尼崎 半 グレ。 大阪・ミナミの半グレ事情・激ヤバ2020年を記者が予想! 桜を見る会、関東連合、テポドン…(2020年1月8日)|BIGLOBEニュース

半グレ

尼崎 半 グレ

『半グレ』というワードに、笑ってはいられない。 その背景には、本物がいる。 ミナミの半グレ「アビス」数十人逮捕 に属さない「半グレ」と呼ばれる不良集団が、対立組織のメンバーに暴行を加えるなどしたとして、が大阪・ミナミを拠点にする半グレ集団「アビス」のリーダーの男(20)ら数十人を傷害や凶器準備結集などの容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。 アビスは府内で最大規模の半グレ集団で、府警が実態解明を進めている。 捜査関係者によると、リーダーの男は今年8月15日未明、アビスの対立組織を襲撃しようと、金属バットなどの凶器を用意しての繁華街・ミナミの路上に仲間を集結させ、対立組織のメンバーにを噴射する暴行を加えるなどしたとされる。 10月に逮捕され、暴行などの罪で起訴された。 他のメンバーの男(20)もミナミの路上で、被害者を看板で殴るなどしたとして、9月に傷害容疑で逮捕・起訴されている。 アビスは10代の男女を中心に数百人が所属。 飲食店の経営や客引きで収益を上げているとされ、一部の店ではぼったくり被害が指摘されている。 対策法はによる、の要求などを禁じ、中止命令に反すれば刑罰の対象になる。 一方、半グレは対象外のため、が半グレを隠れみのにしているとみられている。 府警はアビスなどを「準」と認定し、半グレの摘発を強化。 今年に入ってアビスを含め5団体のリーダー格を逮捕している。 (引用元) 背景にあるの覇権争い 大阪一の繁華街、ミナミ。 ここは元々、・六代目のシマだった。 だが、2015年に、六代目から神戸が分裂し、ミナミでは神戸が最大勢力となっていった。 その神戸が、さらに再分裂し、新しく・任侠が誕生したのが、2017年。 総本部こそであるものの、任侠代表・織田絆誠が表札を掲げる団体がミナミにもあった為、 ・元々いた六代目 ・そこから分裂した神戸 ・神戸から更に分裂した任侠 この3団体による小競り合いが、度々起こっていた。 そこに、大きな変化が訪れる。 今年2月、神戸の直系団体・四代目山健組(現在は五代目)の中の最大勢力・二代目兼一会会長が絶縁処分され、神戸と微妙な関係にあった六代目の統括委員長・橋本弘文会長の傘下に、二代目兼一会が迎え入れられた。 つまり、二代目兼一会が、神戸から六代目に移ったことで、ミナミの覇権も、同時に移ったのだ。 これでミナミは、六代目が獲ったかに見えた。 だが、その二代目兼一会の幹部が逮捕されてしまう。 このあたりから『半グレ』が関わってくる。 と半グレの関係 今年6月30日、捜査4課は威力罪などの疑いで、『半グレ』とみられる男2人を逮捕した。 逮捕理由は、を徴収する為に、5月にの飲食店経営者に対して大声を出す等の営業妨害をしたこと。 捜査4課は中止命令に従わない男達を逮捕したが、この時、この半グレ2人に指示を出していたのが、その六代目系幹部・二代目兼一会の三浦英夫容疑者だった。 ではなぜ、が、半グレを使うのか。 ミナミで力を持つ半グレ組織は、「アビス」と「アウトセブン」。 二代目兼一会は、既に解散した地下格闘技団体を通して関係を深めるも、 半グレのメンバーを組員としては登録せず、準構成員として飼い、組織の人数を増やして、ミナミを支配していたのだった。 だが警察も、この動きを、指をくわえて見ているわけではない。 半グレ逮捕の意図は… 警察により半グレ組織は、準と指定された。 逮捕しやすくする為だ。 半グレが身動きを取れなくなったことで、六代目の直系団体から、三代目一心会がミナミを抑えにかかった。 だがそれは、未だミナミの覇権を狙う、敵性勢力を刺激することにもなる。 また、7月に最高幹部が熊本刑務所を出所してきた二代目兼一会が、結束を強め、本部を構えるミナミを引き締める動きも見られる。 ・縄張りでの、の徴収の徹底。 ・力を誇示するために繁華街を練り歩く地回り。 これらが行われれば、ほかの組織も黙ってはいられない。 そこへきての、半グレの大量逮捕。 実働部隊をまず潰し、指示を出す者を表舞台に引きずり出すのか、それとも牽制するのか。 いずれにしても、今のミナミには、怖くてちょっと行けない。 (参考 ) kido1205.

次の

沖縄に起こった大物ヤクザの死去、半グレ集団の拡大…沖縄県警が警戒を強めるアングラ情勢

尼崎 半 グレ

の各地にその例が見られ、様々な局面において暴力団と対峙する勢力となり、時に暴力団を圧倒してきた。 組織 [ ] メンバーにはをルーツとする上がりの者が多く、やなどといった独自のビジネスを展開する集団もあると見られているものの、実態は定かとなっておらず、社会問題化するに至った。 「暴走族の元メンバーやその知人らが離合集散しながら緩やかなネットワークで行動を共にするグループ」(2013年・)。 振り込め詐欺や闇金融のほか、、やの運搬業、やの経営、ならびにの運営などが大抵のメンバーのいわゆる「」(資金獲得活動)となっている。 また半グレが振り込め詐欺や、屋根リフォーム詐欺・屋根破壊などで得た資金を、暴力団に上納しているのではないかとの疑惑も根強く存在する。 との顕著な違いとして、暴力団に籍を置いていないがゆえにの適用を受けないこと、活動の匿名性や隠密性、メンバーの年齢層の若さ(年長でも40歳代まで)、ならびに、人員供給の拡大傾向が挙げられる。 少数ながら暴力団系のグループも存在してはいるものの、大半は暴力団と距離を置いているため、暴力団対策法の規制を受ける暴力団とは違い、有効な法規制を受けない状況となっている。 資金源 [ ] 振り込め詐欺 [ ] 半グレが関わっている詐欺行為で最も悪質なものはである。 2012年の時点の振り込め詐欺グループのトップにいた半グレ実業家は、関東連合OBやメンバー 初期は彼らも下積みにいたことから「第二世代」と呼ばれる がオーナーをしていた時代に下積みをして成り上がり、自らもオーナーとなった「第三世代」であり、その下にいるのは「番頭格」と呼ばれる企業の中間管理職に相当する幹部がいて、振り込め詐欺を実際に行う「プレーヤー」、被害者や銀行から金を受け取る「出し子 取り子とも 」を行うの不良少年やワーキングプアといった者達を統括していたと言われる。 屋根リフォーム詐欺 [ ] 振り込め詐欺に匹敵する悪質性を帯びているのが、「屋根リフォーム詐欺」と、それに伴う器物損壊である。 写真週刊誌FRIDAYが初めて明らかにしたその実態は、オーナーが半グレの屋根リフォーム詐欺業者は、屋根の無料点検と称して屋根に昇り、屋根に破損個所がない場合は、金づちで破壊(器物損壊罪)してしまうのである。 契約が成立した場合、被害者に請求する金額は、一般の業者の相場の約「2倍」である。 例えば、家屋面積20坪で相場50万円台のところ、半グレ業者は「100万円」以上を請求する。 半グレ業者のセールスマンは半年程度で辞めてしまうが、応募者は後を絶たずすぐに補充できる。 なぜなら、半グレのオーナーがインスタグラムに「芸能人との写真をアップ」しているからである。 この悪徳業者は業界団体がHPで注意を喚起している事例 よりも、はるかに悪質であり当局の摘発が待たれるところである。 また床下診断の悪徳商法も以前から存在するが、半グレとの関係も疑われている。 マスク買い占め [ ] 2020年5月22日号は、半グレや暴力団が「マスクの買い占め」を行ったと報道した。 報道によれば、半グレらはが報じられた2020年1月には、早くもマスクの大量買い占めに乗り出していた。 半グレたちは買い占めたマスクを高額で売りさばき、在庫が無くなりそうになると海外現地のマフィアに買い占めを依頼したという。 スカウト業務 [ ] 京都では半グレ起業家らが違法な行為でされた。 同起業家らは有名大学の男子学生に若い女性をナンパさせた上、経営しているバーに連れて行くというを行い、多額の借金を抱えた女性らに対しで働くよう要求。 紹介料として女性への給与の一部を受け取っていた。 実行役の学生向けに作ったマニュアルには、「日本の大学はぬるま湯。 それに甘んじて損をするのはあなた達」などとのような文句が並び、男子学生たちは「自分はただの学生とは違う」という意識で業務に精を出していたという。 またこのような悪質な手口は関西だけでなく、東京など関東でも行われていたと、ある私大OBは指摘している。 その他 [ ] 半グレによるも確認されている。 大阪・ミナミの歓楽街にあるクラブにて暴行されて複数の男女が金品を奪われる強盗致傷事件が発生し、男女8人から成る半グレ集団「軍団立石」のメンバーらが逮捕された。 それ以外にも、元組員からの情報を得た半グレが複数の暴力団組長の邸宅を襲撃して金品を奪うという事件を起こしたり 、お笑い芸人との交際が報じられた金塊強盗事件の首謀者が「半グレのリーダー」と称されたりという事例がある。 また、違法とは言えないが反社会的な行為であるの売買にも関わっていたとされている。 2010年代前半、人工を使用した、いわゆるの販売をヤミ金出身の半グレが行っていた。 しかし警察の取締が本格的になり、半グレは「合法ハーブ」販売業から次々と撤退したとされている。 また、半グレが合法的なビジネスを行う、もしくは表向きの肩書にするというケースも見られる。 関東連合OBのは芸能プロダクションやIT系広告代理店を営んでおり、または業界で働いていた。 暴力団との関係 [ ] 大半のメンバーが暴力団組織に所属しない特徴のある半グレであるが、シノギなどにおいては組織として暴力団と共存関係を築き、を収める場合もある。 大阪を地盤としていた半グレ集団アビスの場合では、任侠山口組系組織に月30-50万円を上納していたほか、同じ半グレ集団O7(アウトセブン)との対立時には暴力団による仲裁で沈静化が図られている。 このため半グレ集団への警察の対応は、暴力団対策を担当するが実施。 2018年9月以降、多数の関係者が逮捕された結果、アビス、O7ともに2018年中に解散に至っている。 また、暴力団の側も近年は新人や下部メンバーを組員として登録せず、傘下の半グレ集団の一員として活動させているとも言われる。 定義は「暴力団と同程度の明確な組織性はないものの、構成メンバーが集団で常習的に暴力的な不法行為をしているグループ」。 先立つ2012年に東京で発生した関東連合関係事案「」がそのきっかけであったという。 準暴力団に指定されている団体は、東京の8団体と2017年に大阪府警が指定した2団体の計10団体が準暴力団と見なされている。 2017年から2018年にかけて、大阪府警は半グレ集団アビスが経営していたの経営者ら55人を傷害や恐喝未遂などの疑いで逮捕・送検、もしくは書類送検・家裁送致とし、組織を解散に追い込んだ。 出典 [ ] []• 『』 2012年10月29日 『』• 33 2011年• 『』 2012年12月9日 (英語)• 『』 2013年11月4日• 172 2011年• 『』 2012年1月17日• 『』 2013年1月29日• 『』 2013年3月7日• 『』 2013年3月20日・朝刊 - 『』• 157 2011年• 158-164 2011年• 173 2011年• FRIDAY、2019年8月16日号、p. FRIDAY、2019年8月16日号、p. FRIDAY、2019年8月16日号、p. FRIDAY、2020年5月22号、p. 57、講談社• 2019年7月29日放送• 聖域 関東連合の金脈とVIPコネクション 柴田大輔• 産経新聞 2019年1月3日. 2019年1月3日閲覧。 『』 2013年3月7日• 『』 2013年3月7日• 『』 緒方健二 2013年4月9日• 2016年2月25日. 2016年4月3日閲覧。 【RNO! 】Real News On-line! 【リア・ニュー!】 2018年4月17日. 2018年12月12日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2018年4月14日. 産経ニュース. 2018年12月12日閲覧。 朝日新聞デジタル 2018年12月13日. 2019年1月3日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

沖縄に起こった大物ヤクザの死去、半グレ集団の拡大…沖縄県警が警戒を強めるアングラ情勢

尼崎 半 グレ

全国で暴力団排除の機運が高まり、暴力団員が減る中、特殊詐欺などの組織犯罪で「半グレ」と呼ばれる勢力の関与が目立つようになっている。 ここ数年の兵庫県警の捜査でも、関東を中心に半グレと暴力団が、犯罪収益を得るため相互に利用し合う実態が浮上。 県警は、県内に本拠を置く山口組、神戸山口組、任侠(にんきょう)山口組の3指定暴力団とは別に、半グレ集団の捜査態勢を強化して動向を警戒している。 警察庁などによると、近年、大都市の歓楽街を中心に、暴走族の元メンバーらが組織的に暴行や詐欺、飲食店からのあいさつ(みかじめ)料の徴収などで不法に資金を得ているという。 こうした暴力団に属さない犯罪集団は一般的に「半グレ」と呼ばれ、同庁は特に悪質性の高いものを「準暴力団」と認定している。 ただ指定暴力団のように法的な認定要件はない。 関西では、大阪・ミナミの「アビス」が準暴力団として知られ、収益の一部を任侠山口組系の団体に上納していたとされた。 昨年、メンバー数十人を大阪府警が摘発しいったん解散したが、今年に入って再結集の動きもあるとされる。 捜査関係者によると、兵庫県内では現在までに、準暴力団を認定したケースはないが、神戸市内に半グレに相当する集団があり、動向を注視しているという。 2014年には男性が集団暴行され、600万円を奪われる強盗事件が発生。 県警に男7人が逮捕されたが、グループは現在も存続しているとみられる。 18年4月には神戸・三宮の客引きグループのトップが、メンバーに殺害される事件が発生。 グループは既に解散したというが、暴力団とのつながりも指摘された。 「暴力団に属さない方が、上下関係にも縛られず、自由に非合法活動ができる」。 特殊詐欺に関与したとして17年に県警が詐欺容疑で逮捕した、半グレを名乗る東京在住の30代の男は調べに、こう語ったという。 男は詐欺グループに人手を供給するブローカーや、携帯電話の調達役を担当。 薬物密売や詐欺など、目的に応じてさまざまな暴力団組織と協力関係を築いていると説明したという。 暴力団員は減少傾向が続き、昨年は統計が残る1958年以降で最少の約1万5600人となり、県内では千人を下回った。 相反するように半グレの存在感が増しているが、暴力団以上に、実態が把握しにくいのが現状という。 県警幹部は「暴力団に属さない犯罪集団の取り締まりも強め、複雑化する組織犯罪の実態解明を図る」としている。 【半グレ】 暴力団と一般人の中間を指す言葉として広まった。 警察は半グレ集団のうち、暴力団ほどの組織性はなくても集団的、常習的に暴力的不法行為をする恐れの高いグループを「準暴力団」と定義し、取り締まりを強化している。 グループは暴走族OBらで構成されるケースが目立ち、恐喝や詐欺などのほか、危険ドラッグや覚醒剤の密売にも関わっている可能性があるとみられている。

次の