戸田恵梨香 窪田正孝。 戸田恵梨香:窪田正孝に朝ドラバトンタッチ 信楽焼のオリジナル夫婦茶碗を進呈

戸田恵梨香「終わった感覚がない」恒例バトンタッチ

戸田恵梨香 窪田正孝

『スカーレット』でヒロインの川原喜美子役を演じた戸田は「まだ放送が続いているので、いまだに撮影が終わった感覚がないんですけれど、本当にかけがえのない、ぜいたくな時間を過ごせたんだなと改めて思います」と撮影を振り返り。 28日に『スカーレット』は最終回を迎えるが「川原家のみんなが〝生きる〟ということにどういう風に向き合っているか、日常のいとおしさというものが皆さんに伝わったらいいなと思います」とコメントした。 また、30日よりスタートする『エール』で主人公の古山裕一を演じる窪田は「ヒロインの(二階堂)ふみちゃんといつも二人三脚で演じています。 感情の起伏があるシーンなど、さまざまな場面がありますが、お互いに励まし合って、撮影をしています。 新しいキャストの皆さんも増えてきて、どんどん新しい風を吹き込んでくださるので、現場はすごく楽しいです」と撮影の様子を明かしてくれた。 窪田は続けて「作品を通して福島のすばらしさを全国の皆さんに知っていただきたいですし、物語では音楽を通して、音との夫婦関係や裕一に関わる人たちとの人間模様も見どころです。 裕一のモデルである古関さんは、さまざまな人と助け合い、手を取り合って、すばらしい人生を遂げられたとお聞きしています。 古関さんの残した名曲は5000曲にもなり、今も歌い継がれています。 幅広い世代の方に見ていただけたらうれしいです」と見どころを語った。 本セレモニーでは、戸田から窪田にスカーレットの舞台である滋賀県信楽の特産品である信楽焼のオリジナル夫婦茶碗がプレゼントされた。 窪田は「すてきな信楽焼をいただいたので、さっそく(二階堂)ふみちゃんと一緒にお米を食べるシーンで使わせていただこうと思います」と喜びを語った。 窪田から戸田へは『エール』の主人公・裕一のモデルとなった古関裕而氏が青春時代を過ごし、のちに妻となる金子さんと文通を重ねていた福島県川俣町で作られたシルクのスカーフがプレゼントされると「温かみも感じますし、やはり産地のものはいいなと思います。 ちゃんと身につけて、一緒に生活したいと思います」とコメントした。

次の

【2020最新】窪田正孝の歴代彼女は合計7人!現在は水川あさみで結婚秒読み!?(画像)

戸田恵梨香 窪田正孝

今週最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『スカーレット』で主人公・川原喜美子役を演じる戸田恵梨香が、来週3月30日スタートする次作『エール』のスタジオ(東京・渋谷のNHK放送センター)を訪れ、主人公・古山裕一役の窪田正孝とバトンタッチセレモニーを行った。 セレモニーが行われたのは、『エール』の主人公・裕一(窪田)と妻の音(二階堂ふみ)が暮らしている一軒家の中庭のスタジオセット。 戸田は『スカーレット』の舞台である滋賀県信楽の特産品、信楽焼のオリジナル夫婦茶碗を窪田にプレゼントした。 ドラマに登場する珈琲茶碗からデザインを着想し、信楽の土、信楽の窯で焼き上げたという。 夫婦茶碗を受け取った窪田は「すてきな信楽焼をいただいたので、さっそく(二階堂)ふみちゃんと一緒にお米を食べるシーンで使わせていただこうと思います。 ありがとうございます」とコメントした。 一方、窪田はスカーレット色のシルクのスカーフを戸田にプレゼント。 『エール』の主人公のモデルとなった古関裕而氏が青春時代を過ごし、のちに妻となる金子さんと文通を重ねていた福島県川俣町で作られたものという。 受け取った戸田は「温かみも感じますし、やはり産地のものはいいなと思います。 ちゃんと身につけて、一緒に生活したいと思います」と話した。 窪田は『エール』の撮影の様子を「ヒロインの(二階堂)ふみちゃんといつも二人三脚で演じています。 感情の起伏があるシーンなど、さまざまな場面がありますが、お互いに励まし合って、撮影をしています」と報告。 「作品を通して福島のすばらしさを全国の皆さんに知っていただきたいですし、物語では音楽を通して、音との夫婦関係や裕一に関わる人たちとの人間模様も見どころです」と語った。 NHK連続テレビ小説『エール』は、NHK総合にて3月30日より月~土曜8時ほか放送。 この記事の写真を見る•

次の

戸田恵梨香から窪田正孝へバトンタッチ 信楽焼の夫婦茶碗『エール』で使う?

戸田恵梨香 窪田正孝

今週、いよいよ最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「スカーレット」のヒロイン・川原喜美子役を演じた戸田恵梨香が24日、30日から放送される「エール」の撮影スタジオを訪れ、「エール」の主人公・古山裕一役の窪田正孝と共にバトンタッチセレモニーを行った。 スタジオを訪れた戸田は「まだ放送が続いているので、いまだに撮影が終わった感覚がないんですけれど、本当にかけがえのない、ぜいたくな時間を過ごせたんだなと改めて思います」と感慨深げ。 新朝ドラ「エール」のタイトルにかけ、撮影中に受けたエールについて問われると、「滋賀県・信楽のほうにうかがった際、地元の方に、『スカーレットに大きな期待を寄せている』とおっしゃっていただきました。 『スカーレット』を通じて、街 や人に寄り添っていける作品になったらいいなと思ったので、信楽の方たちのことばも大きかったです」と笑顔を見せた。 新しく朝の顔となる窪田に、戸田からはドラマの舞台である滋賀県で作られた信楽焼の夫婦茶碗がプレゼントされた。 これはドラマに登場する珈琲茶碗からデザインを着想し、信楽の土、信楽の窯で焼きあげられたオリジナルの逸品。 夫婦茶碗を受け取った窪田は「すてきな信楽焼をいただいたので、さっそく(二階堂)ふみちゃんと一緒にお米を食べるシーンで使わせていただこうと思います。 ありがとうございます」とにっこり。 久保田からは、「エール」の舞台である福島県・川俣で作られたスカーレット色のシルクのスカーフが贈られ、戸田は「温かみも感じますし、やはり産地のものはいいなと思います。 ちゃんと身に着けて、一緒に生活したい」とほほ笑んだ。 今週で最終回を迎える「スカーレット」。

次の