甘露寺炭治郎。 甘露寺蜜璃の過去とは?【大食い•それによる失恋•鬼殺隊入隊の目的】

甘露寺と伊黒が無惨との戦いで死亡!一目惚れや二人の関係性について解説|鬼滅の刃.info

甘露寺炭治郎

もっと本編で二人の絡みがあったら良かったのに…と残念に思った方も多かったのではないでしょうか。 ヒノカミ神楽の情報を得るため、炭治郎が煉獄の元を尋ねたシーンがありましたよね! ヒノカミ神楽については初耳で知らん!との回答でしたが、代わりに「 俺の継子になるといい、面倒を見てやろう!」と炭治郎に継子になるよう勧誘をします。 炭治郎の刀が黒刀であることを知った後も、「俺のところで鍛えてあげよう。 もう安心だ!」と明るく答えていました。 そんな3人を見て「 3人まとめて立派な剣士にしてやろう!」と答える煉獄は、まさに彼らの「育手(そだて)」と呼ぶにふさわしい人物ですよね! もし無限列車編で煉獄が生き残っていれば、 炭治郎、善逸、伊之助が正式に継子になる、そんな未来もあったかもしれません。 — ﹒ vraxys 続いて「煉獄杏寿郎の継子が甘露寺蜜璃である」という情報のソースは何巻の何話なのかについて、調べていきたいと思います。 漫画「鬼滅の刃」の該当シーンを探してみたところ、 漫画本編には記載がないということがわかりました。 それではどこからの情報かというと、 公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」に記載がありました! 「鬼殺隊報」の号外で記載があり、「大正コソコソ噂話」といって隊士たちの噂話を集めたページです。 87ページにオリジナルの呼吸についての記載があります。 「恋」の呼吸は何からの派生?という質問コーナーなのですが、 実は「炎」からの派生であり、蜜璃オリジナルだそうですよ! 甘露寺は、初めは杏寿郎に弟子入りして、継子になるのですが、 オリジナリティに溢れすぎて独立にいたったそうです。 きっと、蜜璃の好きように技を発展していったのでしょう。 それで、それを杏寿郎に見せたら「とてもいい!」となったのかもしれませんね? 他の継子はいなかった? 煉獄に他の継子が居たかどうかについても、公式ファンブック「鬼殺隊見聞録」の86ページに記載がありました。 「面倒見が良いが 継子がいなかった理由は?」という質問から、 他に継子はいなかったということがわかります! その理由は、 稽古が辛すぎてみんな逃げたからだそうです! なんとも杏寿郎らしい理由ですよね…。 実は、16巻第134話「反復動作」でも少し話題が出ています。 炭治郎の先輩隊士である村田が柱稽古のとき、 柱にほとんど継子がいない理由に気付いた、とぼやいています。 「しんどすぎてみんな逃げる」「柱との違いに打ちのめされて心折れる」などと他の隊士も納得の様子でした。 柱稽古はなかなか稽古で死ぬんじゃないかと思うほど過酷なものが多かったですからね! 杏寿郎もきっと過酷な稽古を課していたのでしょう。 柱として継子を探すのも大変そうです。 炭治朗のことを継子にしてやろうと言っていたのも、単純に継子がとても欲しかったからかもしれませんね。 少し、推測をしてみたいと思います。 蜜璃は結構、柱の名前を呼んでいる場面がありました。 第45話「鬼殺隊柱合同会議」で 不死川、伊黒、冨岡のことを「さん」付けで呼んでいることが分かります。 そこから、杏寿郎のことも 「煉獄さん」と呼んでいたのではないかと思います。 しかし、他の継子であるカナヲはしのぶのことを「師範」と読んでいたので継子時代はもしかしたら違う呼び方をしていたかもしれませんね? また、杏寿郎が蜜璃をなんと呼んでいたかですが、杏寿郎が柱の名前を呼ぶ記述は見つけられませんでした。 炭治朗、善逸、伊之助のことはそれぞれ「竃門少年」「黄色い少年」「猪頭少年」と呼んでいるところはありました。 炭次郎だけは名前を名乗っていたので、苗字で呼ばれてますが後二人は印象で呼ばれてますね。 最初は炭治郎のことも「溝口少年」といっていたのであまり人の名前を覚えるのは得意ではないようです。 そして、自分の弟である「千寿朗」は呼び捨てでしたので、親しい仲であると呼び捨てになるようですね。 そこから推測ですが、多分苗字か名前か呼びである 「甘露寺」か「蜜璃」が濃厚な線のなのではないかと思います。 記述がないということは、どのように呼ばせても自由ですよね! どんな風に呼び合っていたのか考えるもの楽しいと思います。 ソースは何話で何巻であるかですが、本編には記載がなく公式ファンブックの「鬼殺隊見聞録」に記載がありました。 呼び方ですが、本編では出てきていなかったので、どう呼んでいるか考えるのも楽しいかもしれません。 漫画「鬼滅の刃」これから誰かが柱の継子になる場面が出てくるかもしれませんね! どういう展開になっていくのか楽しみですね。

次の

Amazon

甘露寺炭治郎

鬼滅の刃122話のネタバレ 無一郎の勝利 に勝利しただったが、毒が回っていることもあり泡を吹いて倒れてしまった。 無一郎は両親や兄のを思い出し涙を流していた。 甘露寺蜜璃の参戦 は喜怒哀楽が合体したと戦っていた。 「喜怒哀楽が合体した鬼が操る木の竜は頭が五本で伸びる範囲はおよそ66尺」と分析する。 炭治郎は木の竜に攻撃を仕掛けようとするが、木の竜は口から衝撃波を放って反撃してきた。 衝撃波を食らい鼓膜が破れ目が回って立てなくなってしまった炭治郎。 木の竜に足を踏みつけられ足が潰れてしまう。 喜怒哀楽が合体した鬼は喜怒哀楽が持っていた技を強化した状態で使うことができるのであった。 炭治郎は攻撃範囲外の66尺の距離を取るが、木の竜の口から小さな木の竜が連なり炭治郎まで届き、炭治郎は口の中に閉じ込められてしまう。 そこに駆けつけたのが恋柱の。 甘露寺が木の竜を斬りつけ、閉じ込められていた炭治郎を助けていく。 「おイタが過ぎるわよ」と言う甘露寺に「黙れあばずれ」と返すの分身体。 「あばずれ」という言葉を使う半天狗に驚く甘露寺だが、半天狗の放った狂鳴雷殺を恋の呼吸 参ノ型 恋猫しぐれですべて斬り裂いていく。 甘露寺が参戦したことで戦況は好転していくのでしょうか?? 鬼滅の刃122話の感想 半天狗との戦いに甘露寺が参戦してきました!今のところ半天狗に押されまくりですが、甘露寺が加わったことで戦況は変わっていくのでしょうか??甘露寺がどれほど強いのか注目していきたいところです。

次の

甘露寺に囁かれて炭治郎が鼻血を出す?なぜ真面目な彼がドキドキしたのか解説|鬼滅の刃.info

甘露寺炭治郎

鬼滅の刃12巻101話のネタバレ 刀鍛冶の里の長、鉄珍 刀鍛冶の里についた炭治郎は、真っ先に里の長、鉄地河原鉄珍のもとへ挨拶に行く。 素直で真面目な炭治郎を、鉄珍はすぐに気にいり、かりんとうを振舞う。 かりんとうを頬張る炭治郎に、鋼鐵塚蛍は現在行方不明だ、と告げる鉄珍。 鋼鐵塚がすぐに癇癪を起こすことについて、謝る鉄珍。 炭治郎は「俺が刀を折ったりすぐ刃毀れさせるからで…」と返すが、鉄珍は「いや違う。 折れるような鈍を作ったあの子が悪いのや」と切り捨てる。 鋼鐵塚が見つかるまで、炭治郎は里で療養をすることになった。 鉄珍の家を去った炭治郎は、里にある温泉に案内される。 恋柱、甘露寺蜜璃 温泉へと続く道の途中、炭治郎は甘露寺蜜璃と久々に再会する。 豊満な胸を揺らしながら、半泣きで炭治郎に駆け寄る甘露寺。 なんでも、先ほどすれ違った鬼殺隊の隊士に無視をされてしまったらしい。 めそめそと泣き続ける甘露寺に、炭治郎は「もうすぐ晩ご飯ができるみたいですよ。 松茸ご飯だそうです。 」と伝える。 途端に笑顔になった甘露寺は、歌を歌いながら去っていった。 選抜試験ぶりの再会 温泉に到着した炭治郎の頭に、何か小さなものが飛んできた。 拾って確認すると、抜けたての前歯だった。 どうやらそれは、先に温泉に入っていた不死川玄弥のもののようだった。 同期と久しぶりに再会し、喜ぶ炭治郎だったが、嬉々として話しかけると「死ね!」と返されてしまう。 さらに話しかける炭治郎を、玄弥は湯に沈める。 選抜試験の後のいざこざについて、まだ玄弥は怒っているようだった。 大食いの甘露寺 炭治郎と甘露寺が揃って夕食を食べている。 甘露寺の机の前には、からになった丼がうず高く積まれている。 その大食いぶりに感嘆する炭治郎だったが、甘露寺は、今日はそんなに食べていないと頬を染める。 「俺もいっぱい食べて強くなります!」 炭治郎は元気に宣言した。 温泉への道で、甘露寺を無視したのは、炭治郎の同期の不死川玄弥だと教える炭治郎。 その名を聞き驚く甘露寺。 不死川玄弥は、風柱である不死川実弥の弟だった。 それにも関わらず、不死川実弥は、「俺に弟はいない」と周囲の人間に話しているらしい。 また玄弥は、いつも食事の場に姿を表さないようだった。 甘露寺が鬼殺隊に入った理由 食事を終えた炭治郎達は、玄弥に食事を持って行ってやることにする。 炭治郎は甘露寺に、どうして鬼殺隊に入ったのか尋ねる。 甘露寺はもじもじし、頬を染めながら勿体つけて答えた。 「添い遂げる殿方を見つけるためなの!!」 甘露寺は、自分より強い男性を探すため、鬼殺隊に入ったのだった。 あまりの理由に固まる炭治郎。 隠しより、もうすぐ甘露寺の刀が研ぎ終わるとの連絡が入る。 深夜に次の任務先へ向かうという甘露寺は、少し寂しげな笑顔を見せる。 「今度また生きて会えるかわからないけれど、頑張りましょうね。 」 去り際に甘露寺は、炭治郎に耳打ちしてみせた。 「この里には強くなるための秘密の武器があるらしいの。 探してみてね。 」 あまりの至近距離に、炭治郎は、甘露寺が立ち去った後、鼻血を吹き出した。 翌朝、里の外を歩く炭治郎は、ひょっとこのお面をつけた少年と揉めている、霞柱、時透無一郎に遭遇する。 鬼滅の刃12巻101話の扉絵とタイトル考察 101話の扉絵には、ささやく甘露寺のイラストが描かれています。 大きな瞳が可愛らしいです。 甘露寺の虜になっている隊士も多いのではないでしょうか。 101話のエピソードタイトルは「内緒話」となっています。 甘露寺の内緒話に、炭治郎は鼻血を吹いてしましました。 風呂上りの可愛い甘露寺に囁かれたら、思春期の炭治郎はひとたまりもないですね。 甘露寺が立ち去るまでは、鼻の下を伸ばさずしっかり受け答えしていた炭治郎、えらいですね。 鬼滅の刃12巻101話の名台詞 101話に出てくる台詞の中で一番印象に残ったのは、「甘露寺蜜璃は竈門兄妹を応援してるよ〜!」です。 いつ誰が死んでもおかしくない鬼滅の刃の世界で、甘露寺の存在は清涼剤のようです。 可愛らしい物言いに癒されます。 鬼滅の刃12巻101話の感想・考察まとめ 今回もまったりした回となりました。 炭治郎は甘露寺、玄弥と再会しました。 玄弥は、不死川実弥の弟であることが判明しました。 しかし、弟はいないと言い張る実弥の様子を見る限り、何か訳ありのようですね。 また、甘露寺の衝撃の鬼殺隊入隊理由も判明しました。 他の柱は、敵討ちや罪滅ぼしなど、理解できる理由を持っていましたが、甘露寺は結婚相手探しのため入隊したとのことでした。 普通にしていたってモテそうな甘露寺ですが、一体何が彼女をそんなに駆り立てたのでしょうか…。 また、久しぶりに登場した時透無一郎は、何を揉めているのでしょうか。 102話の展開に期待しましょう。 漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選 近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。 合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。 サービス名 月額料金 税抜き 888円 1780円 1990円 無料期間 2週間 30日間 31日間 無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後 公式サイト 無料期間内の解約 全て可能。 解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能 どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。 そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。 ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

次の