ワイヤレスイヤホン 人気。 【最新版】女性に人気のワイヤレスイヤホンおすすめ商品10選

【運動しながら】スポーツ用ワイヤレスイヤホン人気おすすめ商品10選

ワイヤレスイヤホン 人気

By: ノイズキャンセリングイヤホンの騒音低減能力は、メーカーや機種によって異なります。 基本的には価格に比例して性能は上がり、アナログ方式よりもデジタル方式の方が高性能です。 通常のイヤホンに比べて技術力を必要とするため、販売しているメーカーは限られます。 現在ではボーズとソニーの2社が主流です。 ボーズはノイズキャンセリングヘッドホンを開発し、業界トップといわれる騒音低減能力の製品をラインナップしています。 人気も高く、騒音低減能力で選ぶならまずはボーズがおすすめですが、価格は高めです。 ソニーはアイテムの小型化と高度なデジタル技術が持ち味。 イヤホンとしての音質や機能面に優れているのが特徴です。 航空機をはじめとする、乗り物での長時間使用を想定するなら、やや高価でも優れた騒音低減能力の製品をおすすめします。 接続方法で選ぶ By: 従来のイヤホンは3. 5mm径端子による有線接続が一般的でしたが、最近ではBluetooth規格によるワイヤレス接続が急速に普及しています。 ノイズキャンセリングイヤホンにおいてもBluetooth対応機が増加。 コードの煩わしさがないメリットがある反面、コストの増加による価格の高騰と、回路の増加による重量の増加といったデメリットがあります。 また、バッテリー持続時間も短めです。 さらに、Bluetoothは元の音源データを圧縮して伝送するので、音質が多少劣化します。 そのため、音質優先なら有線接続がおすすめ。 ただし、3. 5mmジャックによる有線接続ができないスマホも増えており、Bluetooth対応機を購入した方が楽な場合もあるので、目的や用途に応じて選びましょう。 音質で選ぶ By: 音質を重視するなら、音質チューニングが巧みな企業が多い、実績のある大手オーディオメーカーから選びましょう。 なかでも、ほかと比較して高音質志向のモデルを擁するソニーと、ノイズキャンセリングイヤホンの開発元としてノウハウを蓄積したボーズがおすすめです。 高音質を見分けるポイントとしては、「ハイレゾ対応」の有無、BA型・ハイブリッド型ドライバーの採用が挙げられます。 Bluetooth対応機であればLDAC・aptX・HDコーデックに対応しているかどうかがポイントなので、ぜひ参考にしてみてください。 バッテリーの持続時間で選ぶ By: ノイズキャンセリング機能は電力を必要とするため、使用時間に制約のある充電式のモデルがほとんどです。 有線接続機は10時間以上持続するモデルが多く、長旅にも対応しやすいのがメリット。 ただし、バッテリーが切れるとノイズ低減ができないことに加え、普通のイヤホンとしても使えない場合があるので注意しましょう。 Bluetooth接続対応機の場合は送受信用にもバッテリーを消費するので、ノイズキャンセリング機能を使うと6時間前後の連続使用時間です。 また、高価な製品ほどバッテリーの持ちがよい傾向にあるので、短時間の移動や日常的な外出メインで使うのであれば、持続時間にこだわらない方が安く購入できます。 なお、Lightning端子による接続機は、イヤホン側にノイズキャンセリング用のバッテリーを積んでいませんが、iOS機側のバッテリーを消費する仕組みになっています。 装着感で選ぶ By: ノイズキャンセリングの性能が高くても、装着感が悪いと快適に音を楽しめません。 イヤーピースやイヤーフックの有無を考慮して選んでみましょう。 イヤーピースは大きさ・形・素材ごとにさまざまな種類があります。 大きさはS・M・Lが主流で、メーカーによりSSやLLも取り扱っているのがポイント。 小さすぎると落ちやすく、大きすぎると耳が痛くなりやすい傾向にあります。 形は、きのこの傘のような「シングルフランジ」型を取り扱うメーカーが多いため、耳にフィットするモノを見つけやすくおすすめ。 素材はシリコンが一般的で、耳にフィットしやすい柔らかい付け心地です。 また、ウレタンでできた「フォームタイプ」は、丸めてから耳穴に装着すると、徐々に元の大きさに戻りしっかりと密着します。 一方、イヤーフックはイヤホンの落下を防ぐパーツです。 現在の主流は爪型のモノで、耳の中に入れてしっかり固定できます。 また、以前主流だった耳かけ型も装着がラクなのでおすすめです。 残留ノイズにも気を付けよう By: 音質以前の問題として挙げられる、残留ノイズ。 ノイズキャンセリング機全般に見られるもので、音楽を再生せずにノイズキャンセリング機能だけを動作させた際、イヤホンからノイズが聞こえてくる現象です。 大抵は音楽を流すと聞こえないレベルの音ですが、耳栓代わりとしては使いにくい一面があります。 ある程度の価格帯を超えれば残留ノイズが気になりにくいモデルもあるため、ノイズキャンセリングイヤホンを耳栓代わりに使いたい場合は1万円以上の機種がおすすめです。 ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめメーカー ボーズ Bose iPhoneをはじめとするiOSデバイスの発売元であるAppleによる、初のノイズキャンセリングイヤホン。 アップル自社開発による「H1チップ」の搭載による高性能と、iOSデバイスとの親和性の高さが大きな特徴です。 iOSデバイスと簡単にペアリング設定ができ、iPhoneとiPadなど、複数のiOSデバイス間での切り替えもスムーズ。 また、iOSデバイスとの接続時には音声の遅延を大幅に抑制できるので、動画観賞やゲーム時の使用も可能です。 イヤホン内外に搭載された集音マイクと高性能回路の組み合わせによる、強力な騒音低減性能も魅力。 音楽を聴きながらでも周囲の音が聴ける「外部音取り込みモード」も備えているので、屋外でも安全に使用できます。 イヤホンのみで最大5時間、付属の充電ケースの使用で最大24時間再生できるスタミナもおすすめのポイントです。 高性能チップ「QN1e」の搭載により、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を謳う完全ワイヤレスイヤホンです。 乗り物の走行音から街頭や建物内の喧騒まで、幅広い帯域のノイズを大幅に低減可能。 リスニングに集中したい方におすすめです。 また、一時的に音楽の音量を下げる「クイックアテンションモード」や、外音取り込み機能も搭載。 快適なリスニングと安全性を両立しています。 さらに、エルゴノミックデザインのハウジングや、摩擦を高めるラバーも搭載しており、外れにくい構造になっているのもポイントです。 ハイレゾ非対応の曲でも、ハイレゾ相当にアップスケーリングできる「DSEE HX」機能も魅力。 本体のみで6時間の連続再生が可能とスタミナも十分。 付属の充電ケースで3回充電でき、最大24時間連続再生できます。 10分の充電で90分再生できる急速充電にも対応しており、急いでいるときにすぐに使用できるのも便利です。 老舗スピーカーブランド、JBLによるBluetooth接続対応ノイズキャンセリングイヤホン。 独自技術「NXTGen Active Noise Cancelling Technology」により、接続しているスマホ・タブレットなどからアプリ使用でノイズ低減のレベルの調節が可能なのが特徴です。 スタビライザー付きでフィット性、密閉度の高いイヤホンも相まって、高い騒音低減効果を発揮します。 また、高性能エコーキャンセリング技術による通話音質へのこだわりもポイント。 屋外の騒々しい場所での通話が多い方にも最適です。 カナル型としては大型の13. 5mm径ダイナミック型ユニットを採用し、迫力ある重低音を楽しめます。 パワフルなサウンドが好みの方にもおすすめ。 人間工学に基づいて設計されたイヤーフックによる安定した装着性も魅力です。 左右独立型スポーツモデルとして世界で初めて、デジタルノイズキャンセリング機能を兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホン。 マイク部分には水滴から保護するメッシュ素材を使用し、通気部の大きさと形状も最適化。 あらゆる方向からの水の飛沫に耐えられるIPX4準拠の防滴性能を実現しています。 ノイズキャンセリング時に周囲の音を取り込める機能は、周囲の音を自然に取り込む「ノーマルモード」と、人の声を聴き取りやすくする「ボイスモード」を切り替え可能。 屋外での使用状況に合わせて選べます。 動いてもずれにくいサポーター付き設計もポイント。 さらに、好みの音質で音楽鑑賞を楽しめる、サウンドのカスタマイズ機能も搭載しています。 アクティブなシーンに活躍できるおすすめのモデルです。 ノイズキャンセリング機能のみオンにし、耳栓として最長11時間の使用も可能なBluetooth対応イヤホン。 ワイヤレスでの音楽再生時には5時間の駆動が可能です。 雨や水しぶきを気にせず使える生活防水に対応しているので、屋外でも安心して使えます。 また、ケーブル部はからみにくいフラットケーブルを使用しているほか、ハウジングにマグネットを内蔵し、ネックレスのように首に掛けられるので使い勝手も良好です。 高磁力ネオジウムマグネットを採用した高音質ドライバーにより、サウンドもクリア。 音声アシスタントの起動やハンズフリー通話にも対応した、マイク付きリモコンも便利です。 なお、対応コーデックはSBCのみなので、購入前に確認しておきましょう。 ノイズキャンセリング機能を搭載したインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。 カナル型とは異なり、耳の穴を完全に塞がないので長時間の使用でも疲れを感じにくいのが魅力。 また、開放型構造による、音抜けのよいサウンドもポイントです。 Android用アプリ「HUAWEI AI Life」を使用すれば、ノイズキャンセリングのレベル調節も可能。 クリアな通話が可能な「骨伝導ノイズキャンセリング」機能もポイントです。 さらに、風ノイズを低減して風切り音を抑えるので、屋外での通話にも適しています。 充電ケースはUSB Type-Cポートを介した有線充電と、ワイヤレス充電のいずれにも対応。 30分の急速充電で約70%まで充電可能なので、時間がないときに便利です。 ノイズキャンセリングイヤホンのロングセラーモデルです。 イヤホン内外のマイクで外部騒音を検知し分析。 騒音を相殺する音波の生成プロセスによって効果的に騒音を低減します。 周囲が騒々しい場所でも、自分だけの静かな空間が簡単に手に入ります。 周囲の音を取り込める「Awareモード」に一瞬で切り替えられるので、急な呼びかけにも対応可能。 豊かな低音を再生できる独自の「TriPortテクノロジー」や「アクティブ・イコライゼーション」による自然な音質も魅力です。 接続は3. 5mm径端子専用で、スマホでのハンズフリー通話と各種操作が可能なマイク付きリモコンも付属。 なお、iOSデバイス用とAndroid用は別モデルなので、自分の所有する機器に合ったモデルを選びましょう。 付属ケーブルの切り替えにより、LightningやUSB Type-C端子に接続して使える有線ノイズキャンセリングイヤホンです。 iPhone・iPadなどのiOSデバイスに加えて、USB-Cポートを搭載したMac BookやPC・スマホなどに幅広く使用できます。 接続機器から電源を取るので充電不要で使えるのが魅力です。 また、Lightning変換ケーブルには充電ポートを搭載しているので、iPhoneで充電しながら本機で通話や音楽を楽しめます。 さらに、iOS・macOS専用アプリ「RAYZ App」も用意。 ユーザーの耳と周囲をスキャンし、個々の環境に対応した騒音低減を実現するキャリブレーション機能をはじめ、豊富な機能を好みにカスタマイズして使えるのもポイントです。 世界的なゲーミングデバイスメーカーによる、USB Type-C接続専用ノイズキャンセリングイヤホン。 屋外の騒々しい場所や、乗り物の中でもゲームや音楽に集中できます。 ゲームプレイにマッチする厚みのある重低音と、立体感に優れた音響再現性も特徴です。 弾力性のあるフォームタイプの「Comply」イヤーチップにより、遮音性と装着感の双方に優れています。 ケーブル中に搭載されたリモコンは多くの機能のコントロールが可能。 また、通話やチャットを、クリアな音声で楽しめる高性能マイクも魅力です。 フラット形状のケーブルは耐久性が高く、断線にしくいので、ラフな使用にも適しています。 リーズナブルなUSB Type-C接続専用ノイズキャンセリングイヤホン。 主要なUSB Type-Cポートスマホ・タブレット・PCでの接続が検証されており、幅広い機器との互換性の高さが特徴です。 Nintendo switchとも接続できます。 環境ノイズや風切り音をブロックし、高音質に通話できるマイクもポイントです。 価格が安いので、汎用性の高いUSB Type-C接続イヤホンとしてもおすすめです。

次の

高級で高音質!完全ワイヤレスイヤホンの人気おすすめランキング12選【2020最新】|Besme [ベスミー]

ワイヤレスイヤホン 人気

・耳に装着してもイヤホンが落ちないか ・耳内が密閉されるか ・低音がスカスカになっていないか 完全ワイヤレスイヤホンがどれだけ魅力的な機能が備わっていても、耳にフィットせずポロっと落ちやすくなってしまうと、その快適さが半減してしまいます。 また、耳にフィットしていないイヤホンを使うと、紛失するリスクが高くなるだけではなく耳内の密閉度も低くなり、イヤホンの本来の音を引き出すことができません。 自分の耳にあったイヤホンを選び、長く愛用していきましょう。 イヤホンの先っちょのゴムのようなパーツ『イヤーピース』を交換すると、同じイヤホンでもフィット感が改善する可能性があります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 接続の安定性(途切れにくさ) ・最新のBluetoothチップを搭載しているか ・Bluetoothのバージョンは5. 0以降か ・音途切れはないか 完全ワイヤレスイヤホンのデメリットとして、プレイヤーとの接続が不安定になることがあります。 音楽再生中に左右の音が途切れてしまい、ストレスを抱えてしまうことも。 最新のモデルは、クアルコム製のチップ「QCC3026」や「QCC3020」などを搭載していることが多く、接続が安定しやすくなりました。 チップ情報を公開していないイヤホンもありますが、 Bluetoothのバージョンが5. 0以降の機種は接続が安定しやすい傾向にあります。 しかし、最新のBluetoothチップを搭載していても、プレイヤーとの相性によっては音途切れが発生することもあります。 一度、店頭デモ機などを試聴し、プレイヤーをポケットやバッグに入れた状態で、音途切れが発生しないかチェックすることをオススメします。 再生時間(バッテリーの持ち時間) ・本体のみの連続再生時間 ・ケース込みの最大再生時間 ・急速充電に対応しているか 完全ワイヤレスイヤホンを使っていく上で、バッテリーの持続時間も重要です。 イヤホン本体のみで5時間以上再生できるモデルであれば、出張や作業中でもバッテリー切れが起こりにくく安心して使えます。 イヤホンを収めるケースも、充電器の役割を果たしています。 製品のスペック上では、イヤホン本体とケースを合わせた最大再生時間を表記することが多く、中には充電ケースと併せて100時間以上再生できるモデルも。 さらに、急速充電に対応していれば10分の充電で、1時間以上再生できるモデルもあります。 電車の中など雑音が気になる場所ではノイズキャンセリング、コンビニでのお会計時など声を聞き取りたい場面では外音取り込み機能とシームレスに切り替えが可能です。 防水規格については、こちらの動画で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。 コーデックの名前 特徴 簡単な説明 SBC 遅延を感じる 標準的な音質 A2DP対応のワイヤレス製品すべてが 必ずSBCに対応している AAC SBCより遅延が少ない データの変化が少なくSBCよりも高音質 iPhoneで主に対応しているコーデック aptX SBC,AACより遅延が少ない CD音源相当の高音質 Androidで主に対応しているコーデック aptX HD ハイレゾ相当の高音質再生が可能 SBC、AAC、aptXを上回る高音質コーデック aptX LL aptX Low Latencyの略称 aptXよりさらに遅延が少ない 音楽ゲームができるほどの低遅延コーデック LDAC ハイレゾ相当の高音質再生が可能 Android8. 0以降で主に対応している aptX HDを上回る高音質コーデック また、イヤホンに搭載しているドライバーの種類によっても音の傾向が異なります。 ダイナミック(D)型だと迫力と臨場感があり、バランスド・アーマチュア(BA)型だと繊細で高解像度になることが多いです。 しかし、コーデックやドライバーに関係なく、 そのイヤホンが自分の好みの音かどうかが重要です。 スペックだけではどんな音か判断ができないので、好みのジャンルに合っているか?好きな音か?試聴できる環境があれば、実際に聴いてみてください。 【迷ったらこれ!静寂の完全ワイヤレス】 爆発的な人気を博したSONYのワイヤレスイヤホン。 特にノイズキャンセリングが本当にすごい!完全ワイヤレスのなかではトップクラスだと感じました。 エアコンの音や、近くにいる人のパソコンのタイピング音など、気になる雑音を遮音してくれます。 また、外音取り込み機能も搭載しており、音楽を聴きながら会話をすることもできます。 専用アプリ「Headphones Connect」によって、さまざまな機能を活用できます。 特におすすめの機能は『止まっている時』や『歩いている時』、『走っている時』や『乗り物に乗っている時』など、シーンに合わせてノイズキャンセリングと外音取込機能が自動で調節してくれるところです。 音質については、凛とした透明感あふれるサウンドで、輪郭がくっきりとしており、あらゆるジャンルと相性が良いです。 ボーカルは伸びやかで自然な音声で、ドラムは生々しく響き渡たり、楽曲がより華やかになります。 低域も程良く引き締まり、軽やかで弾むようなナチュラルなサウンド。 ノイズキャンセリング作動時は音にさらに厚みがでます。 高解像度系の明るいサウンドを聴きたい方や、どんなジャンルでも卒なくこなす万能なイヤホンが欲しい方におすすめです。 【高音質と言えばこれ!ノイズキャンセリングも搭載し、バッテリーも強化!】 完全ワイヤレスの中でも音質の最高峰!SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless」の二世代目! 前作から新たに搭載されたノイズキャンセル機能。 これが全く違和感なし!完全に音を消すというわけではなく、自然にスッと周りの雑音を消してくれます。 ノイズキャンセリングの圧もそこまで強くないので、長時間装着していても疲れにくいです。 専用アプリ「Smart Control」によって、イコライザーと外音取り込みの調整なども可能。 合計28時間と前モデルより12時間も再生時間が長くなりました。 ワイヤレスイヤホンという事を忘れてしまうほど、音の繋がりが自然かつ滑らかで、どの音も主張しすぎず、全体的にしっとり鳴らします。 重心が低く、豊かで温かみのある低域と、控えめながらも艶感がある中高域の残響音がちょうど良いバランスです。 音にこだわりがある方必聴でございます! 【音の空間に包み込まれるナチュラルサウンド】 自然なサウンドで一音一音が細やかで涼やか。 シ ンバルや金物類のきらめく残響音がたまらないほど心地よく、ギターやピアノ、ボーカルの光沢感を非常に妖美に表現します。 音の空間づくりが得意で、その空間で音がジュワッとはじけて溢れだすような瑞々しさ。 クセになる魅力的な中高域と、表現豊かで程よい量感の低域を鳴らし、余韻を逃さず耳に残してくれます。 全体的にまとまりのあるバランスの取れた製品です。 専用アプリ「Technics Audio Connect」でイコライザー機能を搭載しており、ボーカルが明瞭に聴こえる『クリアボイス』、低域の表現がより豊かになる『バスエンハンサー』といったプリセットを備えており、好みの音質に変えることができます。 また、アプリ内でノイズキャンセリング、外音取込機能の強さ調節も可能です。 アプリも使いやすく、音質もナチュラルで音の空間に包み込まれるようなサウンドを体感できる音質重視の完全ワイヤレスイヤホンです。 【最高の低域を求めている方必聴】 重低音を迫力たっぷり味わいたい方に朗報!この子の低域が圧倒的です!!量感たっぷりな低域で迫力満載!沈み込むようなバスドラムは味わいがあり、ベースラインも活き活きしています。 そして、それに負けない中高域!全体的にすっきりとしていて、低域との音のバランスがいいです。 透明感もあり、素直に鳴らしてくれてボーカルも埋もれません! 全体的に音場も広く空間表現も得意。 臨場感あふれるサウンドでライブ感も味わえます。 EDMやJ-POP、ジャズなど様々な楽曲に合うイヤホンです! イヤホン本体は大きいのですが、耳にフィットしやすく、軽量なので装着疲れが起きにくいです。 連続再生9時間と長時間使用でき、クイック充電にも対応しているので10分間の充電で60分使用可能です。 とにかく ライブのような臨場感を味わいたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです! 【大本命!? 聴けば聴くほど化けていくイヤホン】 まず鳴らし続けてみてください。 この子化けます。 有線イヤホンで素晴らしい製品を生み出し続けている『Noble Audio』から、待望の完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 初めて聴いた時は、ボーカルが埋もれ気味で高域が刺さりやすいかな?と感じました。 しかし、鳴らしこんであげると、角がとれて聴きやすくなり、ボーカルの距離感も近くなったように感じました。 艶っぽく透き通った中高域は、細やかながらも柔らかく、聴き疲れしにくい印象。 ほどよい分離感もあり、楽器本来の美しさが生々しく響きます。 全体的に味付けが少なく、濁りのないあっさりとした音で、ジャンルを選びません。 音の量感が多いわけではありませんが、タイトで輪郭がはっきりしているので、音をほどよく締めてくれます。 そしてIPX7相当の防水性能があるため、万が一水没させてしまった場合でも安心です。 中高域寄りのフラット傾向な音なので、楽器重視で聴きたい方や、楽曲の全体感を聴きたい方におすすめです。 【初めての完全ワイヤレスイヤホンはこれで間違いなし!? 】 そのかわいい見た目と、お求めになりやすい価格から、発売してから初心者向けの定番になりつつある『ag』の完全ワイヤレスイヤホン。 カラーも6色展開と豊富で、イヤホンと充電ケースの表面は、指紋や汚れが付きにくいマット加工。 イヤホン本体は小型で、耳の小さい方にもおすすめです。 この小さな筐体からは考えられないほど音質が良く、一つ一つの音の輪郭がわかりやすく、高域も伸びやかで自然な優しい音です。 ピアノやボーカルの表現力も良くキレイな残響音で、シンバル音や金物類などの高域が素直で表現豊かな印象。 角が取れた音でギターのアルペジオも耳あたりが良く滑らかです。 低域は主張が控えめながら、輪郭がクッキリして沈み込みも軽やかです。 音もボヤけず他の音と引き立てあい、バランスの取れたまとまりの良い仕上がりです。 初めてのイヤホンにはもちろん、自然なサウンドなので楽曲本来の音を楽しみたい方におすすめです! 【マニアのサブ機だけでなく、初心者のメイン機としてもおすすめ!】 連続再生時間は最大9時間と長時間再生が可能!ケースと併用すると最大180時間再生と『TWS01K』と比べて3倍以上と大幅にパワーアップしモバイルバッテリーとしても活躍できます!そして、防水仕様が完全防水のIPX7!! 30分水没しても浸水しません! 付属のイヤーピースは完全ワイヤレスの為に設計されたfinalの「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」。 完全ワイヤレスイヤホンに特化したホールド感と、異物感のない自然な付け心地を実現! 空間表現が丁寧で音が自然に広がり、まわりを包みこんでくれるような優しい音です。 低域は主張が強めというよりは重心がどっしりと構えており、中高域を支えてくれるように鳴らしてくれます。 澄み切った中高域は見晴らしも良くナチュラルで力強く、楽曲を忠実に再現してくれます。 ボーカルは伸びやかで奥行きがあり、絶妙な距離感で圧倒的な存在感があります。 ボーカル重視の方はもちろん、低域重視の方、全体の音をバランス良く聴きたい方にもおすすめです。 音質も機能性も一切妥協のない完全ワイヤレスイヤホンです! 【22種類のイコライザー機能でいろんな楽曲に対応可能!? 】 音質は量感豊かで、しっかりと沈み込む低域が迫力満点で、臨場感もたっぷりです。 低域の量感が多いため、中高域は控えめです。 音の距離は遠めですが、繊細な音は埋もれずに鳴らしてくれます。 専用アプリ「Soundcore」に22種類のイコライザー機能や、グラミー賞受賞のプロデューサーによるカスタムイコライザーを搭載し、設定をすることで まるで色んなイヤホンを聴き比べているような錯覚を起こします。 アプリ内の機能「HearID」で聴覚テストができ、自分の聴覚に合わせてイヤホンの音を最適化してくれます。 本当に自分の欲しかった音域に迫力が増し、一気に解像度と深みが増しました。 専用アプリに対応しているイヤホンの中で、個人的に一番おすすめです!可能性をたくさん含んだイヤホンなので、ぜひ試してみてください! 【高い防水性能と、2種類の外部音声取込み機能付き!ジョギングに使うならコレ!】 一言で伝えると、こちらのイヤホンは機能満載のハイスペックな子です!防水性能IPX7と水や汗に強く、連続再生時間もなんと10時間!充電ケースと併用で最大30時間使用可能で急速充電にも対応しています! 操作方法もシンプルで、ボタン1つで周囲の環境音を取り込める『アンビエントアウェア機能』や、イヤホン装着時でも会話ができる『トークスルー機能』に切り替えができます。 スペックだけでも充分すぎるくらい高機能ですが、音質も全帯域がバランス良く鳴り、味付けも少なめで癖のないサウンドです。 あらゆる楽曲との相性が良く、パワフルで聴きごたえがありますが、聴き疲れもしにくい音です。 装着感も良く安定感があり、水や汗にも強いため、 ジョギング中の使用に最適です! 【歪みのない真っすぐなサウンドと、抜群の装着感がたまらない!】 前作の大人気モデル『Elite 65t』がパワーアップし『Elite 75t』として登場!! 高域はきらびやかで分離感が良く、どの音も埋もれないよう抜けの良い音です。 低域のアタック感は強めで、勢いや臨場感があり、解像度も高めです。 音場は横の広がりは狭めですが、立体感があり粒立ちもキレイ。 曲によって鋭く聴こえてしまうことがありますが、専用アプリで高域を抑えることもできます。 アプリ内にヒアスルーという機能があり、音楽も楽しみながら外の音を自然に取り込むことができます。 前作と比べると本体がコンパクトになり、格段に装着感がよくなったため、耳が小さな方にもおすすめです。 マルチポイントにも対応しており、プライベート用と仕事用、それぞれのスマホに2台同時接続ができます!片方のスマホから着信があった時も、すぐに応答できるので大変便利です。 スポーツに特化したモデルをお求めの場合は、「Elite Active 75t」もおすすめです!.

次の

【2020年7月】ワイヤレスイヤホンおすすめ13選!価格・シーン別

ワイヤレスイヤホン 人気

まず注目すべきは価格です。 3,000円台というのはワイヤレスイヤホンの中でも破格中の破格! 「安すぎてあやしい」と疑いたくなる価格ですが、そこは安心して下さい。 メーカーが自信を持って「入門機としての定番」と言うだけあって機能が充実しています。 低価格ながら、単耳モードと両耳モードの切り替えができたり、汗や少しの水濡れも問題ありません。 また、自動ペアリング機能があるので、接続の際に複雑な操作が必要ないのもGOOD!ケースの蓋を開ければ自動でイヤホンの電源もオンになります。 初めてのワイヤレスイヤホンの大定番。 断然おすすめのモデルです。 税込価格 少し価格は高くなりますが、 安定した接続と充実した機能を求めるならばTE-D01gがおすすめです。 販売メーカーであるAVIOTは、日本人の聴覚特性を徹底的に研究しています。 日本人に「いい音」と感じられる音質がイヤホンにも反映されているため、かなり聴きやすいイヤホンに仕上がっています。 初めてのワイヤレスイヤホンでも、 音質にはこだわりたい人におすすめのモデルです。 バランスの良いイヤホンならSoundcore Liberty Air 2• 税込価格 Soundcore Liberty Air 2は、モバイルバッテリーを始めとした充電機器で有名なAnkerのワイヤレスイヤホンです。 性能と価格のバランスに優れています。 ケースの充電はワイヤレス充電に対応しているモデルなので、すでにワイヤレスの充電器を持っている人はかなり便利に使用できるモデルです。 充電面ではAnkerの技術の高さがいかんなく発揮されています。 またイヤホンの形状はAppleのAirPodsに似たデザインになっています。 耳への着脱のしやすさを考えると、使いやすいデザインです。 価格別おすすめワイヤレスイヤホン ざっくりとした予算が決まっている人向けに、価格帯別のおすすめワイヤレスイヤホンを紹介します。 今回は「3,000円台」「5,000円以下」「10,000円以下」「20,000円以下」「20,000円以上」の5つの価格帯を設定しています。 3,000円台 「初めてワイヤレスイヤホンを購入するけど、高いモデルで失敗したくない」「まずはお試しに安いモデルを買いたい」という人向けの価格帯です。 今回紹介するのは• Ankerの完全ワイヤレス型入門モデルが、Soundcore Liberty Neoです。 5,000円以下の価格ながら 防水等級も高く、急な雨にも怯えること無く使用できます。 連続再生時間も5時間と合格ラインです。 しっかりとした低音を楽しめるお手頃な完全ワイヤレスイヤホンです。 10,000円以下 10,000円以下は「少し性能にこだわりたい!」「機能もなるべく多いほうがいい」という人向けの価格帯です。 5時間 最大10時間 充電時間 約1. 0 5. 0 5. 10,000円以下のモデルで一番のおすすめはTWS-520です JPRiDEは聞き慣れないメーカーかも知れませんが、 堅実なものづくりが評判の日本メーカーです。 「あやししいメーカーかも?」と敬遠しないで下さいね。 形状はAirPodsのようなデザインですが、マットな質感がオシャレで普段着でもスーツでもマッチするものになっています。 音質も十分で、深みのある低音を楽しみながら高音域もクリアに届けてくれます。 一流品を製造する厳選された工場で製作されており、安全性やクオリティの高さはお墨付きです。 それが5,000円台で買えてしまうのは驚きでしかありません。 10,000円以下のカテゴリーで最もコスパに優れ、音質にもこだわれる素晴らしいイヤホンです。 どれにしようか迷っている人には、このイヤホンをおすすめします。 TE-D01g• 日本人好みのサウンドを徹底追及するAVIOTの完全ワイヤレスイヤホンは、なんと言ってもバッテリー持ちがすごい! 完全ワイヤレスなのに連続再生時間10時間は本当にタフです。 イヤホンケースもキューブ型でかわいらしく、イヤホンのデザインやカラーもファッショナブルなブランドです。 また、防水性能も高いので普段使いからパワフルなアクティビティ中まで、さまざまなシーンで使えます。 20,000円以下 何かを購入した後「ああもう少し奮発すればよかったかも……」と思いがちな人は、この価格帯が安心です。 最高級とまではいきませんが、性能も音質もかなりグレードが高いモデルが多く揃っています。 ピックアップする2モデルは• AirPods with Charging Case• 0 5. 言わずと知れたAppleの完全ワイヤレスイヤホンAirPods! あなたがiPhoneユーザーであればいちおしのイヤホンです。 iPhoneとのペアリングは、数あるワイヤレスイヤホンの中でも1,2を争うほどスムーズですし、その相性の良さから音切れなども起こりにくいです。 ただし防水性能はがないことや、再生時間がすこし短めなのが気になるところ……。 この辺りは、最新のAirPods Proでは改善されているので、比較して検討するといいですね。 Android端末にもペアリングすることは可能ですが、推奨されているものではありません。 安全のためにもiPhoneで使用することをおすすめします。 Galaxy Buds• AirPodsがiPhone専用ならばGalaxy BudsはAndroid専用のワイヤレスイヤホンです。 Galaxyシリーズを売り出すSamsungが満を持して投入したイヤホンなだけあり、なかなかに機能が充実しています。 ノイズキャンセリング機能や外音取り込みなど、いろいろな機能を使いたい人におすすめのイヤホンです。 そして多機能ながらもイヤホンサイズがとても小さいので、耳の中にすっぽりおさまるのも良い所です。 イヤホンが目立つのが嫌な人は、一度チェックしてみてくださいね。 なお、防水性能はあってないようなレベルなので、油断はしないようにしましょう。 20,000円以上の高級イヤホン ワイヤレスでも音質に妥協したくない。 デザイン性や機能性も重視したい。 かゆいところに手を届かせるためには、どうしても価格が高くなることを覚悟しなくてはいけません。 持っているだけでも満足できる、20,000円以上の高級イヤホン! 今回は以下の3モデルのご紹介です。 5時間 最大7時間 最大4. 5時間 充電時間 充電ケースでの5分間の充電で約1時間 約1. 0 5. 1 5. AirPods with Charging Caseの弱点、防水性能をしっかり克服! 機能も盛りだくさんでやってきた! Appleユーザーのためのイヤホンがこれです。 iPhoneユーザーで快適に完全ワイヤレス型を使用したいならば、間違いなく候補にするべきイヤホンですね。 iPhoneやアップル製品とのスムーズなペアリングは勿論健在! ケースのフタを開けるだけで、魔法のようにペアリングが開始されます。 AirPods with Charging Caseよりも約1万2,000円ほど高くはなりましたが、それも納得の多機能です。 ノイズキャンセリング、外音の取り込み!欲しかった機能が全部入っています。 デザインも心無いイヤホンファンに「うどん」とからかわれた部分が短くなり、すごくスタイリッシュになりました。 参考にしてみてください。 イヤホン界の古豪、Audio-technicaの完全ワイヤレスイヤホンATH-ANC300TWはバランスに優れたイヤホンです。 装着感に優れ、耳にフィットしながらも負担をかけない形状になっています。 音質は低音はしっかり、中音・高音も伸びやかに表現とこちらもバランスの取れた高品質です。 防水はIPX2と低めですが、水しぶき程度にはぎりぎり耐えられます。 どちらかといえば、街ナカでおしゃれに使いたいイヤホンです。 ノイズキャンセリング、外音取り込みなど便利機能を搭載しながらも、価格は20,000円超えの中では抑えられている方です。 この価格帯でコスパの良いイヤホンといえばこれが一番でしょう。 MOMENTUM True Wireless 2• 高級オブ高級。 買った後、財布の痩せ具合以外の 不満を持ちたくないならば、このMOMENTUM True Wireless 2です。 現段階で最も良いとイヤホン通に評価されることの多いこのモデル、お値段堂々の35,000円超えです。 しかし36,300円の価値は当然搭載されています。 特に音質の面で、このイヤホンは他の追随を許しません。 重みと厚みのある低音と伸びやかな中音域、そして繊細な描写をする高音と、すべての音がしっかりと鳴り、原音に近い音が表現されます。 どんなジャンルの音楽でも、その音楽の良さを損なわせないサウンドが楽しめるわけです。 また、 遮音性のよいイヤーピースに加えて高度なノイズキャンセリング機能を搭載しています。 どこにいても、このイヤホンを身につければそこはコンサートホールです。 ケースにも布地が貼られていて、上品な仕上がりになっています。 さすが超高級イヤホン…………持っているだけで満足できる一品です。 利用シーン別おすすめワイヤレスイヤホン 利用シーンが限定されている人は、シーンに合わせたイヤホンを購入することがなにより大切です。 それぞれのシーンでイチオシのイヤホンを紹介します。 通勤通学(電車などの移動) 電車などの移動、通勤や通学時に使用するイヤホンとして おすすめなのは、ネックバンド型のワイヤレスイヤホンです。 長時間のバッテリーと、着脱のスムーズさが便利 ですよ。 私のオススメの通勤通学用ワイヤレスイヤホンは、JPRiDE ANC-510です! まずはスペックを見て下さい。 税込価格 なんと! この価格でノイズキャンセリング機能つきですよ! 低価格高品質をうたうメーカーなだけありますね。 そして 連続再生時間は驚異の12時間です。 これならちょっと電車が遅延しても「あーイヤホン切れちゃった」ということはないでしょう。 音切れもしにくく、電車内で快適に使えること間違いなしです。 ノイズキャンセリングはイヤホンについているリモコンを押すだけでOKです。 混雑した駅の中などで活躍しそうですね。 イヤホン部分はマグネット式なので、イヤホン同士がぴたっとくっついてネックレスのようになります。 移動中は、いちいち収納ケースにしまわなくてはいけない完全ワイヤレスより、このようなネックバンド式が手軽で便利ですよ。 運動(スポーツ、ジム、ランニング) 運動時に使うイヤホンで大切なこと!それは外の音をしっかり聴けるか否かです。 他にも、落ちにくさやずれにくさ、防水性も重要ですね。 税込価格 運動時は完全ワイヤレスが快適です。 そして外音取り込み機能がついていると安全面もバッチリ! しかしこの2つを一緒にすると、ネックなのが価格ですよね。 どうしても高額になりがちです。 ですが、 Elite 65tはかなりリーズナブルなモデルです。 防水性能もIP55で十分ですし、防塵性もテスト済みなので強風の日のチリにも負けません。 外音を取り込むヒアスルー機能は、ポンとイヤホンを叩けばOK!かなり手軽です。 イヤホンの形状も、耳から落ちないカナル型ですので、 スポーツをするためのワイヤレスイヤホンが欲しい!という人にはおすすめです。 作業(デスクワーク、カフェ) デスクワークやカフェでの作業中、何がイヤホンに求められるか……。 それは 周囲の雑音を消してくれるノイズキャンセリングです。 税込価格 値段は高額ですが、 ノイズキャンセル機能は3段階に分けられており強度を調整 できます。 作業をする場所により、ノイズキャンセリングを調整することで、耳への負担を軽減することができますね。 作業中やワーク中は、些細なことで集中力を削がれがちです。 耳への不快感もそのひとつですね。 そのため、きっちりフィットするモデルを選ぶことも大切になってきます。

次の