バッジ 通知。 Gmailで新着メールの通知が来ない・通知バッジが表示されない時の対処法

iPhoneの通知をバッジのみにする

バッジ 通知

iPhoneの「バッジ」とは まず本題である、 iPhoneの「バッジ」と言う機能について解説しておきたいと思います。 「バッジ」と言うのは、 アプリから通知があった場合にアプリアイコンの右上に表示される、赤い数字のことを指します。 アプリからの通知数に合わせてこの 「バッジ」の数字も増加していき、通知の内容を確認することで表示を消すことができます。 例えばメールアプリなんかがわかりやすいんですが、未読メールが受信ボックスに存在する場合に 「バッジ」が表示され、 記載されている数字がそのまま未読メールの件数を表しています。 サウンドなどによる通知だと気付けないこともあるため、このように 視覚的に分かりやすく通知することで、ユーザーがiPhoneを操作する際に確実に認識させることができます。 ただあまりにも通知数が多い場合や、通知の頻度が高い場合など、人によってはわずらわしさを感じると言う方もいるため、 設定によって表示しないようにしておくことも可能です。 「バッジ」の表示設定の変更方法 では 「バッジ」の表示設定を変更する方法についてもご紹介しておきたいと思います。 手順は以下の通りです。 iPhoneの設定アプリを開く。 「通知」をタップする。 表示設定を変更したいアプリを選択する。 「通知を許可」がオンになっていない場合はオンにする。 「バッジ」をオン/オフにする。 この通知設定の項目を操作することで、 「サウンドは鳴らさずにバッジだけ表示しておく」など色々と通知方法をカスタマイズすることができます。 「バッジ」がないアプリも アプリの中には 「バッジ」機能が搭載されていないものや、そもそも 通知機能自体が付いていないものなんかもあります。 そういったアプリの場合は、 通知設定画面を開いても「バッジ」の表示は存在しません。 Webブラウザのアプリや 個人製作のアプリなんかは、こういったケースが多いので覚えておきましょう。 アプリアイコンから「バッジ」が消えない場合は? iPhoneを使っていてよくあるエラーの1つに、 アプリアイコンから「バッジ」の表示が消えないと言ったものがあります。 アプリ内できちんと通知内容を確認したはずなのに、 なぜか「バッジ」が点灯したまま…。 そんな時は、 一旦iPhoneの再起動を試してみてください。 一時的にアイコンの状態が更新されていないだけの可能性があるため、再起動してやることで正常な状態に戻る場合がほとんどです。 まとめ 今回は、 iPhoneの「バッジ」機能について詳しくまとめてみました。 通知機能としては、かなり分かりやすく見逃す心配もないため、 iPhoneの場合基本的にはこの通知さえオンにしておけば問題は無いかと思います。 どうしても 通知の数が多すぎて目に障る場合なんかには、バッジ機能をオフにして対応してみてください。

次の

iPhoneの通知をバッジのみにする

バッジ 通知

で発表した内容ですが、に参加して思い出したので公開します。 内容的には「iOS10になってからiOSのプッシュ通知もだいぶリッチになったのでいろいろ触ってみました」でした。 プッシュ通知の操作まとめ まずは基本的なメッセージを送ったときの見た目を見ていきましょう。 新しいところとしてはアプリがアクティブな状態で通知を表示するということもできるようになりました。 プッシュ通知が表示されるのは下記のようなシーンですが、(イケてないことに)似たような操作をするのにシーンごとに操作が異なるのでまとめました。 ここでは特にプッシュ通知を「開く」という操作に注目です。 例えば、ロック画面でプッシュ通知を受け取った際に通知を3Dタッチ通知すると背景にブラーがかかって通知がフォーカスされます(これをプッシュ通知と開くと呼んでいますが、正式にはなんて言えばいいんすかね?)。 通常のプッシュ通知であれば開く意味を感じませんんが、iOS8からのアクション実行型プッシュ通知や、iOS10から登場したリッチ通知を用いるといろいろな表現ができるようになっています。 3DタッチできるようになったのはiPhone6s以降ですかね。 ) プッシュ通知受信 通知を左スワイプ 開いた後の見た目 プッシュ通知の見た目&ペイロードまとめ 本文のみ 文言だけの最も基本的なプッシュ通知です。 多くのプッシュ通知はこんな感じですね。 iOSのプッシュ通知のペイロードで特殊な機能があるものは apsの中に設定していきます。 メッセージの文言は alertに設定します。 iOS8から登場していますがiOS10でかなり使いやすくなったようになった気がします。 LineやFacebookメッセージなどはメッセージ受信のプッシュ通知から返信したりスタンプを送ったりできます。 実行できるアクションには「iPhoneのロック解除が必要なもの」「ロック解除しなくても処理できるもの」「破壊的な処理が行われるもの(削除とか)」の3タイプあり、破壊的な処理が行われるアクションに指定したものは赤い文字で表示されます。 アクションに対応する処理はあらかじめアプリ側に実装しておく必要があり、プッシュ通知でどのアクションを表示させるかを categoryで指定する形で利用します。 画像や動画付きのプッシュ通知を受け取ると下記のようにサムネイル付きのプッシュ通知として表示されます。 それぞれプッシュ通知を開いた状態では下記のような見た目になります。 音声、動画は再生マークの部分をタップすると再生することができます。 画像 音楽 動画 もっともお手軽に活用できるのはGIFアニメ付きのプッシュ通知でしょうか。 添付する画像をGIFアニメにするだけで、例えば下記のようなプッシュ通知を実現することができます。 ステマ — hideyuki nanashima jollyjoester メディア付きのリッチ通知を実現するには NotificationServiceExtensionというものを実装する必要があります。 詳しくはに記載していますのでご参考まで。 ちなみにiOS9以下ではメディアなしの通常のプッシュ通知として表示されます。 JSONのポイントは mutable-content: 1を含めるという点とメディアのURLを含める点です。 apsの外側のフォーマットは自由なのでアプリの実装に合わせて決めてみてください。 例えば下記はプッシュ通知を開いた際にひたすら🍣の絵文字のUILabelが右から左にアニメーションするカスタムUIを添付したプッシュ通知です。 このように自由なUIをプッシュ通知で実現することができます。 また🍣を眺めてる — hideyuki nanashima jollyjoester カスタムUI付きのリッチ通知を実現するには NotificationContentExtensionというものを実装する必要があります。 詳しくはいずれ書きますが、プッシュ通知に表示するUIをStoryboardを使うなどして通常の画面と同じように実装することができます。 JSONのポイントは categoryです。 NotificationContentExtensionの Info. plistに categoryを設定する項目があるのでそれと同じ categoryを送信します。

次の

「通知ドット」って何ですか?

バッジ 通知

・友達やグループを個別に通知オフにする ・LINEアプリの設定画面からまとめて通知オフにする LINEアプリ内にある通知オフ設定をした場合、個別でも一括でも関係なくバッジは付くようになっていました。 たまにバッジが付いてないケースもありましたが、それは不具合やアプリが強制終了している時による影響のようです。 LINEアプリ内の通知オフ設定には以下のような注意文が書かれています。 アプリを強制終了すると、通知が遅れたり、受信できない場合があります。 また、LINEの公式ヘルプにも以下のように書かれています。 ご利用している端末の電波やWi-Fiの状況によって、バッジがつかない、または遅れてつくことがあります。 なお、基本的にバッジ(アイコンについている数字やNマーク)はお客さまが該当の内容を開いて確認するまで付いています。 正常に表示されていない場合は以下の内容をお試しください。 - 端末内の不要なアプリやデータの削除 - 端末の再起動 - 以下のURLよりLINEアプリのバージョンアップ 参照: 上記のようにスマホ端末の状態や通信環境の状態によって新着メッセージを受信してもバッジが付かないケースもあります。 しかし、それはLINE内で通知オフ設定による影響ではないということです。 この場合、通知がオフになっていてプッシュ通知も来ませんし新着メッセージのバッジも付かないので、LINEアプリを起動するまでメッセージが来たことに気付かないです。 新着メッセージのバッジが表示されない為LINEの不具合かと感じる事もありますが、実はiphone側の通知をオフに設定していたというパターンもありえます。 もしバッジが表示されない場合には一度確認してみると良いでしょう。 iphone側でLINEの通知をオフ設定にしている時は、LINEを起動するとメッセージを受信してトーク画面から新着メッセージを確認する事ができます。

次の