として、発電量が(・や、による差が大きい)に依存し不随意に変化する一方、昼間の電力需要ピークを緩和できる。 さらにでは不可避の消費量と排出量をともに削減できる。 の処理や事故が起きた場合の汚染被害といった課題を抱えるへの依存度を下げる手段としても活用されつつある。 さらに、発電装置はパネル状なので、屋上にも設置でき、本来であれば、太陽光発電専用の敷地を必要としない。 は太陽電池、電力として利用する為に必要な及びを変換する()で構成される。 発電が行われる時間帯・地域と電力需要が異なる場合には、も組み合わせて調整される。 開発当初は極めて高価で、等限られた用途に使われた。 近年はの低減が進み、多くの発電方法と比較して高コストながら、年間数十単位で導入されるようになった(を参照)。 今後コスト低減や市場拡大が続くと見込まれ 、各国で普及が進められると同時に、貿易摩擦に発展する例 や、価格競争で倒産する企業が見られる。 長所 [ ]• 発電部(セル)に可動部分が無くであるため、原理的に機械的故障が起きにくい(を参照)。 規模を問わず発電効率が一定なため小規模・分散運用に向く。 発電時に廃棄物、排水・排気、騒音・振動が発生しない。 出力ピークが昼間電力需要ピークと重なり、需要ピーク電力の削減に効果がある。 設置位置• 屋上に設置できるため、専用の敷地を必要としない• 需要地に近接設置でき、送電コストや損失を最小化できる。 蓄電池の利用で、非常用電源となりうる。 運搬・移動に適した小型製品がある。 他の発電方式と比較し設置制限が少ない。 建築物の屋根や壁面に設置でき土地を占有せずに設置可能。 を向上させる。 稼働に化石燃料を必要とせず、エネルギー上で有利(を参照)。 発電時に温室効果ガスを排出せず、設備製造等での排出も比較的少ない(を参照)。 短所 [ ]• 送配電系統へ連結する場合、からへ、及び必要なへ変換する為の装置が必要。 コスト• 発電電力量当たりのコストが他の発電方法より割高である(を参照)。 設置面積当たりの発電量が、集中型発電方式に比べて低い。 発電量に関してスケールメリットが効かず、規模を拡大しても発電効率が変わらない(コストにはスケールメリットがある)。 夜間はほとんど発電出来ず、昼間も天候等により発電量が大きく変動する。 発電環境• 高温時に出力が落ちる (と逆の特性。 参照)。 影やパネルの汚れ、、降等で太陽光を遮蔽されると、電力出力が落ちる。 ・自然環境への影響やリスクの増大。 具体的には、発電施設建設のためが伐採されることなどによる動植物の生息環境悪化や土砂災害の危険性が指摘されている。 人家近くに設置された場合、パネルでされた太陽光によるやが引き起こされる。 等で設備が破損した場合、日中はもちろんのこと夜間であっても、炎の光で発電が継続されてしまうため、設備が新たなの原因になったり、放水によるで消火作業中の消防隊員がしたりする恐れがある。 なお消防隊員が残火確認中に感電した事例も報告されている。 このため消火作業・鎮火宣言が遅れることがある。 太陽光パネルの損壊部から、や等のが流出し、を招く危険がある。 破損したパネルを処理する場合は、排出事業者が処理責任を負う。 設置者は、感電の危険性や有害物質流出についての注意喚起し、時には安全のために立ち入り禁止としたり、破損部をシートで覆う等の危険防止策が必要となる。 設置場所 [ ] 制約が少なく、からにも用いられる。 屋上、若しくは、地上に直接設置でき、太陽光を十分に受けられパネル重量に耐えられる場所であれば、建物のやなど様々な場所に設置可能である。 軽量柔軟なフレキシブル太陽電池では、重量や接地面形状の制約も減少する。 剛性があるパネルであっても通常の半分程度まで軽量化し、耐荷重の制約を減らした製品も開発されている。 上記のように、人家近くや緑地を除去しての建設には弊害が大きい。 波が穏やかな内水面に設置したり 、海外ではに建設したり する例もある。 太陽まで8光分である。 装置構成 [ ] 構成• 接続箱• インバータ• 保護回路• (直流側/交流側 開閉器)• (売電用電力メーター)• () 太陽電池からの電力は接続箱経由で取り出す。 独立型での接続箱とインバータやとの間には直流側開閉器が備わる。 系統連系型の接続箱とパワーコンディショナとの間にも直流側開閉器があるが、送電網につながる分電盤との間に交流側開閉器を備える。 (余剰電力を)売電する系統連系型設備では売電用の電力メーターが買電力用のメーターと直列につなげる。 (全量を売電する系統連系設備では、太陽電池に繋がる配線と建物内配線を分離する。 ) 未電化地域や宇宙、遠洋・離島などの遠隔地や道路標識等の小電力用途では系統に繋がず、蓄電池や他の電源を組み合わせた独立型や独立蓄電型で構成される。 一般住宅用の系統連系型では高価な大型蓄電池の設置は稀であるが、災害等での停電時に電力供給を可能とする家庭用大型蓄電池製品も存在する。 独立蓄電型に商用電力を常時併用し災害停電発生時に必要最小限の電力を連続供給する大型のが発売された。 発電コスト [ ] 設備容量あたりの各種発電所建設単価予測 2050年 太陽光発電のコストは、一般的に設備の価格でほぼ決まる。 運転に費は不要であり、保守管理費用も比較的小さい。 エネルギーセキュリティ向上などの付加的なコスト上のメリットも有する。 特に昼間の需要ピークカットのコスト的メリットが大きいとされる P. 131など)。 途上国で送電網が未整備な場合、消費電力に比して燃料輸送費や保守費が高い場所など(山地、離島、砂漠、宇宙等)では、現段階でも他方式に比較して最も安価な電源として利用されている。 設備導入費用の内訳は太陽電池モジュール(パネル)以外の工事・流通・周辺機器の割合が大きく、2011年時点のパネル製造費割合が2割程度とされる。 「」を参照 発電設備自体のコスト以外ではやの発電量の削減を進めるに伴い、需要と供給の各種変動ギャップを埋める費用発生も見込まれる。 等の電源も関連する。 等の総合的な対策が各国で検討推進されている。 開発当初は高価で用途も人工衛星等に限られたが に従い価格が低下した。 現時点でもコストが比較的高く普及促進に助成が必要であるが 、条件の良い地域では既にが達成されたと報告されている。 中長期的にはコストが最も安い発電手段の一つになると予測されている。 2012年時点でパネルの種類によっては0. 5 - 0. 更なるコスト低減を表明する企業もある。 フランス・ドイツ・イギリス等で2020年までに順次既存の火力発電とコストで競い始めると予測されている。 また米国の好条件地域では、2012 - 2014年頃に天然ガス等の発電コストよりも安くなり始めると予測されている。 日本では補助金が中断した2005年頃から一時的に価格が上昇したが 、2008 - 2009年にかけて普及促進政策が施行されてからは低減を再開した。 への利用例 発電した電力をに蓄電利用し外部送電網に接続しない形態。 夜間や悪天候時の発電量低下時も太陽光発電のみの発電で電力供給する場合利用する。 系統連系に比べ蓄電設備にかかる費用・エネルギー・CO 2排出量が増加するが、外部からの送電費用が上回る場合のほか、移動式や非常用電源システムで用いる。 消費電力が少なく送電網から遠い場合にメリットが大きいが、送電網に近くても送電電圧が高い場合には変電設備よりも独立電源設備が安いことがある。 一般向けに、小型の機能 MPPT と自動車用バッテリーで構築する製品も市販されている。 携帯用小型機器• 電卓・懐中電灯・腕時計など消費電力の少ない携帯機器を電池交換や充電せずに利用するために小型の太陽電池が内蔵されている。 小型一次電池が比較的高価なためコスト面で有利である。 未電化地域での電源。 送電網がない地域の照明や家電の電源。 移動時の電源• や・の電源。 砂漠移動時の電源• に積む場合がある。 船舶の補助電源• 2008年からと(現:)が自動車運搬船で実証試験を行った。 2012年には、、が蓄電池付きシステムを搭載した自動車運搬船を進水させた。 宇宙空間での電源• 人工衛星や太陽から近い所を飛ぶ探査機で利用。 小規模電源• 庭園灯や街路灯や駐車券発行機などメンテナンスや配線のコスト削減のために利用。 ポータブルバッテリーへの蓄電。 非常用電源。 無線通信網の中継局や航空管制局• 軍用・アウトドア用の可搬式電源• 自動車の換気用電源。 灯台用電源• はへの太陽光発電の設置を進めている。 系統連系 [ ] 集合住宅での利用例 電力会社の送電網に同期接続する形態がである。 送電網が近傍にある場合は、売電するために系統連系して利用する場合が多い。 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度) では発電量が設置場所での利用量を上回る分を電力会社に供給する(売電)。 電力を送電網に送ることを逆潮流と呼ぶ。 夜間や悪天候時に発電量を利用量が上回ると系統側から電力供給する。 一般に独立型より発電規模が大きい。 独立蓄電型のような大容量の蓄電設備が不要であり、その分、発電量あたりのコスト・温室効果ガス(Greenhouse Effect Gas:GEG)排出量・ライフサイクル中の投入エネルギーが独立型より小さい。 出力変動 [ ] 天候や気温で出力変動し・天時は時より大幅に発電量が低下し、間は発電できない。 大規模な系統連系では変動が速すぎると他の電源による調整が追いつかない恐れがあるとされる。 比較的短い周期(数秒-数十分)の変動• 分散型電源では大規模化と分散化により速い変動成分が平滑化され電源網側での対処が容易となり、これをならし効果と呼ぶ。 ある程度の導入量まで問題ないとされる。 米国での調査では特別な対策をしなくても系統負荷の3割以上の設備容量を系統連系可能とし 、過去の大規模な実証試験で変動を電力網側の調整余力で対応でき送電網全体で送電コスト低減によるメリットが上回ると報告されている。 さらに連系する容量が増加すると変動対策が必要になるとされる。 将来的になど系統全体の包括的対策が必要とする。 「」を参照 モジュールを複数の方向に向けて設置する場合個々の方向で最大出力になる時間帯がずれ、正午の瞬間最大出力が低くなる代わりに、他の時間帯に出力増加する。 電力需要は時間帯で変動し一般に午後の方が多い。 固定式設備の場合、電力需要との整合性の観点では真南よりも多少西向きに設置するのが好ましい一方で角度により発電量が減る場合がある。 需要の多い地域ではと電力需要の相関関係が高い。 最大電力点追従制御 [ ] Maximum power point tracking、MPPT は、インバーターが太陽電池からの電圧と電流の積である電力が最大になる出力電圧で電流を取り出すための制御機能である。 使用することで日射量に応じて最適の条件で電力を供給できる。 インバータの電流制御によって徐々に太陽電池の出力電流を増やした時にインバータを通過する電力が増えればさらに電流を増やし、逆に増やして電力が減れば電流を減らす方法によって最大電力点に到達する。 この制御方法を山登り法と呼ぶ。 住宅用太陽光発電用インバータでは太陽電池がアモルファス、結晶系など多様な電流・電圧特性を持つためいずれの特性の太陽電池に対しても安定に最大電力点に追従して運転することが求められることから最大電力追従のための一回の電流の変化幅と変化の速さ・頻度の選択が重要である。 最大電力点追従制御は,インバーターでの直流運転電圧を太陽電池アレイと直流ケーブルを通した最大電力点の電圧に近付ける働きをする。 最大電力点追従制御は太陽光発電システムの使用者による測定が困難でインバーターの直流/交流変換の効率と同じく製造者による性能表示が重要である。 発電部の構成と特殊な製品例 [ ] セル、モジュール、アレイ [ ] 多結晶シリコン型(セル) 太陽光発電設備の発電部は、多数の太陽電池素子で構成される。 素子やその集合体には、規模や形態に応じて下記の様な呼称がある。 セル の単体の素子は「セル」 cell と呼ばれる。 素子中のに光エネルギーを吸収させ、によって直接的に電気エネルギーに変換する。 (を参照) 1つのセルの出力は通常 0. 5-1. 0V である。 複数の太陽電池を積層したハイブリッド型やでは1セルの出力電圧が高くなる。 必要な電圧を得るために通常は複数のセルをハンダ付け等で直列接続する。 薄膜型では太陽電池を構成する薄膜の形成と並行して、セルの直列接続構造も造り込む(集積化)。 モジュール セルを直列接続し、樹脂や強化ガラスや金属枠で保護したものを「モジュール」 module または「パネル」 panel と呼ぶ。 モジュール化で取り扱いや設置を容易にし、湿気や汚れや紫外線や物理的な応力からセルを保護する。 太陽光発電モジュールは「ソーラーパネル」 solar panel と呼ばれることもある。 この名称は太陽熱利用システム(など)の集熱器にも用いられる。 ストリング モジュールを複数枚数並べて直列接続したものを「ストリング」 string と呼ぶ。 アレイ ストリングを並列接続したものを「アレイ」 array と呼ぶ。 モジュール製品の例 [ ]• セルとセルの間に隙間を作り光を透過させる機能も併せ持つもの()• 高で狭い面積で済むもの• 高温環境対策品()• 強風対策品• 対策品• 低角度設置に対応し汚れを落ちやすくしたもの• 反射光を軽減し周囲に配慮したもの• 網目状セルの半透過型(窓やビル壁面で利用)• 着色し性を持たせたもの• 軽量で屋根への負担を軽減したもの• 両面から光を取り入れ周囲からのも利用するもの• 曲げられる型(持ち歩きが容易)• 平面や曲面に接着剤で貼り付け設置できるもの 経年劣化と寿命 [ ] 大部分の製品が稼働できると推測される「期待寿命」とメーカーが性能を保証する「保証期間」がある。 メーカーの製造ミスで早期出力低下などトラブルが起こることもある。 通常の経年劣化による出力低下は20年で1割未満とされる。 ソーラーパネルは税制面において、が17年と定められている。 屋外用大型モジュールの期待寿命は、過去の製品の結果から一般に20-30年以上とされる。 期待寿命は明確に定められておらず、統一基準も無い。 モジュールは年月と共に徐々に性能低下する。 世界各国の2000例近い各種太陽電池モジュールの経年劣化調査データのまとめでは、性能低下速度の中央値は0. 7 - 93. モジュールの強化ガラスとセルとの間に通常等の樹脂が充填される。 昔の製品は樹脂が紫外線で黄変(browningまたはdarkening)し性能が急速に劣化する場合があったが樹脂の改良やガラスにを添加する等の対策で解決された。 経年劣化で発生する代表的変化としては、セルを固定するEVAなど樹脂がはがれたり(delamination 、湿気がモジュール内部に侵入し電極の腐食を起こす例が挙げられる。 製造企業の技量不足から比較的早期に性能低下し交換対象になる例もある。 アモルファスシリコンを用いたモジュールは屋外光で劣化しやすかったが現在では長寿命化され、20年以上の性能を保証する製品もある。 太陽光のエネルギーは膨大で、地上で実際に利用可能な量だけで世界のエネルギー消費量の約50倍と見積もられる。 地球に降り注ぐ太陽光の総エネルギー量173000 TWのうち僅か40 TWが光合成を経て有機物を生成する。 人間活動で消費するエネルギー量はさらに少なく14 TWである。 仮にに現在市販されている太陽電池を敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られるという。 生産に必要な原料は豊富で少なくとも2052年頃までの予測需要は十分満たせるとされる。 を用いる太陽電池では資源量は事実上無限とされる。 シリコンを用いない太陽電池はなどの資源が将来的に制約要因になる可能性があるが、技術的に使用量を減らせば2050年以降も利用可能とされる。 太陽電池用シリコン原料の供給は2008年まで逼迫し価格が高止まりしたが各社の増産が追いつき2009年から価格低下が予測された。 太陽電池専用シリコン原料生産技術は様々なものが実用化され、精製に必要なエネルギーやコストが大幅に削減されるとされる(を参照)。 導入可能な設備量は102GWp-202GWp程度とされる。 建造物へのソーラーパネル設置により期待される導入量が多く、将来の導入可能量は戸建住宅53GWp 、集合住宅22GWp、大型産業施設53GWp、公共施設14GWp、その他60GWpとされる。 世界的に見て、日本の平均年間日照量は最も日照の多い海外地域の半分程度であるが、導入量世界一のドイツより多い(右上図参照)。 国内では冬期に晴天が少なく積雪の多い日本海側で日照量(発電量)が少なく、太平洋側で多くなる。 温室効果ガス GHG 排出量とエネルギー収支 [ ] 排出量は電源の排出量より格段に少なく、利用するとGHG排出量を削減できる。 エネルギーペイバックタイムやエネルギー収支比の点でも実用水準である。 主な影響要因 [ ] 太陽光発電の発電電力当たりのGHG排出量や投入エネルギー量はシステム製造工程と設置環境での発電量でほぼ決まる。 稼動時は燃料を必要とせずGHGを排出しない。 メンテナンスや廃棄時に排出するGHGや投入エネルギー量も比較的少ない。 製造時GHG排出量や投入エネルギー量は用いるや量産技術、量産規模に影響される。 生産量は単結晶シリコン型が最も多く多結晶シリコン型が続く。 薄膜型(アモルファス、CdTe、CIGS、積層型など)は比較的少ない。 年間生産量が10MWから1GWになると設備容量あたりの投入エネルギー量が半分以下と計算される。 設置地域で寿命まで発電できる量はや温度の影響を受ける。 緯度や気候のデータや過去の実績から大まかな予測が可能である。 温室効果ガス GHG 排出量 [ ] 製造時等ではの排出を伴うが、発電中は全く排出しない。 9GWp ・ となった (値は調査会社で異なりPhoton Internationalは27. 2GWpとする )。 世界全体の2010年の太陽光発電導入量はの集計では16. 6GWpである。 solarbuzz社の集計で18. 2GW、額が820億米ドル(約6. 5兆円)である。 地域別年間導入量は欧州(13. 2GWp)、日本 0. 99GWp 、北米 0. 98GWp 、中国 0. 52GWp 、APEC 0. 47GWp 、他 0. 42GWp である。 市場規模は2025年に太陽電池約9兆円、構成機器全体で約13兆円、システム構築市場が約18兆円となり、それぞれ2009年の5倍以上に達するとも予測されている。 セル製造シェア [ ] 「」を参照 2015年の世界市場の太陽電池セル製造メーカー上位3社のシェアは次の通りである。 供給過剰と価格競争が続き旧来の大手企業が倒産する例がある。 以下、、、と続く。 政策 [ ]• (フィード・イン・タリフ制度)で法的に電力買取価格を保証する国が増加し 、普及促進効果が報告された。 普及量世界一のドイツでは国内の設備導入費用が2006年から5年間で半額以下になった。 一方で供給過剰と価格低下で、ソロン、ソーラー・ミレニアムが破綻した。 詳細は「」を参照 日本は1970年代のから開発と普及に力を入れ 、生産量や導入量で長く世界一であり。 2000年ごろまで太陽光発電量は欧州全体より日本1国が多かった [ ]。 生産自体は2GWpを超えて増加しており(右図) 半分以上を輸出する。 国内出荷量の約8割は住宅向けで 一戸建て向けが中心であるが近年は集合住宅での導入例も見られる。 2005年に NEF の助成が終了すると国内市場は縮小し、価格が下がらなくなった。 2008年以降助成策強化で国内市場は拡大し価格が下がり始めた。 (右図 「」を参照 関連産業の規模は2010年度見込みが約1. 3兆円とされた。 2011年度に約1. 5兆円に拡大するとする。 約半分がセル・モジュールで半分が他産業の分である。 関連雇用は4万人を超えたとする。 の後、によるの確保との実現というで、やに依存し過ぎないを推進。 には再生可能エネルギーの固定買い取り制度が導入され、新規事業者の参入が相次いだが、その後の買い取り価格の段階的な引き下げで市場拡大のペースが鈍化、事業者の乱立の影響もあり競争は激化し、早くも淘汰の時代に入り、業者数も度には54件と前年度比較で倍増、には1月ー9月だけで42件(総額185億200万円)に上った。 2016年には()、()、()などが倒産した。 日本の太陽光導入政策と成果/2011年から現在まで [ ] 詳細は「」を参照 日本では2011年現在余剰電力買取制度()と国・自治体の各種助成策が実施された。 2012年からはさらに公共産業向け設備への全量買取制度が導入されると共に、他のも全量買取対象に加わる。 これらの制度はFIT制度と呼ばれているが、2020年にはFIT制度は廃止される見込みだ。 共同で太陽光発電所を設置・運営し売電収入を分配する市民共同発電所の設置例・検討例がある。 これらのFIT政策により太陽光発電導入は2013年から急激に進み 、 太陽光発電設備の発電能力容量は2015年の末までには3000万kW(30GW(ギガワット))であったが、2017年3月にはほぼ40GWに達した。 さらに太陽光発電協会は2018年中には累積発電能力容量は40-50GWになるだろうと予測した。 実際に、政府の再生可能エネルギー調達価格等算定委員会は2018年3月の発電能力容量は44. 5GWに達したと発表した。 政府の2030年エネルギーミックスの太陽光導入目標値は64GWであるがこれは達成可能な数値であり、むしろ導入を抑制するために政府はメガソーラー認定取り消しを検討している(2030年エネルギーミックスの再生可能エネ発電導入目標22-24%のうち、2018年時点では太陽光導入が最も先行し、風力は導入が遅れている) 実際の発電量については、2018年の日本の全発電量に占める再生可能エネルギー発電量は15%だったが、そのうち従来水力発電が7%、太陽光発電7%、その他が1%であった。 2019年には再生可能エネルギー発電量は16%以上となり、この中で太陽光発電量が増えて水力発電量を追い越すと予測されている。 すなわち日本の天候では年間365日x24時間すなわち8760時間のうち1100時間だけ、太陽光パネルがフル発電しそれ以外の時間は休止している計算である。 結果として1kw太陽光パネルは日本では1年間に1100kwh発電する。 40GWの太陽光発電装置による年間発電量は、40GWx1100時間=年間440億kwh程度であり、2017年の日本の電力総需要(0. 9兆kwh)の5%以上が太陽光発電でまかなわれた。 日本では2018年の昼間電力については1割以上を太陽光発電に依存している。 晴れた日の昼間は冷房のため電力需要が12時以降に増加するが、太陽光発電の発電量も10時から14時までが最大で、夏の冷房等電力需要と供給の時間バランスはおおよそ一致している。 10-14時は定格発電能力の6-7割の出力があり、需要の増加に対応して太陽光は電力供給量を補うことができている。 少し古いデーターだが2015年夏の場合、沖縄電力を除く他の9電力会社の管内では10-14時の時間帯に30GWの太陽光発電設備によって1千万kW以上すなわち原子力発電所10基稼働分程度の太陽光電気を供給してエアコン電力需要に対応した。 半面、太陽光発電は4-5月と7-8月の正午頃に最大発電するので、その季節には再稼働原発数が多い九州電力では電力供給が上回り、昼間に太陽光電気の受け入れ拒否を行うことも増えてきた。 太陽光発電システムメーカー [ ] 2010年の日本の太陽電池生産企業はシャープ、京セラ、三洋電機(2009年パナソニックの子会社化後に解体 )、三菱電機(2020年撤退 )である。 「」を参照 他にセル生産や部材供給に関わる企業が多数存在する(例: )。 中国やカナダ等海外からの日本市場参入が見られる。 施設の破壊・盗難 [ ] 2017年5月16日、内の複数の太陽光発電所から送電ケーブルを盗んだ電気工事業者が逮捕された。 被害は50件、約9,100万円。 山間部など人目のつかない、警備の手薄な発電所が狙われており、状況によっては防犯体制などのリスクや対策費用が必要となること判明している。 住宅用発電システムからの火災 [ ] 、消費者安全調査委員会がまとめた報告書によれば、2017年11月までの約10年間で住宅用太陽光発電システムから、発火、発煙、過熱が生じた件数は127件。 うち、少なくとも7件は屋根側にも延焼した(ただし、住宅用太陽光発電システムは、2018年10月時点で全国約240万棟に普及しており分母になる数は非常に大きい)。 火災となったケースは、いずれもシステムと屋根が一体型となったもので、報告書では注意を呼びかけている。 宇宙太陽光発電 [ ]• 産経新聞ニュース(2017年12月12日)2018年4月20日閲覧• だが、式では、わざわざ太陽光発電専用の敷地を用意している。 38, 89. 2011年8月31日, at the. (ドイツにおける太陽光と風力発電の発電実績の例(独語))• (産総研 太陽光発電工学研究センター)• [ ](メーカー解説例、2011年6月27日閲覧)• (解説記事例)• (2018年4月20日閲覧)• (2016年1月19日)2018年4月20日閲覧• 消防庁消防研究センター「」消防庁、2014年3月• 独立行政法人産業技術総合研究所太陽光発電研究センターシステムチーム「」独立行政法人産業技術総合研究所、2014年2月• 太陽光発電設備の廃棄処分等に関する実態調査、総務省、平成29年9月• 廃棄物処理法第3条• 熊本地震により被災した太陽光発電設備の保管等について、環境省通知、平成28年5月16日• JPEA• IEA PVPS• 『』2018年3月21日(2018年4月19日閲覧)• 日本経済新聞ニュースサイト(2017年6月19日)2018年4月20日閲覧• 住宅用大容量蓄電池をパナソニックが製品化、容量1. 6kWhと3. 2kWh。 アットマークアイティ・モノイスト2011年10月。 ドコモが太陽光蓄電システム 家庭向け10万円以下。 2012年にも発売。 日経新聞、2011年10月27日。 , Figure 7• , pp. 131-132. (欧州のスマートグリッド開発推進機構)• 2008年12月30日, at the. , Figure 3,4• 2012年5月18日, at the. , P. [ ]• 2012年7月4日, at the. 2007年3月25日, at the. 2011年1月26日, at the. ハイブリッド車に太陽電池を装備• [ ]• 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成二十三年八月三十日法律第百八号)最終改正:平成二七年九月一一日法律第六六号。 なお改正案が平成28年2月9日に閣議決定され国会に提出されている(平成29年4月1日施行予定)。 , p. 261. , p. 300 など。 日本における一日の電力需要の変化の例: 2009年9月17日, at the. 2005年12月23日, at the. , p. 231 など。 , p. 120. [ ]• 自動車製造業の事例では9年。 「国税庁 法令等 質疑応答事例 」 国税庁• (保証内容比較)• 2010年3月6日, at the. 2008年12月4日, at the. JDSU• 2008年5月17日, at the. [ ]• [ ]• 2008年11月19日, at the. 2006年3月20日, at the. 2005年3月6日, at the. ,NEDO• 2005年3月12日, at the. ,NEDO• 2009年2月16日, at the. (大阪府立大学 小木曽研究室資料)• 技術資料JEM-TR228、小出力太陽光発電システムの保守・点検ガイド、平成15年12月、• - www. electricaldeck. com• 熱技術開発. 2015年11月28日閲覧。 2008年1月22日, at the. ( 2008年9月13日, at the. ) [ ]• 20090000000073• Alsema, E. ; Wild - Scholten, M. de; Fthenakis, V. ECN, September 2006; 7p. Presented at the 21st European Photovoltaic Solar Energy Conference and Exhibition, Dresden, Germany, 4-8 September 2006. 、2011年5月号• 2011年3月号• からダウンロード可)• 2018年4月15日閲覧。 太陽光発電情報、2009年4月分、資源総合システム• 2009年4月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2009年5月11日閲覧。 2009年9月20日, at the. IEA, Deploying Renewables -- Principles for Effective Policies, 2008年9月,• 2008年10月29日, at the. EPIA• 朝日新聞デジタル2012年6月28日• 原子力海外ニューストピックス2012年第3号]日本原子力研究開発機構• NEDO海外レポート NO. 1000、2007年5月23日• [ ]• [ ]• 2012年5月25日, at the. (買取制度の解説サイト)• 2011年9月14日, at the. (市民共同発電所、彦根市の例)• (市民共同発電所、滋賀県の例)• 2012年5月26日, at the. (市民共同発電所、兵庫県の検討例)• 総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会(第9回). 資源エネルギー庁. 2, 4 2015年2月3日. 2015年11月28日閲覧。 2 「太陽光発電の導入状況(認定量と運転開始量の推移) 」: 月別運転開始量は、FIT制度開始後、平成25年度頃から高い水準が継続しており...。 4 「2 マクロバランスに基づく接続制約の検証について」: 昨年、系統WGで試算した7電力会社... 2015年11月28日閲覧。 石田雅也 2015年9月29日. スマートジャパン アイティメディア. 2015年11月28日閲覧. " 東京電力の管内では8月7日... に最高気温が37. 0度に達した。... 家庭や企業の冷房需要が増加して、昼間の13時台に今夏の最大電力を記録した... 夏の電力需要と太陽光発電の出力は比例する場合が多く、晴天による冷房需要の増加があっても同時に太陽光発電の発電量が増える。... 電力をピーク時に太陽光で供給できるようになった。 朝日新聞 東京朝刊: p. 夏のピーク時の電力供給を補う存在になりつつあるのが太陽光発電だ。 太陽光は天気に左右される不安定な電源とされるが、猛暑の日はまず晴れており電力の供給面では頼りになる。... 国内の太陽光の導入量は... 15年3月末には約2700万キロワット... 実際の出力はその6割程度に下がると計算しても... 平林大輔 2015年9月3日. 朝日新聞 東京朝刊: p. " 沖縄を除く電力各社への取材で... 電力需要の... ピークは9社とも8月上旬で、太陽光の最大出力は午前11時台から午後1時台... 最大出力は合計で約1500万キロワット。 原発だと十数基分以上に相当する。 石田雅也 2015年10月15日. スマートジャパン アイティメディア. 2015年11月28日閲覧. " 沖縄を除く9つの地域で最大需要を記録した時間帯の太陽光発電を合計すると1093万kWに達した。 原子力発電所の10基稼働分に相当する規模だ。 総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 電力需給検証小委員会 第12回会合 資料4「2015年度夏季需給検証について」. 経済産業省. 7 2015年10月9日. 2015年11月28日閲覧。 パナソニック. 2020年6月1日閲覧。 スマートジャパン 2019年11月19日. 2020年6月1日閲覧。 産経ニュースWEST(2017年5月16日)2017年9月29日• 朝日新聞 2019年1月28日. 2019年1月28日閲覧。 参考文献 [ ]• 〉、2010年3月。 小長井誠、近藤道雄、山口真史「4. 6節」『太陽電池の基礎と応用』培風館、2010年。 『太陽電池はどのように発明され、成長したのか』、2011年8月。 『太陽光発電システムの設計と施工』太陽光発電協会編、オーム社、2011年9月、改訂4版。 、『太陽光発電工学 - 太陽電池の基礎からシステム評価まで』日経BP社、2002年10月。 『 - 分散型エネルギーが生む新しい利益』山藤泰訳、省エネルギーセンター、2005年5月。 は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年11月)• 飯田哲也 『自然エネルギー市場』。 産業技術総合研究所太陽光発電研究センター編著 『トコトンやさしい太陽電池の本』。 関連書籍 [ ]• 太和田喜久 『太陽光が育くむ地球のエネルギー』。 - 太陽電池に関する入門書• 岡本博明・太和田善久 『薄膜シリコン系太陽電池の最新技術』。 - 太陽電池に関する専門書• 『図解最新太陽光発電のすべて』 工業調査会編、2009年7月。。 『太陽エネルギー利用技術』 日本太陽エネルギー学会編。 浜川圭弘・桑野幸徳 『太陽エネルギー工学』。 和田木哲哉(野村證券) 『爆発する太陽電池産業』 東洋経済新報社、2008年11月。。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - RPS制度について• アウグスティン・ムショ• オーブリー・エネアス(Aubrey Eneas、ソーラー・パワー事業者の嚆矢)• 外部リンク [ ] この節の外部リンクはに違反しているおそれがあります。 過度または不適切な外部リンクを整理し、を脚注で参照するよう記事の改善にご協力ください。 解説サイト [ ]• (産総研・太陽光発電研究センター) 産業団体 [ ]• 世界: - SEMI の下部組織。 米国: SEIA• 欧州:、• ドイツ:• スペイン:• JPEA - 日本最大の太陽光発電専門の業界団体。 導入・普及促進・広報事業などを手がける。 太陽光発電技術研究組合 PVTEC - 日本の業界団体で、研究・技術開発に重点を置く。 光産業技術振興協会 OITDA• ソーラーシステム振興協会 SSDA• JEMA 公的機関 [ ]• IEA PVPS - IEA 内の専門組織。 国際的な研究協力や情報収集・交換を手がける。 IRENA• DOE• BMU 日本• NEDO - エネルギー・環境技術の一環として、太陽光発電に関する・普及を推進する活動を行っている。 NEF - 2005年まで住宅用太陽光発電導入促進事業を行った。 太陽エネルギー利用拡大会議 - 太陽光発電や太陽熱利用の利用拡大方策の検討会。 2008年2月に最終のとりまとめを策定する。 研究開発 [ ] 専門部署を有する研究機関 [ ] この節のが望まれています。 National Renewable Energy Laboratory, NREL - 再生可能エネルギーや技術全般を扱う米国の研究所。 JRC• - ドイツの研究機構である内で太陽エネルギーを専門とする研究機関。 - 専門の研究機関。 太陽電池の標準の供給、各種関連技術の研究開発を行っている。 : RCAST• : 、• : - 2010年4月発足。 各種太陽電池の他、宇宙用システム、システムの高信頼性化等も手がける 専門学会・展示会 [ ] 国際学会• World Conference on Photovoltaic Energy Conversion WCPEC - 4年毎に地域を変えて開催される専門学会。 - 欧州の専門学会。 年々規模が拡大しており、2010年9月開催の第25回では学術セッションだけで参加者4540人、併設展示会(広さ8万平方メートル)への来場者38000人を記録している。 - 日本とアジア・太平洋地域で交互に1年半おきに開催。 - 米国の専門学会。 国際的な展示会は年間数十件に上る -。 日本の学会• - 日本国内の専門学会。 - 専門展示会を主体とする。 2008年から下記の新エネルギー世界展示会と併催。 - 全般を扱う展示会と学会。 - アジア最大の国際商談展示会。 - 次世代の太陽電池の各種技術開発に関する研究会・ワークショップ・シンポジウムなどを開催している。 専門論文誌 [ ]• [ ] NGO・ユーザー団体 [ ]• - 再生可能エネルギー全般について、世界の普及状況や政策に関する情報を収集・発信している、世界的なNGO組織。 - 日本のユーザー団体。 - EUと豊田通商の支援で国際NGOプラネットファイナンスが実施したバングラデシュ・インドネシアで貧困層向けのソーラーホームシステムの普及プロジェクト。 - 太陽光発電アドバイザー試験実施団体.

次の

太陽光発電ならあんしん太陽光発電エコの輪

太陽 光 発電

太陽光発電システムとは 屋根などに太陽電池を取り付け、太陽の光エネルギーで電気をつくりだす発電システムです。 自然エネルギーである太陽光を使う太陽光発電システムは、どれだけ発電してもCO2を排出しないため、環境に優しいシステムとして注目されています。 またご家庭で発電し、余った電気は電力会社により買い取られるため、経済的にも嬉しいシステムです。 太陽光発電システムの発電原理• 現在多く利用されている太陽電池はシリコン系太陽電池であり、電気的な性能の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。 太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体へ引き寄せられ、表面と裏面につけた電極に電球やモーターのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。 太陽光発電システムのシステム構成• 太陽電池モジュール 太陽の光エネルギーから直流電力をつくりだします。 接続箱 太陽電池でつくりだした電力を集め、パワーコンディショナーに送ります。 パワーコンディショナー 接続箱から送られてきた電力をご家庭で使うことができる交流電力に効率良く変換します。 さらにシステム全体の運転管理を行います。 分電盤 パワーコンディショナーから送られてきた電力を、優先的に家庭内に分配します。 家庭内で使い切れずに余った電力は、分電盤から電力会社へ逆流して売ります。 売電・買電電力量計 余った電力を電力会社に売った電力量と、足りずに電力会社から購入した電力量をそれぞれ計測します。 カラーモニター 発電状況やご家庭の電力使用状況をリアルタイムで確認できます。 太陽光発電システムの特徴 1. 環境保全効果 自然エネルギーである太陽光を使う太陽光発電は、どれだけ発電してもCO2を排出することがないため、ご家庭で設置するだけでCO2削減に貢献できます。 227Lとして計算 2. 買電量の削減 太陽光発電システムで発電した電気は優先的にご家庭の電灯や電化製品に使用されるため、電力会社から購入する買電量を削減できます。 さらに一般的な電気料金は使えば使うほど購入単価が高くなるため、割高な電力の買電量を削減でき、とてもお得です。 夜間は発電できないため、従来通り電力会社から電気を購入します。 通常料金と比較すると昼間(7:00~23:00)は割高(30%アップ)、夜間(23:00~7:00)は割安(70%オフ)になります。 電力会社への売電 ご家庭で使われず余った電力は電力会社に売ることができます。 面倒な手続きや作業は一切なく、電気のやりとりは自動的に行われます。 また売った分の電力料金は毎月電力会社からお客様の口座に振り込まれます。 ご家族の省エネ意識、環境意識の向上 モニターによりご家庭での発電状況や電力使用量、またCO2削減量がリアルタイムで確認できるため、ご家族の皆様で楽しみながら省エネと社会貢献に取り組んでいただくことが可能になります。 昼の時間帯• 夜の時間帯• 屋根裏の遮熱効果 太陽光パネルを屋根に設置することでパネルが遮熱効果を発揮し、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。 またエアコンなどの光熱費の削減効果も期待できます。

次の