バッカ じゃ なかろ か ルンバ。 長谷川真吾 馬っ鹿じゃなかろかルンバ 歌詞&動画視聴

ルンバ買ったからルンバが掃除し易いように家中の掃除した。

バッカ じゃ なかろ か ルンバ

プロフィール 昭和50年 昭和枯れすゝき で全国にブームを呼び 一躍注目を浴びた 男女デュエット歌手。 演歌では不可能と言われたハーモニーをつけ 新しいパターンの 歌唱法を生み出した。 又、この年 レコード大賞優秀大衆賞 、 有線放送大賞グランプリ 他数々を受賞しました。 その歌唱法にも、益々磨きがかかりレパートリーの広さ、そして 何よりも歌への前向きな姿勢が、世間に認められています。 さくらと一郎のステージは、明るく巧みなおしゃべりも 魅力の一つです。 オリジナルヒット 女のきずな をはじめとして 釜山港へ帰れ 津軽じょんがら流れ唄 人生すてたもんじゃない かつおぶし いつのまにか も好評で有線放送などでよく聴かれます。 尚、現在 昭和枯れすゝき が、リメーク盤として発売中で カラオケファンにも よく歌われています。 テレビではバラエティー番組に出演する事も多くなり 新分野でも 頑張って居ります。 平成18年2月22日に14年ぶりの新曲 「平成枯れすすき」 「バッカじゃなかろかルンバ!」 を 発売致しました。 いままでの さくらと一郎 のイメージを一新し、 また、一郎自身が作詞、作曲に携わっており 注目されて居ります。 テレビ、ラジオ、ゆうせん、カラオケ等で勢力的に活躍中です。 山岡さくら 本名 佐俣光子 昭和31年群馬県富岡市 昭和53年 サンミュージックタレントスクール を経て徳川一郎とコンビ結成 趣味 映画鑑賞 徳川一郎 本名 遠藤晃 昭和23年静岡県三島市 昭和44年 ポリドールレコード より 「女はこわい」 でデビュー 昭和49年 さくらと一郎 コンビ結成 昭和53年 クラウンレコード に移籍 山岡さくらと新コンビ結成 趣味 ゴルフ.

次の

バッカじゃなかろかルンバ

バッカ じゃ なかろ か ルンバ

プロフィール 昭和50年 昭和枯れすゝき で全国にブームを呼び 一躍注目を浴びた 男女デュエット歌手。 演歌では不可能と言われたハーモニーをつけ 新しいパターンの 歌唱法を生み出した。 又、この年 レコード大賞優秀大衆賞 、 有線放送大賞グランプリ 他数々を受賞しました。 その歌唱法にも、益々磨きがかかりレパートリーの広さ、そして 何よりも歌への前向きな姿勢が、世間に認められています。 さくらと一郎のステージは、明るく巧みなおしゃべりも 魅力の一つです。 オリジナルヒット 女のきずな をはじめとして 釜山港へ帰れ 津軽じょんがら流れ唄 人生すてたもんじゃない かつおぶし いつのまにか も好評で有線放送などでよく聴かれます。 尚、現在 昭和枯れすゝき が、リメーク盤として発売中で カラオケファンにも よく歌われています。 テレビではバラエティー番組に出演する事も多くなり 新分野でも 頑張って居ります。 平成18年2月22日に14年ぶりの新曲 「平成枯れすすき」 「バッカじゃなかろかルンバ!」 を 発売致しました。 いままでの さくらと一郎 のイメージを一新し、 また、一郎自身が作詞、作曲に携わっており 注目されて居ります。 テレビ、ラジオ、ゆうせん、カラオケ等で勢力的に活躍中です。 山岡さくら 本名 佐俣光子 昭和31年群馬県富岡市 昭和53年 サンミュージックタレントスクール を経て徳川一郎とコンビ結成 趣味 映画鑑賞 徳川一郎 本名 遠藤晃 昭和23年静岡県三島市 昭和44年 ポリドールレコード より 「女はこわい」 でデビュー 昭和49年 さくらと一郎 コンビ結成 昭和53年 クラウンレコード に移籍 山岡さくらと新コンビ結成 趣味 ゴルフ.

次の

「ルンバ采配 」ってたまに聞きますがどういう意味ですか?

バッカ じゃ なかろ か ルンバ

数年前の交流戦の巨人対楽天戦で、9回裏2点リードされていた巨人が、2死1塁から、1塁ランナー(矢野だったと記憶してます)が、盗塁死してゲームセットとなりました。 試合後の会見で、当時楽天の野村監督が、その采配を揶揄して「バッカじゃなかろかルンバ、、」と口ずさみました。 昔実際にあった曲のなかの一節です。 野村監督の試合後のコメントは、毎試合全国放送されてましたから、これ以降、原監督が不可解な采配をするたびに、ルンバ采配と言われることがしばしばあります。 その試合の最後の場面ですが、2点差でも1塁ランナーが2塁に盗塁することは、例えば打者が三遊間の深いゴロの当たりを打った時に2塁でのフォースアウトがなくなり、内野安打になる可能性が高くなるなどの理由で、全く無意味ということはないのですが、大前提として100%盗塁を成功するタイミングでないと走ってはいけないのは常識です。 おそらく100%セーフになれるなら走ってもいいというサインが出ていたと想像しますが、ランナーの判断ミスでありえない試合終了の仕方になったのだと思います。 ちなみにこの試合で勝ち投手になったのが、ロングリリーフで好投した現巨人の朝井です。 彼は東京ドームのマウンドが合うと自分でも言ってます。 また最後の場面で投げていたのは小山ですが、彼は当時非常に盗塁されやすい投手でした。 今は多少改善されましたが。 ですから采配自体は完全に間違いとは言いきれないと思いますが、ランナーがスタートを失敗したのでしょう。 できればスタートが悪いと瞬間的に判断して、すぐに盗塁をやめてファーストベースに戻るべきだったと思います。 しかし最高責任者は監督です。 だれがサインを出そうとも、おかしな作戦によって悪い結果が出れば、「その場面の作戦を伊原コーチに任せた采配」が原監督のルンバ采配という結論になります。 大筋は下の方々が語っているので書きませんが、 ちょっと変な誤解が広まっているので補足を。 実は野村監督も「二点のビハインド、九回裏、二死一塁」 という全く同じ状況で盗塁をやらせたことがあるんです。 それどころかアマの名監督として有名な原貢(原監督の父)氏は 「一発勝負の高校野球」の世界で、九回裏(つまり負けか同点)に 盗塁させる采配を好む監督として有名な人なんです。 そして、あの試合でも楽天の橋上ヘッド(野村監督の一番弟子)は 5月の交流戦の時期になっても今ひとつ調子の上がらず 前年のようなピッチングが出来ていなかった小山投手に対して 「2点差あるから、変に気にせず走らせてしまえ」と言っていたんです。 つまり、盗塁そのものは「セオリーから外れた」ものではあっても 「普通の監督じゃやらないようなバカ采配」ではないんですよ。 ただ、走者と一塁コーチのやり取りを見ていた橋上ヘッドが 「次の球で走る」と確信して盗塁対策を指示したのが当たって (実際、小山投手はクイックですし、藤井捕手も腰を浮かせてます) 上機嫌の野村さんが「口撃」をしたという経緯だったようです。 そのためか、日を追うごとに野村監督のコメントが変化していき、 最後は「『やるなら120%成功しないといけない場面』なのに それを徹底させていなかったこと」に対して言ったことになりました。 …ただ、ネットではそんなことはどうでも良くて(w 「叩きのキーワード」が提供されれば原型がどうであろうとも 一人歩きしていくので、「原のルンバ采配」として残ったわけです。 2点差なのに巨人・矢野が盗塁を試みて失敗し、試合終了となり、試合後の会見で楽天・野村監督が「バッカじゃなかろかルンバ、巨人は面白い野球をするね。 」と皮肉ったのがきっかけです。 その後、巨人・伊原ヘッドコーチがそれに反論し、野村監督を年寄り呼ばわりしたりして、ちょっとした騒動へと発展しました。 【ここからは蛇足です】 「ルンバ采配」というのは原監督を馬鹿にする言葉として使われていますけれど、おそらくあの試合で盗塁のサインを出したのは原監督ではなく、当時ヘッドコーチだった伊原さんの判断でしょう。 つまりルンバ采配をしたのは原監督ではなく伊原コーチだったということです。 伊原コーチが1点差と勘違いしたのか、意表をついたつもりなのか、今となっては真相は分かりません。 しかし、野村発言に反論した伊原氏に対して、「(あの場面で盗塁させたのは)原の策じゃないのはわかっている」と野村監督も盗塁策が伊原氏の判断だったとする旨の発言をしています。 実は野村氏が阪神の監督時代に、伊原氏はコーチとして野村監督の下で働いています。 しかしそりが合わずに1年間で伊原氏はコーチを辞めています。 この頃から二人の間に確執があったのではないかと言われています。 伊原氏は「鬼軍曹」と呼ばれるほど厳しく指導するコーチで、野村監督の息子の克則を平気で蹴飛ばしたりしていたそうですから、野村監督との間に確執が起こるのも無理はなかったかもしれませんね。 ちなみにルンバ采配と呼ばれた伊原コーチの盗塁策ですが、あの楽天戦だけは批判されても仕方がありませんけれど、2008年は彼の積極的な走塁策のおかげで巨人は13ゲーム差をひっくり返して優勝できたといっても過言ではありませんから、長い目でみればルンバ采配でも何でもなく、非常に有効で優れた戦術だったということが証明されています。

次の