宝 柱である俺が来た。 ルーヴェン伯爵の宝

ゲーティア(Fate)とは (ゲーティアとは) [単語記事]

宝 柱である俺が来た

下の階に降りるとトリスとディクストラとの会話になる。 選択肢1「だがお前が心配だった。 万事順調かどうか見に立ち寄ったんだ」 ・俺を信用してないな ・ありがたい話だ 選択肢2「わかったことを教えてもらえるからな?早く知りたいんだ」 ・ヘンケル辺境伯にすべて聞いた ・関係ない 選択肢3「俺のことを少しもわかってない」 ・メンジが宝を持っているのは本当だ ・お前が求めるのは結果だけだろ 選択肢4「お前たちハンターの兵舎を生きて出られる可能性が大幅に高まる…俺の宝と一緒にな」 ・トリスとのことは、もう過去の話だ ・俺たちを利用するつもりだな 選択肢5「あの…恋人たちってとこ」 ・ディクストラはすべてを知る必要はない ・君だって何も言わなかった 真夜中に港近くの〈永遠の炎〉教会でトリスと会う ここからメンジとの交渉が始まり、最後まで進めると宝の在処を教えてくれる。 交渉決裂と記した選択肢を選ぶと、ウィッチハンター及びメンジと戦闘になる。 選択肢3「一杯どうだ、ウィッチャー」 ・ぜひ ・気分じゃない ・なぜ? ・トリスを拷問するな。 容認できん (交渉決裂) 気分じゃないを選ぶと、飲むか死ぬか問われ、選択肢4が発生する。 なぜ?を選ぶとトリスが捕獲されたことを乾杯すると言われ、再び選択肢3が発生する。 選択肢4「二つに一つだ、ウィッチャー…飲むか死ぬかだ」 ・わかった ・3つめの選択肢がある…お前を殺す (交渉決裂) 選択肢3でぜひを選ぶか、選択肢4でわかったを選びメンジと乾杯する。 選択肢5「ここに来たうちの何人がゴブレットをつかんだ途端に腐ったゼリーへと変わったか」 ・拷問が始まったのに、まだ金をもらってない ・トリスを解放するよう言え (交渉決裂) ・銀の剣を背負ってる。 不足か? ・他に方法はないのか? 一番上か、銀の剣を背負ってる。 不足か?を選ぶと選択肢6に行く。 選択肢6「自分の恋人を引き渡したんだ。 さぞや心が痛むことだろう…補償を受けて当然だ」 ・ウィッチャーは金のためなら何でもする ・何の話かわからない (交渉決裂) ・先に裏切ったのはトリスだ ・気が変わった。 彼女を放せ (交渉決裂) 一番上か、先に裏切ったのはトリスだを選ぶと選択肢7に行く。 選択肢7「どうせただでは情報をくれないんだろ。 見返りに何が欲しい?」 ・友人のダンディリオンを解放しろ (交渉決裂) ・宝を探してる… ・知るか。 こんな茶番もうたくさんだ (交渉決裂) 宝を探してる…を選び、宝の在処を聞き出す。 再び選択肢7が発生し、残りのどちらかを選んでメンジと戦う。 ウィッチハンターとカリブ・メンジを倒す.

次の

私の活動三本柱「絵・音楽・動画」の環境的限界 : 横野真史公式ブログ

宝 柱である俺が来た

「またせたな」 俺は傷ついたクロさんを谷の上に置き、再び竜の前に戻ってきた。 「いいさ。 ぬしは逃げないと思ったからな。 ——あの娘、 わ ( ・ ) ざ ( ・ ) と ( ・ ) 助 ( ・ ) け ( ・ ) な ( ・ ) か ( ・ ) っ ( ・ ) た ( ・ ) ろ ( ・ ) う ( ・ ) ? ( ・ )」 「……人聞きの悪いこと言うなよ」 ——クロさんにバレたらあとが怖いだろうが! 言い当てられ、俺は内心焦る。 「珍しいな、人間でそこまでの強さに至っているのは」 「皮肉か?」 「なぜだ? ——我らと同等以上の強さを持った人間になど会ったことがないぞ」 「!」 俺は今度こそ目を見張った。 ケリュネアといい、古くから生きる魔族はやはり特殊なのだろうか。 「して——」 ぶわり。 竜の身体から禍々しいほどの力が湧き出でる。 それから竜は怪物然とした顔をさらに凶悪にゆがめて俺に問う。 「ぬしは我に何を望む?」 言葉を連ねる間にも、何かに歓喜するかのように、その奔流は溢れ続け、止まない。 —— ダ ( ・ ) メ ( ・ ) だ ( ・ )。 壮絶な力よりも、そのゆがんでいく表情をまざまざと見た瞬間、俺は悟った。 初め、先のクロさんとの会話。 戦いよりも対話を望むその態度に、この竜とも話し合いで事を運ぶことができるのでは、と考えていたが、ダメだ。 この竜は——この一個の存在は、『言葉だけ』では動かせない。 それでも俺は言った。 「《宝竜》よ。 俺の友になってくれ。 そして友として、俺の願いを聞いてもらいたい——それが俺の望みだ」 「——わっはははははははははっ!」 ごごごごごごごごごっ。 「痛——ッ!?」 俺は鼓膜が裂ける前になんとか耳を塞ぐ。 俺の望みを聞いた竜は、まるで《森の王》が言っていたことを再現するかのように、その声で大地を震わせるほど笑った。 音は止まない。 その振動によって、周囲にうず高く積まれていた財宝の山たちが、全て音を立てて崩れた。 「おもしろい! おもしろいぞ人間よ! そのようなことを言う者は初めてだ!」 不思議とその声音に嘲りのようなものは感じない。 だが、 「そんなに笑うなよ。 ——お前が本当に欲しかったものでもあるんだろ?」 これは、やられた彼女のためへの、おしゃべりな竜への意趣返し。 俺が言った瞬間、ぴたり、黒い竜の笑いが止んだ。 「……なんだと?」 どうやら俺の言葉は核心を突けたらしい。 「おかしいと思っていたんだ。 それだけの力を持っていて、たびたび森へ行き、何もせず帰る。 せっかく集めた宝もぞんざいに扱い、微塵も執着を見せない。 ——「宝を奪いに来たか?」っていっそ嬉しそうにするし」 一度そこで言葉を切り、俺は 竜 ( ・ ) の ( ・ ) 望 ( ・ ) み ( ・ )を問う。 「——お前はただ、誰かと共にいたかっただけじゃないのか?」 宝を集めて回ったのは、それを目当てに様々な者がここに来るように。 時は過ぎ、あまりの強さに近づく者はいなくなり、忘れ去られ、『宝の餌』は意味をなさなくなった。 そして今度は、同族のもとへ行ったが、受け入れてはもらえない。 それでも数百年に一度、ほとぼりが冷めたころに訪れ、彼らに言うのだ。 ——友にならないか、と。 ——孤独はいやだと。 あまりに逸脱した個は、本人の意思にかかわらず、他を遠ざける。 きっとそれは、魔族も、人も、同じなのだ。 「知った口を叩くなぁぁああああっ!」 先ほどの哄笑とは比較にならないほどの咆哮が空へ放たれる。 見えないそれは曇天のぶ厚い雲に大きな楕円の孔を穿ち、形を得た。 空の孔から陽光が差し、俺と竜の立つ谷を照らす。 「……いいだろう試してやる。 ぬしが我の友足りうるかどうか——我を受け入れられるかどうか。 足りぬときはその命を持って 贖 ( あがな )え」 先ほどの笑みは消え失せ、地の底から響くような声で、竜は告げた。 俺は竜の逆鱗に触れたのだ。 「俺の負けが死でも構わない。 ——だが俺はお前を殺すわけにはいかない。 どうすればお前は自分の敗北を認める?」 竜は俺のその発言を嗤うことはない。 「——我の背だ」 「なに?」 「我らは何人もこの背に乗せぬ。 しからば、それを以ってぬしの勝利の証としよう」 「わかった」 その言葉を最後に俺たちは沈黙する。 空に穿たれた孔が次第に塞がっていき——光の柱が消えた瞬間、始まった。 ぱかり。 竜は張り詰めた空気の中で、ともすればあくびでもするかのような仕草で巨大な顎を開く。 「!」 ——消えたはずの太陽が目の前に出現した。 迫るそれが竜の放った火炎球だと気づくまでの一瞬に、その軌道の下にある金塊が、熱でどろりと溶解していく。 文字通り、谷底が炎と黄金の海に沈もうとするその刹那、俺は小さな太陽に肉薄し、それを二つに両断した。 俺を避けるように通り過ぎた二つの半球の灼熱は、消えることなく背後の壁にぶつかり、岩壁がじゅうじゅうと音を立てる。 遅れて、焦熱の 波濤 ( はとう )を間近で浴びた皮膚と、衣服の焼ける臭いが鼻を突いた。 「《凍てつけ》!」 俺は足元に向けて氷結魔法を放つ。 溶けて波打つ黄金の澱みと、壁を溶かす割れた火球が一瞬で凍りついた。 熱の代わりに谷底を席巻する冷気に、俺は灼けた肌をさらした。 そのわずかな間に火傷は癒えきる。 俺は右手に握る 柄 ( ・ ) だ ( ・ ) け ( ・ ) に ( ・ ) な ( ・ ) っ ( ・ ) た ( ・ )剣をその辺に放る。 壮絶な熱塊を切り分けた刀身は、その途中から溶け落ち、消えてしまっていた。 だが幸いなことにここは《宝餌の蔵》。 かつての主を失った得物や、華美な装飾の施された剣がそこらじゅうに転がっている。 俺は凍りつく黄金の散りばめられた地面に勢いよく手を突き入れ、そこから目についた剣を取り出し——すかさず竜との間を詰める。 「今のを凌ぐか! 凄まじい剣力と魔力——む?」 黒い竜は動き出そうとしてようやく気づいたようだ。 先の魔法でその足は凍りつき、地に縫い留められていることに。 「もらった!」 その隙に俺は死角へ回り込み、無防備な背に跳躍した。 「あまいわっ!」 正面から閃き襲い来る、黒い線を描くなにか。 それはクロさんを一撃で沈めた竜尾の剣閃。 竜には悪いが、横薙ぎのそれを俺は切り落とすつもりで迎え撃つ。 ——が、 ギィィィインッ! 堅すぎるっ! 切り落とすどころか、その黒い鱗は刃の進入を全く許さない。 もはやこの尾は、極限まで磨き鍛え抜かれた変幻自在の黒曜石の刃だ。 このままでは竜の堅さと俺の力に 剣 ( ・ ) が ( ・ )堪えられない。 ——さらに尾の後ろから猛烈な勢いで迫る竜の顔が見えた。 まずいっ! とっさにその真意を悟る。 俺は剣を斜めにして竜の尾を受け流し、身を躱す。 直後、竜の頭部がぶつかった尾は神速の勢いで振り抜かれた。 硬質な音を立て、離れた谷の壁に真一文字の亀裂が入る。 あのまま受けていたら剣ごと真っ二つにされていただろう。 まるで破城槌。 ……尾は剣、顔は槌か。 着地すると同時に、剣が折れた。 すでに氷の楔から解き放たれた足を動かし、こちらへ向く竜。 再び俺は剣を抜き出し、状況は振り出しに戻った。 「やはり楽しいな、戦いは。 ぬしもそう思うだろう?」 竜の顔にはすでに纏っていた昏さはなく、笑みが宿っていた。 「俺は楽しくない」 今の短い間に何度死にそうになったことか。 「……」 「なんだよ」 俺の返答に目を丸くする竜。 「わはは! 気づいておらぬのかぬしよ! その表情をよう見てみい」 俺の表情だと? 言われて俺は顔を下に向ける。 「——!」 黄金と氷の鏡を覗くのは、わずかに頬を吊り上げた己の顔だった。 笑っているのか? 俺が? 「それもそうか。 人の身にしてその強さ。 その本質はどうあれ、狂うほどの理性で己を律しなければそうはなるまい」 まるで同情するように……同じような存在を見るかのように竜は言う。 その言葉で浮かぶ光景がある。 かつての居場所。 いやあれは檻だ。 そこで行われた非道の数々。 常人ならば何百、何千と死んでいるほどの地獄。 自身を蝕む殺意の渦。 ——だが、違う。 「そいつは見当違いだ」 決定的に、違う。 「なに?」 「たしかにお前が言う通り、俺は力を振るって戦えることを無意識のうちに喜んでいたのかもしれない」 『七割』以上の力を出して相手にぶつけたことなんて初めてだ。 まして、それで相手が死んでいないなんて。 今までの俺の生活からすれば奇跡にも思えた。 「認めるよ。 自分が力を、暴力をふるって死なずに笑顔を向けてくれる相手がいることに、俺は喜びを感じている」 「そうだろう? 我とぬしは同じ——」 「同じじゃない」 みなまで言わせず、俺は竜の言葉を断ずる。 「お前は言ったな。 俺が狂うほどに自分を律している、と」 「違うのか?」 俺ははっきりとうなずく。 「——俺には既にいるんだ。 俺を、自分の存在を認めてくれた人が。 俺自身がどんな否定するたび、『人』だと強く言ってくれた存在が」 だからこそ俺は今こうして正気でいられる。 生きている。 ——生きねば、ならない。 「——」 竜が息を呑むのが見えた。 その満月の瞳がどこか羨望にも似た光をたたえているように見える。 「間違いなく、俺とお前は、同じじゃない」 「——そうか」 そして、俺の言葉に表情を曇らせた竜に、間髪入れずに言ってやる。 「ああ——だから俺がお前に『それ』を言い続ける存在になってやるからさっさと背中に俺を乗せろ」 俺は竜に告げた『望み』を思い出しながら、一息に言い切った。 竜は、瞠目したのちにその目を細め、楽し気に言った。 「言っただろう、何人もこの背には乗せぬと——ぬし、名は?」 「いや、乗る。 ——セブンだ」 「ではセブンよ、これで決着だ。 ——この《崩天竜》ファフニルの一撃で以って逝くがいい」 その言葉の直後、空が鳴き、雲が渦を巻きはじめた。 ほどなく胎動するように光る渦の中心が、ぽっかり口を開く。 そこに青い空はなかった。 あったのは——怪しい光を放つ一本の巨大な剣。 その矛先は大地に——俺に向いている。 「雷の剣?」 「《雷神の矛》——もはや避けることはかなわん」 それは竜からの死の宣告。 ——次の瞬間、『二本』の稲妻が避けようもなく俺に落ちた。 「ん? 今のは——な!?」 ——だが《雷神の矛》は軌道を変えて、ファフニルへ襲い掛かる。 本人の言に違わず、避ける間もなく雷は竜へ直撃した。 さすがの竜も極大の雷魔法に身体が硬直している。 「俺の勝ちだ。 ファフニル」 俺は再び身体が焦げる臭いを放ちながら、竜の背に飛び乗り—— 突如発せられた赤い光に身体を飲み込まれた。

次の

【山さ行がねが】道路レポート 東京都道236号青ヶ島循環線 青宝トンネル旧道

宝 柱である俺が来た

の体の、その体。 のを、人理焼却という大事件を企てた実行犯である。 その後した式となった彼らはのに巣食い、0年の時を経て人理焼却を実行した。 多くの悲しみを見た 多くの悲しみを見た 多くの悲しみを見た は何も感じなかったとしても。 私、いや、々はこの仕打ちに耐えられなかった。 は人をめるためのもので、王は人を整理するだけのものだからね』 『他人が悲うが己に実はない。 とは皆、そのように判断するだ』 そんな理 はなし があってたまるものか。 そんな条理 きまり が許されてたまるものか 私たち われわれ は協議した。 この知性体は、の定義すら間違えた。 から0年分前の人類史をにして46億年前のが誕生する前へ、を死というのないに作り替えるのが的。 以上の功績をもって彼のは決定された。 7つの人類悪の1つ 『憐』 の理を持つ。 人が人を哀失望するという奢りこそがの性である。 かくして彼の人理焼却はレフによるカルデアの爆破により開始を告げる。 七つの起爆点となる特異点にとを乱すや自らの因子を受け継ぎ柱化するを配置しを妨した。 が終局特異点までたどり着かれその論見は瓦解することになる。 ステータス• 出典:• 地域:• :混沌・悪 :• 地作成:A 自らに有利な地「」の作成ができる。 を作った彼の手腕は最高峰のものである。 高速:A をめる技術。 は高速言に匹敵しよりも上。 具作成:C 魔を帯びた具を作成する。 に特化したため並み。 召喚術: やから霊体を喚起する。 のである彼は柱を自在に召喚することが可。 啓示:- からのを聴き最適の行動をとる。 のだが精に関連するのため受け継がれず。 の: から授かった王のである十の。 そろっていれば人類のあらゆるを効化し配下におる。 ただし1個紛失しておりの中のものは品。 : 視の良さ、の上昇。 とすら見通せる。 のだが体に関連するのため受け継がれた。 単独顕現:A 単独行動の上位版。 存在が確定しているため即死、系攻撃に耐性を持つ。 条件がそろっていれば人理焼却やによる人理編纂にもを受けず顕現する。 ・ン: の攻撃、を化する。 ただ一つの例外を除いて・・・・。 らのの終わり。 このをやり直す。 人類史の終焉。 が大業成就の間を! 第三、展開。 "誕生の時きたれり、其は全てを修めるもの" さぁ、のようによ!』 第三。 特異点上に浮かぶ輪。 人類史が焼却された結果生まれた熱量でありこれを集めることで時間すら可とするとなる。 時にはあらゆるものを焼却する極大の熱線としてする。 人類史全てを熱量に変換したもの故、の範疇でこれを防げるものは存在しない。 第一部である時間。 の収束所であり通常の時間流と隔絶された間にある。 のを増幅して作ったであり、その仕組みはーツァ・フォン・ツベルンの杯と同じもの。 にはもう一つがあるとは知っていたがその詳細は知らない。 否、知ることはできない。 は 第三で維持・回収した帯をの的のために回す 『帯収束環 (・)』を仮想とする。 この起動計算が了した時、によって 死のないに至る彼の大業成就の間である。 魔神柱各個体 には相対する相手によって体ののうちのかの精が濃く出るという性質がある。 終局特異点の戦いの中で性質がさらに濃くなった彼らは本体であるから離脱や撤退し始め、撃破されていった・・・・。 終局特異点については「」を参照。 フラウロス カルデア職員であるが変異した個体。 がのことを気に掛けたのはレフの感情がしている。 ・の幕間のに登場した個体。 なくならないのとして召喚され調理されました。 =ラス 「紀行プマコーズ」に登場した個体。 により召喚されたさん。 時間から逃亡した柱。 自分たちを倒したへのを誓いの特異点へ潜伏していた。 ス 時間から逃亡した柱。 逃亡中に息絶えの状態で流れ着き、自らと同じく永遠を望む、、の三人を核として特異点を形成した。 時間から逃亡した柱。 フェニクス 時間から逃亡した柱。 ない体であるフェニクスは自らの死を望み秘の秘匿の破壊による召喚の破壊を論んだ。 時間から逃亡した柱。 外の存在による人類の救済を的にセイでを生み出すが徐々に感情移入していく。 関連動画 関連商品 の商品を紹介してください。 関連静画 関連項目•

次の