体温 が 低い 理由。 低体温が起こる原因とは?めまいや頭痛が起こる理由を知って体温をあげよう

体温が低いと2つの危険が。低体温の8つの原因と改善方法を解説

体温 が 低い 理由

2~36. 3度、ほとんどが35度台のに陥っているそうです。 1度の体温低下で、代謝は約12%、免疫力は30%以上低下するともいいますから、これは放ってはおけません。 「漢方では、『冷えは万病の元』といって、あらゆる病気や不調の根底には冷えが潜んでいると考えられています。 冷えると血の巡りが悪くなり、全身に栄養や酵素、白血球などを運んでいる血液の流れが滞るのですから、からだの働きが低下して病気にかかりやすくなるのは当然。 からだを温めることがいかに大切か、おわかりになるでしょう」 こう話すのは、内科医の石原新菜先生。 自然医学の泰斗で「生姜力」(主婦と生活社)の著書がある父、石原結實(ゆうみ)氏のもとで学び、クリニックでは、漢方医学や食事療法を取り入れた指導を行っています。 低体温になると、代謝が落ち、免疫力が低下するといわれています。 記事によれば、日本人の平均体温は36.8度あったとされるのに、いまや高い人でも36. 2~36. 3度、ほとんどが35度台のに陥っているそうです。 この部分を読んで、ふと以前の記事を思い出しました。 なぜ日本人より欧米人のほうが体温が高いのでしょうか。 それは、熱を発生させる筋肉量の違いです。 細胞の中にあるミトコンドリアが熱を発生させているのですが、筋肉量が多ければ、ミトコンドリアの数も多くなり、それにともなって体温が上昇すると考えられるそうです。 つまり、欧米人は、筋肉量が多いため、恒常的に高い体温を維持しているため、寒い日本でも半袖の人が多いというわけなんです。 反対に、日本人の平均体温は低体温化しているようです。 筋肉量が多い欧米人のほうが日本人よりも体温が高いということは、もしかすると、50年前に比べて日本人の筋肉量が少なくなっているということは考えられないでしょうか。 もちろん50年の間に食事の内容も変わっているので、食事と日本人の低体温化と関係は深いと思います。 【関連記事】 石原結實さん著書「体温力」によれば、日本人がになった(体温が低下した)理由として、次のことを挙げています。 運動不足 塩分の控えすぎ 水分の摂りすぎ 食べ過ぎ 体を冷やす食べ物のとりすぎ ストレス 化学薬品、化学調味料、食品添加物の摂取 シャワーで済ませる入浴習慣 夏のクーラー 日本人の低体温化についてさらに理解を深めるには、以下のような点を知る必要がありそうです。 40代・50代の美容法• 40代・50代に必要な栄養• 40代・50代の健康・美容チェック• ギフトマナー• 健康ギフトにえごまそば• グループサイト•

次の

知っておきたい体温の話|活動報告書|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所

体温 が 低い 理由

低体温の人にアンケートを取ると、夜眠れないという悩みが多く寄せられます。 また、朝が起きれない・睡眠はとっているのに寝た気がしないなども多いようです。 低体温症と睡眠にはどのような関係があるのでしょうか?また、良い睡眠をとるためにはどうすればよいのでしょうか。 低体温の人の睡眠時の状態… 低体温の人は、自律神経のリズムが崩れている人に多く見られます。 自律神経は、私たちが生きていくために重要なリズムを司る神経です。 自律神経は、活動時に活発になる交感神経、リラックス時に活発になる副交感神経で構成されており、睡眠時には副交感神経の作用により、体温をぐんと低くする働きがあります。 体温を低くする理由は、体が活動しない状態にあるためです。 しかしこの自律神経のバランスやリズムが崩れていると、睡眠時の体温低下がされないために寝つきが悪くなったり、寝た気がしないというような状態に陥ってしまいます。 低体温の人は、この体温のメリハリがほとんどといっていいほど見られません。 理想的な体温の変動は、夜下がり日中上がることです。 自律神経を整えるためにできる生活法 1.朝の日の光を浴びる 2.朝食は必ず摂る 3.深呼吸をし、リラックスを心がける 4.外の空気を吸う 5.適度に体を動かす 6.湯船にゆっくりとつかる 7.テレビやパソコンはほどほどに たったこれだけ?と感じるかもしれませんが…これだけです。 最近調子が悪いな…、寝れないな…と感じたら、実践してみてください。 私達の体はとても素晴らしく精巧にできているんです。 規則正しく、自然に生活を送っていくことが、体にとって良いことなのです。 寝不足は低体温になる!?さらに寝不足の危険性 近年、寝不足の人が増えています。 そしてそれに比例するように、低体温の人も増えてきています。 睡眠時間・質の低下により、体を機能させるもっとも重要な体温を下げてしまっているのです。 体温は、体の重要な機能ですので、低体温は体に様々な弊害をもたらします。 さらに、その低体温をもたらす睡眠も、私たちにとても重要なことなのです 寝不足になるとどのような変化が見られるの? ・脳が鈍る ・肥満、糖尿病、心臓病のリスクが高まる ・血圧が上がる ・うつ病のリスクが高まる ・男性ホルモン・女性ホルモンの働きが悪くなる 寝不足は死亡率が2. 4倍高くなるというデータもあるほど怖いものです。 睡眠不足は老化を早め、寿命を縮めるのです! 寝不足にならないための習慣 1.飲酒、喫煙、カフェインを控える コーヒーや紅茶に含まれているカフェインは眠りを妨げます。 そして、タバコはニコチンによる興奮作用がありますので入眠を妨害します。 お酒は、夜中に目が覚めやすいです。 深い眠りが減るので、翌日に疲れが残ります。 2.夕食の時間は寝る3時間前までに済ませましょう 寝る直前に脂っこい食事や満腹になるまで食事をすると、胃腸や肝臓に負担がかかり体の熱が生み出せなくなってしまいます。 そして、朝食時にの食欲がなくなってしまいます。 もちろん寝つきにくくなります。 3.午後の運動 30分程度の有酸素運動が効果的です。 ですが、筋肉を鍛えるようなトレーニングは不向きです。 程よい疲れを感じる程度の運動を心がけましょう。 4.PCやテレビ、携帯は時間を決めて 夜になるとどうしてもテレビやPCを見てしまいがちです。 眠たくなる時に分泌されるメラトニンの分泌を抑え、眠気がこなくなってしまいます。 私達の身の回りには、睡眠を阻害してしまうものがいっぱいあります。 それと上手に付き合っていくためにも、毎日の生活習慣を見直す必要があります。 体を健康に保つためにも、睡眠をたっぷりとるようにしましょう。 体の冷えで眠れない!低体温がもたらす体の異常とは 人間は、手足や体が冷えると眠りにつきずらくなります。 冷えは血流を悪くし、脳への栄養を送る酸素が足りなくなります。 しかも、筋肉の血流も悪くなるため、肩コリなどの疲労がとれにくくなってしまいます。 眠ったはずなのに体の疲れが取れない・寝た気がしない… このようなことが起きているあなたの体は、冷え切っているのかもしれません! 体の冷えや睡眠不足で起こる体の異常 体の冷えは主に免疫力の低下・新陳代謝の悪化を招きます。 新陳代謝が悪くなると、ますます冷えはひどくなる一方で、睡眠の質も改善されにくくなるでしょう。 しかし一番怖いのが免疫力の低下です。 免疫力が落ちるということは、風邪などの感染症にかかりやすくなることです。 癌など細胞が活発化するのも、免疫力の低下が原因です。 しかも癌細胞は、体が冷えることで活発化し、増殖しやすくなります。 たかが体の冷えで命の危険にまで及ぶとは…冷えは体にとって大敵ですね。 体の冷えで眠れない時はどうすればいいの? ・靴下は履かない 足先が冷たくてたまらない時は、どうしても靴下を履いてしまいますよね。 しかし、寝ているうちにかいた汗が冷えを招いてしまいます。 どうしても靴下をはかないと寝られないときは、化学繊維の靴下ではなく綿100%の通気性の良い靴下にしましょう。 ・寝る前に熱いお風呂に入らない 寝る前に熱いお風呂に入ってしまうと、体の芯まで温まりません。 そのため、お風呂から上がると急激に体温が下がり冷えが悪化します。 入るならぬるめのお風呂に、じっくり入るのがいいでしょう。 ・夜ご飯は腹八分目 夜ご飯はお腹いっぱい食べるのではなく、腹八分目までにしましょう。 また、脂っこいものやアルコールを摂り過ぎると、肝臓に負担がかかり熱を生み出せなくなってしまいます。 夜はなるべく寝る3時間前までに食事を済ませるようにしましょう。 ・パソコンや携帯はほどほどに 冷えとは直接関係がありませんが、寝る前にパソコンやテレビ、携帯などを見ると寝つきが悪くなってしまいます。 静かにゆったりと過ごすとよいでしょう。 良質な睡眠をとるためにできることを挙げましたがいかがですか?出来ていないと感じる項目があれば今すぐにでも試してみてください。 たかが『冷え』ではありません。 冷えを取り、しっかり睡眠をとることができれば、これらの病気を予防することが出来るでしょう。 まずは、体温を測りあなたの平熱をしっかり知ってください。 それは免疫力や酵素の働き、新陳代謝どれにおいても活発に働く体温だからです。 子供の体力は大人ほどないため、低体温における弊害は数知れません。 子供が低体温になる理由、ならないためにはどうすればいいのかをご紹介します。 あなたのお子様は大丈夫ですか? 低体温・・・一番の原因は運動不足です!運動不足による筋力の低下が原因で、血行不良が起こり低体温へとなっていくのです。 近年の子供の運動不足の要因は、遊びの変化によるものかもしれません。 今の子供はゲームなどの室内玩具が充実しているため、外で汗をかきながら走り回る機会が非常に少なくなっています。 習い事で水泳やサッカー、野球、ダンスなどをしているお子さんは多いですが、やはり昔に比べると運動量は足りていないのが現状です。 実際に昔に比べ運動能力の低下が社会問題となっています。 小学生の運動能力テストは、平均に満たない子供が多いのが現状です。 社会環境も大きな要因でしょう。 誘拐などの怖いニュースにより、安心して子供を外で遊ばせられないという意見もたくさん集まります。 子供が安心して遊べる場所を確保するために、学校の校庭を開放している地域もあります。 室内ばかりでなく外で遊べる工夫をしなくてはなりません。 実は小学生の睡眠不足も深刻な問題 子供は大人以上に充分な睡眠時間が必要です。 しかし、小学生高学年から高校生くらいになると、睡眠不足を感じている子供が多く見受けられます。 勉強をしている・・・よりも、ゲームや携帯、パソコンをしている時間が多いようです。 集中力の低下などを招く深刻な問題ですので、家庭でルール作りを徹底していく必要があります。 子供が低体温にならないためにできること ・汗をかくような運動をしっかりさせる ・十分な睡眠時間の確保 ・朝食はしっかり食べる これだけは絶対守ってもらいたいですね。 アロマでぐっすり寝って低体温を解消! 睡眠がしっかりとれていない人の多くが、低体温症で悩んでいます。 表面的な冷えはもちろんのこと、深層部の内臓まで冷え込んでいる人は、体に様々な症状を伴います。 手足の冷え・便秘・睡眠不足・生理不順など・・・低体温は早いうちにしっかり予防することが重要です。 低体温の予防に効果があるのは、睡眠です。 睡眠の質をアップすれば、睡眠を司る自律神経のバランスやリズムが整います。 睡眠を良くすることは、低体温症を予防することにもつながります。 寝つきが悪い人はアロマでぐっすり睡眠を・・・ 手足が冷たいとなかなか寝付けないですよね・・・そういったときはアロマに頼ってみませんか?リラックスをしたいときに効果のあるアロマです。 アロマディフューザーといってアロマを霧状にする機械を使用したり、お風呂に入れたりしてリラックスタイムを楽しんでください。 ・ラベンダー 気持ちが静まるので、リラックスしたい時に最適です。 ・イランイラン 女性ホルモンのバランスが崩れている人にオススメです。 ホルモンバランスを整える効果があります。 ・ローズオットー イランイランと同様女性ホルモンを整える作用があります。 また、血行促進効果もあります。 マッサージにも最適です。 ・ゼラニウム リラックス効果で、ストレス解消に最適です。 冷えが辛いときは入浴法をちょっと変えてみては? あまりの冷えで辛いというときは、入浴法を変えてみましょう。 肩は冷やさないようにタオルをかけたりしましょう。 このときに、アロマを使うとさらに良いでしょう。 血行促進効果のあるローズオットーなどを入れるとぽかぽかですよ。 お気に入りのアロマで、素敵なリラックスタイムを過ごしてください。 Photo by:.

次の

高齢者の体温はなぜ低い?その疑問に、メカニズムからお答えします!

体温 が 低い 理由

体温は常に体内で作られ、全身に運ばれ、そして放散されている 人の体温は、体の中でなんらかの異常が起きていなければ、おおよそ36~37度付近で一定に維持されています。 ではなぜ人は、周囲の温度が変化してもこの体温を維持できるのでしょうか。 熱を作り出し、外に放出されるまでのメカニズムを3段階に分けて解説します。 熱を作り出す 体温を維持するためには、常に体の中で熱を作り出さなくてはいけません。 体の中で熱を作り出しているのは、 筋肉と肝臓です。 筋肉は、収縮するためにブドウ糖などをエネルギーへ変えるとき。 肝臓は、食物から取り込んだ栄養素を代謝するときに、それぞれ熱を作り出します。 全身に運ぶ 体の中のさまざまな機能は、一定の熱がないと効率的に動くことができません。 そのため、 筋肉や肝臓によって作られた熱は、血液によって全身に運ばれます。 熱を放散する 熱を作り続けていたら、体はどんどん熱くなってしまい、一定に保つことができなくなってしまいます。 そこで活躍するのが 皮膚です。 皮膚の表面から熱を放散することで、高くなりすぎないようにしています。 このように 体温は、体内で作られ、運ばれ、そして外へ放散されているのです。 体温を維持できるのは、温度を感知し、司令を出している視床下部のおかげ 体温の産出・輸送・放散を、それぞれ単独で行っていては体温が一定になりません。 そこで人の体温が常に一定に保てるよう、管理しているのが、 温度受容器と体温調節中枢の2つです。 温度受容器とは、 皮膚や脳の視床下部という部分に存在し、温度を感知する役割を担っています。 一方、体温調節中枢は、 温度受容器もある脳の視床下部という部分にあり、体温を維持するいわば司令塔のような役割をしています。 そして 体温調整中枢は、温度受容器によって感知された体温に合わせて、以下のような指令を体の各部署に出すことで、体温を一定に保っています。 しかし実際に高齢者の体温を測定してみると、35度台と体温が低い方がとても多いです。 ではなぜ、高齢者は通常よりも体温が低いのでしょうか。 その理由は 基礎代謝と調整機能の低下が関係しています。 熱は筋肉や肝臓での代謝によって産出されますが、筋肉量は20歳をピークに徐々に減り、運動量も低下します。 よって、 年を重ねると基礎代謝は落ちる傾向にあります。 基礎代謝が落ちることで熱の産出量も少なくなるため、結果として高齢者は子どもや若い方にくらべ、体温が低い方が多くなります。 本来は体温が下がったとき、代謝を上げたり、皮膚の血流量を下げなくてはいけません。 しかしその 伝達機能が加齢によって低下してしまっているので、体温の調整ができず、体温が低い傾向となります。 睡眠や覚醒、食事や水分補給など、人が生活していく上で大切な生理現象の調整も、視床下部が行っています。 高齢者が起こしやすい不眠や食欲の低下、水分量の低下といった問題は、視床下部の機能が低下することも、原因の一つと考えられます。 体温測定時に注意したい、体温が生理的に変動する5つの事柄 介護職など、ご高齢の方の体温測定をする機会がある方にぜひ覚えておいていただきたいのは、体温が生理的に変動するとされている、以下の5つの事柄です。 体温を測定する時間帯 体温は、夜間の睡眠中が最も低くなり、午後活動している間が最も高くなります。 このとき、正常であれば体温の変動は1度未満であるため、1度以上変動があった場合は、病気が隠れている可能性があります。 たとえば夜間は35度台と低い体温の方が、午後には36度後半だった場合は、病気の可能性がある、ということになります。 運動をしたとき 運動は、筋肉を多く収縮させるため、熱の産出量が増え、体温は上がります。 食事をしたとき 食事をすると、消化や吸収といった代謝が亢進するため、熱の産出量が増え、体温は上がります。 精神的に興奮しているとき 興奮すると、体温を上げる作用のあるアドレナリンの分泌が亢進されるほか、筋肉の緊張も亢進されるため、熱の産出量が増え、体温は上がります。 長期の栄養失調 長期にわたって栄養が不足すると、筋肉や肝臓が熱を産出できないため、体温は下がります。 これら5つの変動状況を踏まえた上で、高齢者の体温測定を行う際は、• 〇毎日決まった時間• 〇運動・食事の直後は避ける• 〇精神的に落ち着いているとき に測定することを心掛けましょう。 体温の測定は、できるだけ腋で行おう 額や鼓膜など、最近はさまざまな部位での体温測定器が多数市販されています。 しかし、 腋は確実な体温を測定できる口や直腸にくらべて、簡単に測定できること。 そして、 腋を隙間なく閉じることができれば、確実な体温に近い値を測ることができることから、日本では最も一般的な測定方法となっています。 腋を隙間なく閉じることができない。 腋で測定すると興奮してしまうなどの理由がなければ、極力体温測定は腋で行うことをおすすめします。 関連記事: 参考: (2018年6月22日引用) (2018年6月22日引用) 尾上尚志・北澤茂他. 病気がみえる Vol. 7 脳・神経,メディックメディア社,東京,2017,pp45. 熊谷たまき、徳田安春他. フィジカルアセスメントがみえる,メディックメディア社,2015,pp24-39. (2018年6月26日引用).

次の