ジョイ フィット。 JOY FIT ジョイフィットの評判と料金を解説。全国の店舗が利用できるスポーツジム

FootJoy

ジョイ フィット

退会したい月の 前月の月末までに申請手続きが必要• 手続きは 所属店舗で行う• 持ち物は「 会員証」「 本人確認ができる身分証明書」「 印鑑 認印でも可 」が必要• 退会にかかる費用は0円 上記がジョイフィット退会の基本ルールになります。 2020年2月から世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、ゴールドジムやエニタイムフィットネスは解約や休会の特別ルールを設けて対応しています。 ジョイフィット JOYFIT は新型コロナウイルスによる退会や休会の特別ルールを設けているのでしょうか?ジョイフィット店舗に電話を入れ確認しました。 本記事は基本ルールに加え、 新型コロナウイルスの特別な状況が発生した場合、退会のルールが変更になっているか詳しくご紹介していきます。 店舗スタッフに「何とか前月の手続き扱いにして欲しい、、」と懇願しても、ジョイフィットに入会する際、上記のルールが記載された利用規約に合意してサインをしているので、 たとえ1日であってもルールを変更することはできません。 ですので、退会の手続きは期間にゆとりを持って行いましょう。 手続きは所属店舗で行う 退会は所属店舗に足を運んで手続きする必要があります。 電話やメールでの手続きは受け付けておりません。 スタッフの方が忙しくなければ 10分程度で手続きが終了します。 持ち物は「会員証」「本人確認ができる身分証明書」「印鑑 認印でも可 」が必要 退会する際は、下記の3つが必要になります。 所属店舗しか退会の手続きができない• キャンペーンを活用して入会していると違約金が発生することも• 再入会する場合、「入会金+事務手数料」が発生 所属店舗しか退会の手続きができない 退会の手続きは所属店舗しか受け付けていません。 仕事の関係で引っ越しして、転勤先のジョイフィット店舗で解約の手続きをしても受け付けてもらえません。 ジョイフィットは転勤や引っ越しが発生した場合、所属店舗を変更することができます。 とはいえ、所属店舗を変更してから退会の手続きをする場合、かなり先の退会になってしまいます。 ですので解約すると決めた場合、現在通っている所属店舗で手続きをするようにしましょう。 キャンペーンを活用して入会していると違約金が発生することも ジョイフィットの多くの店舗では新規入会キャンペーンと題し、『入会料や登録手数料、月額費がコミコミ〇〇円』企画を実施しています。 この入会キャンペーンは 6ヶ月間(半年)の契約縛りがあります。 キャンペーン期間中に解約をする場合、キャンペーン違約金を取られます。 違約金の金額についてはキャンペーンの内容によって異なるので、詳しいことはスタッフに確認しましょう。 半年未満の短期間の入会を考えている方は違約金が発生するので、入会キャンペーンは使わない方がよいでしょう。 入会金が2,000円、事務手数料が3,000円。 再入会する場合は 5,000円の費用がかかることになります。 新型コロナウイルスの状況下での退会のルール これまでジョイフィットを退会する際の基本ルールについてご紹介してきました。 2020年2月から世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、密閉空間であるジムを控える人が多くなりました。 24時間ジム「エニタイムフィットネス」やゴールドジムでは、新型コロナウイルスの状況を踏まえ退会の特別ルールを対応している店舗があります。 具体的には「 基本は前月10日までの手続きが必要だが、当月の10日を過ぎていても当月末の退会を認める」といった内容になります。 ジョイフィットは一体どうなのでしょうか?実際にジョイフィットの店舗に電話して確認しました。 その内容についてこれからご紹介していきます。 今回ご紹介する情報は2020年4月2日時点のものになります。 新型コロナウイルスの事があっても退会のルール変更はなし 電話でのやり取りを会話形式でご紹介していきます。 ジョイフィットを休会する方法 ジョイフィットに休会の制度はありません。 「1ヶ月だけジムの利用をやめたいな」と思っても、休会の制度がないのでジムに通っていなくても会費を払い続けなければいけません。 エニタイムフィットネスやゴールドジムは休会の制度があります。 休会という点で比較すると、ジョイフィットは他のジムに比べて対応がちょっと遅れている気がします。 新型コロナウイルスが深刻化し、ジムに行きたくても行けない状況が続いても、ジョイフィット会員の方は月額費を支払い続けるしかありません。 これはちょっと納得いかないですよね、、、 24時間ジム「エニタイムフィットネス」では休会制度がありますので、気になる方は下記の記事を参考にして下さい。 退会したい月の 前月の月末までに申請手続きが必要• 手続きは 所属店舗で行う• 持ち物は「 会員証」「 本人確認ができる身分証明書」「 印鑑 認印でも可 」が必要• 退会にかかる費用は0円 2020年4月2日時点では、「新型コロナウイルスのことがあっても解約の特別対応はしていない」ということでした。 とはいえ、エニタイムフィットネスやゴールドジムなど柔軟な対応を見て、今後変更になる可能性があります。 コロナウイルスの件で解約を検討している方は、定期的に店舗に確認してみましょう。 JOYFITに休会の制度はありません。 ですが「タイム会員」という使った時間分だけ支払う便利なシステムがあります。 新規入会の方は利用できませんが、月額会員からタイム会員への変更は可能なので、あまりジムを使わない方は「タイム会員」を利用されることをオススメします。

次の

JOY FIT ジョイフィットの評判と料金を解説。全国の店舗が利用できるスポーツジム

ジョイ フィット

ジョイフィット24は、マシンジムに特化した24時間年中無休のフィットネスジムです。 キャッチコピーは「かしこく使える24時間ジム」。 どの店舗で入会しても全国のジョイフィットを利用でき、早朝、深夜を問わず、好きなときに好きなだけ汗を流せるのが特徴です。 「体を整えるために必要なものを見極めた」という施設サービスは、マシントレーニングが10割。 有酸素運動マシンや筋力アップのためのフリーウエイトなど、一人でも本格的に鍛えられる環境にこだわっています。 シンプルがゆえにリーズナブルな価格設定が売りなものの、スタッフによるサービスやサポートを期待する人も少なくないでしょうから、そのあたりの満足度は気になるところ。 ここでは、実際に通った会員の生の声が投稿されていますので、利用前の参考にしてください。 オープン当初すぐ位から空調からカビが発生して壁から柱にかけて真っ黒。 また、マナー悪い会員が配管つまらせシャワーが洪水。 極めつけが更衣室が悪臭で虫の大発生。 普通に彼らはトイレなど客用を使っているのに対策はなし。 掃除もないので一度、本部に上げて連絡来たら本部マネージャーが指摘したことに逆ギレ。 改善しないから風呂とプールがないと公衆衛生法が適用されないけどどれだけひどいか画像添付して保健所に介入してもらいました。 また、コロナの対策はいっさいしていません。 空気入れ換えやアルコール消毒でつどマシンを定期的にふいてません。 マシン用のウェットもないときもあるし、ウェットがあふれていることもあり、他のスポーツ施設やクラブは神経尖らせているのに他人事。 また、joyfitからクラスターでてもおかしくないレベル。 つど感染リスクのあるごみを回収してなかったりノブやロッカーの消毒をしてなかったりして意識が低すぎる。 正直、行く人は自分のみは自分で守っていかないといけない場所です 今は立地から他のジムに移りましたが、それで分かった事があります。 (全国がそうだとは限りませんが) 〈良い点〉 ・清掃は店によるがこまめにしていた。 ホコリ取りモップで掃除している姿をよく見かけた。 ・女性スタッフでも使い方を教えてくれる人が多かった印象 ・冷水機が設置してあり、水素水契約してなくても運動の合間に水分補給できた ・ロッカーが鍵付きなので安心してトレーニングできる ・口振だけでなくクレジットカード決済できる ・相互利用できる店舗により総合型のJOYFIT(プールなし、マシン・スタジオ・風呂サウナあり)が使える ・福利厚生で安く使える人もいる ・再入会キャンペーンもやっていることがある 〈短所〉 ・キャンペーンによる縛りがある ・解約や変更は前月末までにしないといけない ・水素水利用や退店時にもカードキーが必要なので持っていないといけない(逆に言えば置き忘れがない) ・フロア移動、別館への移動にカードキーが必要 自宅近くに出来たら戻りたいと思っています。 今のジムは会員のマナーが良くないので。 まだ間もないのか最悪な思いはしたことないですが、受付担当のスタッフがイマイチですね。 ネット予約決済済みで1時間前に事前にTELしてから行ったのに、インターホンで事前予約した旨と名前を言っても「入会ですか?予約されてますか?」とこちらが質問の手間を省けるように先に言ったのにもかかわらず型にハマった低レベルな応対。 受付場所が分からないので階段を上がって行こうとすると、その上から「あっいや下でやりますから。 」と挨拶よりも先に客に指摘。 間違ってはいないが、「はじめまして。 受付は一階で行いますので…」でいいのでは?印象が悪過ぎました。 淡々と説明をして契約サイン。 館内の説明を受けている時に他の客から「このダンベル何Kg? 」と聞かれて答えられず他スタッフに「お前スタッフだろうが!」と注意されてましたw パーソナルジムではないので、自分自身で全てやるくらいの覚悟がないと損した気分になるところだと感じました。 仕事帰り近場で遅くまでやってるとこを条件で選んだ。 「今日から使いたいのでどうしたらいいですか」 ウェブから申込めば窓口で短時間で済むとの事で行い、そのまま窓口へ。 キャンペーン対象外のものを手続きしていたとの事で本部に確認すると保留。 一旦帰宅。 その後OK取れた為に最終受付時間を聞き再度出向くと、「本日最終受付終わりました」…?? 2度出向いて結局使えない事に腹が立ち、翌日退会申請。 ?? 担当者が説明共通ルール把握していない。 応対が残念。 コロナが終息するまでは通わないつもりなので、休会手続きをしようと思いました。 しかし私が通っている店舗では「休会手続きは行っていない」とHPに書いてあります。 そこで入会時に頂いた資料を読み返してみたところ、 ナショナル会員(月額8000円程度)からフレックス会員(月額324円)に移行することが可能だと分かりましたので、すぐに店舗に行って手続きを済ませました。 翌月末以降から切り替わるとのことです。 なので休会手続きをお考えの方は月末までに手続きをお済ませください。 これについて私が少し不満なのは HP上にフレックス会員についての記述が見当たらない(または見つけづらい)ことです。 現在、多くの会員様が休会などをお考えだと思いますので、 「フレックス会員」という制度があることを もっと見つけやすい場所にはっきりと明示して頂かないと 不親切だな、と感じました。 それと、実店舗でしか手続き不可能な店舗が 万が一休業となった場合、 手続き難民が多く発生するのでは、とも危惧いたしました。 全ての店舗の手続きがHPや電話で可能になるといいと思いました。 ともかく、早くコロナが終息し 元気にジムに通えるようになるといいなと願っております。

次の

ジョイフィットを退会する方法や注意点を紹介【休会はできる?】

ジョイ フィット

退会したい月の 前月の月末までに申請手続きが必要• 手続きは 所属店舗で行う• 持ち物は「 会員証」「 本人確認ができる身分証明書」「 印鑑 認印でも可 」が必要• 退会にかかる費用は0円 上記がジョイフィット退会の基本ルールになります。 2020年2月から世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、ゴールドジムやエニタイムフィットネスは解約や休会の特別ルールを設けて対応しています。 ジョイフィット JOYFIT は新型コロナウイルスによる退会や休会の特別ルールを設けているのでしょうか?ジョイフィット店舗に電話を入れ確認しました。 本記事は基本ルールに加え、 新型コロナウイルスの特別な状況が発生した場合、退会のルールが変更になっているか詳しくご紹介していきます。 店舗スタッフに「何とか前月の手続き扱いにして欲しい、、」と懇願しても、ジョイフィットに入会する際、上記のルールが記載された利用規約に合意してサインをしているので、 たとえ1日であってもルールを変更することはできません。 ですので、退会の手続きは期間にゆとりを持って行いましょう。 手続きは所属店舗で行う 退会は所属店舗に足を運んで手続きする必要があります。 電話やメールでの手続きは受け付けておりません。 スタッフの方が忙しくなければ 10分程度で手続きが終了します。 持ち物は「会員証」「本人確認ができる身分証明書」「印鑑 認印でも可 」が必要 退会する際は、下記の3つが必要になります。 所属店舗しか退会の手続きができない• キャンペーンを活用して入会していると違約金が発生することも• 再入会する場合、「入会金+事務手数料」が発生 所属店舗しか退会の手続きができない 退会の手続きは所属店舗しか受け付けていません。 仕事の関係で引っ越しして、転勤先のジョイフィット店舗で解約の手続きをしても受け付けてもらえません。 ジョイフィットは転勤や引っ越しが発生した場合、所属店舗を変更することができます。 とはいえ、所属店舗を変更してから退会の手続きをする場合、かなり先の退会になってしまいます。 ですので解約すると決めた場合、現在通っている所属店舗で手続きをするようにしましょう。 キャンペーンを活用して入会していると違約金が発生することも ジョイフィットの多くの店舗では新規入会キャンペーンと題し、『入会料や登録手数料、月額費がコミコミ〇〇円』企画を実施しています。 この入会キャンペーンは 6ヶ月間(半年)の契約縛りがあります。 キャンペーン期間中に解約をする場合、キャンペーン違約金を取られます。 違約金の金額についてはキャンペーンの内容によって異なるので、詳しいことはスタッフに確認しましょう。 半年未満の短期間の入会を考えている方は違約金が発生するので、入会キャンペーンは使わない方がよいでしょう。 入会金が2,000円、事務手数料が3,000円。 再入会する場合は 5,000円の費用がかかることになります。 新型コロナウイルスの状況下での退会のルール これまでジョイフィットを退会する際の基本ルールについてご紹介してきました。 2020年2月から世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、密閉空間であるジムを控える人が多くなりました。 24時間ジム「エニタイムフィットネス」やゴールドジムでは、新型コロナウイルスの状況を踏まえ退会の特別ルールを対応している店舗があります。 具体的には「 基本は前月10日までの手続きが必要だが、当月の10日を過ぎていても当月末の退会を認める」といった内容になります。 ジョイフィットは一体どうなのでしょうか?実際にジョイフィットの店舗に電話して確認しました。 その内容についてこれからご紹介していきます。 今回ご紹介する情報は2020年4月2日時点のものになります。 新型コロナウイルスの事があっても退会のルール変更はなし 電話でのやり取りを会話形式でご紹介していきます。 ジョイフィットを休会する方法 ジョイフィットに休会の制度はありません。 「1ヶ月だけジムの利用をやめたいな」と思っても、休会の制度がないのでジムに通っていなくても会費を払い続けなければいけません。 エニタイムフィットネスやゴールドジムは休会の制度があります。 休会という点で比較すると、ジョイフィットは他のジムに比べて対応がちょっと遅れている気がします。 新型コロナウイルスが深刻化し、ジムに行きたくても行けない状況が続いても、ジョイフィット会員の方は月額費を支払い続けるしかありません。 これはちょっと納得いかないですよね、、、 24時間ジム「エニタイムフィットネス」では休会制度がありますので、気になる方は下記の記事を参考にして下さい。 退会したい月の 前月の月末までに申請手続きが必要• 手続きは 所属店舗で行う• 持ち物は「 会員証」「 本人確認ができる身分証明書」「 印鑑 認印でも可 」が必要• 退会にかかる費用は0円 2020年4月2日時点では、「新型コロナウイルスのことがあっても解約の特別対応はしていない」ということでした。 とはいえ、エニタイムフィットネスやゴールドジムなど柔軟な対応を見て、今後変更になる可能性があります。 コロナウイルスの件で解約を検討している方は、定期的に店舗に確認してみましょう。 JOYFITに休会の制度はありません。 ですが「タイム会員」という使った時間分だけ支払う便利なシステムがあります。 新規入会の方は利用できませんが、月額会員からタイム会員への変更は可能なので、あまりジムを使わない方は「タイム会員」を利用されることをオススメします。

次の