セキセイ インコ グッズ。 セキセイインコの飼育に必要なもの、便利なグッズなど飼育環境と共にご紹介します

セキセイインコのケージ(カゴ)内に必要な物は?飼育の基本グッズはこれだ!

セキセイ インコ グッズ

スポンサーリンク セキセイインコを飼う前にそろえておくべきグッズ ケージ サイズがたくさんありますが、セキセイインコの場合はからだの1. 5倍以上の大きさが必要になります。 縦横35cm高さ40cmくらいが一般的なようです。 ケージの下が引き出せるものだとフンの片付けもしやすいです。 エサ入れ・水入れ ケージに付属しているものもありますが、容量が大きかったり、エサを食べずらそうにしている場合は変えたほうがいいです。 エサや水が汚れないようにカバーが付いたものや、エサが減ったら補充をしてくれる便利なものもあります。 菜さし 青菜をさしてケージに固定できるものです。 食べやすい高さに固定してあげてください。 止まり木 こちらもケージに付属されていることが多いですが、ささくれていたり、止まりずらそうな時は別に買ってくださいね。 フンで汚れる事も多いので洗い換えがあるといいです ヒーター セキセイインコは寒さにとても弱い生き物です。 真夏でもクーラーの寒さに体調をくずしてしまったり、最悪の場合は死んでしまうので必ず用意しましょう。 熱くなりすぎる時のためにサーモスタットも用意しておくと良いです。 キャリーケース 病院へ連れて行く時や、移動の時に便利です。 水浴び用の入れ物 セキセイインコはからだの汚れを落としたり、羽を美しく保つため、水浴びをします。 入れ物にちょろちょろと水を流すと、喜んで全身びっしょりになるくらい水に入って楽しむ子もいます。 そのほかに、遮光ができるケージカバー、インコ用のおもちゃがあると良いでしょう。 合わせて読みたい セキセイインコの食事の与え方と食べさせても大丈夫な食べ物 セキセイインコの主食はシード(種子混合餌)とペレット(人工飼料)があります。 そのほかにおやつ、栄養を補うために副食をあげます。 シードはヒエやアワなど種子をブレンドしたエサで、殻付きのものが大好きなインコが多いようです。 シードを与える場合はビタミンミネラルが不足してしまうので、新鮮な青菜を与えてくださいね。 ペレットはビタミンミネラルに加え、インコに必要な栄養素が入っているので副食をあげなくても大丈夫です。 「ペレットを食べて欲しいけど、なかなかたべてくれない!」というインコさんもいますので、最初はシードと混ぜて少しずつペレットの量を多めにしていってください。 ペレットをすりつぶしてシードにパラパラとかける方法もあります。 副食にはカルシウムを補うボレー粉や、カルトボーンもあります。 セキセイインコが食べていいもの セキセイインコの食事はビタミンミネラルが不足しがちになるので、新鮮な野菜をあげましょう。 小松菜 羽を美しく保つために必要なカルシウムが豊富です。 我が家のインコはくちばしを緑にするほど喜んで食べています。 チンゲン菜 こちらもカルシウムが豊富です。 菜さしに入りづらいのが難点です。 豆苗(豆の部分はあげないでください) 葉酸がふくまれていてとても栄養満点です。 あげすぎは発情を促してしまうのでほどほどに。 くだもの類• りんご(タネはあげないでください)• バナナ• ぶどう• みかん くだものはおやつにあげる場合が多いようです。 ちなみに、我が家のインコはりんごとみかんが大好きで、遠くにいても見ると飛んできます。 でもどちらも水分が多いので、あげすぎには注意してくださいね。 スポンサーリンク セキセイインコが食べてはいけないもの もちろん、セキセイインコにあげてはいけないものもたくさんあります。 お部屋に出して遊んでいる時など、落ちているものを食べてしまったりするので気をつけてくださいね。 チョコレート• アボカド• ネギ類 これらのものは、少し食べただけで具合を悪くしてしまうので、絶対にあげないでください。 観葉植物 毒性の強いものもあるので、インコを部屋に放した時、食べないように対策をしてください。 ごはん 人間が食べるものなので、セキセイインコにはよくありません。 食べすぎると、そのう炎になってしまいます。 合わせて読みたい まとめ セキセイインコの飼育方法や食事についてまとめましたが、お役に立てたでしょうか?セキセイインコはとても頭が良いので、毎日お世話をしてくれるあなたをとても好きになり、かわいいパートナーになってくれるでしょう。 セキセイインコの好きなものや嫌いなものを知って、楽しいインコ生活を過ごしてくださいね。

次の

セキセイインコの飼育に必要なもの、便利なグッズなど飼育環境と共にご紹介します

セキセイ インコ グッズ

関連記事 セキセイインコ、必要な飼育グッズは? ケージ セキセイインコの家になるケージは、セキセイインコを飼ううえで必須の飼育グッズです。 底面積は35c㎡、高さ40cm以上のケージを用意してください。 前面が開くタイプのケージだと、掃除も行いやすいのでおすすめです。 素材はインクなどが塗装されていない、ステンレス製やアルミ製を選んでくださいね。 ヒナから育てる場合、ヒナは止まり木に止まることができないので小さな虫かごなどのプラスチックケースを用意してあげるのもオススメです。 エサ入れ・水入れ エサ入れや水入れは、ケージの付属品として一緒に購入できることがほとんどです。 もし付属されていない場合は別途購入してくださいね。 毎日使うものなので、洗いやすいものがおすすめですよ。 替えも合わせて用意しておくと安心です。 止まり木 セキセイインコは遊ぶときも休むときも、止まり木を使います。 人間にとってのイスでもありベッドでもある大切な飼育グッズなのです。 ケージを購入した際に付属品として付いてくることも多いのですが、品質の悪い止まり木であれば別途購入してあげてくださいね。 太さが均一だと足裏の一部に負担がかかってしまうことがあるので、できるだけ天然木からできており、前足と後ろ足がひっついてしまわないような太さの止まり木を選んであげてくださいね。 太さの目安は直径10~12mm程度です。 止まり木は2本用意し、エサ入れの近くとケージの奥に、高さを変えてとりつけておくのがポイントです。 ヒーター セキセインコは寒さに弱く、冬場に適切な寒さ対策を行わないと死んでしまうこともあります。 冬場から飼育を始める場合、あらかじめペットヒーターを用意しておいてくださいね。 空気をあたためて保温ができる保温球などを利用し、27~28度前後に温度を保ってください。 ますかご・ふご ヒナから飼うときは、ヒナ用にますかごやふごを用意してくださいね。 病気になってしまったヒナの保温にも使うことができます。 キャリーケース セキセイインコを移動させたり通院させたりするときに必要です。 止まり木が設置できるものがおすすめですよ。 アクリル製のものだと保温にも役立ちます。 セキセイインコは寒さに弱いので、冬の移動は保温も忘れずに。 セキセイインコをお迎えする前に「止まり木の消毒」「ケージに敷物」をしておこう グッズを用意できたら、セキセイインコが来る前に「止まり木の消毒」をおこなう必要があります。 消毒ができていないとインコが病気になってしまうこともあります。 お迎えした後も、1ヶ月に一回程度は止まり木を消毒してくださいね。 さ用意したケージやますかご・ふごには細かく裂いたティッシュペーパーやプリント用の紙などを敷いておきます。 新聞紙を使うこともありますが、インクの臭いがきついとインコが体調を崩してしまうこともあります。 セキセイインコの飼育、あると便利な飼育グッズは?おもちゃは? セキセイインコにとって楽しく快適な環境を作るために、あると便利なグッズをご紹介します。 セキセイインコの温度を管理するための「温室時計」、遮光性にすぐれた「ケージカバー」、セキセイインコが遊ぶための「鳥用おもちゃ」はぜひ用意してください。 おもちゃはケージに入れるのは原則一つとし、いろいろなおもちゃをローテーションさせるとインコも飽きません。 なお、セキセイインコを繁殖させる「巣引き」のときには「巣箱」も用意してくださいね。 セキセイインコのエサは?シード食とペレットどっちがいい? セキセイインコのエサは、「主食」「おやつ」「副食」の3つにわけることができます。 成鳥の主食として入手しやすいものはシード食(種子混合餌)です。 ヒエやアワなどの種子を混合した餌で、セキセイインコは楽しそうに殻をむいて食べてくれます。 シードを主食にする場合は、アワ、ヒエ、キビ、カナリーシードがブレンドされているものを選んでくださいね。 シードは手軽でたんぱく質なエサですが、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないため、不足分を副食で補う必要がありますよ。 一方、ペレット(人工飼料)を主食にする場合は、セキセイインコに必要な栄養が全体的にカバーされているので、副食の必要はありません。 ペレットは食いつきが悪いことがあるので、与え始めはシード食と混ぜて徐々に慣れさせてくださいね。 セキセイインコの最初の飼育グッズ選びは慎重に! セキセイインコは慣れ親しんだケージやエサ入れに愛着を持ってくれますので、突然グッズを変えるとストレスになったり、使ってくれなくなったりします。 例えば、ずっと使っていたケージから、形や素材が異なる新しいケージに交換しても、警戒して入ってくれないといったこともあるようです。 後になって買い替えたくても買い替えられないということがないように、最初の飼育グッズは慎重に選んでくださいね。

次の

セキセイインコのおもちゃは手作りで!簡単&安く作る5つのポイント

セキセイ インコ グッズ

品種を見分ける基本情報 野生で見られるセキセイインコの原種は、黄色の顔に緑色の体、頭から背中と翼にかけて黒のしま模様が入っている1種類しか存在しません。 まれに青色や白色のセキセイインコが誕生することもありますが、自然界では目立ってしまうので生き残るのは難しいようです。 photo credit: Jim Bendon via ペットショップで見かける、青色や黄色のセキセイインコは、原種から色素が抜けたものを交配し、作られた品種です。 カラーバリエーション セキセイインコの色の仕組みは、メラニンなどの色素が含まれる割合によって変わります。 難しいので、絵の具に置き換えて考えてみましょう。 絵の具の色と同じように、 緑色から 黄色の色素を抜くと、 青色になります。 緑色から 黄色と 青色が抜ければ、 白色になります。 このように、原種に含まれる緑色の色素を基準に色を作っているので、色のバリエーションは大きく分けて、 グリーン系、ブルー系、イエロー&ブルー系(イエローフェイスという)、全身1色の単色系に分かれます。 珍しい色では、グレーやファロー(黒の模様が茶色っぽい)などもいますが、ペットショップではあまり見かけません。 もし売っていても、他のインコより高額な値段がつけられていたりします。 原種に赤色の色素は含まれていないので、 赤色のセキセイインコはいません。 どこかで誰かが研究していると思うので、いつか誕生するかもしれませんね。 アイリスリングとは? セキセイインコの白眼の部分を 「アイリスリング」と言います。 雛のときはほとんどのインコにアイリスリングはなく、生後半年ほどで現れてきます。 「ハルクイン」という品種は、大人になってもアイリスリングが出ません。 アイリスリングの有無も品種を見分けるときに役に立つので、覚えていてください。 品種と色の呼び方 品種の呼び方は愛好家や専門家によって、多少の違いがあります。 一般的には「イエローフェイス・オパーリン・バイオレット」などのように、品種+色で呼びます。 現在のセキセイインコはいろんな品種を掛け合わせて、いろんな品種が混ざり合っているので、「絶対にコレだ」と言い切れないこともあります。 1羽のインコでも「オパーリン」と「パイド」など、二つ以上の品種の特徴が出ることもあります。 セキセイインコの品種・見分けるポイント ノーマル(並セキセイインコ) ノーマル(並みセキセイインコ)は、後頭部から背中にかけて黒いしま模様があり、羽にも黒いさざなみ模様があります。 あまり見かけないけど、グレーやイエローフェイスのノーマルもいます。 原種に近いため、丈夫で飼いやすいと言われていますが、最近はあまりペットショップで見かけません。 価格は1,000〜3,000円くらいで一般的です。 オパーリン オパーリンは、ノーマルにある黒い縞模様が、頭部から背中にかけて抜けています。 翼のさざなみ模様もなくなっているものもありますが、残っている場合、後ろ姿を見たときに、 V字に模様がなくなっているのが特徴です。 背中は胸と同じ色が出ます。 レインボー 一般的にレインボーと呼ばれている品種は、イエローフェイスのオパーリンのことを言います。 背中や羽のしま模様が薄く、全体的に淡い色のものを「パステルカラーレインボー」と呼び、人気の品種です。 パイド パイドとは「色抜け」という意味です。 羽やお腹など部分的に色が抜けています。 頭の色が黄色なら、お腹も黄色く色が抜けており、頭が白ならお腹も白色の色抜けがあります。 ハルクイン レセシブパイド(劣性遺伝のパイド)とも呼ばれ、背中と羽の黒模様がまばらに抜け、お腹の下の方に青や緑の色が残ります。 大人になってもアイリスリングが出ないのが特徴。 黄色のハルクインは「黄ハル」、白いハルクインは「白ハル」などと呼ばれます。 イエローフェイスのハルクインは 「4色ハルクイン」と呼ばれ、少し珍しい品種です。 ペットショップではあまり見かけません。 アルビノ アルビノは、もともとメラニンの欠如による遺伝子疾患がある個体でしたが、現在は品種として確立されています。 色素が欠乏しているので全身真っ白で、目の色素もないので 赤い目をしているのが特徴です。 他のセキセイインコと同様、日光浴は必要ですが、目が弱いので直射日光が当たらないように気をつけます。 黒目のアルビノは、「ホワイトブラックアイ」と呼び、珍しい品種です。 ルチノー ルチノーは、全身が黄色で、赤目です。 アルビノ同様、メラニンの欠如からきており、黄色の色素だけが残った品種です。 赤目は強い光に弱いので、こちらも直射日光には注意です。 黒い目のルチノーは「イエローブラックアイ」という品種になります。 全身がクリーム色だと「クレミノ」という品種になります。 Cream(クリーム)と ino(アルビノやルチノー)、合わせて Creamino(クレミノ)です。 アルビノ(albino)や ルチノー(lutino)は、語尾の inoをとって 「イノ系」と呼ばれます。 ウイング 背中や羽のしま模様が薄くなっている品種。 グリーン系のウイングを「イエローウイング」と呼び、ブルー系のウイングは「ホワイトウイング」と呼びます。 ペットショップではあまり見かけないような気がします。 スパングル 羽のしま模様が、細く縁取るような模様になっている品種。 模様がスパンコールに似ていることから「スパングル」と呼ばれています。 個人的には、鯉のぼりのウロコのように見えます。 セルフ 背中や羽のしま模様が、地の色と同じ品種。 ファロー ファローとは「淡褐色」のこと。 褐色は茶色っぽい色なので、淡い(うすい)茶色のことです。 本来セキセイインコにある 黒い模様が、茶色がかった灰色をしています。 ファローもアルビノと同じように、色素が欠損しているので全体的に色が薄く、 赤い目をしています。 同じファローでも、イングリッシュファロー、スコティッシュファロー、ジャーマンファローなどの種類があり、 ジャーマンファローにはアイリスリングがあります。 ペットショップではあまり販売されていませんが、一度だけ近所のペットショップで売っているのを見たことがあります。 他のセキセイインコは2,000円前後でしたが、ファローは1羽12,000円で販売されていました。 その他の品種 羽衣セキセイ 日本で誕生した品種。 頭や背中の羽が巻き毛になっています。 普通のセキセイインコのように、オパーリン、パイド、スパングルなどの品種がありますが、まだそれほどバリーエーションは多くないようです。 ジャンボセキセイインコ ジャンボセキセイインコは、その名の通りひと回り大きなセキセイインコです。 普通のセキセイインコの体長は20センチ程度ですが、ジャンボセキセイインコは23センチほどあります。 見た目の違いは、おでこが張り出していて、目が毛に埋もれているように見えます。 立ち姿も堂々としていて、性格はおっとりしている子が多いようです。 まとめ 画像内にある鼻の色は目安です。 いろんな品種が混ざっていたり、個体差もあるので、性別がわかりにくい場合もあります。

次の