あなたはハッキングされた可能性。 スマホがハッキングされたら起こる症状5選!確認方法や防止対策は?

「このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります」原因と対処法を解説

あなたはハッキングされた可能性

私は以前の記事で、起業分野での男女平等が欧米諸国の経済成長につながり得ると書いてきた。 簡単に説明すると、根強い不平等によって人材の多くが活用されていない状態が生まれるという考え方だ。 これは、シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスとスタンフォード経営大学院の研究チームが最近発表した研究結果にも通じるものだ。 研究チームは1960~2010年に米国で起きた経済成長の20~40%が職場での人種と性の平等化によるものだったと分析した。 経済学誌エコノメトリカに掲載された論文によると、米国での医師や弁護士の白人男性の割合は1960年には約94%だったが、2010年までには約60%に減少。 同じような推移が他の多くの分野でも見られた。 研究チームはこれを手掛かりに、職場でのバランスが国内総生産(GDP)にどれほど貢献しているのかを分析した。 研究チームは「1960年には、あまり優秀ではない多くの白人男性が医師や弁護士として働いていて、非常に優秀な他グループの人々の多くが排除されていたとみられる。 過去50年間で、こうしたグループが各領域で変革を起こしてきた」と述べた。 この変革は経済を全体的に改善するだけでなく、白人男性の収入にも打撃を与えた。 データからは、人材の再配分により、白人男性の収入が12%減少したことが示唆されている。 しかし研究チームは、黒人男性の収入が29%、黒人女性の収入が51%、そして白人女性の収入が77%も上がったことで、社会全体にはるかに大きな利益をもたらしたと論じている。 ただ雇用の障壁がまだ存在していることは明らかであり、その内容は露骨な差別から、社会の特定の部分における教育の機会の欠如までさまざまだ。 社会的規範さえも、人々が労働人口に入る妨げとなりかねない。 「米国における過去50年間のGDPの成長の4分の1以上は、労働市場のこうした障壁の減少によるものだった」と研究チームは説明している。 「その成長が具体的にどこから生じたのかというと、多くは女性が家庭を離れて就職、特に高技能職に就いたことによるものだ」.

次の

ツイッター アカウントのハッキング被害相次ぐ 社員標的か

あなたはハッキングされた可能性

「スマホのハッキングは高度な知識が無いと行えない」と思っている人が多いが、実はプログラム言語を理解できない初心者でも、専用のツールやソフトウェアを使えば簡単に他人のアカウントへの侵入やパスワードの解析ができるんだ。 そう言ったアプリケーションやソフトウェアも多数あることを理解し、スマホへのハッキングは身近に起こりうることだと危険意識を持つことも大切です。 スマホのハッキング症状1 スマホの動作が重い 最近急にスマホの動作が重くなったと言うことはありませんか? アプリを開く際にもたついたり、フリーズして動かなくなってしまうなどの症状が頻発する場合には、 いつからその症状が発生したのか思い出してみてください。 単に、自分で何かのアプリを入れたせいで動作が重くなっているのであれば問題ありませんが、アプリもインストールしていないし、バックグラウンドで動作するアプリを複数起動している訳ではないのに動作が重い場合には、もしかすると ハッキングのプログラムが動いていることが原因かもしれません。 スマホのハッキング症状3 見覚えのないアプリがある ホーム画面やアプリ一覧画面に、見覚えのないアプリはありませんか? 知人に設定を頼んだ際や、少しスマホから目を離した際に、 勝手にハッキングを助長するためのアプリをインストールされていたと言うことも少なくありません。 ホーム画面の2ページ目や3ページ目、フォルダの奥底など、念入りに怪しいアプリが無いかチェックしてみましょう。 Androidスマホであれば、ホーム画面からアイコンを隠すこともできますので、 設定画面のアプリ一覧からチェックすることもお忘れなく。 [設定>アプリ一覧] 手順さえ分かっていれば、Androidのroot化や、iPhone(iOS)の脱獄も僅か数分で行えてしまいますので、危険なアプリを入れて遠隔操作の機を伺っているかもしれませんよ。 スマホのハッキング症状5 謎のメールが届いた 「継続利用完了のお知らせ」「プロファイル設定完了のご連絡」と言った、見に覚えのないメールは届いていませんか? 単なる迷惑メールの可能性もありますが、ハッキングツールの中には、予め被害者とハッカーのメールアドレスの登録を行うことで、2台のスマホをリンクさせる内容のものもあります。 メール本文中にサービスの名称がある場合には、ネットでその名前を検索してみて、どのようなサービスなのか調べてみると良いでしょう。 ただし、そのメールに添付ファイルやURLが添付されている場合は、間違ってもそれらは開かないように注意してください。 内容が知りたいからと言ってそれらをタップすると、それが原因でハッキングされることもあります。 特に添付ファイルにはウイルスも簡単に仕込めますので、 知らないアドレスからのファイルは絶対に開いてはいけません。 スマホのハッキング対策はどうする? お伝えした調べ方を定期的にチェックして、ハッキングされてるか調査を欠かさないことも大切ですが、 事前にハッキングの対策を行っておくことも重要です。 ハッキングされているかどうか調べると言うことは、ハッキング行為が疑われると言うことですので、 既に何かしらの実害が発生している可能性があります。 もちろん、そのまま放置して見て見ぬふりをするよりは、よほど良い行動と言えますが、• ハッキングを行わせない環境を作る と言うことも、一スマホユーザーとしては心得ておかなければいけません。

次の

「あれ…これってハッキング?」ちょっとでも気になったら動作や記録をチェックして、パスワードをぜんぶ変えよう

あなたはハッキングされた可能性

トレンドマイクロでは日本語による悪質な詐欺メールの拡散を、9月中旬から継続して確認しています。 詐欺メールの本文は複数種ありますが、いずれも「あなたがアダルトサイトへのアクセス時に録画されたビデオを周囲に流布されたくなければ金銭を支払え」という旨の内容であり、不正ファイルの添付や不正サイトへの誘導はない、純然たる詐欺目的のメールとなっています。 このメール内容からは、悪質なサイバー犯罪の1つである「」の手口が思い浮かびます。 しかし、これまで確認されてきたセクストーションは出会い系サイト上などで狙われた個人を騙して脅迫する手法なのに対し、この詐欺メールは送信規模などから考えて不特定多数に対するばらまき型の攻撃と考えられます。 つまり、セクストーションにおいて手間と時間がかかる行為を省き、メールのみで受信者を脅して金銭を支払わせようとする「簡略版セクストーション」とも呼べる詐欺手口となっています。 トレンドマイクロのクラウド型次世代セキュリティ技術基盤「Smart Protection Network(SPN)」の情報を本記事執筆の10月1日時点で確認したところ、最初の送信は9月19日であり、9月30日までの12日間で少なくとも3万通の日本語詐欺メールが拡散したものと考えられます。 詐欺メールの件名としては以下の11種類が確認されていますが、中でも「緊急対応!」、「AVアラート」、「あなたの心の安らぎの問題。 」、「すぐにお読みください!」の4種が使用回数上位となっています。 件名 割合 緊急対応! 17. 例として、以下の25日に確認された詐欺メールでは、「私はあなたのアカウントをハッキングし、そこからメールを送りました」との文言で受信者の誤解を誘導しています。 図:9月25日に送信された詐欺メールの例 受信者のアドレスを送信元アドレスの偽装に使用する手口は以前から存在していますが、このようにメールアカウントのハッキングを受信者に信じさせる手法として使うのは新しい手口と言えます。 また、受信者にメールの内容を信じさせる手口としてはもう1つ、本文内にメールアカウントのパスワードを記載するという手法も確認されています。 トレンドマイクロへの調査依頼事例の中では、上記のメール本文に 「今私はあなたのアカウントにアクセスできます! たとえば、のパスワードは<パスワードの文字列>です」 という一文が追加されている事例が確認されています。 トレンドマイクロの調査の中では、記載されていた文字列は使用しているパスワードと同一であったという報告や、別のWebサイトなどで使用していたパスワードである可能性があるなどの報告を確認しています。 要求金額はなぜか一定ではなく、トレンドマイクロが確認した範囲では$550から$700相当を仮想通貨のビットコインで支払うことが要求されていました。 今回の詐欺メールでビットコインの支払先として指定されているビットコインアドレスを、トレンドマイクロでは8件確認しています。 この8件のビットコインアドレスにおけるトランザクションを、本記事執筆中の10月1日時点で確認したところ、すべてのアドレスを併せて全部で46件のトランザクションがあり、合計約3. 4BTC(日本円で250万円相当)の入金が確認できました。 これらのトランザクションについては最も古いものでも9月19日であり、詐欺メールの開始時点と符号します。 また確認時点で最新のトランザクションは9月29日でした。 これらのトランザクションがすべて詐欺メール関連のものかどうかは断定できませんが、トランザクションを細かく見ていくと、ビットコインアドレスを指定した詐欺メール内で要求している金額前後の入金が複数回発生していることがわかります。 このようなトランザクションの状況状況からは、複数の受信者が要求通りの金額を支払ってしまっている可能性が推測されます。 今回の日本語を使用した詐欺メールの攻撃も、サイバー犯罪者が攻撃対象を各国語に拡大していく中で、日本もその対象となったものと考えられます。 金銭利益を目的とするサイバー犯罪者は、より効率良く利益を上げられる攻撃方法を模索しています。 詐欺メール内で指定されたビットコインアドレスのトランザクションから推測すると、日本だけでも250万円相当のビットコインが12日間で詐取された可能性があります。 一度利益が得られることが判明した攻撃手口は、何度も繰り返される可能性が高くなります。 今回の詐欺メールの送信は10月に入ってもまだ継続しており、今後も注意が必要です。 常に最新の脅威情報を入手し、対策に役立ててください。 また、詐欺の発端となる不審なメールを可能な限りフィルタリングし、手元に届かないようにする対策の導入も重要です。 「」、「」、「」などの法人向けゲートウェイ製品では、特にERS技術により詐欺メールを着信前にブロックします。

次の