エンリッチ メント。 会社概要

O2インラインエンリッチメントデバイスを試す

エンリッチ メント

データ・セット・エンリッチメントでは、他の属性の値から抽出された選択語を含む新しい属性をStudioで作成することによって、データを拡張できます。 これらの新しい属性は、データをリロードする必要なしに作成されます。 エンリッチメントは、Endeca Serverとともに自動的にインストールされるEndeca Serverデータ・エンリッチメント・プラグインを使用して処理されます。 ただし、データ・エンリッチメント・プラグインが登録されている場合にのみエンリッチメントを使用できます。 Studioでは、現在次のタイプのエンリッチメントがサポートされており、各タイプは関連付けられたエンリッチメント・プラグインを使用して処理されます。 入力値 出力値 Dry、tart and crisp、offering spicy、resiny notes to liven up the basic grapefruit and green apple flavors。 Try with fish. Drink now. 2500 cases produced tart、crisp、apple 結果の属性は他の文字列属性と同じ方法で使用できますが、語の抽出エンリッチメントとホワイトリストのタグ付けエンリッチメントは、検索の簡素化および 「タグ・クラウド」コンポーネントの移入に最も役立ちます。 たとえば、顧客のコメントを含む属性がデータに含まれる場合、これらのいずれかのエンリッチメントを使用して、属性値に存在する語のリストを含む属性を作成できます。 次に、 「タグ・クラウド」を使用して、語の相対頻度を確認できます。 両方のエンリッチメントで同様の機能が実行されますが、主な違いは語の選択方法にあります。 語の抽出エンリッチメントでは、Studioによって語が選択されます。 ホワイトリストのタグ付けエンリッチメントでは、ユーザーが語を指定します。 このため、特定の語を検索せず、データ内の傾向を把握する場合は、語の抽出エンリッチメントを使用します。 既知の特定の語の頻度を分析する場合は、ホワイトリストのタグ付けエンリッチメントを使用します。

次の

SSP社の高品質の床敷、エンリッチメント関連商品 [EPトレーディング株式会社]

エンリッチ メント

コネクタとスクリュー エンリッチナーの取り付けと調整• フロントおよびリアのエキゾーストパイプにあるO2センサーの位置を確認して、そのコネクタを探す。 コネクタはO2センサーから15~20cmくらいの場所にある。 (一部車種ではリア用コネクタはシート下にある。 O2センサーのコネクタを外し、そこにエンリッチメント・デバイスを挿入する。 エンリッチナー本体に出力を調整するスクリューが付いているので、これを回して最も調子が良い状態に調整する。 [エンリッチメント・デバイス ViED-2 のしくみと限界について] エンリッチナーは取り付け・取り外しが手軽で値段も比較的リーズナブルだが、その分、効果にも限界がある。 O2センサーからは「エンジンの排気ガス中に酸素成分があるかどうか」のフィードバックがECMへ送られ、ECMはその値をもとに濃い・薄いを判断して燃調の補正を行っている。 しかしO2センサーはあくまで補正であって、ECUのマップ情報は変わっていない。 スタートして加速しているとECUはO2センサーの補正機能は使用せずアクセル開度と回転数でマップを読み取り燃料噴射量を計算している。 つまりこのデバイスは効果が出ない。 上記のような理由から、エンリッチナーではすべての回転数で快適な状態を作り出すことは無理。 特に社外メーカー製の抜けの良いマフラーを装着している車両では調整が難しい傾向がある。 しかし、無いよりは効果が実感でき、これで十分という人もいるので、入門用として使ってみてもいいかも。

次の

犬にとっての環境エンリッチメントとは?~藤田りか子さんセミナーレポート(2) 尾形聡子

エンリッチ メント

コネクタとスクリュー エンリッチナーの取り付けと調整• フロントおよびリアのエキゾーストパイプにあるO2センサーの位置を確認して、そのコネクタを探す。 コネクタはO2センサーから15~20cmくらいの場所にある。 (一部車種ではリア用コネクタはシート下にある。 O2センサーのコネクタを外し、そこにエンリッチメント・デバイスを挿入する。 エンリッチナー本体に出力を調整するスクリューが付いているので、これを回して最も調子が良い状態に調整する。 [エンリッチメント・デバイス ViED-2 のしくみと限界について] エンリッチナーは取り付け・取り外しが手軽で値段も比較的リーズナブルだが、その分、効果にも限界がある。 O2センサーからは「エンジンの排気ガス中に酸素成分があるかどうか」のフィードバックがECMへ送られ、ECMはその値をもとに濃い・薄いを判断して燃調の補正を行っている。 しかしO2センサーはあくまで補正であって、ECUのマップ情報は変わっていない。 スタートして加速しているとECUはO2センサーの補正機能は使用せずアクセル開度と回転数でマップを読み取り燃料噴射量を計算している。 つまりこのデバイスは効果が出ない。 上記のような理由から、エンリッチナーではすべての回転数で快適な状態を作り出すことは無理。 特に社外メーカー製の抜けの良いマフラーを装着している車両では調整が難しい傾向がある。 しかし、無いよりは効果が実感でき、これで十分という人もいるので、入門用として使ってみてもいいかも。

次の