離婚 ブログ。 夫から離婚宣告された50代主婦の熟年離婚体験記

離婚を選ぶ勇気をもらえた、心理カウンセラーのことば

離婚 ブログ

調停は相手が弁護士をつけてきて、「長々と話し合っても無駄だから訴訟にしろ」と言う事で2回で終了しました。 通常で考えても半年はかかるし、1年、1年半かかる事もあるようなのですが、幸か不幸かさっさと裁判になりました。 離婚理由ありきの裁判 調停はどんな理由でも良かったのですが、裁判になって来ると理由が必要になって来ます。 1.不貞行為があったとき 2.生死が3年以上分からないないとき 3.悪意の遺棄があったとき 4.強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき 5.婚姻を継続しがたい重大な理由があるとき 多分、多いのは5だと思いますし、私も5でした。 どこまでが重大な理由とみなされるのか、がポイントになって来ます。 私の場合は事情が複雑でした。 私の場合は、私の母方の祖父母からもらった家に住んでいたのですが、そこで元夫が商売を始めてしまったので、子供たちが育ちにくい環境になりました。 仕方なく家を買って引っ越したのですが、欠陥もあり、テレビの電波は届かず、リフォームもうまくいかず、と言う理由で元夫は引っ越してこないまま。 モラ夫によくある自己中な理由づけなのですが、自分が気楽な方を選んだだけの結果です。 別居なのか別居じゃないのか分からない感じですが、金銭的には収入を私に渡していたので、別居とは言わないようです。 勝手に飛び出して出て行って、生活費も渡さなくなると3の悪意の遺棄になるのですが、私の場合はそうではないと言う事です。 離婚理由としては、まず元夫の収入が下がって私の扶養に入った事。 に入るとを払わなくて済むし、第3号の扶養になるとの支払いもしなくて済むようになりました。 で、「いくら稼いだら扶養から外れるの?」と聞かれました。 私はそれなりに収入はありますが、ローンの支払いはあるし、子供二人を育てていなかければならないのに、扶養でい続ける気満々でやる気もない。 元夫の仕事も、出来る範囲でのアドをしました。 ビラ配り、ポスティング、研修の受講、検定受験など、ことごとく適当な理由を付けて行動には起こされませんでした。 私がすれば良かったのかもしれませんが、本人にやる気がないのに私がするのもおかしいかな?と思ったのでしませんでした。 そんな状態なのに精神的な威圧的な態度は変わらず、家事・育児、仕事に関しても何もしないけど口だけは出してくると言う状態でした。 ずっと、押さえつけられてきたので元夫の機嫌のよいときを見計らって、収入を上げる努力も、家族との時間を増やす事もお願いして来たのですが何も変わらず、が離婚理由です。 弁護士に言われた事は、理由づけとして「弱い」と言う事でした。 DVを振るわれたりしていると、病院での診断が取れるし明確なのですが、理由としては「弱い」と言う事です。 離婚になるには、明らかな理由がないと裁判では離婚が認めらない。 ただ、最近の傾向として婚姻関係が破綻しているとみなされれば、離婚になる可能性も多いようで、私の場合もこれになりました。 詳しい離婚原因の認定は、また次の記事にしますね。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。 anegohada.

次の

林原めぐみ 公式ブログ

離婚 ブログ

50代で離婚した人達の人気ブログでは、離婚をするときに準備しておくとよいことも書かれています。 離婚後には経済的に自立が出来るようにする準備や離婚後に貰えるお金、相手方へ金銭を請求するための準備とした後の住まい、仕事の確保と精神的な独立です。 離婚をしたあとに一番重要なのが経済的な自立です。 何よりもお金がないとどうしようもありません。 中にはしたくてもした後の生活が不安で諦める人も多いです。 経済的な問題は一番大切で、特に夫の収入に経済的に依存している妻には重大な問題といえます。 別れるときは別居が必要ですが、これには引越し代や敷金や礼金、生活費など纏まった金銭が必要です。 大体100万円ぐらいは確保した方がよいです。 よく夫からの慰謝料があるからと考えてしまいますが、慰謝料はした後でないと貰うことが出来ませんし、原因によっては全く貰うことが出来ないこともあります。 普段から自分名義の預貯金を作っておくことが大切で、少しでも別れることと考えているときは、仕事を始めたり節約などをしてお金を貯めておいたほうがよいです。 離婚するときはお金をもらえることもあります。 夫には妻の生活の面倒を見る義務があるため、別居してから離婚までの生活費を婚姻費用として分担請求出来ます。 これは請求をすると必ずもらえるため別居したら早めにしておくと安心です。 基本的に家庭裁判所の定める基準に基づいて決まります。 また、原因が相手の不倫やDVなど相手が一方的に悪いときは慰謝料も請求可能です。 ただし、性格の不一致などどちらかが一方だけ悪いというものだと請求が出来ません。

次の

すずめさん、新たなブログが発見される。離婚後のまるすけさんとの関係を赤裸々に語る

離婚 ブログ

2020年06月28日 08:00 更新 ブログランキングサービス終了のお知らせ ブログの殿堂はリニューアル準備のため、2017年8月末を持ちまして現状のブログランキングサービスの提供を終了します。 新規登録またはログインはできなくなります。 ランキングサービスは2017年10月末まで引き続き提供いたします。 ランキングサービス終了と同時にご登録頂いているブログは順次登録を削除させて頂きます。 ご利用の皆様にはご不便をお掛け致しますが何卒ご了承を宜しくお願い致します。 長らくのご愛顧誠にありがとうございました。 リニューアル後は推薦型の新しいブログランキングのサービスを計画しております。 今後ともブログの殿堂を宜しくお願い致します。 そんな時に頼りになるのは?探偵です。 たぶん、そう思っているあなたの人生は、やり直しがきくのです。 大丈夫です。 そういう人の力になれれば幸いです。 裁判所でも認められる確実な証拠あれば有利に解決策を取ることができます。 彼氏・彼女・夫・嫁・間男・浮気相手・未婚・既婚問わず、男女が繰り広げるあくなき修羅場や神対応まで集めます。 できれば避けたい話ですが、どうしても直面してしまった場合は、いろいろな常識が問われます。 そんな常識たちをまとめてみました。 18位 離婚は成り行きで進めると後々後悔します。 離婚後の新しい生活のために少しでも有利な離婚をするための離婚情報ブログです。 ちょっと気になることがあって、浮気 チェックのテストやサイト、金額などを調べています。 夫の浮気ブログでは心の傷やメールの証拠、そして離婚に関してまでを書き綴ります。 夫の愛情を感じないマンネリ感の主婦は必読の価値あり。 このブログでは、そんな旦那への不満を綴っていこうと思います。 36位 東京日本橋の探偵興信所「シンセリティー調査事務所」、代表石川の社会研究ブログです。 自称史学研究家の石川が、探偵業務を通じて感じた日本社会の矛盾と闇を斬ります。

次の