ザイフ ハッキング。 Zaif/ザイフ仮想通貨取引所の評判と注意点!テレビCMもスタート

フィスコ仮想通貨取引所とzaif(ザイフ)トークンの行方、評判・利用するメリット・デメリットを徹底解説!

ザイフ ハッキング

テックビューロ(大阪市)が運営する 仮想通貨取引所「Zaif」は9月20日、ハッキング被害を受け、同社が管理する仮想通貨の一部を流出したと発表した。 被害額は約67億円相当と見られ、現在確認を急いでいる。 金融庁と捜査当局に報告し、調査や顧客資産の財源確保に努めているという。 yahoo. やられてしまいましたねぇ。 コインチェックの事件を機に仮想通貨は暴落の可能性とともに、このハッキングによる流出が問題視されてきました。 しかもzaifは仮想通貨交換業者として近畿財務局(あれ?なにかで聞いたことあるな)によって登録されています。 【予備知識:仮想通貨交換業者とは】 新資金決済法 第二条第八項に定められる仮想通貨交換業者には、厳密な会計やセキュリティ、顧客資産の厳格な分別管理が義務づけられており、より一層高いレベルでの顧客保護が義務づけられます。 zaif. 上のzaifの公式サイトでの仮想通貨交換業者説明では「顧客資産の厳格な分別管理」と書かれているので大丈夫? でも不安ですよね。。。 なので、明確に今回の流出問題についての対応を調査しました。 被害額はコインチェックの460億円に対しZAIFは67億円です。 落ちついていきましょう! — きゅう kyu1326 この通りちゃんと返金は保証されてるようですね。 赤枠の下には具体的な支援先も明記。 株式会社フィスコデジタルアセットグループはフィスコ仮想通貨取引所などを傘下に持つ持ち株会社です。 グループには資金運用のプロフェッショナルである株式会社フィスコをはじめ大きな企業が名を連ねています。 株式会社フィスコにも今回のzaifハッキング事件への支援について言及されていました。 ここには今回のzaifへの金融支援50億円に加え、 今後の調査によって被害額が変動する場合は、支援額を再検討する。 となっています。 これは顧客保護を第一と考えた支援策ではないでしょうか? ただ、問題はどこの時点での保障になるかでしょうね。 zaif ザイフ の倒産の可能性 確率 といつになるのかを考察 zaifは株式会社フィスコデジタルアセットグループの支援を受けて、顧客資産の返金を保証するとなりました。 しかし、zaif自体の倒産の可能性については明記されています。 もちろん今は顧客資金保護を最優先としていただきたいですが。 でも、zaifの倒産の可能性ってどれくらいの確率なんでしょうか? 先に流出事件を起こしたコインチェックの場合は、オンライン証券大手のマネックスグループに買収されることとなり、最悪の事態は免れました。 しかし、zaifの場合は運営会社テックビューロ(大阪)の株式過半数を支援元であるフィスコグループに売却。 フィスコ傘下に入ることとなりました。 でもフィスコいも仮想通貨交換業者として登録されたフィスコ仮想通貨取引所があるんですよね。 ここからは私の予想となりますが、 zaifは倒産というよりか吸収合併 されるのではないでしょうか。 あくまでも個人のいけんですが。 そしていつという時期についてですが、これは この事態が収束したのちに決められると思います。 まずは顧客保護を徹底してほしいと思います。 別に会社側のセキュリティが同レベルならオンラインバンクなんかに預けている現金や証券も同じ理屈で盗めるわけだけど現金や証券を送金すると簡単に足がつくからなかなか大規模な事件は起きないわけだ。 仮想通貨は現金や証券に比べて飛躍的に盗みやすいというよりは盗んだ後のロンダリングが非常に容易なのが本質的な問題。 コインチェックもそうだったように盗んでしまえばほぼ足がつかないまま匿名のダークウェブで換金でき、ハッカー側のリスクとコストが無茶苦茶低いので率先して狙う。 ぶっちゃけ保有者個人が取引所に置きっ放しにしないで自分のオフラインウォレットに移さない限り危険はつきまとうから、そこが一般の人に直感的に理解できるような形にならないと普及はありえないかもね。 こういう事件があるから言うわけじゃないが、今あるビットコインなどの仮想通貨は、日本に住んでる日本人が手を出すべきではない。 理由はたった一つ。 仮想通貨で税金は払えないから。 日本の税金が日本円でしか払えない以上、円との交換レートが必ず問題になる。 極端な話、税金の無い国で個人間でやりとりするとしたらリンゴ1個=1ビットコインと勝手に決めてしまえば良いが、納税義務のある日本ではそれは成り立たない。 1ビットコイン100円が100万円に値上がりした場合に、リンゴ1個の価値が何年分もの税金に充てられる価値に変わってしまうということだから。 三菱UFJなどがやろうとしてる暗号通貨は、1コイン=1円に安定させて流通させようとしている。 これなら税金の支払いも可能になるし、まだ利便性・将来性はある。 暗号技術に課題はあるだろうが。 ほとんどは仮想通貨で取引を行っていない人たちの意見となっております。 今回のzaifの流出事件で、また仮想通貨は危ないものという認識は広まったようですね。 ほんと、これで儲けてやるって人ほどご用心。 むしろ、まぁこれくらいだったら失ってもいいかな?って金額で回したほうが、よいと個人的には思います。

次の

Zaif/ザイフ仮想通貨取引所の評判と注意点!テレビCMもスタート

ザイフ ハッキング

倒産のリスクはほぼないということです。 — Zaif - 暗号通貨取引所 zaifdotjp 今回のハッキング事件を受けて、仮想通貨をこれから始めようとしている方にZaifの利用はお勧めできません。 Zaif(ザイフ)のハッキング被害・仮想通貨の入出金停止について(結論) 顧客資産への影響について 結論から先に説明をすると、今回のハッキング事件によりテックビューロ社の倒産はありませんと発表があるので、顧客資産についてはまだ完全補償をするという発表はありません。 しかし、50億円の財源確保のためにJASDAQ上場企業の株式会社フィスコがテックビューロ社の株式の過半数を取得することになっています。 ですので、実質的にフィスコがテックビューロ社の親会社となり今後Zaifは運用されていくと考えて大丈夫です。 日本円の入出金・仮想通貨の入出金について 現状、9月20日のプレスリリースによると、日本円の入出金・仮想通貨の入出金について、今後の状況についての発表はありません。 管理人の予想では、コインチェック(coincheck)と同様に業務停止となる恐れがあります。 日本円を預けている人は年のために出金手続きをしておくことをオススメします。 管理人は、日本円が数万円Zaifの取引所にあったので、プレスリリースの発表を見てすぐに日本円の出金を行いました。 NEMについては、BINANCEに一旦送付する予定ですね。 Zaif(ザイフ)のハッキング被害・仮想通貨の入出金停止の概要 ハッキングの被害額 プレスリリースによると、ハッキングの被害総額は日本円で70億円相当。 (前日発表の67億円から増えている) 今回問題となった仮想通貨はホットウォレットで管理をしていた、BTC、BCH、MONAが対象で内訳は次の通りです。 以下、詳細。 1 (円換算:4,251,234,047) ・MONA 6,236,810. 1 (円換算:671,704,448 ・BCH 42,327. ・BTC 2,723. 4 (円換算:1,940,662,281) ・MONA 5,911,859. 3 (円換算:636,707,257 ・BCH 40,360. 0 (円換算:2,009,729,689 ハッキング被害・仮想通貨入出金停止の時系列について 次に、ハッキングの問題となった被害と仮想通貨入出金停止を時系列で説明をしていきます。 Zaif公式ツイッターでサーバー障害による入出金不可と発表(初) 現在、BTCとMONAの入出金がサーバ障害により、停止しております。 復旧に向け調査中です。 入出金をお控えいただけますようよろしくお願いいたします。 ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。 — Zaif - 暗号通貨取引所 zaifdotjp 【続報】現在、BTCとMONAに加え、BCHの入出金がサーバ障害により停止しております。 復旧に向け調査中です。 入出金をお控えいただけますようよろしくお願いいたします。 またZaifPaymentによる決済も停止しております。 ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。 去る9月18日 火 午前に、当社よりお客様資産の安全を確認した旨を発出いたしましたが、流出の判明が同日午後であったため、当時の調査の初期段階では被害の確認ができておりませんでした。 結果として誤った広報となっておりましたことに対し、謹んでお詫びを申し上げます。 【仮想通貨入出金障害の続報】 現在BTC,MONA,BCHの入出金を一時停止しております。 引き続き障害対応中ですが、お客様の資産の安全を確認いたしましたことをご報告いたします。 復旧については1~2営業日中に完了する予定です。 ご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 — Zaif - 暗号通貨取引所 zaifdotjp• 2018年9月20日にプレスリリースによりハッキング被害に遭ったことが判明 【重要】現在発生している仮想通貨の入出金停止に関する経緯と今後の対応について、当社のプレスリリースより詳細をご報告しておりますので、ご一読をお願いいたします。 詳細については以下のプレスリリースにてお伝えしております。 — Zaif - 暗号通貨取引所 zaifdotjp という流れです。 上の時系列は随時更新をしていきます。 気になる点は1つ。 9月18日に復旧まで1〜2日かかると事実とは異なる嘘の発表をしていること。 公式が嘘の発表をしていいのかと憤りを感じますね。 百歩譲って仮に間違えていたとしても、プレスリリースの段階で謝っていて欲しかった。 ハッキングによる被害額の補填と倒産の可能性について 今回の顧客資産のマイナス分が45億円。 この被害額に対して株式会社フィスコ・株式会社カイカが50億円の資金を補填をするためテックビューロ社(Zaif)の倒産の可能性はほぼありません。 経営的な話になると、今回の事件により、JASDAQ上場の株式会社フィスコがテックビューロ社の株式過半数を取得をするためテックビューロ社はフィスコグループに入ることになります。 また、経営陣は引責辞任をする可能性を示唆しています。 ポイントは次の2つです。 顧客資産45億円の補填が可能なのか?• 過去3月、6月の金融庁からの業務改善命令があり、その時、テックビューロ社は各体制の改善計画書を提出した。 今回、計画書が報告どおりに実施されていたかを調査。 調査次第では、業務停止命令も起きる可能性あり。 COMSAトークンの今後について 今後のCOMSAトークンの事業については、今後の事業をどう進めていくかは協議中とのこと。 Zaif(ザイフ)のハッキング被害・仮想通貨の入出金停止による仮想通貨の価格の影響について 主要な仮想通貨のチャートをまとめました。 BTCは値動きが激しく、ハッキング後の価格がハッキング前の価格よりも高い• Zaifに一番関連するZaifトークン・COMSAトークンは下げ傾向 ということが分かります。 今回のハッキング事件では、コインチェック事件ほど値動きが激しくありません。 これは、ハッキング被害額とその被害に対する補填の目処がついているということがポイントだからだと思います。 Zaif(ザイフ)のハッキング被害・仮想通貨の入出金停止の今後について 今後については、まだ発表がありませんが、過去のコインチェックハッキング事件の経験から、今後次の事柄が起きる可能性があります。 ハッキング被害額の算出• 仮想通貨出金停止・日本円出金停止• 金融庁によるZaifへの業務停止命令・方針発表• 日本円出金対応• 仮想通貨出金対応 管理人はコインチェック事件の反省からハードウェアウォレットに大部分の仮想通貨を保管していたので影響は少なかったです。 また、こちらの情報については都度更新をしていきます。 繰り返しになりますが、今回の事件を受けて、仮想通貨をこれから始めようとしている方にZaifをメインで利用するのはお勧めしにくいです。

次の

Zaif新規登録停止とそれが仮想通貨市場に与える影響について

ザイフ ハッキング

Zaif(ザイフ)でハッキング事件が発生 約67億円相当のビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが流出 2018年9月20日に行われたによると、同年9月14日の17-19時頃、顧客資産管理用のホットウォレットがハッキング被害を受け、約67億円相当のビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが外部に不正に送金されました。 今回流出した約67億円相当の資産の内、顧客の資産は約45億円ほどです。 被害額で言うとコインチェックハッキング事件の10分の1ですが、国内最大級の取引所でこのような事態が起こったということが問題なので、 額の問題ではありません。 ハッキング被害への保証 Zaifは失われた顧客の資産約45億円を保証するために、株式会社フィスコのグループ企業株式会社フィスコデジタルアセットグループから50億円の提供を受けることを検討する内容の基本契約を締結しました。 失われた顧客の資産の確保は保証されるようです! Zaifの今後の動き 株式会社フィスコからの50億円の提供に加えて、以下の動きを取ります。 株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。 Source: 株式会社フィスコがZaifの株式の過半数を保有する方向で話が進んでいるようです。 また他にも、• セキュリティのチェック及び強化• サーバーの再構築 等を行うことで業務の再開・改善を目指す方針です。 Zaifはもともと危険との評判だった Zaifの悪評を紹介 zaifのメールと近畿財務局の表現の温度差が凄まじい。 俺らが知りたいのは注文通らないクソサーバーより、不正出金、不正取引についてなんだが?w — ニイやん? btcscalper225 一番の原因はサーバーの弱さ 今回のハッキング事件の一番原因は サーバーの弱さにあります。 暗号資産 仮想通貨 取引所開設の時点からシステム能力が貧弱という指摘がありました。 さらにユーザーからは サーバーがよく落ちたり、アクセスが集まると 注文が通りにくいという状態に頻繁になるという報告も多くありました。 今回の事件でもハッキングが発覚する前にサーバーが落ちていました。 実際にユーザーからの評判を見てみましょう。 zaifまたサーバー落ちた? 都合の悪いは変動しそうになったらサーバー落とすとか取引所不味くない? トークンの時もそうやって価格操作してたよね。 これ近畿財務局に、連絡した方が良くない?調査必要でしょ。 このようなサーバーの弱さを嘆くような不満が他にも多数有り、 ユ ーザーの声からもZaifのサーバーの弱さを伺うことが出来ました。 こんなにも多くサーバーへの指摘があったにもかかわらず、対策をちゃんとしなかったZaifにはとても問題があったと言えます。 じゃあ代わりにどの取引所を使えばいいの? いままでZaifを使っていたアナタに、代わりにおすすめしたいのがです! GMOコインは、暗号資産 仮想通貨 取引が初めての人でも安心して取引できるように リアルタイムのサポート体制が整っています。 また、 顧客の資産を守る管理体制やハッキング対策やサイバー攻撃対策の精度は、GMOインターネットグループが培ったノウハウで 国内トップレベルの高さです。 取引所を危険なく使うためにできること これからも暗号資産 仮想通貨 取引をつづけるためには自分の資産を守ることが大切です。 最低限自分で出来ることをやって資産を守っていきましょう。 セキュリティーの判断基準を知る セキュリティーが高いかどうかの基準なんてわからない!って方がほとんどだと思いますので、大きく判断基準を5つに分けて紹介します。 取引所のセキュリティーを計る判断基準• 会社の信頼性• 二段階認証• マルチシグ• コールドウォレット• SSL 以上の点を簡単に説明してきます。 会社の信頼性とは、 運営がどれだけしっかりとしているかということです。 公式サイトの運営者情報などを参考にするとわかります。 二段階認証とは、 ログインの際に携帯端末などを使い本人確認するものです。 結論から言うと、 二段階認証がついていない取引所は使わない方が良いです。 マルチシグとは、トランザクション署名に 複数の秘密鍵を使う技術です。 判断基準としては 取引所のウォレットにマルチシグが実装されていれば、安全性が高いと言えます。 コールドウォレットとは、 オフラインで管理されている状態のウォレットです。 このウォレットが採用されていると外部からのアクセスを受けることがないので、 ハッキングのリスクがありません。 SSLとは、 通信を暗号化するセキュリティーテクノロジーで、個人情報など暗号化することが出来ます。 またこれを導入している取引所はSSLの評価サイトによって評価がつけられており、 A+が最高の評価となっています。 判断基準とセキュリティーの高い取引所について詳しく書いた記事は以下から! 自分の口座の安全性を高める 二段階認証を設定する 先ほど判断基準のところでも紹介しましたが、二段階認証を設定することはとても大切です。 もしパスワードが流出してもこれによって口座を守ることが出来ます。 Google Authenticator(、)やSMS認証、電話認証などの種類の二段階認証の方法があります。 二段階認証は絶対に設定しましょう! パスワードを工夫する パスワードを工夫するとは、「 他で使っているパスワードを使わない」「パスワードは長く複雑にする」などということです。 パスワードは思わぬ所から漏洩することがありますので、絶対に気をつけるべきポイントです。 おすすめは パスワード生成アプリを使って、パスワードを設定することです。 アプリのなかにはパスワードの文字数を決められたり、強度を決められたり、二度と同じ文字列は生成されないなど便利な機能が多くあります。 是非使ってみてください。 自分でコールドウォレットを持つ 一番安全なのが、 自分のウォレットで資産を管理することです。 先ほどご紹介したコールドウォレットを持つことをおすすめしています。 ハッキングのリスクがなく安心して資産を保有することが出来ますし、 デザインもスタイリッシュでかっこいいのもおすすめのポイントです。 コインパートナーでおすすめしているコールドウォレットは Ledger Nano Sがおすすめです!人気通貨リップルを初めとする27通貨に対応しています。 価格は10,000円程度しますが、これで自分の資産が守れると考えるととても安いです! まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はZaifのハッキング事件の概要から原因を解説した後、安全に取引するための取引所や知識についてご紹介しました。 自分の資産を大切に守るためにも正しい知識と必要な知識を学んでおくことが大事です。 安心できる暗号資産 仮想通貨 取引所で安全な取引をしていきましょう!.

次の