無水 アルコール 消毒。 【簡単】無水エタノールと精製水で作る消毒液の作り方

【消毒用エタノールの作り方】無水エタノールと精製水で消毒液を作る方法

無水 アルコール 消毒

一般に販売されているエタノールには「消毒用」だけでなく、「無水エタノール」(左)や「消毒用エタノールIP」などさまざまな種類がある=大阪市北区で2020年4月7日午後3時16分、菅沼舞撮影 新型コロナウイルス対策で、マスクと並んで品薄状態が続くアルコール消毒液。 ドラッグストアなどで一般に入手しやすい商品には「消毒用エタノール」のほか、エタノール濃度をほぼ100%にまで高めた「無水エタノール」などがある。 「無水」は「高濃度=殺菌力が強そう」とイメージされがちだが、手指用としては十分な殺菌効果が得られないこともあるという。 どのように使えばいいのだろうか。 エタノール製造・販売大手の「健栄製薬」(大阪市)に聞いた。 新型コロナウイルスは、脂質でできた「膜(エンベロープ)」を持つエンベロープウイルスに分類され、アルコールはこのエンベロープを溶かす働きがある。 そのため、アルコールで適切に消毒すれば感染力を失わせることができるとされる。 アルコールの一種で消毒用など幅広い用途で普及しているのがエタノールだ。 同社によると、エタノールは水分の含有率が20%程度で消毒効果が最大になるという。 厚生労働省が定めている医薬品の品質規格基準書「日本薬局方」では、消毒用はエタノール濃度が76・9~81・4%と定められている。 濃度の高い方が消毒効果が高いと思いがちだが、エタノールは揮発性が高いため、濃度が高いと消….

次の

無水エタノールと消毒用エタノールの違い 使い方や殺菌力は?

無水 アルコール 消毒

(全く消毒できない訳ではありません。 (消毒用エタノールはそこまで酷くない。 (更に細かく言うと、消毒用エタノールにも酒税のかかるタイプと、酒税のかからないようイソプロパノールが入ったタイプの2種類があり、後者の方が更に安くなります。 ) では次に、エタノールを買ったらどう使えば良いのかについてお話しします。 消毒用エタノールの使い方は?無水で代用するには? 消毒用エタノールは、消毒や消臭目的の場合は薄めずにそのまま使います。 日常の掃除やキッチンの油汚れ落とし等の場合はもう少し水で薄めて使っても構いませんが、消臭や消毒目的で消毒用エタノールを使う場合は薄めません。 エタノールを使う際に注意すべきこと エタノールは消毒や掃除など幅広い目的で使えるのですが、取り扱い上注意が必要ですので、使う前に次のことを覚えておきましょう。 1 引火性があるため、火気に近づけないこと。 2 揮発性が高いため、換気しながら使い、栓を締めて冷暗所に保管すること。 3 触れ過ぎると肌荒れを起こすので、頻繁に使い過ぎないこと。 4 スチロール、ニス、皮革製品は変性するため使わないこと。 (フローリングも表面にニスがあるのでNG。 ) エタノールの使い方 スプレータイプの消毒用エタノールを購入した場合は、そのままスプレーすれば大丈夫です。 スプレータイプでない場合は、スプレー容器を別途購入してスプレーしても良いのですが、ボロ布やカット綿にエタノールを含ませてから消毒したい箇所や消臭したい箇所を拭き取る方法もあります。 細かい箇所の場合は綿棒にエタノールを含ませて拭き取ります。 スプレーはサッと一吹きで消毒できるため便利だし、ボロ布に浸して塗るよりも経済的ではあるものの、エタノールの揮発性の高さ故に、スプレーする際に吸い込む危険性があるため、あまり推奨できる使い方ではありません。 無水エタノールしかない場合は? 消毒用エタノールがなく無水エタノールがある場合は、無水で代用することも可能です。 その場合、無水エタノール80%に精製水を20%混ぜて使います。 なければ水道水を使っても構いませんが、水道水だと変質しやすいため、出来れば精製水の方がおすすめです。 無水エタノールを使う場面は? 無水エタノールは消毒には向きませんが、掃除の場面で活躍します。 特に、 ・水気があるとショートしたり錆びる可能性がある物の掃除(電化製品やコンセント等) ・水気があると性質が変わってしまう物の手入れ(紙類) のように、水気があるとマズイ物の掃除に威力を発揮します。 その他、燃料や溶剤として使う等、純粋にエタノールだけが必要が場面でも重宝されています。 ちなみに、 電化製品の掃除をする場合は必ずプラグを抜いてから行います。 液晶画面等はボロ布にエタノールを含ませてから手垢汚れや埃を拭き取ります。 スイッチ等の細部やパソコン等のコネクタの金属端子は、エタノールを綿棒に含ませてから拭き取ります。 無水エタノールの殺菌力が消毒用よりも低い理由は? 無水エタノールは100%で消毒用エタノールは80%ということで、エタノール濃度が高いのは無水ですよね。 それなのに、消毒用エタノールの方が殺菌力が強くて無水エタノールは殺菌力・消毒力が殆ど無い、と言われているのが不思議ですよね。 エタノールがなぜ殺菌できるかというと、 ・細胞内部に入り込み細胞膜の脂質を溶かす ・タンパク質の構造を変えて機能を失わせる ・蒸発する際に細胞内部を脱水させる という働きがあるからです。 70~80%濃度が細胞内部への浸透性が最も高く殺菌力が強いという実験結果があるそうです。 ですが、無水エタノールの場合は水分が含まれていないことから ・細胞内部に入り込みにくい(浸透しにくい) ・殺菌する前に蒸発してしまう ということになるのです。 さいごに エタノールは消毒や掃除など、幅広い場面で活躍するので基本的な使い方や、無水と消毒用の違いなどを覚えておくと便利ですよ。

次の

[ウイルス対策] 無水エタノールから消毒用エタノールを調整した話

無水 アルコール 消毒

無水エタノールとは?本当に「アルコール消毒液」が作れるの? 消毒用エタノールなど、アルコール消毒液が品薄になってしまいました。 感染が広がる中、消毒液がないと不安になってしまいますよね。 でも大丈夫!無水エタノールで手作りすることができます。 無水エタノールは希釈すれば「アルコール消毒液」になる 無水エタノールは、エチルアルコールと呼ばれる アルコールの一種。 5vol%と濃度が高く、「水拭きできない電子機器」や「電化製品」の洗浄などに使われています。 刺激が強いため、皮膚につけてはいけない。 すぐ蒸発するので、殺菌効果もない。 しかし「 70〜80%に薄める」と、なんと消毒用エタノールに大変身! 「 アルコール消毒液」として使うことができます。 <参考:「> 手指用・アルコール消毒液の作り方-「材料」 消毒液を作る材料は、この2つです。 消毒液の材料• 無水エタノール: 約1500円• 精製水: 約100円 (各500ml) 無水エタノールと精製水を合わせても、1600円ほどで買うことができます。 (エタノールの値段は店舗やメーカーによって変わります) 無水エタノールや精製水はどこに売っている? 両方とも、ドラッグストアや薬局で購入できます。 ネットショップにもあります。 ただし、「ミネラルなど不純物」が混ざっているため、精製水より長持ちしにくい。 早めに使いきるようにしましょう。 そのため無水エタノール80mlに精製水20mlを加えても、100mlに満たない。 「精製水を少しだけ多めに入れ全体量を100mlに調整する」と丁度いい濃度になるようです。 (参考:) 消毒液を入れる「スプレーボトルやプッシュ式容器」について 手作り消毒液を入れる容器は「 高濃度のエタノール(アルコール)対応」の商品を使用します。 パッケージを確認しよう 表に「アルコール可」となっていても、裏に「高濃度は不可」と小さく書かれている物もあるので気を付けて。 よく確認して使いましょう。 専用ボトルが無いときの入れ物 【主な注意事項】• 火のそばで使わない。 目や口などの 粘膜につけない。 フタをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する• 誤飲しないようラベルを貼ったりなど配慮する。 もし目や粘膜に触れたら 「 大量の水で洗い流す」こと。 もし飲み込んでしまったら 「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 もし皮膚に異常を感じたら 「 使用を中止」。 医師や薬剤師などに相談すること。 <消毒用エタノールの使い方> また、無水エタノールの容器には「消毒液」として使う場合の注意事項が書いてありません。 下方にパッケージの写真を載せますので、手作りする際にはお目通しくださいね。 買ってはいけないメタノール!買い間違えに注意 あと、買い間違えにもご注意ください。 無水エタノールと同じ陳列棚には、「 メタノール」というよく似た名前の商品もあります。 この 「メタノール(燃料用アルコール)」は有毒。 人体につけると危険なので、間違えて買わないようにしましょう。

次の