悪人 レビュー。 さよならの儀式 宮部みゆき著

悪人と美女

悪人 レビュー

大切な人に裏切られる。 大切な人が突然いなくなる。 孤独と喪失を突きつけられた作品でした。 個性派俳優の素晴らしい演技なのですが、それぞれのエピソードが濃すぎるからか辛すぎてふとした幸せを感じられずに最後まで見たというのが感想です。 皆を笑わせてくれた漢方医が実は悪人だった祐一の祖母の話。 松尾スズキの豹変ぶりと希林さんのおびえたうつろな姿に、身近に同様のケースを聞いたことがあるからより恐ろしくぞっとしました。 被害者の父の「あんた本当に大切な人はおるね?中略。 今の世の中大切か人がいない人間が多すぎる。 」この映画のなかでもっとも印象に残ったセリフです。 大切な人がいればこそ、殺意あっても踏みとどまることができた父の姿と、悪辣な大学生のおびえ切った顔との対比、友人の中でたった一人被害者を慮っていた青年の正当な気持ちの表現にこの映画の秀逸さを感じました。 岡田将生の悪党が胴にいっていて、もしかしてこういうタイプ?と思わせるほどでしたね。 ファンの皆さまごめんなさい。 絵里ちゃんに妻夫木くんがリードされて、演技を引きさだれているように見えました。 生彩のない孤独な男のマグマ溜りのような鬱憤。 ぼさぼさの髪、丸い背中。 女性ならば遠慮してしまうようなタイプを全身で演じています。 これからの成長がますます楽しみです。 光石研さんの誰に対しても見せられる男気がとても素敵でした。 痴情のもつれと言うか、バカニサレ、ストーカー扱いにまでされ激情した祐一(妻夫木聡)は佳乃(満島ひかり)を。。。 佳乃と圭吾(岡田将生)は都会の福岡の賑やかな暮らしに浸っている今風の若者で、自分の利益が優先で、善も悪も感覚が麻痺しています。 そこをベースにこのドラマを考察してみますと、佳乃と言う一人娘を殺された事で、父・柄本明さんは大切なものを失った人間の嘆きを演じています。 また、祐一を捨てていった母親に代わって育ててきた祖母・樹木希林さんは孫が犯した罪を寡黙に耐え忍んでいます。 加害者、被害者の双方から描くと言うのはこのドラマの視点でもあります。 で、肝心な主役・祐一とむしろ逃避行を望んだ光代(深津絵里)のドラマの本筋が薄いじゃないですか。 深津絵里さんのちょっと大胆なセックスシーン位じゃ、この孤独な若者と女のドラマは際立ちません。 李相日監督にはたとえドラマが破綻してでも、何かを描いてほしかったです。 どうなんだろう、この映画の古さは、とっくの昔に、既に見てしまった映画だよね、殺人犯の男と、その男と肉体関係を持ってしまったうぶな女の逃避行、孤独な二人を結びつけたのが携帯メールだった、それがなかったら、はるか昔の昭和の物語だ、勿論女と男の関係性が昔しと何なら変わりがないというもの当然だろう、ならばその二人の逃避行を徹底して描くべきだろう、なのに、この映画は二人を取り巻く人間の関係性ばかりを描き、主旋律がもろ弱いのだ、そして陰鬱な雨、雨が多い映画を嫌いだな、でも終わりなき日常の中のカーテンで仕切られた試着室の中の鏡、その鏡の中に映る深津絵里のさ迷える瞳の震えは、私の中で声なき叫びのように反響したことを告白しておこう。

次の

悪人 の レビュー・評価・クチコミ・感想

悪人 レビュー

上映終了• レビュー• 妻夫木聡さんの無口で不器用な役、深津絵里さんの体当たりの演技 すごく良かった。 岡田将生君の大学生役は彼はそのまんまの当たり役。 ピッタリだった。 感想は様々だろう。 とにかく 観てほしい。 守りたい人間、本当に愛する人がいないっていうのは、心が砂漠化してる事なのかなって、つくづく考えさせられました。 深津絵里の演技が絶品なのは言うまでもない事だけど、一部の方が言う程、妻夫木聡の演技、悪くないよなぁと個人的には思いました…。 見る所、人それぞれだから、何とも言えないですが…。 鑑賞中に母なる証明がよぎった。 時間を長いとは感じさせなくても、他の作品が良かったと集中を途切れさせる残念な作品。 伝えたい事と目の前に呈示されている内容に落胆する影響もない程に驚いた作り物。 深津さんは綺麗すぎるし、妻夫木さんは去年みた作品同様相変わらず悪を演じるには力不足。 社会の中で粗雑に御される普通の人には見えない。 耳に残っていた歌とバスの下りは良かった。 また、被害者の父・柄本明のやり場のない怒りと加害者 妻夫木 の祖母 実質育ての親 ・樹木希林の困惑がリアルに表現されていて、観る者を捕えて放さない。 人間てふとしたことで悪人にも善人にもなるんだと思いました。 深津絵里さんが控え目でありながら強さも感じられる演技を見たら賞を取るのは理解できました。 きっと観た方みんな捉え方が違うんでしょうね。 とにかく原作読んでみたいと思いました!しかし、深津絵里…体張ってるよ…あそこまでやっちゃうとちょっと残念と言うか、ショックと言うか…。 リアルな感じがして素晴らしかった。 なんと言っても樹木希林の演技が最高! P. でも観終わった後スッキリした気持ちになったのはなぜだろうか。 光代が後悔していないからだろう。 主役の二人が光っていたし脇の柄本明、樹木希林が凄くよかったし泣かされました。 日本映画あっぱれ。 どの人物も、人間の業を表していて、つらくなることもありますが、たまらなく愛おしくもなります。 役者さん達が、みな素晴らしい…。 これから、いろいろな事件や、犯罪を耳にしても、平坦な感情では、接しられなくなると思います。 犯罪は、もちろん「悪」ですが、そこに至る過程、誰もが持つ善と悪…それらを、自分なりに、心の奥の方で感じていきたいと思います。 賞は深津絵里が取りましたが妻夫木聡の凄みある演技は必見です。 満島ひかり、岡田将生、柄本明、樹木希林の演技も光ってました。 岡田将生は『告白』に続き、ちゃらけた役がすっかり板についてしまいました。 年末の賞はこの映画で決まりでしょう。 映画だけだと わからない部分があったかも。 妻夫木聡君も珍しく汚れ役、深津絵里さんは体当たりの演技で素晴らしく、そして ラストの灯台のシーンは美しく 涙が出ます。 オススメ。 ラストに向かうにつれ、引き込まれて身動きできない感覚に何度か陥りました。 最後の夕日のシーンも切なかったです。 個々の役者さんは素晴らしいと思うし、お父さん役と、バスの運転手さんの言葉が 心に響いた。 …が、少し物足りなさが残る。 深津絵里さん大好きです。 モントリオール映画祭で、最優秀女優賞!受賞式を見てジーンとしました。 静かに観たいけれど、映画館が賑やかになりそうですね。 公開が楽しみです。 人間は誰しも悪人になる素質を持っていて、孤独や寂しさ、周りに流されたり・・・ささいなことで悪人へと変化してしまう様子がよく描かれていました。 役者さん全員キャスティングも演技も良かったですが、特に柄本さん、樹木希林さんの演技が素晴らしく、子を想う親の気持ちを熱演されていました。 また深津さんと妻夫木くんも新しい一面が見れて良かったです。 けどこれが本当の愛なんだ~って思ってちょこちょこ泣けた… どっちも被害者にはなれんたいって言う台詞はも~祐一の優しさがにじみでてて……人を殺したのになぜか悪人には見えなかった…。

次の

映画『悪人』のネタバレあらすじ感想「満島ひかりの圧倒的な存在感」

悪人 レビュー

「物語はご覧のとおりですが『本当の悪人』は誰でしょう?」と映画の作り手に問われて答えられない感覚なのだ。 殺人を犯した祐一は悪人と言われるべきだが、待ち合わせしていた祐一の目前で他の男(増尾)とドライブして深夜の山道に放り出され、それを助けようとした祐一を罵倒して殺された佳乃が祐一の気持ちを傷付けたのは確かだ。 また、綾乃を車から蹴り出して置き去りにした増尾の行動がこの殺人のキッカケとなっており、増尾も悪人ライクである。 祐一と一緒に逃避行する光代は「本気で誰かと出会いたかった」のであり、この点で祐一と共感して二人に一体感が生まれる。 しかし、祐一は光代の首を絞める。 この時の祐一の目が光る描写は、黒澤明監督の『赤ひげ』で香川京子演じる狂女の殺人未遂シーンの光る目を想起させる迫力である。 光代の首を絞めた祐一の心境は判然としないが、こうして登場人物の行動根拠を描かないことが映画の余白となり、観客にその余白を埋めさせようというのが李監督の狙いではなかろうか。 観客は祐一の殺人に至る経緯そして逃避行の末に光代の絞殺未遂までの一連の行動を目撃しているため情状酌量の気持ちを持つが、本作における警官は「綾乃を絞殺した事実」と「光代も絞殺しようとした事実」しか見ておらず『法治国家における悪人』として認識するしかない。 この「観客の見方」と「警官の見方」のギャップが『本当の悪人は誰?』という問いかけにつながっている。 本作で特に印象的だったのが娘を殺された父親である。 自分の娘が殺されたことに絶望した父親は、実際の殺人犯である祐一ではなく、綾乃を車から蹴り出した増尾に対する憎悪を抱き増尾をスパナで制裁しようとする。 この時の「今の世の中、大切な人もおらん人間が多すぎる」という言葉は重い。 まさに被害者の父親として言いたい事はこの言葉に尽きるだろう。 父親は悪人になりかけるが、スパナを振り下ろすのを止めたとき悪人に成り切れなかった。 一方、観客である自分は「さあ、殺してしまえ!」と思ってしまった。 これは『この映画の観客までも悪人にさせられた瞬間』であり、「本当の悪人って誰?自分は?」と、観客の意識に入り込んでくる本作は、流行りの3D映画よりもよっぽど三次元的存在であり、恐るべき作品である。 「大切な人の存在」に、改めて感謝しました。 投稿日:2012年1月8日 ・母親に対してしてきたことの真意。 ・幼馴染、近所の老人たちとの関係。 ・以前付き合っていた女性とのエピソード。 原作では描かれていた祐一が実は 普通の優しい青年であったと感じさせる部分が 見事にそぎ落とされて、ある意味とても驚きました。 そして、実は本筋とはそんなに関係ないと思っていた 祖母をだます悪徳催眠商法は、しっかりと描かれています。 (松尾スズキさん、はまり役すぎ~~) やっぱり祐一は「悪人」~ 少なくとも映画はそう描いていると思いました。 他にもこの作品には「悪人」が次々と登場します。 暗くて重い、心の闇を抱える現代人の群像劇~~ 娘を殺された柄本明演じる石橋佳男が絞り出す言葉 「あんた、大切な人はおるね?」 その人の幸せな様子を思うだけで、 自分までうれしくなってくるような人。 人は誰でも「悪意」は抱く、いつ「悪人」になるかわからない… でも、そうならないよう繋ぎとめてくれるのは「大切な人」 そう言う存在がいる事に改めて感謝しました。 あなたは殺人者を愛せますか? 投稿日:2011年7月12日 殺人を犯した一人の男性に対して一般的に世間がどのような目を向けているのか、果たしてそういう人たちの内面や、事件を起こすきっかけとなったものが何だったのかを私達は考えたことがあるのか?ということを考えさせられる映画でした。 私はこの映画の登場人物全てに親しみを感じました。 殺人犯である主人公に対してどれだけ感情移入させられるかが映画の趣旨だったかもしれませんが、登場人ひとりひとりのキャスティングがすばらしかったこともあり 見終わった後に誰か一人を憎らしく思ったりすることが無かったのです。 岡田将生の役もお父さんに殴りかけられるシーンではとても腹が立ちますが、良心を持った友達の存在ですごく和らぐのです。 この監督の人間描写がとても好きで、いい映画だなと思いました。 悪意の連鎖 投稿日:2011年6月24日 悪意は連鎖するんだと思う。 増尾が佳乃を見下し、佳乃が祐一を見下す、 悪意が連鎖して強くなり最悪の結果に。 佳乃の嫌な面が初めに描かれていて 絶対友達になりたくない!と思ってしまうくらい嫌な奴で・・ でも親にとって子はかけがえのな大切な存在。 子を思い増尾につかみかかる佳乃の父、 そんな状態でも佳乃や父をばかにする増尾。 かわいそうな人な人ですよね。 あんた大切な人はおるね?その人の幸せな様子を思うだけで、 自分まで嬉しくなるような人は。 佳乃の父が淡々と語るシーンで胸が締め付けられました。 少しの優しい気持ちがあれば悪意は消えていってしまうんだと思う。 いつも母が見守ってくれていたら、 祐一は罪を犯さなかったのかなぁ・・と。

次の