ジメチル ニトロソアミン。 N

ニトロソアミン

ジメチル ニトロソアミン

H320 : 眼刺激。 H361 : 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い。 H370 : 臓器の障害 H372 : 長期にわたる、又は反復暴露による臓器の障害。 H340 : 遺伝性疾患のおそれ。 H350 : 発がんのおそれ。 H335 : 呼吸器への刺激のおそれ。 H411 : 長期継続的影響によって水生生物に毒性。 H227 : 可燃性液体。 注意書き P501 : 残余内容物・容器等は産業廃棄物として適正に廃棄すること。 P273 : 環境への放出を避けること。 P260 : 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。 P270 : この製品を使用するときに,飲食又は喫煙をしないこと。 P202 : 全ての安全注意を読み理解するまで取り扱わないこと。 P210 : 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。 P201 : 使用前に取扱説明書を入手すること。 P271 : 屋外又は換気の良い場所でのみ使用すること。 P264 : 取扱い後は皮膚をよく洗うこと。 P284 : 換気が不十分な場合 呼吸用保護具を着用すること。 P391 : 漏出物を回収すること。 次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。 その後も洗浄を続けること。 口をすすぐこと。 直ちに医師に連絡すること。 容器を密閉しておくこと。 涼しいところに置くこと。 P405 : 施錠して保管すること。

次の

職場のあんぜんサイト:化学物質: N,N−ジメチルニトロソアミン

ジメチル ニトロソアミン

合成 [ ] 2級アミンとを反応させると、以下の式のようにニトロソアミンが生成する。 NNN• NNK• NNAL• NDMA• DPT• NMEA• NDEA• NDBA• NPIP• NPYR• NMOR• NPRO• NSAR 発がん性の研究 [ ] 1957年ノルウェーの飼育動物で肝臓がんの頻度が上昇。 動物に食餌としてニシンを与えており、当該ニシンの保存に亜硝酸ナトリウムを使用していた。 調査の結果、亜硝酸ナトリウムがニシン内のジメチルアミンと反応してジメチルニトロソアミン NDMA を生成し、このNDMAが原因だと特定された。 存在 [ ] ニトロソアミンは、大気、水、食品、化粧品、タバコ などに微量ながら含まれていることが確認されている。 食品ではや魚、一部の調味料類に比較的多く存在する。 肉に含まれるヘム鉄は発がん性のあるニトロソアミンの生成を促し、さらに加工肉に添加されるやがこれを生成する。 調理 [ ] 食品は調理によりニトロソアミンの量が変化する。 実験では、電子レンジを使用するとその増加量をかなり抑えられる結果となった。 胃酸のような強酸環境下でも生成しやすい。 肉を燻製にすることはニトロソアミンを生成する。 脚注 [ ]• Joyce I. Boye; Yves Arcand 2012-01-10. 573—. 慶田雅洋, 津郷友吉、「」 『食品衛生学雑誌』 1969年 10巻 2号 p. 59-67, :• Jakszyn, P; Gonzalez, CA 2006. World journal of gastroenterology 12 27 : 4296—303. Report. () 2015年11月13日. 2017年5月6日閲覧。 松下秀鶴, 森忠司, 後藤純雄、「」 『大気汚染学会誌』 1982年 17巻 3号 p. 220-227, :• Jong-eun Park and et al 2015 Sep. Toxicol Res 31 3 : 279—288. 2017年6月30日閲覧。. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 酒井綾子、谷村顕雄、「」 『食品衛生学雑誌』 1971年 12巻 3号 p. 170-176, :• 原田基夫, 中村洋子, 谷村顕雄、「」 『食品衛生学雑誌』 1972年 13巻 1号 p. 36-40, : この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

N

ジメチル ニトロソアミン

合成 [ ] 2級アミンとを反応させると、以下の式のようにニトロソアミンが生成する。 NNN• NNK• NNAL• NDMA• DPT• NMEA• NDEA• NDBA• NPIP• NPYR• NMOR• NPRO• NSAR 発がん性の研究 [ ] 1957年ノルウェーの飼育動物で肝臓がんの頻度が上昇。 動物に食餌としてニシンを与えており、当該ニシンの保存に亜硝酸ナトリウムを使用していた。 調査の結果、亜硝酸ナトリウムがニシン内のジメチルアミンと反応してジメチルニトロソアミン NDMA を生成し、このNDMAが原因だと特定された。 存在 [ ] ニトロソアミンは、大気、水、食品、化粧品、タバコ などに微量ながら含まれていることが確認されている。 食品ではや魚、一部の調味料類に比較的多く存在する。 肉に含まれるヘム鉄は発がん性のあるニトロソアミンの生成を促し、さらに加工肉に添加されるやがこれを生成する。 調理 [ ] 食品は調理によりニトロソアミンの量が変化する。 実験では、電子レンジを使用するとその増加量をかなり抑えられる結果となった。 胃酸のような強酸環境下でも生成しやすい。 肉を燻製にすることはニトロソアミンを生成する。 脚注 [ ]• Joyce I. Boye; Yves Arcand 2012-01-10. 573—. 慶田雅洋, 津郷友吉、「」 『食品衛生学雑誌』 1969年 10巻 2号 p. 59-67, :• Jakszyn, P; Gonzalez, CA 2006. World journal of gastroenterology 12 27 : 4296—303. Report. () 2015年11月13日. 2017年5月6日閲覧。 松下秀鶴, 森忠司, 後藤純雄、「」 『大気汚染学会誌』 1982年 17巻 3号 p. 220-227, :• Jong-eun Park and et al 2015 Sep. Toxicol Res 31 3 : 279—288. 2017年6月30日閲覧。. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 酒井綾子、谷村顕雄、「」 『食品衛生学雑誌』 1971年 12巻 3号 p. 170-176, :• 原田基夫, 中村洋子, 谷村顕雄、「」 『食品衛生学雑誌』 1972年 13巻 1号 p. 36-40, : この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の