コロナ ウイルス 現金 給付 金。 新型コロナ対策30万円給付金。もらえる対象は?制度の問題点とは?(増澤陸)

10万円給付金、申請方法は?いつ入金される?期限はあるの?

コロナ ウイルス 現金 給付 金

2020年4月7日 7:00 新型コロナウイルスの感染拡大で仕事を失った国民は、政府の支援を待ち望んでいる。 そこに安倍晋三首相がまず打ち出したのは全世帯への布マスク2枚配布だった。 本当に必要なのがどちらかは言うまでもない。 新型コロナショックへの緊急経済対策として、世界各国が競い合うように国民への現金給付を打ち出している。 最初に支給するのは米国になりそうだ。 トランプ大統領は年収7万5000ドル(約810万円)以下の成人に1人1200ドル(約13万円)、17歳以下の子供には500ドル(約5万4000円)の現金給付を決定。 夫婦と子供2人の世帯なら合計約37万円にのぼる。 対象者には政府から直接、小切手が郵送され、申請手続きは原則必要ない。 小切手は4月20日頃から届き始める見通しだ。 元財務官僚の高橋洋一・嘉悦大学ビジネス創造学部教授が語る。 「米国の受給手続きは簡単です。 政府振り出しの小切手だから、本人がサインして銀行に持っていけば換金してもらえる。 小切手の印刷を考えても政府の準備にかかる期間は2週間程度でしょう。 こういう政策は即応性が重要。 日本もこの方法なら迅速に実施できる」 他の国を見ると、香港は18歳以上の市民に現金1万香港ドル(約14万円)を支給する。 フランスは休業する労働者の賃金100%補償のほか、自営業者などには1500ユーロ(約18万円)を給付、ドイツも自営業者に3か月で9000ユーロ(約108万円)を補償する。 では、日本の国民にはいくら配られるのか。 安倍首相は108兆円規模の緊急経済対策を実施すると表明。 収入が住民税非課税水準にまで落ち込んだ世帯や、月収が半分以下に減った世帯でも一定の所得以下となった場合、「1世帯30万円」の現金給付を検討しているという(*)。 【*追記:その後、国民一人ひとりに一律10万円を給付する方針に変更された】.

次の

コロナ対策の「現金給付」30万円、申請から受給までの流れ

コロナ ウイルス 現金 給付 金

詳しくは以下の記事をご覧ください 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活に困っている人がもらえる給付金について解説 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生活に困っている世帯に対する生活維持のための臨時の支援としての30万円を受け取れるされました。 対象となる人は誰なのかを解説します。 「ハードルが高すぎる」「世帯一律給付にすべきだ」「規模が小さすぎる」といったような意見も耳にしますが、まずは発表された制度の給付対象者や給付金額の基準、受給手続き上の添付書類や注意点を把握しておきましょう。 <目次>• 「生活支援臨時給付金」の対象となる人とは? まずは令和2年4月7日、「新型コロナウイルス感染症対策緊急経済対策」にて閣議決定された内容を整理しておきます。 給付についてはで発表されており、• 1世帯当たり30万円を給付• 生活保護者は原則として対象から外れる• 年金のみで生活している人も原則として対象から外れる• 公務員、大企業の勤務者等は一般的には含まれないと想定される ということです。 「大企業と中小企業とはどこで線引きするのか」といったことへの疑問は残りますが、それ以外の方は一律、収入の金額によって線引きがなされるということになります。 給付の対象となる金額の基準その1 まず、算定の対象となるのは世帯主の月間収入で、令和2年2月から令和2年6月までの任意の月でいいとされていますので、「生活の状況」や「申請から給付までの期間」にも注意しながら判断していくことになるでしょう。 なお、当初はこの月間収入を年間ベースに引き直した場合• 水準となる低所得世帯 という基準がありました。 しかし、申請・審査手続きの簡便化のため、世帯主(給与所得者)の月間収入が下記の基準額以下であれば、住民税非課税水準であるとみなすという新たな基準が発表されました。 そのパターン内容は以下のとおりです。 単身世帯…… 10万円 (年間ベース120万円)• 扶養親族等1人…… 15万円 (年間ベース180万円)• 扶養親族等2人…… 20万円 (年間ベース240万円)• 扶養親族等3人…… 25万円 (年間ベース300万円) 上記パターン分けなのですが、扶養親族等とは、扶養親族及び同一生計配偶者を指す、とあるところから扶養親族等1人とは世帯主と配偶者、扶養親族等2人とは世帯主と配偶者と子ども1人、扶養親族等3人とは世帯主と配偶者と子ども2人、というような状況を想定していると考えられます。 給付の対象となる金額の基準その2 また、もうひとつの基準として• 新型コロナウイルス感染症発生前に比べて半減し、年間ベースに引き直すとの2倍以下となる世帯 というのがあるので、それをパターン別に置き換えると• 単身世帯……月間収入が半減し、かつ、月収20万円以下(年間ベース240万円以下)• 扶養親族等1人……月間収入が半減し、かつ月収30万円以下(年間ベース360万円以下)• 扶養親族等2人…… 月間収入が半減し、かつ月収40万円以下(年間ベース480万円以下)• たとえば、世帯主と配偶者と子ども1人という家庭の場合で令和元年の年収が720万円(月収60万円・賞与なし)だったと想定しましょう。 その場合、月間収入が30万円以下なら、月間収入が半減する基準も、年間ベースで引き直した基準480万円以下もクリアするのでOKなのですが、月間収入が35万円だった場合、年間ベースで引き直した基準は• このあたりについては総務省資料内にも「対象者の要件や判定方法をまとめた資料を作成し、ホームページ等において公表する予定」とあります。 また、4月13日には基準となる世帯主の月間収入だけでは対象外となる場合でも、条件を満たせば対象に加える方針であると報道されています。 追加で情報が掲載されることにも注意しましょう。 窓口は?申請方法は?添付書類は何が必要? この給付金の実施主体は 市区町村です。 ただ、窓口に申請者が押し寄せると、さらなる感染症拡大の危険も考えられるため、その受給手続は郵送やオンライン申請など、窓口申請以外の方法を基本として受付を行うこととなります。 提出書類としては 「原則として、本年2月~6月の任意の月の収入がわかる給与明細、雇い主からの証明書、帳簿の一部の写しなど」とあるところから、いまから給与明細の保管場所を定め、コピー等をとり、紛失しないようにすることをお勧めします。 また、「新型コロナウイルス感染症発生前に比べて半減」することを証明する資料として令和元年の確定申告書の控えやの提出をもとめられることも考えられるので、準備しておいたほうがいいでしょう。 なお、給付金は本人名義の銀行口座への振込み予定とされているほか、本人確認書類も必要となります。 その他、受給手続の実務上の注意点は たとえば、「該当する給与明細を紛失した」というケースを想定してみてください。 会社の総務や経理に連絡を取りたくても、「在宅勤務」や「自粛」の影響で連絡がつかない可能性もあります。 給与計算や源泉徴収票の発行などを外部に委託している場合もやはり同様のことが考えらます。 「要件を証明するための書類として何が必要か」を考え、早め早めの準備が必要です。 総務省資料内には、収入状況については「そのほか簡便に収入状況を確認する方法についても検討する予定」とあり、本人確認についても「できる限り負担の少ない簡便な形となるよう……」と、総務省資料内にありますが、詐欺やなりすましを防止する観点から何らかの手続き上の防止措置が設けられることも想定されます。 現状では、総務省から概要が発表され、市区町村がその窓口となるという流れになっていることは間違いありません。 必要に応じて、下記、コールセンターに問い合わせるなど、正確な情報を確認しながら行動しましょう。 内容が固まり次第、追加してまいります。 本給付金の実施に当たっては、令和2年度補正予算案の成立が前提となります。 【関連記事をチェック】.

次の

コロナウイルス海外の給付金まとめ!日本は一律10万円だけど海外はどうなってる?|お金を借りる&払う|みんなのPay活プラットフォーム・マニプラ

コロナ ウイルス 現金 給付 金

2019年11月に発生し、その後12月に中国の湖北省武漢市で最初の症例が確認された「 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」。 国内でも緊急事態宣言が発令されるほど、世界中の感染拡大が止まりません。 そこで、今すぐにでもお金が必要な方はもちろん、現在はまだ影響なくても今後の収入減が不安な方向けに、どのような貸付や融資の制度があるのか、現時点で分かっている情報をまとめました。 新型コロナウイルスの脅威!緊急事態宣言がついに発令! 新型コロナウイルス(COVID-19)は、人に感染する7種類のコロナウイルスの中の一つ。 国内でも週末の外出自粛要請が続いてきた中、ついに2020年4月7日、東京都など7都府県を対象に 緊急事態宣言が発令。 その後同年5月14日に東京都など8都道府県を除く39県は解除され、同年5月25日に全面解除となりました。 ) 同日の記者会見では、安倍晋三首相は「経済は戦後最大の危機に直面」と強調し、同時に「 過去最大級の経済対策の実施」を訴えました。 1人あたり現金10万円の一律給付決定で1世帯30万円は取り下げ!?生活や雇用を守る支援策は? 政府から発表された緊急経済対策は、以下のとおりです。 なお、当初予定されていた1世帯あたり現金30万円の給付金(生活支援臨時給付金)に関しては、下記の1人あたり10万円の一律給付が決定したため、補正予算案が組み替えられて取り下げとなっています。 【現金給付金の手続き】 1,住民票がある市区町村から申請書が送られてくる 2. 世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入して返送(本人確認の書類・口座確認できる書類のコピーもあわせて返送する) 3. マイナンバーカードによるオンライン申請をはじめ、申請書の郵送も開始されている地域もありますから、各市区町村の最新情報も確認しましょう。 低所得世帯は半減していなくても対象。 ・扶養親族等なし(単身世帯):10万円 ・扶養親族等1人:15万円 ・扶養親族等2人:20万円 ・扶養親族等3人:25万円 4人目以降の基準額は、一人当たり5万円を加算 このように、世帯主の収入が半減、あるいは住民税非課税水準の基準値以下の月間収入であれば、給付の対象となってはいますが、自分が対象なのか分かりにくくて不評。 また役所には申込者が殺到して、いわゆる3密(密集・密接・密閉)の状況になる点も懸念されていました。 他にも世帯主の収入減のみが対象である点や、給付の条件が厳しいことから、該当世帯が少なくほとんどが貰えないとして不満の声が増していく一方に。 そのため、一度閣議決定した補正予算案が組み替えられる運びとなっています。 ただ、1人あたり10万円の現金給付金だけでは困窮者に少ないということで、1世帯あたり現金30万円給付の生活支援臨時給付金は、代替措置として追加経済対策で盛り込まれる予定です。 詳細については、分かり次第追記していきます。 事業継続や雇用維持が困難な大企業に対しては、日本政策投資銀行や商工組合中央金庫にて危機対応業務を実施し、資金繰りなどを支援。 (1人1日当たり8,330円が上限、教育訓練を行なわせた場合も同様) 2020年5月14日、安倍首相が39県の緊急事態宣言解除を表明した際、補正予算を強化するため、2次補正予算の編成に着手することを言及しました。 2020年度第2次補正予算案に盛り込む方針で、5月末ごろを目途に国会に提出するとしています。 こちらも最新情報が分かり次第追記する予定です。 ヤフーニュースなど、インターネットニュースサイトで、「補償なき休業要請」との報道があり、外出自粛や出勤者の最低7割減は、休業補償がないと不可能だと報じられていますが、正確ではありません。 正しくは以下のとおりです。 — 厚生労働省 MHLWitter 厚生労働省の公式ツイッターでもあるように、新型コロナウイルスの影響を受けた企業の方は、まずはどのような補償があるのかをしっかりと確認してください。 今すぐに申し込める貸付制度!その他の新型コロナの影響による緊急支援制度 政府から緊急経済対策についての発表はあったものの、例えば現金給付金は最短で5月中の支給ともいわれていますが、実際にいつ受け取れるかなどはまだ分かっていない状況です。 ただすでに受付が開始されている、 新型コロナウイルスによる緊急支援制度は他にもあります。 低所得者や高齢、障害などがあって働くことができない方の生活を経済的に支える「 生活福祉資金貸付制度」のうち、緊急小口資金と総合支援資金の特例制度の申し込み受付が2020年3月25日からスタートしています。 電気やガス代が払えない!?公共料金の支払い猶予はある? 新型コロナウイルス感染症対策本部は、新型コロナの影響によって 公共料金(電気やガス、水道、NHK、固定・携帯でんわの使用料など)の支払いが困難な事情がある方に対して、猶予や柔軟な対応を要請すると発表しています。 そのため、個人や企業に関係なく料金未払いで供給停止が心配な方は、一度契約している事業者に確認し相談してみましょう。 国民健康保険などの保険料の徴収猶予が認められるケースも 国民健康保険、後期高齢者医療制度、介護保険の保険料に関して、徴収猶予が認められるケースもあります。 また資格取得や喪失、住所変更などの届け出や申告も、本来14日以内(届け出の事由が発生した日から)に行わなければなりませんが、やむを得ない理由による場合は遅延が認められる場合があります。 ただすべてが認められるわけではないので、まずはお住まいの市区町村や国民健康保険組合に問い合わせて下さい。 特例による納税の猶予や納付期限の延長について 新型コロナウイルスの影響によって2月以降売上が減少したすべての事業者を対象に、無担保・延滞税なしで納税が猶予されます。 基本的にすべての税が対象となっています。 そのほかにも、確定申告の会場が混雑することを避けるために、申告所得税や贈与税、個人事業者の消費税の申告・納付期限を2020年4月16日(木)まで1ヶ月延長されています。 ですから、すぐに融資を受ければ何とかなる方や、それよりも緊急でとにかく今日中にお金を借りたい方は、 消費者金融などの金融機関のカードローンを利用する方法があります。 初めての方なら30日間無利息サービスもあるので、公的機関から借入するまでの つなぎ融資として考えてみるのも良いでしょう。 例えば、三大メガバンクであるSMBCグループの子会社で大手消費者金融の一つ「」なら、借入日の翌日から30日間の無利息期間が発生(他社は契約日の翌日から発生)します。 そのため、まずは申し込みだけ済ませて必要時に借入し、公的機関からの融資を受けられた際に一括返済すれば、1円も利息を支払わずに済みます。 なお無利息サービスは本来初めての方のみを対象としていますが、現在は一定期間取引の無い方を対象とした 30日間無利息キャンペーンも実施中。 【プロミスの応援融資】 対象 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、経済的な損失などの被害を受けた方 限度額 10万円 借入利率 実質年率4. ただとくに緊急を要する方は、各金融機関の応援融資などを確認して早めに相談してみましょう。 さまざまな制度を利用して危機を乗り切ろう すでに新型コロナウイルス感染症の影響を受けて大幅な収入減に困窮している方はもちろん、今現在は何とか大丈夫でも、今後の世界的な経済悪化が予測されることから先行きが不安な方は多いと思います。 政府発表の現金給付などの支援策に期待したいところですが、他にも様々な融資や貸付制度、また納税の猶予などあります。 まずは事前に自分が該当する制度がないか調べることが重要です。 そして利用できる制度はすべて活用して、この緊急時を乗り切っていきましょう。 現在詳細が発表されていない制度であったり、何か新しい情報が発表された際にはすぐに追記していく予定なので、こまめにチェックしてくださいね。

次の