クレア 眠り 終了画面。 クレアの秘宝伝 2 眠りの塔と目覚めの石 スロット 天井 設定判別 解析 打ち方まとめ

クレアの秘宝伝3 終了画面の示唆内容

クレア 眠り 終了画面

スポンサーリンク クレアの秘宝伝2~眠りの塔とめざめの石~ 機械割 スペック なんといっても 6の機械割は別格です。 REG確率 バケ確率 に大きく設定差がありますが、ジャグラーのようにREGがいいから続行…とすると痛い目を見る事も多くあると思います。 しっかり小役確率や確定演出を踏まえて判別していきましょう。 クレアの秘宝伝2 リール配列 前作までとは違い、 ピンクのピラミッド図柄があります。 7 2. 5 11. 5 26. 前作で設定差が大きかった強チャンス目と試行回数が重ねられるベルはしっかり数えたいと思います。 まとめ 高設定の機械割の高さが魅力的過ぎる台。 ノーマルでこれだけ高いのはクレアとケロット・パルサーぐらいで そもそも設定6投入率は高くないでしょう。。 イベントや特定日でないと高設定を打つのは難しそうですが、 設定4でも十分戦える数値です。

次の

RT終了画面:クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡(パチスロクレア3)

クレア 眠り 終了画面

スロット「クレアの秘宝伝3 女神の夢と魔法の遺跡」の終了画面の示唆内容についての解析情報です。 RT終了画面には複数のパターンがあり、終了画面で設定を示唆しています。 また、RT中にREGを引いた場合はREG終了画面でも同じように設定示唆が行われるため、 終了画面をカットしてしまわないよう注意です。 RT終了画面 <基本パターン> <偶数設定示唆> <高設定示唆> <高設定示唆> <設定2以上確定> <設定5以上確定> <設定6確定> 設定6確定パターンあり 基本パターン以外の終了画面が出現すれば、何かしらの設定示唆となります。 現在は終了画面振り分けは判明していませんが、2種類の高設定示唆パターンはどちらかが強めの高設定示唆要素となっている可能性が高そうですね。 設定確定パターンは3種類あり、設定配分にメリハリのあるホールという条件であれば、設定2以上確定パターンが出現しても粘ってみる根拠になります。 ただ、クレアの秘宝伝3の機械割は 98. もし設定5以上確定パターンを確認できたとしても油断はせず、総合的に設定判別を行っていき、設定5と設定6のどちらかなのかを見極めましょう。 終了画面振り分け解析詳細がわかれば、各終了画面の出現比率から設定を絞り込むことができるかもしれないので、今後の続報に期待ですね。 設定5以上確定パターン、設定6確定パターンの出現率はかなり低いでしょうし、2つのとりあえずは高設定示唆パターンの出現率に注目しておくのがいいかもしれません。

次の

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 設定判別・天井

クレア 眠り 終了画面

初当りビッグ後のRTでボーナスを引かなかった場合は、上表の割合で終了画面が選択される。 「ビッグ後のRT中に1回だけボーナスを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通りで、基本パターンは奇数設定の可能性が、偶数設定示唆画面は偶数設定の可能性が大幅にアップ。 また、設定2以上確定画面の選択率も飛躍的にアップする。 「ビッグ後のRT中にビッグを引き、その後のRT中に再度ビッグorREGを引いた際」のRT終了画面(orREG終了画面)選択率は上表の通り。 REG中のカード REG入賞後はまずモード抽選が行われ、設定5or6であれば全て銀カード以上が出現するハイモードが選択される可能性あり。 ただし、通常モードでもヒキ次第では5枚全てが銀カード以上になることもあるうえ、仮にハイモードが選択されていても「ハイモードが選ばれました」という告知は発生しないため、完全に見抜くことは不可能。 ……とは言え、ハイモードでは金カード以上の選択率が飛躍的にアップするため、「1回のREGで銀カード2枚・金カード3枚」のようなことが起こればハイモード濃厚となる。 また、金カードの選択率に関しては通常モードでも設定1と6で4倍の差が設けられているため要注目。 各モードごとの銅・銀・金・赤カード選択率詳細は下表の通りだ(画像タップorクリックで拡大)。 設定5or6のみ選択される可能性があるハイモード中は、金カードと赤カードの選択率が飛躍的にアップ。

次の