きめつのやいばかなえ。 【鬼滅の刃 考察】鬼滅の刃の恋愛事情について【きめつのやいば ネタバレ】炭カナ・狛恋・おばみつ・●●カナ etc

冨岡義勇 (とみおかぎゆう)とは【ピクシブ百科事典】

きめつのやいばかなえ

恋愛 鬼滅の刃の恋愛要素。 そういう漫画ではないと言ってしまえばそこまでなのですが、あると面白い組み合わせもありますよね。 この中から、私が気になったモノだけピックアップしています。 中には実弥と禰豆子でさねねずや、伊之助と禰豆子でいのねずなど、面白い組み合わせも掲載されていました。 これは二次創作の要素も含まれているようなので、そこには今回触れていません。 あくまでも、鬼滅の刃本編の内容から考えていくものとなります。 いくつかの経緯を経てカナヲにとって炭治郎は、特別な存在になっていきました。 コミックス7巻では胡蝶カナエが「カナヲにも好きな人ができたら変わる」と発言しています。 そして、そのセリフが書かれたコマには炭治郎の姿が。 これが示すことは「ゆくゆくカナヲは炭治郎の事を好きになるのであろう」という事です。 今の状態はというと、LIKEからLOVEの間といったところでしょうか。 カナヲにとって炭治郎への気持ちは、生まれて初めての気持ちだと思います。 なので、それが恋だという事にすら、気付いていない可能性があります。 一方の炭治郎はどうかというと、まだカナヲに対して意識しているという事はないでしょう。 炭治郎は誰にだって誠実で、優しい男です。 そこに誰かを特別愛する気持ちが芽生えるとしたら、全ての戦いが終わり、禰豆子が人間に戻った後の事になるのではないでしょうか。 ぎゆしの ここに恋愛要素はないように思えます。 でも、ここだけはお似合いだったなぁと思っています。 年齢も柱になった時期も義勇の方が先で、しのぶよりは先輩です。 しかしながら、しのぶは義勇を「天然ドジっ子」だと思っていました。 この二人は、柱として任務を共にこなしている時期がありました。 そこでは仲良くご飯を食べている姿も。 生きてさえいれば…。 平和な時代であれば…。 二人が今後結ばれる事もあったかもしれません。 意味深柱絵が現実になってしまい義勇が倒れるとするならば、二人は天国で…。 それはちょっと複雑ですね。 狛恋 これは「はくこゆ」でいいのでしょうか? 猗窩座の人間時代の名前「狛治」と、恋雪ちゃんの組み合わせです。 猗窩座の回想は何度見てもいいですよね。 病気がちな女の子って鉄板です。 この二人は悲しい別れ方をしてしまったけど、今は地獄で仲良くしてるのかな…? 狛治は確実に地獄行きだろうから、恋雪ちゃんも一緒に地獄に行くのでしょう。 累の親と同じように。 コミックス18巻ではやっとこの二人が見られるので、12月の発売が楽しみです。 さねカナ 個人的にかなり好きな組み合わせです。 カナエに関しては、ぎゆナエ・煉カナ(炎花)・ひめカナと、色々なカップリングが掲載されていました。 というのも、実弥の柱入りの際に、この人達が集合していたからなのでしょう。 この人達のいずれかの組み合わせが、当時あったのではないかと。 その中でも特に私が好きなのは「さねカナ」の組み合わせです。 それは何故か。 実弥がお館様に食ってかかるシーンで、そっと実弥の腕をつかむカナエがいたからです。 そして、優しく実弥を諭すカナエ。 こちらもしのぶと同様生きていれば…。 悲しい。 おばみつ 最後はこのカップリング。 もうこれは、正式にカップリングと呼んでもいいのではないでしょうか。 間違いないのは、小芭内は蜜璃にべた惚れだという事です。 公式でも小芭内は、蜜璃に一目惚れしたと公表されています。 そして、蜜璃の中でも小芭内は、少し特別なようです。 この二人に関しては「あとはタイミングだけ」といったところでしょう。 私が今回恋愛事情について考える事になったのも、この二人の行く末を案じてのものでした。 今まさに、おばみつ対鳴女の決戦が始まろうとしています。 無限城に入ってから二人は行動を共にしており、二人の距離はグッと縮まっていると思います。 ここから鳴女と無惨さえ倒してしまえれば、あとはゴールインを待つのみとなるでしょう。 しかし、ここでも意味深柱絵が立ちふさがります。 意味深柱絵では、小芭内も蜜璃も死亡してしまうという示唆が出ています。 どちらかが残されるよりはいいものの、死亡してしまうのはやはり悲しい。 できればこの世で二人、結ばれる事を願いたいものです。 でも、ワニ先生は甘くない。 ここは物語を盛り上げるために、綺麗な恋愛感情が描かれる可能性もありますよね。 狛治と恋雪のように。 死ぬと分かっていながら、結ばれる二人。 そんな展開が想像できてしまいます。 まとめ的なもの もしも、カナヲとおばみつが亡くなるような事があれば、私のお気に入りの恋愛事情は全滅です。 全て悲しい末路となってしまいます。 それだけは何とか防いでほしい。 小芭内の覚醒と蜜璃のギャグ補正で、何とか乗り切ってほしい。 カナヲはもう戦わなくてもいいのではないでしょうか。 ワニ先生、頼みます。

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』54話(7巻)【感想】

きめつのやいばかなえ

CV: 概要 の姉。 享年17歳。 の一員だったが、鬼に殺されてしまったという。 「とは仲良くできる」という持論の朗らかな人物だったらしい。 が、実際にカナエが「仲良くしたい」と言っている描写はないので、しのぶの思い込みの可能性もある 以下、ネタバレ注意 「まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」 「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫」 「」の使い手であった少女剣士。 長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人。 生前はだった事が、168話のの回想で判明した。 アニメ第25話によると、しのぶの物と似た形状のを使用していた模様。 幼少期に両親を鬼に殺され、寸での所をに助けられた。 その後は 「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。 しのぶが常に笑顔を絶やさず「鬼とも仲良く」を掲げているのはカナエの意志を引き継ぐため。 カナエはと同様に 「鬼は哀れで悲しい存在である」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも 「人だけでなく鬼も救いたい」と思っての事でもあった。 妹には命を落とす直前に 「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」と伝えるが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかった。 後の話にて彼女を殺した鬼はの弐・だったと判明。 無限城でようやく姉の仇と相対したしのぶは、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るう。 その最中に幽霊か幻影かは定かではないが、重傷を負わされた事で心が折れかけたしのぶの前に現れ、「 しっかりしなさい 泣くことは許しません」「 しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励していた。

次の

【鬼滅の刃 考察】鬼滅の刃の恋愛事情について【きめつのやいば ネタバレ】炭カナ・狛恋・おばみつ・●●カナ etc

きめつのやいばかなえ

週刊少年ジャンプに絶賛連載中の吾峠呼世春先生の 『鬼滅の刃 きめつのやいば 』 最新話 153 話を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、ついに猗窩座の頸を捉えた炭治郎の刀!! (馬鹿・・・な・・・)と猗窩座の頸から大量の血が溢れだしましたね・・・。 気になる続きを見ていきましょう!! 最新153話の感想とあらすじ ダン 頸を斬った炭治郎が着地しました。 (闘気のない人間をこの数百年一度も見たことはない)と猗窩座。 赤子にも薄い闘気があるにも関わらず、炭治郎からは一瞬全く闘気がなくなったのです。 まるで植物と対峙しているかのように感じた猗窩座。 ガシィ・・ググググ・・・ 斬られた自分の頭部を掴み、繋げようとする猗窩座・・・ 義勇は折れている自分の刀を投げつけました! 頭部に命中し、地面に落ちた猗窩座の頸。 ボロボロと崩れていきました。 ホッとする炭治郎。 自分の体は限界に達していたようで、筋肉の痙攣が始まりました。 義勇は崩壊が始まらない猗窩座の体を見つめていました。 (これは、これは・・・) すると、左足をドンと地面に叩きつけた猗窩座の体。 メキメキっと頸の切断部分がみるみると閉じていきます! 頸を失ってもなお炭治郎に攻撃を仕掛ける猗窩座の体。 限界にきている炭治郎は避けきれず、壁に叩きつけられてしまいました。 (そんな・・・) (頸を斬っても死なない!!) (妓夫太郎たちのように何か条件があるのか?) (いや違う。 頸は崩れて消えた) (今変わろうとしている・・・) (猗窩座も別の何かに・・・!!) 無惨と同じように頸が弱点でなくなろうとしていることを察した炭治郎でしたが、そのまま失神してしまいました。 義勇は投げた刀を拾い上げると、技を仕掛けました。 水の呼吸 肆ノ型 打ち潮!! 体に命中し、出血したものの直ぐに再生する猗窩座の体・・・。 (頸を無くて尚この速さで・・!!) 炭治郎に向きなおる猗窩座。 義勇は「待て・・・俺はまだ生きているぞ・・・!!」 「炭治郎を殺したければまず俺を倒せ!!」と告げました。 刀を持たない。 しかし心に太刀を持っている) (使うのは己の拳のみ) 義勇に近づく猗窩座。 すると、彼の右腕を、一人の女性が涙を流しながら掴みました。 (拍治さんもうやめて・・・) つづく 読み終えて お い ち ょ っ と 待 て。 頸を斬っても死なないなんて聞いてないぞコラ。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで新刊を購入• 新刊を読む!• valuecommerce. valuecommerce.

次の