どんな とき も wifi 制限。 データ容量無制限のメリット|【公式】どんなときもWiFi

【無制限】どんなときもWiFiのサービス内容・料金プランを詳しく解説!

どんな とき も wifi 制限

この度はどんなときもWiFiへの加入をご検討いただき誠にありがとうございます。 ご契約を検討いただいていたお客様には突然のご案内となり大変申し訳御座いません。 合わせてチャット相談サービスも一時休止させて頂いております。 1日でも早く受付再開ができるよう尽力してまいりますので、ご理解の程宜しくお願い致します。 時節柄、在宅ワークの需要が高まる中、当社都合により新規利用をご希望のお客様へサービスご提供ができない事態にあることを大変心苦しく感じております。 ご迷惑をおかけしていることを重ねてお詫び申し上げます。 インターネット回線の利用を早急に望まれるお客様へ 少しでもお役に立てればと思い、当社がご案内できるサービスをご紹介させていただきます。 もしご興味がありましたら、お問合せください。 クラウドwifiは、複数のSIMカードを割り当てることで、データ容量にとらわれることなくインターネットを利用できます。 その際に最適なSIMを自動適応してくれるので、SIMカードのパフォーマンスに縛られたり、他のユーザーの利用量に影響されて制限されることがありません!毎日の動画視聴から、大容量ゲームのダウンロードなど様々な利用シーンを通信制限なしで楽しむことができます。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

次の

速度改善!どんなときもWiFiは遅いのか検証【2020年】

どんな とき も wifi 制限

2020年4月どんなときもWIFIはヘビーユーザーを強制的にプラン変更させました。 その結果どんなときもWIFIは、たくさんネットを使う人にはおすすめできないポケットWIFIとなりました。 関連 私が契約しているポケットWIFI 『どんなときもWIFI』と 『FUJI WIFI(フジワイファイ)』 どちらも無制限ポケットWIFIです。 無制限ポケットWIFIを2台も契約してムダじゃないか! と分かっていても、マニアとしては契約せずにはいられませんでした。 せっかくどちらも契約しているので、 『どんなときもWIFI』と『FUJIWIFI』を比較してみました。 無制限ポケットWIFIをお探しの方の参考になれば幸いです。 その結果、どんなときもWIFIとフジワイファイはほぼ同じ月額料金となりました。 参考 通信回線・通信可能エリア 通信回線 通信可能エリア どんなときもWIFI ドコモ、AU、ソフトバンク ドコモ、AU、ソフトバンクのLTE回線エリア FUJI WIFI ソフトバンク ソフトバンクのLTE回線エリア 『どんなときもWIFI』の通信回線は、クラウドSIMという特殊な仕組みによって、ドコモ、AU、ソフトバンク全ての通信回線が使えます。 そのときの電波状態が良い回線に自動的に接続されます。 当然通信可能エリアもそれと同じです。 メチャクチャ通信可能エリアが広いのが特徴です。 それに対し『FUJI WIFI』の通信回線は、ソフトバンクの回線を使用します。 通信可能エリアもソフトバンクのLTE回線と同じです。 単純に比較すると『どんなときもWIFI』の方が、トリプルキャリアの回線全てを使うことができますので有利です。 もっとも、『どんなときもWIFI』を実際に使用していると、基本的にソフトバンク回線に接続されることがほとんどのため、『FUJI WIFI』と実質的な違いはあまりありません。 山道を車で通るときに、ドコモ回線を使える『どんなときもWIFI』の方が若干圏外エリアが少ないかな、という程度の違いです。 ちなみに2か月チョット『どんなときもWIFI』を使っていますが、AU回線に接続されているのをまだ見たことがありません。 通信速度 理論上の最高速度ではなく、実際の通信速度で比較してみます。 上り(アップロード) 下り(ダウンロード) どんなときもWIFI 10~30Mbps 10~40Mbps FUJI WIFI 10~20Mbps 10~40Mbps 実際の通信速度はどちらもほどんと変わりません。 ただ注意事項として『どんなときもWIFI』はドコモ回線に接続されているときは通信速度が若干遅めな感じです。 どんなときもWIFIのドコモ回線は、リンクスメイトという格安SIMを提供している会社がプロバイダとなっているようで、特殊な調整がされているようです。 スピードテストで『Logic Links』と表示されているときが、ドコモ回線に接続されているときです。 『どんなときもWIFI』がドコモ回線で接続されているときには、動画配信サービスの利用やアプリのダウンロードをするときなどに通信速度が頭打ちになるような挙動を見せます。 まあ、特に困るような通信速度ではないですし、ドコモ回線につながること自体が稀なのでそれほど気にする必要もないでしょう。 関連 通信速度制限 通信速度制限 どんなときもWIFI 異常な通信利用量の場合制限されることがある FUJI WIFI 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信の場合制限されることがある どちらも基本的にはデータ通信量無制限の使い放題です。 しかし、どちらも『異常な通信量』『大容量通信』の場合には速度制限される可能性があります。 今のところ『どんなときもWIFI』で本当に速度制限されるのかは分かりませんが、1日10GB以上、月に300GBくらい使っても私は速度制限されたことがありません。 動画配信サービスを毎日ガンガン見ています。 それに対し『FUJI WIFI』の場合は、だいたい月250GBくらい使うと速度制限の予告メールが送られてきます。 もっとも、万が一速度制限された場合でも、FUJI WIFIの無制限プランなら代替機の送付サービスがありますので、実質的に無制限で利用することができます。 今のところ『どんなときもWIFI』の方が速度制限が全くなく利用できていますし、FUJI WIFIの代替機送付サービスは面倒くさいので、現状だけ見れば『どんなときもWIFI』が勝ち!ということになります。 契約期間中に解約する場合は後で説明するとおり違約金が発生します。 それに対し『FUJI WIFI』は契約期間がありません。 いつでも違約金無しで解約ができます。 もっとも、『FUJI WIFI』では一定の契約期間を定めた『おまとめプラン』にすると最長12か月という契約をすることも出来ます。 一定の契約期間を定める代わりに月額基本料金が割安になります。 以上のとおり、契約期間については柔軟に契約期間を選べる『FUJI WIFI』の方が有利ということになります。 違約金 違約金 どんなときもWIFI• 0~12か月目:1万9000円• 13~24か月目:1万4000円• 26か月目以降:9500円• 更新月:0円 FUJI WIFI 無し 『どんなときもWIFI』は更新月以外に解約すると違約金が発生します。 特に2年以内に解約すると1万円以上の高額な違約金が発生します。 なかなか解約しづらい契約内容となっています。 それに対し『FUJI WIFI』は契約期間がありませんので違約金も一切ありません。 もし『おまとめプラン』で契約した場合も違約金はありません。 そもそも『おまとめプラン』は利用開始時に契約期間分の利用料を一括払いするからです。

次の

どんなときもWiFiの評判からわかった全デメリット【2020年6月】

どんな とき も wifi 制限

このメールは、 4月のデータ通信量が特に多い利用者だけに着た• データ通信量が過去と比べて著しく増加傾向にある。 回線増強に努めているが追い付いていない状況(特に4月が顕著)• 当メールを送っている利用者は、データ通信容量に制限をかけざるを得ない事態である• 4月16日午前9時より、 順次、補償プランを実施• 補償プランの内容は 月間上限25GBまで(無制限でなくなる)• 2020年5月より次回更新月まで月額利用料金が無料。 当月(4月)分については、日割分を返金• 追加のインターネットサービスを利用した場合、上限1万円まで補償• 上記プランに同意できない場合は、違約金免除 こんな感じ。 2020年4月1日から2020年6月30日までに契約開始し た代替サービス• 2020年4月1日以降に発生した携帯電話のパケット追加料金 とのこと。 申請期限は2021年3月31日までとなっています。 補償プランへ移行しない人は、解約違約金免除 補償プランへの移行を希望されない人は、契約解除にか かる違約金が免除となり、解約を受付けることができるとのこと。 これは通信障害に苦しめられた利用者にとっては最高ですな。 メールが着ていない人はそのまま? このメールはどんなときもWiFiのヘビーユーザーに対して送られたものなので、 そもそも大容量通信をしていないユーザーはこの補償プランは適応されないのかも? また補償プランが変更することもありそうだ ただし、通信障害が起きた時にも補償内容が二転三転したことから、 個人的には正直「また補償プランの変更とかありそうだな」と思ってしまいます…。 ライトユーザーとの契約内容が違うってのも、なんかまた炎上しそうだし…。 ポケットWiFi乗り換えるならWiMAX。 固定回線(光回線)にするならキャンペーン狙い 今後のリスクも考えた上で、 もし「もう、どんなときもWiFiはイヤじゃ!!!」と思った人は、ポケットWiFi乗り換えか固定回線にした方が良いかも。 以下からは、個人的におすすめのポケットWiFiと光回線をご紹介します。 ポケットWiFi:BroadWiMAX 月額料金は2,726円(税抜 ~利用可能と格安。 BroadWiMAXは使い放題のギガ放題プランを求めやすい価格で提供しているので、長く使いたい方にもオススメの商品となっています。 ・家でも外でもインターネットをしたい方 ・ケイタイの通信費用を抑えたい方 ・Wi-Fi環境でインターネットをしたい方 ・出張や転勤が多い方 そんな人に向いています。 また、 他社からBroadWiMAXへ乗り換える際の違約金も負担してくれるので、詳しくは公式サイトでチェックしてみてくださいな。 auひかり auひかりはKDDIが提供する光ファイバーインターネット回線。 大きな特徴としてはauスマートフォンとの連携サービスである「スマートバリュー」があり、 auひかりのネットと電話をセット利用すると最大2年間、auスマホ1回線につき最大2,000円の割引があります。 家族でauスマホを利用している場合などは、割引が額大きくなりお得です。 また、 高額キャッシュバックや大幅割引など様々な特典を実施中!• 下り最大2Gbpsの高速通信でスイスイ快適!• 全てコミコミ完全定額の4,743円 税抜 !• ソフトバンクおうち割適用で、スマホの月額料金が最大1,100円(税込)割引!• ソフトバンクのスマホとあわせれば割引できるのもありがたいですな。 また、 完全無料でポケットWiFiレンタルが可能。 NURO光が開通するまでの期間は、無料でポケットWiFiが付いてくるので、開通までの間もネット環境を維持できます。 詳しくは公式サイトをチェケラッチョしてくださいな。 まとめ やっぱり ポケットWiFi頼みだと、不安定さがあることからネット環境は頼りないですな…。 年末にPS5も買いたいしAdobeソフトも多用してるしYouTubeも撮ってるから、引越しのことは懸念材料だけどアパートで光回線引いてみるかな〜。

次の