ボイス トレーナー 菅井。 ダウンロード − ボイトレーナー/VoiTrainer

菅井英憲名場面集 2006

ボイス トレーナー 菅井

名無しさん ハロプロニュース• 2017年10月27日 17:10• ID:rX4aiwWJ0• メロディの山場だけを気にするんじゃなくて歌詞の山場を気にしろって。 同じ言葉の繰り返しでメロディが全く一緒でも全く同じように歌ったらだめ、なんで2回繰り返すのかどっちが強く伝えたいのか1回目と2回目で感情はどう違うのか、そういうのを考えて表現しなさいって。 フクちゃんのシルバーの腕時計見てるとまさにそういう練習を重ねた結果 舞台の経験の方がでかいんだろうけど なんだろうなってよく思う。 名無しさん ハロプロニュース• 2017年10月27日 20:10• ID:jNS9h7Wa0• よい歩き方を意識しすぎると歩き方が変になるみたいな…。 「筋肉のこの部分を動かして」って口で言っても、多分難しい。 だからうまくいったって体験をまず身体で覚えてほしいんじゃないかな。 ピンポン球とか「ニャーオ」とか一見突飛だけど、リラックスしながら発声を矯正するうまい方法だなと感心したけどね。 これをただ舌の付け根を下げて発声しましょうとか、口と鼻のバランスをタイミングもちょうどいいところで発声しましょうとかいうのでは結構な差があると思う。

次の

東京で有名な先生・講師・ボイストレーナーがいるボイトレ教室なら上野ヴォーカルアカデミーへ(日暮里・上野・秋葉原・東京から至近)

ボイス トレーナー 菅井

上野ヴォーカルアカデミー代表・校長。 父・上野たけし(作詞・作曲家)兄・上野直樹が独自に考案した『UENO式ヴォイストレーニング』のメソッドを引き継ぎ、61年以上続く上野ヴォーカルアカデミーの三代目校長となる。 本の出版、講演活動など、ヴォイストレーナーとして幅広く活躍中。 TV・雑誌等メディアで数多く紹介される。 出演番組• 「BOOK STAND TV」(BS12)• 「ソレダメ!」(テレビ東京)• 「ニノさん」(日本テレビ)• 「有吉ジャポン」(TBS)• 「乃木坂工事中」(テレビ東京)• 「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京)• 「THE MUSIC DAY 嵐にしやがれ」(日本テレビ)• 「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)• 「男子視聴禁止」(BSTBS)• 「嵐にしやがれ」(日本テレビ)• 「ノンストップ!」(フジテレビ)• 「キャラオケ18番」(日本テレビ)• 「久米書店」(BS日テレ)• 「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日)• 「10匹のコブタちゃん」(フジテレビ)• 「とくダネ」(フジテレビ)• 「奥の深道」(フジテレビ)• 「Rの法則」(NHK) 掲載雑誌• 「月刊PHP」(PHP研究所)• 「nicola」(新潮社)• 「ほっとタウン」(荒川区広報誌)• 「安心」(マキノ出版)• 「anan」(マガジンハウス)• 「美st」(光文社)• 「美的」(小学館)• 「月刊GO! GUITAR」(ヤマハミュージックメディア)• 「BIG tomorrow」(青春出版社)• 「月刊Audition」(白夜書房)• 「Pumpkin」(潮出版社)• 「大人のカラダ」(学研MOOK)• 「オレンジページ」(オレンジページ)• 「週間SPA!」(扶桑社)• 「BOAO」(マガジンハウス) WEBメディア• 「leaders style」(Qwerty)• 「キャリアコンパス」(DODA) 著書• 「「声年齢」がみるみる若返るDVDブック」(主婦の友社)• 「老け声が若返る3分ボイストレーニング」(PHP研究所)• 「まずはこれだけ!まねるだけボイストレーニング」(学研プラス)• 「あっというまに好かれる声になる」(ヤマハミュージックメディア)• 「歌声が変わる魔法のボイストレーニング日めくり」(PHP研究所)• 「お家でできる!カラオケ練習法」(PHP研究所) 講演・セミナー• 「あっというまに好かれる声になる」セミナー(銀座山野楽器)• 「あっというまに好かれる声になる」セミナー(杉並区役所) 上野ヴォーカルアカデミー代表専任講師。 平成元年レコードデビュー、上野たけし、上野直樹親子に師事。 上野親子の楽曲「夢はぐれ」「かりそめの花」で、コロムビアレコードより再デビュー。 俳優活動、ラジオ出演等の経験あり。 現在は歌手、テレビ出演、本の出版、講演活動など、ヴォイストレーナーとして幅広く活躍中。 主な楽曲• 「おもいで風車」• 「水上の宿」 出演番組• 「BOOK STAND TV」(BS12)• 「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京)• 「仰天!マル珍ランキング」(テレビ東京)• 「チャート博覧会」(テレビ朝日)• 「とくダネ!」(フジテレビ)• 「カンブリア宮殿」(テレビ東京)• 「Rの法則」(NHK) 掲載雑誌• 「はつらつ元気」(芸文社)• 「en effet」(富士フィルムASTALIFT)• 「週刊朝日」(朝日新聞出版)• 「ESSE」(扶桑社)• 「月刊ピアノ」(ヤマハミュージックメディア)• 「女性セブン」(小学館)• 「月刊カラオケファン」(ミューズ)• 「月刊ミュージックスター」(エクシング・ミュージックエンタテイメント)• 「ほっとタウン」(荒川区広報誌)• 「BIG tomorrow」(青春出版社) ラジオ• 「WEEKLY MUSIC TOP20」(FM西東京)• 「Talking Loud」(むさしのFM)• 「架空居酒屋豆太郎」(C-wave) WEBメディア• 「「声年齢」がみるみる若返るDVDブック」(主婦の友社)• 「声が20歳若返るトレーニング」(ヤマハミュージックメディア)• 「まずはこれだけ!まねるだけボイストレーニング」(学研プラス) 講演・セミナー• 「マイナス20歳!声の若返り講座」セミナー全3回(NHK学園)• 「昭和歌謡コンサート・声の若返り」セミナー(横浜・老人ホーム)• 「ヤマハ耳トレ声トレ体験イベント」セミナー(YAMAHA) 上野ヴォーカルアカデミー副代表専任講師。 幼少期から二代目校長上野直樹・三代目校長上野由紀に師事。 中央大学経済学部卒業後、株式会社みずほ銀行入行。 法人営業業務経験を活かしビジネス向け声の出し方等を指導。 上野ヴォーカルアカデミー出版書籍編集、講演活動、ボイストレーニング器具販売、ホームページ制作、WEBマーケティング業務他経営全般に携わる。 出演番組企画協力• 「ソレダメ!」(テレビ東京)• 「ニノさん」(日本テレビ)• 「有吉ジャポン」(TBS)• 「乃木坂工事中」(テレビ東京)• 「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京)• 「THE MUSIC DAY 嵐にしやがれ」(日本テレビ)• 「月曜から夜ふかし」(日本テレビ)• 「男子視聴禁止」(BSTBS)• 「嵐にしやがれ」(日本テレビ)• 「ノンストップ!」(フジテレビ)• 「キャラオケ18番」(日本テレビ) 掲載雑誌企画協力• 「月刊PHP」(PHP研究所)• 「nicola」(新潮社)• 「安心」(マキノ出版)• 「anan」(マガジンハウス)• 「美st」(光文社)• 「美的」(小学館) 出版書籍編集協力• 「「声年齢」がみるみる若返るDVDブック」(主婦の友社)• 「老け声が若返る3分ボイストレーニング」(PHP研究所)• 「まずはこれだけ!まねるだけボイストレーニング」(学研プラス) 講演・セミナー協力• 「マイナス20歳!声の若返り講座」セミナー全3回(NHK学園)• 「ヤマハ耳トレ声トレ体験イベント」セミナー(YAMAHA)• 「あっというまに好かれる声になる」セミナー(銀座山野楽器) 1993年、NHKのミニ番組テーマソング制作をきっかけに作曲家としてデビュー。 その後、TV主題歌、CM音楽、映画音楽、様々なシンガーへの楽曲提供、音楽制作等に携わり、著名アーティストの作品にも参加している。 自身もバンド活動を経て、1999年[Deji-fra] 徳間ジャパン や2000年[MAD ALICE] ポニーキャニオン でバンドデビュー経験を持つ。 主な楽曲 テレビテーマ音楽• NHK「わが街のローカル線」の主題歌• 読売テレビ「ダウンタウンDX」エンディングテーマ• 日本テレビ「モグモグGOMBO」エンディングテーマ• TBS系笑林寺2エンディングテーマ曲• テレビ東京系ドライブA GO GOエンディングテーマ等 映画音楽• 「シベリア超特急」主題歌・エンディングテーマ• 映画「ノエル」の主題歌• Mad Alice、Deji-fra、Vivica、三好鉄生、綾小路きみまろ• 東京電力、小学館アカデミー、日刊スポーツ、オートバックス等 出演番組• 「NHK新人歌謡コンテスト」(NHK)• 「日刊!ひっと」(日本テレビ)• 「スーパーJOCKEY」(日本テレビ)• 「輝け!ソングラ天国」(テレビ東京)• 「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(テレビ東京)等 元テイチクミュージック代表取締役。 日本アマチュア歌謡連盟本部審査員。 学生時代にソルティー・シュガーの一員としてデビュー。 代表曲『走れコウタロー』で1970年第12回日本レコード大賞の新人賞を獲得。 1972年よりビクターでディレクターとして、チェリッシュ・長渕剛、石野真子・小泉今日子・伊藤さやか・長山洋子・荻野目洋子・酒井法子等幅広いジャンルで数多くのアーティストを担当。 1999年より天童よしみ・島津亜矢・秋川雅史等の制作に携わる。 代表曲• 「走れコウタロー」ソルティー・シュガー(1970年)等 手がけた主な楽曲• 「てんとう虫のサンバ」チェリッシュ(1973年)• 「白いギター」チェリッシュ(1973年)• 「襟裳岬」森 進一(1974年)• 「雨の嵐山」長渕 剛(1977年)• 「はだしで地球を駆けるのさ」トランザム(1978年)• 「世迷い言」日吉 ミミ(1978年)• 「卑弥呼」PASSIONATA(1979年)• 「春ラ!ラ!ラ!」石野 真子(1980年)• 「私の16才」小泉 今日子(1982年)• 「素敵なラブリーボーイ」小泉 今日子(1982年)• 「天使と悪魔(ナンパされたい編)」伊藤 さやか(1982年)• 「センチ・メタル・ボーイ」キララとウララ(1984年)• 「ダンシング・ヒーロー」荻野目 洋子(1985年)• 「六本木純情派」荻野目 洋子(1986年)• 「夢冒険」酒井 法子(1987年)• 「北風ぴゅうぴゅう」日吉 ミミ(1990年)• 「大阪で生まれた男」間 寛平(1991年)• 「メシアふたたび」谷村 新司(1995年)• 「千の風になって」秋川 雅史(2006年)• 「想い出よありがとう」島津 亜矢(2011年)等 主な出演番組• 「僕たちは昭和を生きた」(BS TBS)• 「あのスターにもう一度逢いたい」(BS11)等 1980年代からアニメ・ゲーム・コミックのジャンルで雑誌編集・単行本制作にたずさわり、エディトリアル・ディレクターとして編著作は数多い。 主な手がけた作品 徳間書店アニメージュ文庫• 「もののけ通信」ーとなりのトトロより アニメムック• 「機動戦士ガンダム」(徳間書店)• 「イノセンス攻殻機動隊」(徳間書店)• 「天空の城ラピュタ」(徳間書店)• 「おもひでぽろぽろ」(徳間書店)• 「紅の豚」(小学館)• 「ポケットモンスター」(小学館)• 「映画ドラえもん」(小学館)他多数 アニメーションコミック• 「映画ドラえもん」(小学館)• 「ポケットモンスター」(小学館)• 「スチームボーイ」(徳間書店)他多数 アニメ絵本• 「ジャングル大帝」(小学館)• 「鉄腕アトム」(小学館)• 「ピカチュウ絵本」(小学館)他多数 画集• 「犬夜叉」画集(小学館)• 「ふしぎ遊戯」アニメ画集(小学館)• 「陰陽師」コンセプトデザイン集(角川書店) 特撮本• 「ゴジラ怪獣図鑑ー東宝特撮の怪獣・怪人メカ図鑑」(小学館) ゲーム• テイルズ オブ ファンタジア(一迅社) 雑誌• 月刊「アニメージュ」(徳間書店)• 月刊「マイアニメ」(秋田書店)• 週刊「朝日芸能」(徳間書店)• 月刊「コロコロコミック」・「てれびくん」(小学館)• 「ビックコミックスペリオール」(小学館)• 「少年サンデー」(小学館)• 「ちゃお」(小学館) その他• ソシアルダンスニュース• 母が唄う民謡を聴き、兄の影響を受け曲作りをはじめる。 2012年シンガーソングライターとしてデビュー。 自信の音楽活動の他に、楽曲提供、アレンジャー、ラジオパーソナリティーを務める。 主な楽曲• 1stシングル「あの夏の約束」 テレビ朝日含む全国民教協33局「学びEye! 」エンディングテーマ• 2ndシングル「Power of Friends」 TBS系列 全国28局ネット「ひるおび! 」エンディングテーマ• 3rdシングル「青色の航海」TBS系全国ネット「がっちりマンデー!! 」エンディングテーマ• 4thシングル「ぼくら」 TBS系全国ネット「朝ズバッ! 」エンディングテーマ• 2012年9月 坂本龍一氏が運営するエコ活動を支援する音楽配信サイト 「MUSIC TREE」にてオリジナルソング「good times」がMVP賞受賞• 2012年4月 FM西東京レギュラー番組「Starry night」• 2012年3月 音楽業界総合情報サイト「MUSIC MAN NET-ミュージックもんでpick upアーティスト」に選出• 2013年1月 2015年2月 東京FMホールにて単独コンサート開催• 2015年2月 日本骨髄バンクテーマソング担当、日本骨髄バンク普及大使任命• 2015年7月 ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏プロデュースアイドル、スルースキルスメンバー秋元えりなに「きみとぼく」楽曲提供、Amazonシングルランキング1位獲得• 2015年9月 舞台「友情」テーマソング担当• 2016年2月 東京FM系列ミュージックバード「wagocoroプレゼンツふるさとが聴こえる」ラジオパーソナリティー 等• その後、松竹 株 主催滝沢秀明主演「滝沢歌舞伎」や、同主催ジャニーズJr. 公演「少年たち」などの文芸部として脚本、演技指導などで参加。 現在は自身の活動と並行して後進の指導に尽力を注いでいる。 演技指導や俳優育成、話し方講師としての経験を活かし、発声・滑舌・朗読術・話し方・姿勢矯正などを指導。 主な経歴• 五大路子主催「横浜夢座」に演出助手として参加• 五大路子一人芝居「横浜ローザ」に演出助手として参加• 山口県宇部市民参加音楽劇「俺たちの祭り」に演技指導兼演出助手として参加• 山口県宇部市参加音楽劇「歌旅の先に」に演技指導兼演出助手として参加• 山口県市民ミュージカル「宇部を元気にする会」に演技指導兼演出助手として参加• 山口県市民劇団「劇団遊郭」に脚本・演出として参加• 松本幸四郎 現白鷗 主演「アマデウス」にプロンプター兼3rd演出助手として参加• 松竹株式会社主催 滝沢秀明主演「滝沢歌舞伎」に文芸部として参加• 松竹株式会社主催ジャニーズJr. 公演「少年たち」に演技指導兼文芸部として参加• 創立100年を迎える「新国劇」を団体の祖とする「日本時代劇研究所」に俳優として所属• 神奈川県杉田劇場市民ミュージカルに演技指導、脚本家、演出、として参加• フジテレビ主催 ミュージカル「魔女の宅急便」に演出助手として参加• 松竹株式会社主催 Snow Man主演 「滝沢歌舞伎ZERO」に文芸部として参加• オフィス・ミナミカゼにて俳優育成講師として俳優育成に参加 松竹株式会社主催 滝沢秀明主演「滝沢歌舞伎」 ジャニーズJr. 公演「少年たち」 10代で演技経験の少ないジャニーズJr. たちに発声から役作りに至るまで役者の個性を考えながら演技指導にあたる。 キャスト・スタッフを含め100名を超す大劇場での舞台稽古を進行。 スポーツアナウンサー、報道キャスター。 ラジオ・TVを合わせ40年間で1500試合以上の野球実況、3000回以上のレース実況を担当。 東京ドームの巨人戦レジェンズシート中継は球界で話題沸騰。 これまでプロ野球、MLB、NFL、NBA、ソチ冬季五輪、箱根駅伝、Jリーグ、東京マラソン、ボクシング世界戦、全豪オープンテニス、全日本プロレス、中央競馬など多岐に渡り実況を務める。 主な経歴• 作新学院野球部出身• 早稲田大学大学院文研臨床心理学専攻• ラジオ日本編成局アナウンス部専任部長• 放送音楽プロデューサー連盟会員• FM局報道部ニュースデスク スポーツ実況• プロ野球/MLB/NFL/NBA/ソチ冬季五輪/箱根駅伝/Jリーグ/東京マラソン/ボクシング世界戦/全豪オープンテニス/全日本プロレス/中央競馬/ラグビー/ソフトボール/競艇、他• プロ野球巨人対広島戦、槙原寛己投手史上15人目の完全試合達成をラジオ実況• 有馬記念テンポイントVSトウショウボーイの名勝負を中継• 箱根駅伝、早稲田大学18年ぶり総合優勝学生駅伝3冠達成を伝える 音楽番組/CM• 日本歌謡大賞ラジオMC• 横浜音楽祭総合司会• テレビ東京『TVチャンピオン』• TBS『神さまあ〜ず』• CMサントリー烏龍茶、TOYOTA、ロッテ、カルピス、マルハンなど多数 講師/指導歴• 日テレ学院講師• 東京都文京アカデミー朗読講師• 日本工学院非常勤講師• NTV系列局新人アナウンサー研修講師• 東京アナウンスアカデミー研究科専任講師 受賞歴• 民放連CM大賞• NTV系列局第20回NNSアナウンス優秀賞 1959年、石川県金沢市生まれ。 日本音楽著作権協会会員。 明治学院高等学校卒業。 20才で現在のスクールを創業。 劇団ひまわりからTV・映画で子役・アテレコ・声優等出演。 独自に考案した割りばし発声法 他では、音痴を治す達人として、話すための声の出し方 ・ ビジネス ボイストレーニング 成功する声の出し方、発声法・ボイスダイエット・「声・言葉」のリハビリ活動等 『UENOメソッド』は 全米紙『ウォールストリートジャーナル』 NHK総合TV『おしゃれ工房』『おもいっきりイイ!テレビ』他 TV・雑誌等メディアで数多く紹介される。 出演番組• 「笑っていいとも! 」(フジテレビ)• 「おもいツきりイイ!! テレビ」 日本テレビ• 「発掘! あるある大事典」(フジテレビ)• 「いきなり! 黄金伝説。 」(テレビ朝日)• 「真相報道バンキシャ! 」 日本テレビ• 「ためしてガッテン」(NHK)• 「おしゃれ工房」(NHK) 他多数 掲載新聞• 「ウォール・ストリート・ジャーナル」 著書• 「声力」(晋遊舎)• 「声の力で人生が変わる」(PHP研究所)• 「ここからはじまる発声法」(日本実業出版社)• 「5分間でいい声になる本」(青春出版社)• 「上野式『声のトレーニング』」(KKロングセラーズ)他多数 石川県金沢市出身。 新聞記者、NHKのど自慢ピアノ・アコーディオン伴奏者として活躍。 昭和33年上野歌謡教室を設立。 『日本最初のカラオケ創立教室』『日本最大のカラオケ歌謡教室』として注目され業界から高い評価を受けた。 日本作家連盟常任理事、日本カラオケ振興会副会長を務めた。 作詩・作曲家としても活躍し、代表曲『浅草しぐれ』は三島敏夫、笹みどり、海津栄、こまどり姉妹等9社10名競作となり、キングレコードヒット賞・クラウンレコードヒット賞・日本作家連盟作詩作曲ロングヒット賞最優秀作品賞を受賞した。 主たる作品• 「浅草しぐれ」 (キングレコード・三島敏夫)(ミノルフォンレコード・海津栄)(クラウンレコード・笹みどり)(キャニオンレコード・深大寺みどり)(コロムビアレコードこまどり姉妹)(アポロンレコード伊南よしひと)他• 「明日に向かって」(テイチクレコード)• 「青春をためそう」(テイチクレコード)• 「ふたりの愛」(コロムビアレコード)• 「月光仮面」(コロムビアレコード)• 「ひとり花」(トリオレコード)• 「さよならお母さん」(ビクターレコード)• 「生命ふたつで」(キングレコード・秋吉恵美)• 「人生達磨坂」(キングレコード・松鶴家千とせ)• 「椿の宿」(クラウンレコード・笹みどり)• 「命ふたつで」「雨情」(キングレコード・三島敏夫)• 「夫婦情歌」「恋の北岬」(キングレコード・田代美希)• 「初恋時雨川」「恋酒場」(ビクターレコード・久美京子).

次の

菅井秀憲

ボイス トレーナー 菅井

名無しさん ハロプロニュース• 2017年10月27日 17:10• ID:rX4aiwWJ0• メロディの山場だけを気にするんじゃなくて歌詞の山場を気にしろって。 同じ言葉の繰り返しでメロディが全く一緒でも全く同じように歌ったらだめ、なんで2回繰り返すのかどっちが強く伝えたいのか1回目と2回目で感情はどう違うのか、そういうのを考えて表現しなさいって。 フクちゃんのシルバーの腕時計見てるとまさにそういう練習を重ねた結果 舞台の経験の方がでかいんだろうけど なんだろうなってよく思う。 名無しさん ハロプロニュース• 2017年10月27日 20:10• ID:jNS9h7Wa0• よい歩き方を意識しすぎると歩き方が変になるみたいな…。 「筋肉のこの部分を動かして」って口で言っても、多分難しい。 だからうまくいったって体験をまず身体で覚えてほしいんじゃないかな。 ピンポン球とか「ニャーオ」とか一見突飛だけど、リラックスしながら発声を矯正するうまい方法だなと感心したけどね。 これをただ舌の付け根を下げて発声しましょうとか、口と鼻のバランスをタイミングもちょうどいいところで発声しましょうとかいうのでは結構な差があると思う。

次の