豚 ひき肉 下味 冷凍。 あさイチの下味冷凍ひき肉シートの作り方。アレンジレシピも紹介!

作り置きより簡単!? 肉の「下味冷凍」レシピ。そのままゆでる・焼く・煮るだけでOK

豚 ひき肉 下味 冷凍

商品のパッケージに取り扱い上のご注意などが詳しく記載されています。 必ずご覧の上ご使用ください。 1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5mlを基準としています。 調理時間はあくまでも目安です。 漬け込み時間や冷却時間は含んでいません。 加熱時間は様子を見ながら加減してください。 オーブンの温度と焼き時間は、様子を見ながら加減してください。 600Wの電子レンジを使用の際は、500Wの加熱時間に0. 8をかけた時間が目安です。 容器にラップをかけるときはゆったりと余裕を持ってかけてください。 蒸気でラップが押し上げられ、破れることがあります。 電子レンジ加熱後、蒸気で火傷するおそれがありますので、容器の向こう側からラップをつまみ、手前に引くようにしてはずしてください。 「フリーザーバッグ」「ストックバッグ」「スタンディングバッグ」に液状食品を入れて横置きする場合や解凍する場合は、受け皿をご使用ください。 調理中および調理直後の「フライパン用ホイル」には直接触れないでください。 高温で火傷するおそれがあります。 「アク・脂取りシート」を鍋に入れたり取り出す際は、箸などをご使用ください。 鍋や煮汁で火傷をするおそれがあります。 「レンジで焼き魚ボックス」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。 また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出し、魚の身はねや蒸気などによる火傷にご注意ください。 「レンジでから揚げトレー」は必ず耐熱皿にのせて加熱してください。 また加熱後はミトンなどを使い耐熱皿ごと取り出してください。 「レンジでから揚げトレー」は加熱後、から揚げがはじけることがあります。 また加熱後の食品やトレーのみぞに落ちた油は熱いので、火傷にご注意ください。

次の

あさイチの下味冷凍ひき肉シートの作り方。アレンジレシピも紹介!

豚 ひき肉 下味 冷凍

豚肉の冷凍する下味のレシピ豚こま編の1つ目は、ポークケチャップです。 豚肉とトマト味のこのレシピは基本的には、豚ロースで作るポークケチャップですが、どこのスーパーでも買える豚こま肉でアレンジしてみます。 フライパンな油をひいたら、にんにくを炒めて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。 その他の入れたい野菜を入れて火を通したら、豚肉を入れ、塩コショウをふってケチャップで味を整えます。 火が通ったら完成です。 豚こま肉でポークケチャップの材料• 豚こま肉約300グラム• にんにく1欠片もしくはにんにくチューブ適量• 玉ねぎ半分• その他お好みの野菜適量• 塩コショウ少々• 油をひいたフライパンににんにくの芽とたまねぎを入れて炒めます。 その後に豚にくを入れてよく炒めます。 塩コショウと焼肉のたれで味をつけたら完成です。 豚こまはとても使いやすいので、ぜひ最大限に活用してください。 また、焼肉のたれは、お米にも合いますが、麵類にも合います!個人的にはパスタと豚肉と焼肉のタレやうどんが好みです。 豚こまの焼肉のたれ炒めの材料• 豚こま300グラム• にんにくの芽10グラム• たまねぎ半分• その他入れたい野菜• 焼肉のたれ50グラム(好みで加減)• いわゆる豚キムチです。 冷凍しておけば作り置きのおかずとしてぴったりなのでぜひおすすめです。 また、ご飯と一緒に炒めればキムチチャーハンにもなり、お鍋に入れればキムチ鍋になります。 アレンジとしても使えるので1ストックはしておきましょう。 フライパンにごま油(なければサラダ油)を引いて、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら豚肉を入れて火を通します。 キムチの素かキムチ漬けを一緒に炒めたら完成です。 以下の記事は冷凍保存におすすめのおかずレシピが載っています。 そちらも参考にしてください。 豚こま肉で豚キムチの材料• 豚こま肉300グラム• 玉ねぎ半分• 王道なのはピーマンにひき肉を詰めるものがありますが、今回は油揚げにひき肉を詰めるレシピを紹介します。 まず、干ししいたけを600ccの水で戻します。 その間に玉ねぎと人参をみじん切りにしておきます。 油揚げは半分に切ります。 水400ccを鍋に入れ、玉ねぎ、人参、しいたけの戻し汁、ひき肉を入れ、沸騰させます。 しいたけも細かく切って鍋に入れ、調理酒、砂糖を加えて火を通します。 火が通ったら、だし、塩、醤油で味付けをし、30分以上煮込みます。 具材とつゆをざるでこしながら分けます。 つゆは再び鍋に戻し、具材は油揚げに詰めていきます。 上の部分をかんぴょうで結び、かんぴょうの部分を下に向けながら鍋に入れ、かんぴょうが柔らかくなるまで煮たら完成です。 冷たくても暖かくてもおいしい一品です。 ひき肉で作る油揚げの肉詰めの材料• ひき肉300グラム• 水1000cc• 玉ねぎ1個• にんじん3分の1• 干ししいたけ100グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ5• だしの素、塩少々• ハンバーグは焼いてから冷凍しても焼く前に冷凍しても問題ありませんので、やりやすい方で冷凍してください。 ひき肉に玉ねぎのみじん切りを入れ、粘り気が出るまでこねます。 卵、塩コショウで調味して空気を抜いたら型を取ります。 冷凍する場合は1つずつラップにくるみます。 ソースは、ハンバーグの焼いた時の汁とソースとケチャップを混ぜるのみです。 ソースも冷凍できます。 ハンバーグには付け合わせが必須です。 また、ソースはお好みでポン酢と大根おろしにしたりデミグラスソースにしたりアレンジをきかせてください。 以下の記事はハンバーグの付け合わせにぴったりな手軽な野菜レシピが載っています。 そちらも合わせて読んでみてください。 ひき肉でハンバーグの材料• ひき肉300グラム• 玉ねぎ半分• 卵1個• ソース、ケチャップ各大さじ1ずつ(好みで加減)• すき焼きのような味付けをしておいて冷凍保存しておく作り置きおかずレシピです。 冷凍に向かない白滝や豆腐は抜いて、そのままおかずとしても食べれますし、ご飯に乗せて食べてもおいしいです! フライパンに豚肉を引いて塩コショウをふったらよく焼きます。 砂糖、調理酒、醤油で味を調えたらネギ、白菜、えのきを加えて完成です。 お好みで食べる直前に卵を割ってください。 多めに作って小分けで冷凍しておくのも1つの方法です。 すき焼きとして食べる場合には、食べる前に豆腐と白滝を加えてください。 豚バラですき焼き風の材料• 豚バラ肉300グラム• 砂糖大さじ4• 醤油大さじ2• ネギ1本• 白菜4分の1• えのき1株• 塩コショウ少々• 牛丼と同じ作り方でお肉が違うだけなので簡単です。 たくさん作っておき、1食ずつ小分けにして食べる時に電子レンジでチンするのが簡単に食べられる方法です。 鍋に玉ねぎ、豚肉を入れて具材が浸る程度の水を入れ、だしの素、砂糖、しょうがで煮込みます。 豚肉が柔らかくなったら、塩、醤油で味付けをしていきます。 お好みでネギを散らして食べてください。 アレンジレシピとして、豚丼の素の上にキムチをのせたり、チーズをトッピングするレシピがおすすめです。 また、余ってしまった場合には天ぷらにしてかき揚げにするととてもおいしいので、そちらも試してみてください。 豚バラ肉で豚丼の材料• 豚肉300グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ2• 玉ねぎ1個• だしの素、塩、しょうが少々• 下ごしらえが少々手間ですが、作り置きおかずとしてぴったりのレシピなのでぜひ時間がある時にたくさん作っておきましょう。 巻く野菜は基本なんでもいいのですが、筆者はいんげんと人参が好みです。 巻く野菜を下ゆでします。 生の豚肉に塩コショウをふって、野菜を巻いていきます。 フライパンに油をひいて、豚肉の巻き終わりを下にしならがフライパンに並べ、火にかけます。 肉巻きをひっくり返しながらある程度焦げ目がついたら少量の水で蒸し焼きにします。 この時に、だしの素、砂糖を加えます。 水分が飛んだら、塩、醤油で味付けをして完成です。 お弁当にも最適です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスや隣にトマトを飾ると映えます。 また、巻く具材は大根やえのきにしてもおいしく召し上がれます。 豚ロースで肉巻きの材料• 豚ロース300グラム• お好みの野菜適量• だしの素、砂糖、塩コショウ少々• 塩小さじ1• お弁当のおかずとして定番の生姜焼きを冷凍で作り置きしておきます。 生姜焼きはそのままでもおかずとして活用できますが、アレンジすることも可能です。 特に豚丼の元へのアレンジはとてもおいしく出来上がるのでおすすめです。 豚肉の生姜焼きのレシピは、フライパンに少な目の油をひいて塩コショウをふった豚肉を焼きます。 チューブしょうがで味付けをしながらしっかりと豚肉を焼きます。 しょうゆ、砂糖、スライスしょうがで味を調えたら完成です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスをひいて、大き目の豚肉のまま盛り付け、スライスしたしょうがを上に飾ります。 お弁当のおかずにする場合にはしっかりとカットして盛り付け、ミニトマトを横に添えましょう。 豚肉の生姜焼きの材料• 豚肉ロース300グラム• 砂糖、醤油、塩、スライスしょうがコショウ少々• メンマと豚肉を使って炒める簡単レシピです。 メンマは瓶詰めの物を使用します。 油をひいたフライパンにざく切りの玉ねぎを入れて軽く炒めたら、豚肉を入れて塩コショウをふってしっかりと火を通します。 最後にメンマを加えて炒めたら完成です。 豚肉でメンマを巻いて食べることでおいしさが高まります。 メンマの味付けを利用しているので、基本的に味付けはシンプルの方がいいです。 冷凍してお弁当のおかずにどうぞ。 豚肉とメンマの炒め物• 豚肉ロース300グラム• 玉ねぎ1個• メンマ1瓶• 塩コショウ少々 冷凍の豚肉の保存期間は? 冷凍の豚肉の保存期間は調理前なら1週間から1ヶ月.

次の

鶏・豚・魚を「下味冷凍」でいつでもおいしく!デキる女の最強レシピ集

豚 ひき肉 下味 冷凍

毎日の晩ご飯作りの救世主!アレンジ無限大の豚肉の下味冷凍肉 簡単な下準備なのに毎日の食事作りで大活躍してくれる「下味冷凍肉」を紹介するコラム。 第2弾は、豚肉で作るレシピをまとめてご紹介します! 薄切り肉とひき肉を使った下味冷凍肉のレシピと、それぞれのアレンジレシピがありますので、ぜひ参考にしてくださいね。 あらかじめしっかり混ぜておいた調味料を、均一に肉にからめて冷凍してください。 【ポイント2】冷凍用保存袋を使って薄く均一に密閉する 冷凍すると肉同士がくっついた状態になるため、たくさんの量をまとめて冷凍してしまうと、何回かに分けて使う場合に分割する手間がかかります。 でも、あらかじめ1回使う分量に小分けにして冷凍しておけば、調理を始めるのがスムーズに。 また、均一に薄く伸ばすことで、調理時の加熱のムラ防止にもなります。 ポイントを押さえて下味冷凍肉を美味しく作ったら、保存期間に気を付けて美味しいうちに食べ切りましょう。 下味冷凍肉でも、家庭用の冷凍庫での長期保存は冷凍焼けや風味の劣化などが心配です。 下味冷凍肉は、作った日にち、肉の種類、重量、味付けなどがひと目でわかるようにメモをして、下記の保存期間内を目安に使い切ってください。 豚薄切り肉で!にんにく味噌風味の下味冷凍肉の作り方 にんにくと味噌のコクのある味付けで、ご飯がすすむスタミナ系おかず作りにぴったりの下味冷凍肉です! ジューシーな仕上がりが好きな場合は豚バラ肉や豚もも肉、さっぱりした方が好きな場合は豚ロース肉がおすすめです。 お好みの野菜と合わせて蒸し焼きすればパンチの効いたにんにく味噌味の豚野菜炒めがすぐできます! キャベツや白菜、もやし、なすなどと合わせるのがおすすめです。 2.豚薄切り肉は4cm程度の長さに切ってこしょうをふる。 3.2の肉を1の袋に入れて、たれを肉にからめるように袋の上から揉んだら、均一に薄く伸ばして口を閉めて冷凍する。 豚薄切り肉の下味冷凍肉活用レシピ2選 10分でスタミナレシピが完成!豚とキャベツのにんにく味噌炒め 凍ったままの下味冷凍肉とキャベツをフライパンで炒めるだけ。 味付けいらずで下味冷凍肉の利点を最大限に活かした簡単レシピです。 ご飯のおかずはもちろん、中華麺を加えて食べても美味しい! どんな食材とも相性がいい味付けなので、野菜はお好みでアレンジしてくださいね。 刻みしょうがを加えることで、香りもしっかり楽しめますよ。 じゃがいもや里いも、ねぎとも相性ばっちりです。 【材料(2人分)】 豚ひき肉…160g 酒・醤油…各大さじ2 みりん…大さじ1 しょうが…15g 【作り方】 1.しょうがはみじん切りにする。 2.冷凍用密閉袋に1のしょうがと調味料を合わせて入れ、袋の上から揉み込むように混ぜる。 3.2に豚ひき肉を加え、肉に調味料がまんべんなくいきわたるように袋の上から揉み込んだら、均一に伸ばして口を閉めて冷凍する。 大きめのかたまったひき肉の食感と風味で満足度の高いおかずご飯です。 ポイントは最初にじゃがいもをしっかり炒めること。 ほくほく食感のじゃがいもに、下味冷凍肉の味が染み込みやすくなります。 肉の特売日は多めに買って下味冷凍肉さえ仕込んでおけば、家事や仕事で疲れてクタクタの時に重宝するはずです! 年末に向け忙しくなるこれからの季節、ぜひ一度お試しください。 キーワード.

次の