ウインク 意味。 ウインクの意味

異性からのウインク

ウインク 意味

経歴 [ ] 二人はともに、社の雑誌『』が開催したであるミス・アップの入賞者(鈴木は第7代グランプリ 、相田は第9代グランプリ )。 にWinkを結成し、同年4月27日の「」発売を以ってデビューを果たした。 同期には、、、などがいる。 グループ名は当初、oz(オズ)やTwinkle(トゥインクル)などが候補として挙がっていたが、最終的には所属事務所のマネージャーが提案したWinkに決定した。 、ドラマ『』(1988年10月26日~12月21日放送)の主題歌に使われた「」が、年間第5位となる売上62. 95万枚のヒット。 この年、同曲により7月8日放送の『』()で上半期グランプリを受賞 、また、「」により、12月14日放送の『第22回全日本有線放送大賞』(日本テレビ系)で年間グランプリ 、12月31日放送の『』()で大賞を受賞し 、同日、この曲で『』への出場を果たした。 になると、二人が別々にCDをリリースしたり、ドラマに出演したりと、ソロ活動が目立つようになってくる。 メンバーが並行してソロ活動を行う中、突如として1996年2月に所属事務所からメンバーに活動停止の予定が告げられた。 そして、3月31日付で 8年間(正確には7年11か月)に及ぶ活動を停止した。 したがって、活動停止に関してはメンバーの意思ではない。 その後のメンバーは、歌手、女優などとしてそれぞれ活動している。 Winkは解散したのではなく、あくまでも「 活動停止中」であると鈴木と相田がテレビ番組等のメディアで何度か言明しているが 、事実上の解散状態となっている。 活動停止後には、これまでに何度かテレビの年末特別番組、および単発の特別番組等で「一夜限りの」といった主旨で2人揃って歌を披露している。 以下はその実例。 放送『』(TBS系)• - 放送『』(TBS系)12月30日の歌のリクエストコーナー• 12月30日放送『』(TBS系)メモリアルアクト・日本レコード大賞50周年記念特別企画• 放送 『』(、)• 2018年12月30日放送『』(TBS系)レジェンドアーティスト・日本レコード大賞60周年記念特別企画 その他、二人がそれぞれ単独でWink時代の楽曲を番組・ライブイベント等で歌うこともある。 先述のように『第50回思い出のメロディー』でWinkの一夜限りの復活も果たした。 特色 [ ] キャラクター [ ] 従来の女性アイドル歌手とは趣の異なる控えめなキャラクターで無表情に歌い、オルゴール人形のような衣裳と五十嵐薫子(現:) による振付(「ロボットダンス」と評されることもある)で「純真な少女の持つ不可侵的な色気」といったイメージを醸し出した [ ]。 この点に関しては、も振付の参考にしているとされる [ ]。 活動開始時、既にアイドル冬の時代に突入し始めていたが、Winkの存在感は異彩を放っていた [ ]。 後年、二人は「無表情だったのは(事務所の)戦略だったのかと今でも聞かれるがそういうわけではない」「事務所の社長さんに『もっと笑え』って。 (当時は)アイドル全盛期だったので『アイドルスマイル勉強しろ』と言われて練習しても、本番になると緊張してできなかった」「笑いたかったけど(結果的に)笑えなかった」 などという趣旨の回想をしているが、 結果としては「無表情に歌い踊る」という特異なスター・イメージで一世を風靡した [ ]。 「」以降、活動の中期には「純真な少女」というイメージから「はかなげな大人の女性」というイメージへ変化していき [ ]、 楽曲も「摩天楼ミュージアム」や「リアルな夢の条件」ではロック調・ダンスチューンを多用した激しいもの、衣装も露出度が高くなりセクシー路線へのアピールが見られるようになる [ ]。 活動の後期以降に入るとナチュラル感および基本に忠実なアコースティック・フォークサウンドを大切にした楽曲(例・「」)や衣装もあまり着飾らないアイドル的なキャラクターを極力抑えたシンプルな普段着感覚のもの(例・「」)へと変わっていく [ ]。 この頃になるとデビュー時よりも笑顔を多く見せるようになる [ ]。 Winkのトータル・ディレクションを手がけたのはやも手がけた元の水橋春夫である。 楽曲 [ ] 特に活動の初期にはの曲が多かったが、中期以降、日本人作家によるオリジナル曲が多くなった。 また、中期以降は、早智子・翔子ともに自作曲を発表するようにもなった。 作品 [ ] シングル [ ] オリジナル・シングル [ ] 1st 1988. 27 2nd 1988. 07 3rd 1988. 16 4th 1989. 16 5th 1989. 05 6th 1989. 01 7th 1990. 28 8th 1990. 04 9th 1990. 21 10th 1991. 20 11th 1991. 19 12th 1991. 16 13th 1991. 16 14th 1992. 25 15th 1992. 22 16th 1992. 21 17th 1993. 17 18th 1993. 26 19th 1993. 08 20th 1994. 23 21st 1994. 25 22nd 1994. 26 23rd 1995. 01 24th 1995. 25 25th 1995. 15 ソロ・シングル [ ] 相田翔子 1996. 20 鈴木早智子 1996. 25 アナログ盤限定シングル [ ] 1st 2018. 01 Mini 1988. 01 2nd 1989. 25 3rd 1989. 01 4th 1990. 11 5th 1990. 16 6th 1991. 10 7th 1991. 25 8th 1992. 25 9th 1992. 26 10th 1993. 25 11th 1993. 26 12th 1994. 01 13th 1994. 01 14th 1995. 05 ソロ・アルバム [ ] 鈴木早智子 1992. 25 相田翔子 1992. 25 ベスト・アルバム [ ] Single Best 1990. 21 リミックス曲とバラード曲で構成されたベストアルバム Single Best 1992. 21 「Sugar Baby Love」から「リアルな夢の条件」までの全シングル Best Album 1994. 25 「いつまでも好きでいたくて」までのシングル、カップリング、アルバムから選曲 Best Album 1994. 06 通信販売限定商品 Coupling Best 1995. 25 「Sugar Baby Love」から「シェリー モン シェリ」までの全シングルB面 「想い出までそばにいて」は『』収録のものと同一のアルバムVer. Best Album 1995. 25 新曲「Merry Little X'mas」はWinkとして発表された最後の楽曲 Single Best 1996. 25 全シングルA面を完全収録 「背徳のシナリオ」は初回生産分のみ2人のソロパートが入れ替わっている Single Best 1999. 30 TREASURE COLLECTION WINK BEST レコード会社3社共同企画ベスト・シリーズの一環として発売 代表的なシングルを選曲 Single Best 2004. 24 代表的なシングルを選曲 12曲 商品番号「ポリスターSBB-306」 Best Album 2013. 05 デビュー25周年記念企画の一環として発売 鈴木早智子、相田翔子による選曲で構成されている 2枚組・ SHM-CD 仕様 その他のアルバム [ ] Karaoke 1990. 10 カラオケ・アルバム第1弾 歌詞カードは振付の解説付き Live 1990. 25 CD版で唯一のライブ・アルバム Karaoke 1991. 25 カラオケ・アルバム第2弾 Remix 1995. 01 初の完全リミックス・アルバム CD EXTRA 1996. 21 2人のソロ曲中心のベスト+仕様 Non-Stop Remix 1996. 11 JAM THE WINK ノン・ストップ・リミックス・アルバム Eurobeat Remix 2000. 01 para para WINK! アレンジによるリミックス・アルバム Live 2019. 24 Wink CONCERT TOUR 1990 ~Especially For You II~ デジタルダウンロード 2008年2月27日発売の『Wink Album Collection ~1988~2000アルバム全集~』にボーナス・ディスクとして収録された、 1990年群馬で開催の「Wink CONCERT TOUR 1990 ~Especially For You II~」記録用ライブ音源を単体配信。 映像作品 [ ] 1989. 25 Heart On Wave 「淋しい熱帯魚」「涙をみせないで」「愛が止まらない」の集 シリーズ中、本作品のみ発売順を遡らせた配列 1990. 16 Wink First Live Shinning Star 同名CDのライブ映像版 1990. 25 Winkissimo ロサンゼルスとハワイで撮影されたイメージ・ビデオ 1990. 16 Heart On Wave II 「One Night In Heaven」「Sexy Music」「夜にはぐれて」「ニュー・ムーンに逢いましょう」のPV集 1991. 17 Winkle Winkle ロサンゼルスとハワイで撮影されたイメージ・ビデオ 1991. 05 Heart On Wave III 「きっと熱いくちびる」「真夏のトレモロ」「背徳のシナリオ」のPV集 1992. 26 WINK '92 CONCERT SAPPHIRE 1992年4月5日、にて収録のライブ・ビデオ 1993. 25 Heart On Wave IV 「ふりむかないで」「リアルな夢の条件」「永遠のレディードール」のPV集 1993. 01 NOBLE STATE 「Sugar Baby Love」から「結婚しようね」まで(「追憶のヒロイン」を除く)のPV集 存在するシングル曲のスポットCMも同時収録 1994. 01 Heart On Wave V 「咲き誇れ愛しさよ」「いつまでも好きでいたくて」「トゥインクル トゥインクル」のPV集 1995. 25 Heart On Wave VI 「シェリー モン シェリ」「JIVE INTO THE NIGHT 野蛮な夜に」「Angel Love Story 〜秋色の天使〜」のPV集 1996. 25 WINK VISUAL MEMORIES 1988-1996 「追憶のヒロイン」「私たちらしいルール」以外の全シングルのPV集 2003年にDVD化、2009年に廉価版DVDとして再発売 2003. 26 2009. 26 2009. 26 Wink Single Collection 〜1988-1996 シングル全曲集〜 デビュー20周年記念第1弾 全25枚のシングル+特典CDを収録した26枚組CD-BOX 「Wink Hot Singles」特典シングル「思い出を愛してた」は未収録 CD-BOX 2008. 27 Wink Album Collection 〜1988-2000 アルバム全集〜 デビュー20周年記念第2弾 ベストアルバムを除く全21枚のアルバム+特典CDを収録した22枚組CD-BOX ベストアルバムのみに収録されていた楽曲はすべて未収録 DVD-BOX 2008. 27 Wink Visual Collection 〜1988-1996 ヴィジュアル全集〜 デビュー20周年記念第3弾 映像作品全13作をDVD化+特典DVDを収録した14枚組 「NOBLE STATE」1枚に「Heart On Wave I~IV」4枚分の内容がすべて収録されている 未発売曲 [ ] 1989. (フジテレビ系、1989年5月28日 日 、第1回ゲスト ;1991年6月30日 日 、第100回ゲスト)• (フジテレビ系、1989年4月19日 - 9月27日 毎週 水 、レギュラー)• (フジテレビ系、1990年2月7日 - 1991年8月21日 毎週 水 、準レギュラー) テレビドラマ [ ]• - マスカットリップス(、1989年4月11日 - 5月30日 毎週 火 深夜、全7回)• (TBS系、1989年12月29日 金 )• (日本テレビ系、1989年12月31日 日 )• (フジテレビ系、1990年5月14日 月 、ゲスト出演) CM [ ]• (1989年 - 1992年) ディー・ディー(1989 、1990 、各年度版) (1989年度版 ) TRAD(1989 、1990、各年度版) フレッシュ(1989 、1990、1991、各年度版) ピックアップ(1990 、1991、各年度版)• (1989年 - 1991年) (S-TYPE 、RQ-S33 、RQ-S45 、RQ-S35 、RQ-S35V 、RQ-S60 、RQ-S60V ) (SL-S30 、SL-S500 、SL-S300 ) パーソナルコンポ• (1989年)• (1989年) カコナール• (1989年) YOU• (1990年 - 1991年) エンジェルキッス エンジェルキッス ツインライト• (1992年)• (1993年) (と共演 )• (1993年 - 1994年) 新プルミエ フェイスアップウォーター(相田翔子のみ出演) 新プルミエ スキンケアパウダリーファンデーション(鈴木早智子のみ出演) プルミエ エアフィールパクトUV• (1994年)• (1994年)• (1994年) シマダヤの鉄板めん(Wink「いつまでも好きでいたくて」の楽曲のみ)• (1994年) トゥインクルレース(Wink「トゥインクル トゥインクル」の楽曲のみ)• (1994年) エアーウィック 素焼きのおうち• (1995年) 道産の生(北海道地区限定、と共演)• (1995年) 天使のブラ(Wink「Angel Love Story」の楽曲のみ) 映画 [ ]• (ワニブックス=、監督:、1990年4月28日 土 公開)- Wink 役 ラジオ [ ]• WINK 今にためいき(、1988年8月21日 - 10月9日 毎週 日 深夜、全8回)• (、1989年10月14日 - 1991年10月15日 毎週 土 、全104回) 写真集 [ ]• Double Tone(ワニブックス、撮影:、1989年7月1日発売 、8月10日発行)• WINKISSIMO(ワニブックス、撮影:野村誠一、1990年8月1日発売 、9月10日発行)• レジェンド(ワニブックス、撮影:、1991年9月1日発売 、10月15日発行) 書籍 [ ]• Twinkle Angels とっておきのウインク(ワニブックス、1990年4月10日) - Winkの特集書 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 所属事務所欄に、語尾に「S」無しで「P-ARTIST」、同住所欄に「1092-7-28NAビル3F」と記されている。 なお前年93年度版(1993年10月20日発行)p. 142の「Wink」の項では、所属事務所欄に「アップライトミュージック」、同住所欄に「106港区6-5-17」と記されている。 鈴木は、1996年の2月下旬か3月上旬に事務所の社長からWinkの活動停止を宣告された際の記述において、事務所名を明示せずに、「デビューのときからの社長は代わっており、社名も変更していました。 しかし、ここが生まれ育った事務所であることは変わりません。 」と記している。 鈴木は、Winkの活動停止直後の動向として、事務所名を明示せずに、「私は社名変更したそれまでの事務所。 そして翔子は新会社に行くことになりました。 」と記している。 所属事務所欄に「マンリープロモーション」、同住所欄に「1027-13三番町パークマンション201」と記されている。 なお、同書に「相田翔子」は立項されていない。 鈴木早智子は、前事務所(アップライトミュージック)が社名変更したものとしており 、Winkの活動停止後に社名変更したともする ()。 この記事がWinkの活動停止発表の場であったことについては、, p. 155。 鈴木が1987年「上半期」、相田が「下半期」のグランプリとされることがあるが 、鈴木が1987年上半期中に発行の『UP TO BOY』の一つで公表されたグランプリ、相田が下半期中のそれという意味なら誤りではないものの、誤解を招く表現である。 なお、1987年の『UP TO BOY』で公表されたミス・アップ・グランプリは、1月号・第5代、3月号・第6代、5月号・第7代鈴木早智子、7月号・第8代北野美佐緒(後の)、11月号・第9代相田翔子の5人。 『』1990年7月号p. 25に掲載される鈴木早智子の独白によると、「花束っていうと、デビューの日を思い出します。 88年4月27日。 私たちはオフで、それぞれ自宅にいたら、事務所からデビュー記念の花束が届いたんです」とのことで、「Sugar Baby Love」の発売日1988年4月27日が「デビューの日」である。 なお、このデビュー曲は、1988年4月14日 木 に放送開始した『』()の主題歌として用いられたので、このドラマを通してWinkの「デビュー」前に公表されたことになる。 (1989年当時)の証言として以下のようにある。 「グループ名には、およそ20の候補があった。 ベルズ、カルガリー、トゥインクル…。 最終的には〝WINK〟と〝OZ〟に絞られた。 「というのは、当時、ちょうどの時期だったからね(笑)。 Winkに決まった、ほとんどひらめきだね。 響きがよくて、言いやすくて、覚えやすいことが条件だった」(アップライトミュージック・森氏)」。 鈴木早智子の証言として以下のようにある。 「最初はいろいろな候補が挙がりました。 『oz(オズ)』 二人ともうお座だから、ということで『フィッシュズ』。 こんなベタな名前もありました。 『早智子と翔子』 しかし、どれもいまいちピンとこなかったのです。 そのときでした。 「『Wink(ウィンク)』っていうのは、どう?」 事務所にいたマネージャーがひとこと言ったのです。 「それ、いいね」 偶然、マネージャーが言ったひとことが私たちの名前を決めたのでした。 ここでの年間売り上げは1988年12月5日から1989年11月27日のもの。 『』1989年7月8日朝刊第32面(『読売新聞』1989年7月号p. 404)および夕刊第16面(同前p. 428)のテレビ番組表に番組放送予定記載あり。 上半期グランプリ受賞は「情熱つたわれWINK」(『』1989年第31号)p. 33(各地方版共通)などに言及あり。 『読売新聞縮刷版』1989年12月14日朝・夕刊TV番組表に放送予定あり。 年間グランプリ受賞は『』1990年5月10日号p. 174などに言及あり。 船山基紀が腕を振るったユーロビート調のアレンジが功を奏したものという見方もある。 『80年代アイドルcollection』pp. 38-39の「80年代シングルランキングTOP50」では、1980年代におけるWinkのシングル総売上げは、年間ベスト50位以内のものに限れば191. 3万枚、同書が認定した「80年代アイドル」中8位、年間ベスト50位以内ランクイン曲数は4曲、同じく「80年代アイドル」中8位とする。 同様に1980年代において、「80年代アイドル」のシングルチャート最高位の座は1989年の1回としている。 なお、同書における「80年代アイドル」の定義は、記載が無いため不明であるが、全員女性であり、また、1988年に星野裕子としてデビューして1990年の改名後にブレイクした、が「80年代アイドル」に含まれている。 『80年代アイドルcollection』p. 51に、出典や具体的な出演作品の例示が無いながら、言及がある。 なお、本『Wikipedia』に立項されている「」と「」も参照。 2017年における動向として、(2017年5月4日閲覧)参照。 『読売新聞縮刷版』1998年12月29日 火 朝・夕刊TV番組表に放送・出演予定記載あり。 『読売新聞縮刷版』1999年12月30日 木 朝・夕刊TV番組表に放送・出演予定記載あり。 収録日は2018年8月4日。 1991年頃まで [ ]。 その後、による振付となる [ ]。 ここでの年月日は『はた金のオリコン・ザ・ビッグヒット』における公表日。 『読売新聞縮刷版』1989年7月8日 土 朝刊ラジオ・FM番組表の同番組の欄に、「ウィンクイメージソング大発表」とある。 曲名の表記は『Twinkle Angels』(、1990年4月10日)p. 171の記載に従っている。 1989年4月1日 土 放送の『はた金のオリコン・ザ・ビッグヒット』におけるパーソナリティ・(はた金)の発言によれば、バンド名は「ザ・キング・クラブ・ファミリー」と読み、同名中の「キング」は「はた金」の「金」に由来する。 『 首都圏版』1989年第22号の番組表p. 72に番組放送・出演予定記載、同「TV番組解説」p. 75に紹介記事あり。 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1991年第26号)p. 53(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。 , p. 170に紹介記事あり。 『ザテレビジョン』の1989年より1992年の各号における「NEWすたーれぽーと」(各地方版共通)に、1990年2月7日、4月18日、6月9日、7月25日、10月24日、11月21日、1991年1月16日、2月6日、4月10日、4月17日、6月12日、6月26日、8月21日、および1991年8月25日 日 (関西圏では9月1日 日 )のスペシャル番組『やまかつIN武道館』の番組放送・出演予定記載あり。 94(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1990年第20号)p. 37(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。 放送開始:1989年4月1日 、撮影:1989年3月1日、企画制作会社:・、演出:、音楽:Wink「Remember Sweet」。 撮影:1990年2月。 放送開始:1989年4月1日 、撮影:1989年3月2日、企画制作会社:・、演出:、音楽:Wink「Remember Sweet」。 撮影:1990年2月。 放送開始:1989年4月中旬 、撮影:1989年4月8日、企画制作会社:・、演出:、音楽:Wink「淋しい熱帯魚」。 1990年3月発売。 1990年11月発売、撮影:1990年10月上旬。 1991年6月発売、相田翔子の出演、音楽:Wink「真夏のトレモロ」。 1991年7月発売、鈴木早智子の出演、音楽:Wink「真夏のトレモロ」。 1991年11月発売、相田翔子の出演、音楽:Wink「背徳のシナリオ」。 1991年12月発売、鈴木早智子の出演、音楽:Wink「背徳のシナリオ」。 1990年6月発売。 1990年7月発売。 「ビデオファンレター下さい」編と、「ビデオファンレターありがとう」編の2編あり。 いずれも、撮影:1989年8月26日、企画制作会社:電通・電通プロックス、演出:、音楽:Wink「One Night In Heaven」。 SC-D50の「ご存知」編と、SC-D30・SC-D50・SC-D70の「CDプレゼント」編、2編あり。 いずれも、撮影:1989年9月1日、企画制作会社:電通・マザース、演出:、音楽:Wink「思い出を愛してた」。 撮影:1989年5月12日、企画制作会社:・、演出:、音楽:Wink「サッポロ一番カップスター」テーマソング。 「花園」編と「青空」編の2編あり。 いずれも、放送開始:1989年10月14日 、撮影:1989年9月5日、企画制作会社:電通・マザース、演出:岩井克之。 放送開始:1989年11月20日 、撮影:1989年9月10日、企画制作会社:・、演出:、音楽:「」。 撮影:1994年1月。 音楽:Wink「愛を奪って 心縛って」。 撮影:1994年3月、音楽:Wink「Tasty」。 2編あり。 いずれも放送開始:1995年1月26日。 『』大阪版1988年8月21日~10月9日朝・夕刊のラジオ番組表に、簡略化された表題『ウィンク』で放送予定記載あり。 『ORICON WEEKLY』1988年8月22日号~10月10日号の「WEEKLY SCHEDULE」に、1988年8月22日 月 、9月4日 日 ・9日 金 ・14日 水 、10月2日 日 ・4日 火 における、6回分の収録予定記載あり。 出典 [ ]• 『』(、1994年10月20日)p. 148「Wink」の項。 , p. 154。 , p. 158。 『'97TVスター名鑑』(東京ニュース通信社、1996年10月30日)p. 59「鈴木早智子」の項。 Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)p. 54-55)。 「してみます、夢の数だけ冒険心 お待たせっ!『ミスUPフェスティバル』グランプリのサッチン。 2-11)。 「気弱なさびしんぼは寄っといで、秋色影絵のさわやか翔子。 相田翔子」(『UP TO BOY』1987年11月号pp. 2-13)。 『』(日本テレビ系、2006年3月5日 日 放送)。 「実録シンデレラストーリー Winkが止まらない」(『』1989年9月号)p. , p. 『オリコン年鑑1990別冊 オリコン・チャート・データ'89』(、1990年4月20日)p. 、2017年11月12日閲覧。 2611『80年代アイドルcollection』(、2017年8月7日)p. 、2017年11月12日閲覧。 、2018年10月16日閲覧。 『』(、2008年7月13日 日 放送、鈴木早智子出演)。 、2018年9月17日閲覧。 、2018年1月10日閲覧。 、2018年1月10日閲覧。 、2018年8月28日閲覧。 (2018年8月28日閲覧)。 、2018年9月6日閲覧。 、2018年9月6日閲覧。 、2018年12月31日閲覧。 、2018年12月30日閲覧。 、2013年9月23日閲覧。 、2018年8月28日閲覧。 、2017年9月19日閲覧。 、2018年1月14日閲覧。 , p. 171。 154。 121。 , p. 153。 32)。 156。 「WINK最新情報グラフィティ」(『BOMB! 』1991年1月号)p. 107。 157。 155。 Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第24号(1993年5月)pp. 4-5。 Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第25号(1993年8月)p. Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)p. Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)pp. 10-11。 Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第32号(1995年2月)pp. 3-4。 、2018年1月27日閲覧。 、2018年1月27日閲覧。 、2018年1月14日閲覧。 、2018年1月14日閲覧。 、2018年1月14日閲覧。 参考文献 [ ].

次の

【おまけ】ウインクに込められた色々な意味

ウインク 意味

ウインク ウィンク とは、(ゝ・)である。 の一種。 曖昧さ回避 デュオに関しては「」の記事を参照。 概要 では片をまばる仕のことで、OKのや合図などを知らせるや、異性に対する好意やをするためのとして用いられる。 特に若いが用いた場合な印を与え、や芸人が見せる可らしい仕の代表的なでもある。 反面ウインクをうまくできなかった場合、引きつったような顔になったり両をつぶった顔になったりしてしまい間抜けな印を与えてしまうことになる。 ただしそのな様が可らしいと受け取られることもあるので、要はやる人しだいである。 英単の「」は「まばたく」「まばたき」の意味で特に「片だけを閉じる」の意味はい。 その他、がくことやの点もと表現する。 のもそこから。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の

異性からのウインク

ウインク 意味

ウィンウィン(win-win)はどんなときに使えばいい? たとえば、あなたの会社がたくさんの在庫商品を抱えてしまい困っていたとします。 そんなときにタイミングよくその商品を大量に購入したいと考えるお客様が登場したとします。 少しでも購入してもらえるならとあなたは値引きした金額を提示し、お客様はそれにOKしたとしましょう。 このときあなたは「在庫を解消できてうれしい」、お客様は「安く購入できてうれしい」と双方がいい思いをしますよね。 これがいわゆるウィンウィン(win-win)の関係です。 ウィンウィン(win-win)を使った例文をチェック ウィンウィン(win-win)を使った例文1: 上司:「よくAレストランと契約することができたな。 こんなに高値で契約してくれたのは何か理由があるのか?」 部下:「はい。 Aレストランでパーティを開くことを条件に、契約にこぎつけることができました。 ちょうど来月新入社員歓迎会があるので渡りに舟でした。 まさにウィンウィン(win-win)ですよね」 ウィンウィン(win-win)を使った例文2: 主婦A:「自家菜園で作っている野菜がたくさんから、Cさんにおすそわけしたの。 お礼にってCさんがお勤めしている化粧品会社のサンプルをもらっちゃったわ」 主婦B:「うまいことやったわね。 まさにウィンウィン(win-win)の関係ね」 「ウィンウィン(win-win)」という言葉だけで使用するときもありますが、「ウィンウィン(win-win)の関係」という言葉で実際に使われることが多いです。 ビジネスのシーンだけではなく、プライベートでも使えるウィンウィン(win-win)という言葉ですが、打算で人づきあいをしているという印象を与えてしまわないように気をつけましょう。 ウィンウィン(win-win)の同義語・反対語は? ウィンウィン(win-win)と同じような意味を持つ言葉には以下があります。 ビジネスシーンによってウィンウィン(win-win)の同義語として、使い分けるようにしましょう。 ・相互利益 ・ギブアンドテイク ・持ちつ持たれつ ・双方にとって好都合 またウィンウィン(win-win)と反対を持つ言葉には以下があります。 それぞれシーンによって使い分けが必要なのでふさわしい言葉を選ぶようにしましょう。 ・win-lose 自分側は利益がでるが、相手側は損をしてしまう場合 ・lose-win 自分側は損をしてしまうが、相手側は利益がでる場合 ・lose-lose どちらも損をしてしまう場合 ・no deal(取引不成立) どちらか一方が損をしてしまう、または双方とも損をしてしまうときに、交渉を白紙に戻す場合 いかがでしたか? 私たちをとりまく環境の多くはウィンウィン(win-win)の関係で成り立っています。 社会人として利益を追求していくためにも、この言葉を意識して仕事してみるといいかも知れませんよ。 文・学生の窓口編集部•

次の