新型 chr。 【トヨタ新型C

トヨタCHRのカラー人気№1はこれだ!ツートンはダサイの人気なの?

新型 chr

新型 C-HR マイナーチェンジについて 初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアとインテリアは変更点がある。 フロントバンパー、リアバンパーの形状の変更。 ヘッドライドの形状を変更し「LEDヘッドライト」を標準採用。 「フロントフォグランプ」を上部に変更した。 Gグレード以上からリアウィンカーの形状を変更し「シーケンシャルウインカー(流れるウィンカー)」を採用。 エンジンには、同様に「 1. 2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ」に「6MT」を組み合わせる。 ハイブリッドモデルでは同様に全てのグレードでリチウムイオンバッテリーを採用。 更に新グレードとなる「」 追加する。 インテリアではGグレードにツートンカラーの「 オーキッドブラウン(ブラウン系)」を標準カラーに採用。 スイッチ類の位置を調節。 「 メーター、マルチインフォメーションディスプレイ」のデザインを変更。 ハリアーやアルファードなどに搭載されている「 パノラミックビューモニター」をメーカーオプションに設定。 C-HR インテリア オーキッドブラウン 「 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」と「 リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」後退時の死角を検知し、注意を喚起。 を新たにオプション設定。 「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉全車で対象車となる。 を標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。 DCM車載通信機を標準装備。 さらに、専用通信機DCMを全車標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。 新型 C-HR マイナーチェンジ トヨタ ディスプレイオーディオについて スマートフォンをUSBケーブルで接続することで連携が可能(「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応 オプション、SDL(Smart Device Link)「TCスマホナビ」「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)となり、日常利用している地図アプリや音楽などをディスプレイで操作・利用が可能。 「SDL(Smart Device Link)」対応アプリ(「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)であれば標準で連動が可能。 「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合には TV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Autoのセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。 新型C-HR マイナーチェンジモデル Toyota Safety Senseの主な特長 Toyota Safety Sense 全車標準搭載する。 レーザーレーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保するとともに、衝突回避支援型PCS、LDA、AHBをパッケージ化。 高速域まで対応する衝突回避支援/被害軽減性能を確保している。 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS) レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付) カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。 車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。 オートマチックハイビーム(AHB) カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。 レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) 先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。 前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。 トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。 予防安全 インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ) アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。 車庫入れなどの運転時、静止物への接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を追加。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。 ドライブスタートコントロール シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与。 ブラインドスポットモニター(BSM) 隣の車線を走る車両をレーダーで検知。 車両が死角エリアに入ると、ドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。 リヤクロストラフィックアラート(RCTA)後退時の死角を検知し、注意を喚起。 新型C-HR マイナーチェンジモデル ボディカラー モノトーンカラーに新色「エモーショナルレッドII」「オレンジメタリック」「オキサイドブロンズメタリック」を3色、ツートンカラーに新色を4色を加えた。 モノトーン8色、2トーン8色の全16色を設定。 C-HR 日本モデル モノトーン カラー• ホワイトパールクリスタルシャイン• ブラックマイカ• メタルストリームメタリック• イエロー• ネビュラブルーメタリック• オキサイドブロンズメタリック 新色• オレンジメタリック 新色 ツートン カラー• 2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ 1. 2-16. マイナーチェンジについて思うことはハイブリッドモデルにプリウス同様に4WD (E-Four)を採用するべきだと思う。 車高の高いクロスオーバーSUVで(E-Four)であれば選択肢に入るユーザーも増える。 プリウスでもそうだが、第二世代のToyota Safety Senseを是非採用してもらいたい。 C-HRについて トヨタは(1. 2Lターボモデル・ハイブリッドモデル)を2016年12月14日発売。 同日に全国のトヨタ系ディーラーで取り扱い発売を開始。 新型プリウスをベースにした、SUVを開発ハイブリッドモデルと新開発の1. 2L直噴ターボが搭載される。 2015年12月9日に発売した新型プリウス と同じ最大熱効率40%以上を実現したエンジンと最新のTHSIIが搭載される。 TNGA(Toyota New Global Architecture) C-HR エクステリアデザイン デザインは、「センシュアル スピード — クロス」をコンセプトに、SUVのたくましい足回りやスピード感あふれるボディ、大人の色気を表現し、新ジャンル・スペシャルティを追求した。 ダイヤモンドをモチーフとし、コンパクトなキャビンとリフトアップ感のある薄いボディを一体化した多面体のような精彩なボディから、前後のホイールフレアが大きく張り出した構成により、圧倒的なスタンスの良さを表現。 「 キーンルック」や、その構成要素でもある「 アンダープライオリティ」などのTOYOTA独自のデザイン表現を進化させ、 ワイド感と踏ん張り感ある鋭く力強いフロントマスクを創出している。 ヘッドライトユニットは1眼でハイビームとロービームを使い分ける Bi-Beam LEDヘッドライトを採用。 三角形状の輪郭でシャープな印象を与えるLEDクリアランスランプを組み合わせて採用した。 Bi-Beam LEDヘッドライト+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト 足元イルミネーション(車名表示)<「G」、「G-T」に標準装備> リアラゲッジスペース容量 フル乗車時 318L リアシートを倒すと最大1112L。 室内寸法 長さ:1,505mm 幅:1,400mm 最小幅960mm 高さ:650mm。 2017年8月2日にツートンカラーを追加し発売を開始。 C-HR スペックについて スペック C-HR 全長 4,350mm 全幅 1,795mm 全高 1,555mm ホイールベース 2,640mm エンジン 1. 2L 直列4気筒 DOHC 直噴ターボ 1. 6kgm トランスミッション Super CVT-i 電気式無段階変速機 JC08モード燃費 15. ソース トヨタニュースリリース トヨタC-HR.

次の

新型C

新型 chr

jp トヨタの現行機は一部改良を加えて2018年5月に改良されたものです。 初代のトヨタC-HRが発売されてから1年半ほどで出された改良版のトヨタC-HR。 市場の反応はどうでしょう?また、どこに力を入れて変更されたのでしょうか。 2016年12月に旧型機が発売されて以来、好調な推移での中で投入されたマイナーチェンジモデルだったのですが、大方の見方としては、大幅な変更はなくビジネスモデルに沿った軽微な修正という捉え方でした。 それだけ初代がきっちり作り込まれていたということだと思います。 そのような変更だったので、現行機・旧型機という捉えられ方があまりなされていないといったところが一般ユーザーの見方のようです。 jp 2018年5月に行われたマイナーチェンジ。 どのような内容だったかを確認しておきましょう。 今回おこなった点は大きく分けて2点になります。 1つめは「LEDパッケージ」を出したというところです。 前後のライトがLED化したのです。 これにより〝視認性の向上〟〝見た目のスタイリッシュさアップ〟という面が得られています。 流れるウインカーもトヨタ初で搭載されました。 もう1つはガソリンターボ車に2WD車を追加投入したことです。 これにより、従来の4WD車と比べて約20万円も価格が下がりました。 よりトヨタC-HRが手の届く存在になったといえます。 上記2点が大きな変更と言えるといえますが、それ以外にも新色を追加したりといった手が加えられました。 全体的に、あまり大きな手を加えることなく、よりコストパフォーマンスを良くしたというのが今回のマイナーチェンジの狙いだったと思います。 com 前述したとおり、この2018年5月に行われたマイナーチェンジは本当にごくわずかのものであり、大部分がそのまま据え置かれました。 それだけ旧型機のインパクトが強かったトヨタC-HR。 そこには開発に関わった人々の熱い想いと、それに応えた発売時のユーザーの熱気がありました。 その全体感をご紹介します。 jp トヨタC-HRは2014年9月22日、フランス・パリで行われたモーターショーにてその産声をあげました。 それは実に日本でトヨタC-HRとして発売される2年も前の話。 トヨタにおいて、コンパクトなSUVを世界市場で投入することは悲願でした。 豊田社長による「本物のクルマを作ろうよ」という呼びかけにより進められたこのプロジェクト。 開発チームのメンバーは「妥協せず、徹底的な作りをしよう。 SUVとしてほんもののクルマをつくろう。 」として、〝走りの素晴らしさ〟〝スタイリッシュなかっこよさ〟を併せもつ一台を目指しました。 その走りを磨き続けた地がドイツのニュルブルクリンク。 この地にある〝世界一難しい〟とされるコースにて徹底的に走り込み、データを積み上げて改良に改良を加えて生まれた車。 それがこのトヨタC-HRなのです。 トヨタでもここまでやりきったのは初の試みだそうです。 そのような縁で、トヨタC-HRは当初から欧州への投入をかなり意識していました。 また、実際に走り込んで研ぎ澄まされた走りをもつC-HRは、これまで欧州車一筋だったユーザーを振り向かせているそうです。 日本を始めとして、中国などグローバルな市場で「トヨタが作ったトヨタらしくないコンパクトSUV」としてその地位を確立しています。 toyota. jp 前項の通り、熱いマインドをもって欧州で産声をあげ、満を辞して日本市場に2016年12月登場したトヨタC-HR。 トヨタらしくない外観、インパクトのあるCMなどの効果なのか、爆発的な売れ行きをみせました。 納車がまったく間に合わず、発注しても半年待ちというような事態が生まれるなど、一つの社会現象までみせました。 その要因としては「トヨタがプリウスで培ったハイブリッド技術を如何なく発揮」「シャープでソリットな外観で、タイヤのインチにいたるまでインパクトのあるスタイル」「乗る場所を選ばない多目的スタイルの車」というこの車がもつ様々な魅力に市場が鋭く反応した結果だと言えると思います。 その結果が、2018年11月現在で累計約19 万台という累計販売台数に表れていると考えます。 また、その一台はトヨタでも珍しい「トヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店」という全チャネルでの販売を敢行し、トヨタ東日本・岩手工場で一手に生産するという体制にも意気込みとして表れています。 jp トヨタが誇るコンパクトSUV、トヨタC-HRは徹底的な戦略をもって生まれた1台であり、旧型機よりその徹底した作り込みで話題を呼んだ1台でした。 また、その呼吸をほぼ受け継ぎながら、さらに先進性を深めた改良の現行機が今日では販売されています。 ここで、その旧型機と現行機について、様々な角度から比較してみたいと思います。 jp 旧型機と現行機、まずは外観から比較していきます。 現行機に変わって大きく変化した部分にライト類があります。 フォルムなどはそのままに、ライティングにLEDランプを採用したのが現行機の大きな特徴となります。 ですので同じ顔をしていながら、さらに眼光鋭く目を見開いている印象が出たと思います。 また、流れるウィンカーが現行機において採用されていますので、走り出した時の雰囲気がより欧州的な車としての雰囲気を出しているのではないかと考えます。 カラー設定も発売当初はワントーン設定のみでしたが、2017年8月よりツートーンカラー設定が追加投入されました。 インテリアについては旧型機と現行機において、一切変更はありません。 それだけ作り込んでいるからだと思います。 また、パワートレインについても大きな変更はありません。 8Lハイブリッド車(2WD)、1. 2Lターボエンジン車(4WD)という設定で準備されました。 これについては現行においては1. 2Lターボエンジン車(2WD)というのが追加投入され、よりコスト的に手の届く範囲にきたと言えると思います。 com さて、このように自信をもって投入され、長きにわたって〝スタイリッシュでコンパクトなSUV〟として愛されてきたトヨタC-HRだけに、なかなか大きな変化を生まないであろうと考えられます。 そんなトヨタC-HR、 マイナーチェンジは再び行われるのでしょうか。 現状、市場における予想としては、マイナーチェンジの時期として2020年が予想されており、パワートレイン系の追加投入がなされると予想されています。 具体的には 〝ハイブリッド車に4WDモデルを投入〟また、北米仕様の2. 0LのNAエンジンモデルが逆輸入される可能性もあると考えられます。 jp 今回は、旧型機と現行機の比較を通して、トヨタC-HRの歴史についても様々に紐解いてみました。 実際、トヨタC-HRの開発において、走り込みとそのチューニングは全てドイツで行われています。 これはトヨタでは類を見ない方法であり、それだけ世界市場を意識し、ドイツ勢などに対抗する1台として開発してきたことがわかります。 トヨタが時々生み出すロングランヒットの一台として、長くこの外観と先進性で選ばれ続けるのではないかと思いますし、それを裏打ちする歴史があるのだと感じますね。 最高ですね!! 休日に家族とちょっとドライブ と言う時でもストレスが少なく 運転ができ、子供達も大喜びです! でも・・・ みなさんこういった コメントが数多くあります。 「C-HR欲しいけど 高いな…」 「今使っている車とも長いし、 C-HRに乗り換えたいな…」 「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」 「新車のC-HRを最安で欲しい…」 「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」 「ローンが長くなるの避けたい…」 などなど、 C-HRの購入を 検討しているけど、 色々な悩みがあって購入に踏み切れない。 なんて事ありませんか? このような悩みを持っている人は とても多くいらっしゃるんです。 家族や友人に相談したところで、 よくわからないので 真剣には取り合ってもらえず また聞いてもらったところで その悩みが解決することはありません。 そんなあなた! 実はこんな裏ワザがあったんです! 自動車一括査定サイトを使おう 下取りでは必ず 自動車一括査定サイトを 使うようにしてください。 ディーラーでは20万円の下取りが 買取業者では70万円になることも 多くあるのです。 自動車一括査定サイトを使うことで、 大手自動車買取業者の最大100社が、 あなたの車の買取価格を、 競い合って吊り上げてくれます! しかもこの一括査定は あの楽天がやっているため 見積もりをすると楽天ポイントももらえます! 結果的に買取価格が 高くなるということなので、 ディーラーだけで下取りに 出してしまうなんて モッタイナイですよ!.

次の

トヨタCHRのカラー人気№1はこれだ!ツートンはダサイの人気なの?

新型 chr

ただ、トヨペットから発売されているラグジュアリーなSUVハリアー Harrier も 相変わらずかなり人気が高く、相変わらず納期・納車待ちは長いそうです。 ただ、この2台のモデルでは、ボディサイズ、そして、室内の広さが全く異なります。 一方、こちらはラグジュアリーさが特徴のハリアー Harrier の外装・エクステリア。 この2台のモデルとも3ナンバーサイズのクルマですが、 実際に見てみると、ハリアー Harrier の方が一回り大きく見えます。 そんな2台のモデルの外装・エクステリアを比較してみたところ、 サイズにこのような違いがありました。 このボディサイズの違いは、実際に運転席に座ってみると感じます。 ただ、ちょっと意外だったのは、室内高。 この2台のモデルの室内高は、たった10mmしか変わりません。 しかし、これは一番広い箇所で計測をしているから。 この2台の後部座席の広さ・居住性は全く異なります。 後部座席の足回り&頭上周りの広さは、まったく異なります。 ハリアー Harrier は、後部座席のシートサイズが大きいだけではなく、 足元空間も頭上空間もゆとりがあるため、成人男性でもゆったりと 座ることが可能です。 なので、長距離移動でも疲れにいくです。 特に私が気になったのは、頭上空間。 身長が175cmある私がこのクルマの後部座席に座ると、天井まで ほとんどゆとりがなくなってしまいます。 また、サイドウィンドウも小さく、天井もブラックカラーを採用しているので、 後部座席に座ると、窮屈感・圧迫感を感じます。 ただ、室内の広さ、居住性は全く異なります。 どちらも人気が高いSUVなので悩みますが、デザインや乗り心地だけではなく、 ボディサイズや居住性、使用目的も考慮して購入するクルマを選んだ方が 良いかもしれませんね。

次の