さくら の メール ボックス。 ウェブメールのメールフィルタ機能

さくら の サーバ で Gmai lを使った 独自ドメインメール を無料で使う方法

さくら の メール ボックス

さくらのレンタルサーバ(ビジネス・ビジネスプロ)、さくらのマネージドサーバの場合• 標準のメールアドレス 設定例:mail example. sakura. jp メールアドレス ユーザ ドメイン名(例:mail example. sakura. jp) パスワード ユーザ 例:mail のパスワード• ドメイン毎のメールアドレス一覧 設定例:mail example. sakura. jp メールアドレス ユーザ ドメイン名 例:sakura example. sakura. jp) パスワード ユーザ 例:sakura のパスワード ウェブメールの画面が表示されます。

次の

Outlook 2019 または Office365を利用する

さくら の メール ボックス

迷惑メールフィルタ 迷惑メールフィルタとは、迷惑メール(スパムメール)の疑いのあるメールを自動的にサーバ上で検知する機能です。 迷惑メールフォルダに受信したメールは、 自動的に削除されることはありません。 メール容量 サーバ容量 を使用しますので、定期的にから迷惑メールフォルダをご確認ください。 SpamAssassinの判定基準 SpamAssassin を使った迷惑メールフィルタ機能は、メールの本文内容だけではなく、様々な条件に対してポイントを加算します。 このポイントの累計が一定以上に累積した場合、迷惑メールとして判断する仕様です。 判定する条件は複数ありますが、代表的なものが次のようなものとなっております。 HTMLメールである• 件名に「! 」等の記号が含まれている• 本文中にURLが記述されている 通常のメールについても、上記のような判定条件により一定のポイントを超えた場合、誤判定される場合があります。 com メールアドレスを入力したい場合 アカウント@ドメイン名 例:mail example. sakura. ゴミ箱に受信したメールは『ウェブメール』から 確認することが可能です。 メールを破棄 サーバに到着した時点で自動的に削除されます。 設定後、画面下部の『 OK 』をクリックします設定は以上です。

次の

Studio Gyokimae

さくら の メール ボックス

のレンタルサーバーでのメールアドレス(メールアカウント)の設定方法です。 まずは、さくらインターネットのサーバコントロールパネルにログインしてください。 左メニューのメールアドレスの管理をクリックします。 メールアドレスの管理画面が表示されますので、 下のほうのメールアドレスの追加欄の「メールアドレス」のテキストボックスに、作りたいメールアドレスの@より前の部分を入力します。 今回の例では「mail ドメイン名」というメールアドレスを作ってみます。 次に「メールパスワード」の2つのテキストボックスに任意のパスワード(2つとも同じもの)を入力します。 パスワードは半角英数8文字以上32文字以下で、英字・数字・記号を組み合わせてください。 ちなみに数字だけのパスワードは設定できませんでした。 英字・数字の組み合わせでは設定できましたので、3種類(英字・数字・記号)すべてを組み合わせる必要はないようです。 以上を入力したら、下の「追加」ボタンをクリックします。 メールアドレス一覧に作成したメールアドレスが追加されていれば、メールアドレスの作成は終了です。 右のほうの「変更」ボタンをクリックすると、 上のようなメールアドレスの管理画面になり、メールアカウントの設定を変更することが出来ます。 サーバコントロールパネルのトップ画面にある「サポートサイト トピックス」の「電子メールの設定」リンクをクリックすると、各種メールソフトでの設定マニュアルが見れますので参考にしてメールソフトの設定をしてください。 さくらインターネットのメールアドレスの作り方は以上です。 「あれっ?どのドメインのメールアドレスにするか選択してないんじゃない?」と思った方もいらっしゃるでしょう。 その通りです。 でも触れましたが、さくらインターネットの場合、ひとつのメールアドレスを作ると、設定されているドメイン・サブドメインすべてに同じアカウントでのメールアドレスが出来るのです。 具体的な例をあげて説明します。 「abcd. com」「efjk. jp」という2つの独自ドメインを設定してあって、さらに「abcd. com」には「sub. abcd. com」というサブドメインを作っていたとします。 この状態で、「mail ドメイン名」というメールアドレスを作ると、以下の4つのメールアドレスができます。 mail abcd. com mail efjk. jp mail sub. abcd. com mail アカウント. sakura. jp(初期ドメイン) 実は、この4つのメールアドレスは使い分けることが出来ません。 「abcd. com」と「efjk. jp」はそれぞれ別のサイトを公開しているというのが普通だと思います。 したがって「mail abcd. com」と「mail efjk. jp」は当然、違うメールアドレスとして運用したいですよね。 でも出来ないんです。 メールソフトで2つのアカウントを設定したとしても、サーバー側で同じメールアドレスとして扱ってますので、それぞれのメールアドレスに届いたメールを振り分けることは出来ません。 使い分けるには、@の前のアカウントを変えるしかありません。 例えば、「abcd. com」のメールアドレスを「mail abcd. com」にしたら、「efjk. jp」のメールアドレスは「info efjk. jp」というようにもう1つ「info ドメイン名」というアドレスを作って区別するしかありません。 マルチドメインで運用するに当たって、このメールアドレスの仕様はちょっと使い難いと思いますので、何とか改善したいただきたいと思います。 企業向けの「co. jp」をはじめとする属性jpドメインも無料で取得できるので、 特にビジネスでの利用・法人様におすすめです。 サポート体制も充実しており、メールはもちろん、電話・FAXでの問い合わせにも対応。 土日祝日も対応してくれるので安心です(年末年始を除く)。 サーバー容量20GB~。 月額料金は1,400円~。 マルチドメイン・サブドメイン・メールアカウント・FTPアカウント全て無制限。 しかも200GB~の大容量で月額料金900円(36ヶ月一括払いの場合・税抜)からというコストパフォーマンスの高いレンタルサーバーです。 しかし決して「安かろう悪かろう」ではありません。 利用者数150万人を超えるという実績がそれを証明しています。 利用者が多いので、ネットで検索すればほとんどの問題の解決法が見つけられるという利点もあります。 しかも上位のプランはしっかり多機能・高機能ですので、かなりのヘビーユーザーでも充分使えるスペックです。 初心者から上級者まで広い層にお薦めできるレンタルサーバーです。

次の