クロスビー マイナーチェンジ。 「IS」のマイナーチェンジから探るレクサスの意図

スズキのモデルチェンジ最新情報!新車情報の予定スケジュール&予想情報【2019年最新版】

クロスビー マイナーチェンジ

スズキが、クロスオーバー「イグニス」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。 改良により魅力をアップした「イグニス」の最新情報や価格、スペックなどをご紹介します。 スズキ・イグニスは、グローバルに販売されるコンパクトクロスオーバーとしてラインナップされ、力強い走りや取り回しの良さが評価されています。 ビッグマイナーチェンジをうけた新型イグニスでは、新しいデザインや装備を採用することで魅力がアップしています。 SUVテイストを高めた専用デザインを採用する新グレード「HYBRID MF」を設定。 インテリアにタフで高級感のあるレザー調シート表皮を採用し、アクセントカラーにカーキとガンメタリックの2色を設定。 汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロアを採用。 (リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)• ベースモデルのエクステリアに新デザインを採用• シート表皮やメーター盤面の意匠を変更• センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定• ボディーカラーに新色「タフカーキパールメタリック」を設定• スズキ国内初となる、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」を全車に標準装備• 助手席シートヒーターを全車に標準装備(4WD車は従来より標準装備)• 助手席シートサイドポケットを採用(HYBRID MG除く)• 新グレードとして設定された「イグニスHYBRID MF」では、スキッドプレート調デザインの専用フロントバンパーと一部シルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールを採用し、SUVテイストがアップされています。 その他、新型イグニスでは、夜間の降車後にヘッドランプが一定時間点灯し周囲を照らすほか、乗車前に携帯リモコンにより遠隔でドアロックを解除した場合も、自動でヘッドランプが点灯するガイドミーライト機能を採用した「オートライトシステム」がスズキで国内初採用され、全車に標準装備されています。 魅力アップ!スズキ新型イグニスの内装(インテリア)デザインは? 新型イグニスの内装は、新しいデザインを採用することにより質感が高められています。 メーター盤面には新デザインを採用。 インテリアは、シート表皮やメーター盤面に新しいデザインを採用したほか、センターコンソールやインサイドドアグリップのアクセントカラーに、新色ブルーとガンメタリックを設定。 (HYBRID MGはブラック内装) また、助手席シートヒーターを全車に標準装備し、助手席シートサイドポケットが採用(HYBRID MGを除く)されています。 また、汚れをふき取りやすい防汚タイプラゲッジフロア(リヤシートバック背面、スライドラゲッジボード)が採用され、タフに使うことができるようになっています。 ホイールベース:2435mm• 最低地上高:180mm• 車重:850kg(4WD車:890kg)• しかし、ホイールベースは同じ数値とされ、空間効率がアップされています。 新設定された「HYBRID MF」グレードでは全幅を他モデルより広げることにより、5ナンバーサイズを維持しながらも力強い印象となっています。 直列4気筒 排気量 1. エンジン最大トルク:12. モーター最高出力:3. モーター最大トルク:5. トランスミッション:CVT• 駆動:FF or 4WD スズキ新型イグニスには、1. 2L「デュアルジェットエンジン」にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインが搭載されています。 2L「DUALJET ENGINE」 「K12C」型デュアルジェットエンジンは、高圧縮比化とバルブやベルトなどの低フリクション化に加え、吸気ポートや燃焼室形状の最適化により、熱効率を徹底的に追求。 高い燃費性能を発揮しながらコンパクトな設計により広い室内空間の獲得にも貢献しています。 加えて、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電するマイルドハイブリッドシステムを採用。 加速時にはその電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現することができるようになっています。 悪路走破!スズキ新型イグニスの走行システムは? スズキ新型イグニスは、前後に配置した大径タイヤや高い最低地上高により、悪路走破性能が高められています。 新型イグニスでは走行システムに、スタックしたタイヤにブレーキをかけることで駆動力が逃げるのを防ぐ「グリップ・コントロール」、急な坂道も一定の速度で安定して下る「ヒルディセント・コントロール」システムを装備することで幅広いシーンに対応できるようになっています。 全車標準!スズキ新型イグニスの安全装備は? スズキ新型イグニスの安全装備には、デュアルカメラブレーキサポートが全車に標準装備されました。 システムは、車線逸脱警報やふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、全方位モニター用カメラなども備え、高い安全性が確保されています。 FF:19. 4WD:19. また、軽量、高剛性な最新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により車重を850kgまで抑えることで、FF車のWLTCモード値で19. HYBRID MG FF:1,522,400円、4WD:1,658,800円• HYBRID MX FF:1,650,000円、4WD:1,786,400円• HYBRID MZ FF:1,788,600円、4WD:1,925,000円• HYBRID MF FF:1,839,200円、4WD:1,975,600円 スズキ新型イグニスの価格は、装備を充実したことでアップしました。 アップ幅は安全装備が標準装備となったエントリーグレードで11万円ほど、中間グレードでは1~2万円となっています。 専用のデザインを採用する新グレード「HYBRID MF」は、ベースデザインを採用するモデルより5万円ほどのアップとなっています。 HYBRID MG FF:1,408,000円、4WD:1,547,700円• HYBRID MX FF:1,628,000円、4WD:1,767,700円• HYBRID MZ FF:1,771,000円、4WD:1,910,700円 スズキ新型イグニスの発売日は? ビッグマイナーチェンジをうけたスズキ新型イグニスは、2020年2月4日に日本で発売されました。 スズキはグローバルモデルであるイグニスを改良することで、クロスオーバー市場での存在感をアップしていきたい考えです。 「IGNIS」のモデル名の由来は、ラテン語で「炎」を意味する言葉からとなっています。 初代は、日本で「スイフト」として販売されたモデルの欧州名として登場し、ボディ後部を延長した欧州独自仕様の車体を採用したモデルも販売。 その後、スイフトの2代目への変更時に国内外で車名が統一されたことから、イグニスのモデル名は一時廃止されました。 最新プラットフォームを採用するとともに、パワートレインにマイルドハイブリッドシステムを搭載することで高効率を追求。 デザインコンセプトは「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」とされ、わかりやすく特徴的なデザインと人が触れる部分の上質感が印象に残るつくりとされました。 販売は日本の他、欧州、インド、台湾などでも行われ、インド市場では上級車チャネル「NEXA(ネクサ)」で取り扱われるモデルとなっています。 新型スズキ・イグニスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

スズキ 新型 スペーシア マイナーチェンジ 2020年12月発売

クロスビー マイナーチェンジ

クロスビーで必須のオプション 全方位モニター用カメラ 駐車する時や、見通しの悪い路地、狭い道での運転を支援してくれるシステムで、フロント、リヤ、サイド2カ所に設置したカメラの映像を合成・処理し、真上から見ているような俯瞰映像をモニターで見えるようにしてくれます。 肉眼では死角となる車両の周辺の状況をきっちり確認できます。 周囲を立体的に確認できる「3Dビュー」と、左右から人や物が近づくと知らせてくれる「左右確認サポート機能」が搭載されていて、安全確認を支援します。 クルマはちょっと擦っただけでも修理代がバカになりませんから絶対に付けておくべきオプションです。 ドライブレコーダー 最近は高速道路などでの危険運転がクローズアップされています。 事故や危険な目に合った時の証拠としてドライブレコーダーは必須です。 性能を気にしなければホームセンターなどで6,000円~用意されていますのでとりあえず付けることをオススメします。 また、意外な効果として、ドライブレコーダーをつけることで自分の運転を見直して、以前よりも安全に配慮した運転をするようになったという人も多くいます。 スズキ セーフティ サポートパッケージ セーフティ サポートパッケージには以下の機能が付きます。 ・デュアルセンサーブレーキサポート ・後退時ブレーキサポート ・誤発進抑制機能 ・後方誤発進抑制機能 ・リヤパーキングセンサー ・車線逸脱警報機能 ・ふらつき警報機能 ・先行車発進お知らせ機能 ・ハイビームアシスト ・SRSカーテンエアバッグ ・フロントシートSRSサイドエアバッグ ・オートライトシステム ・ライト自動消灯システム 一度でも事故を起こすことを未然に防ぐことができたと考えれば元は取れますので安全装備は付けておきましょう。 ラゲッジの開口部がやや高く、荷物の出し入れの時に擦りやすくなっています。 古い毛布などで代用してもいいですが、せっかくの新車を傷つけてしまって後悔しないようにバンパーカバー付きのものを買っておけば安心です。 6種類どれもオシャレで遊び心あふれるデザインです。 値段もお手頃ですのでぜひ付けておきたいです。 クルーズコントロールシステムは長時間の運転時に疲労を軽減してくれる 高速走行や長距離ドライブをアシストしてくれるクルーズコントロールシステムはできれば付けておきたいです。 走行中にアクセルペダルから足を離しても一定のスピードが維持できるので、長距離運転する際の疲労軽減にも役立ちます。 値段は多少高くなりますが、値引きしてもらえる可能性も結構ありますし、 なんといってもつけ外しの手間が違います。 管理人は嫁の意向でフランス製のチャイルドシートを付けたのですが、まあ設置方法やらベルトの長さの調節がわからなくて苦労しました 涙 しかも日本語で書かれた説明書もない有様でした…。 サイズ感も車と合わない可能性もありますので、やはり純正品が無難です。 画像のはワンタッチで付けられるみたいですね 涙 また、掃除のときも隙間にハマったゴミや食べ残しが取れなくて大変 なのでぜひ余裕のある方はオプションで購入してください。 外国製のは子供が吐いてしまったときなどの掃除もしづらくて困ります。 ドアバイザーは社外品を安く買ってDIYで付けられる ドアバイザーを付けておくと雨の日でも換気ができます。 また、たばこを吸う人だと室内の空気の入れ替えに必須です。 吸わない人は洗車する時に邪魔になるデメリットもあります…。 ドアバイザーは自分でも簡単に付けられる 社外品を買ったはいいけどどうやって付ければいいの? と思われる方も居るでしょうが、 実はそこまで難しくはありません。 購入時についてくる取扱説明書にも書いてありますし、クロスビーではありませんが、ドアバイザーメーカー VOA の人が取り付け方を教えてくれる動画がありますので参考にしてください。 管理人が自分の車 プリウス ではじめてやった時も10分かかりませんでしたよ。 ドアバイザーはサービスしてくれることもありますが、それなら他のオプションをサービスしてもらってバイザーは自分で付けた方が良いというのが管理人の考えです。 もちろん「自分で付けるのダルい」「絶対に純正品が良い!」という方は純正品を買いましょう。 社外品のカーナビと純正ナビのどちらが良いのか? まず… それぞれにメリットがありますが、特に注目してほしいのが保証期間の長さとリアカメラなど車の他の機能と連動するところ。 保証期間は社外品は1年間、 純正品は3年間。 と2年間の違いは大きいです。 また、最近は ナビも高機能化していてリアカメラやメーカーの提供する通信機能などとの連動性も高くなってきています。 スズキ車の場合は全方位モニターを利用したければ、専用のリアカメラ接続アダプター 7000円程度 が必要ですし、それとは別に工賃もかかります。 クロスビーオーナーに人気のある、パイオニア楽ナビを買ったとして工賃コミコミで16万ほどしますので差額もせいぜい3万円程度です。 どうしても付けたい社外品ナビがあれば別ですが、 純正品を選んでおいた方が安心です。 最もコスパの良いカーナビはパイオニア スタンダードモデル 8インチ! クロスビーに設定されているカーナビは以下のようになっています。 スポンサーリンク パナソニック スタンダードプラス 8インチナビセット 165,834円 パナソニック スタンダードプラス ワイドナビセット 144,234円 パイオニア スタンダード 8インチナビセット 151,794円 パイオニア スタンダード ワイドナビセット 130,194円 パナソニック エントリー 8インチナビセット 144,234円 パナソニック エントリー ワイドナビセット 122,634円 ケンウッド エントリー 8インチナビセット 150,498円 ケンウッド エントリー ワイドナビセット 120,258円 すべて取付費・消費税込です。 この中で最も機能が充実しているのが「パナソニック スタンダードプラスモデル」、機能が乏しい分リーズナブルな価格を実現しているのが「ケンウッド エントリーモデル」です。 種類は4つですが、全て8インチと7インチモデル、異なる画面サイズが設定されています。 また、 カーナビ本体の盗難を防止するナビゲーションロックボルトセットも価格内に含まれています。 世の中には200,000円を上回るカーナビが純正品としてラインナップされていることもありますが、クロスビーの純正カーナビは全体的にお求めやすい価格になっていることがわかりますね。 価格だけでカーナビを選ぶのはNG クロスビーは安価な車両価格も魅力のひとつ。 オプションを含めた車両総額を抑えるために、リーズナブルなカーナビを選ぶのもひとつの手です。 しかし、クロスビーには車両価格の安さ以上に、随所に感じる遊び心やアクティブさをウリにしています。 クロスビーを購入すると、ドライブやお出かけがますます楽しくなるはず。 あくまで足車としての活用が中心であれば、リーズナブルなカーナビでも問題ありません。 ですが、趣味や遊びを満喫する相棒としてクロスビーを活用するのであれば、ドライブやお出かけなどで遠出する機会も多くなることでしょう。 そんなときに高性能なカーナビは役立ちます。 とはいえ、 最も高性能なパナソニック スタンダードプラスモデルを選んだとしても、持て余してしまう可能性があるのも事実。 そこで管理人がおすすめしたいのが「パイオニア スタンダードモデル」です。 パイオニア スタンダードモデル(以下、スタンダードモデル)には8インチと7インチがあります。 7インチ(ワイドナビセット)の方が価格は20,000円以上も安価なのですが、個人的には 8インチモデルの方がおすすめです。 8インチの方がおすすめの理由は単純で、画面サイズが大きいから。 カーナビを選ぶうえで優先順位が低くなってしまいがちな画面サイズですが、実はカーナビの画面サイズはとても重要です。 画面サイズが大きいだけで、地図の見やすさは格段に向上します。 画面サイズが小さいと、地図に表示されている文字や細い道を視認できず、見落としてしまう人もいます。 なかには、そんな経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。 スマートフォンやノートPCのように持ち運ぶものであれば、小さい方が都合がいいこともありますが、装着したら基本的に取り外すことのないカーナビは、絶対に大きい方がいいと思います。 パイオニア スタンダードモデルの主要機能 画面サイズはカーナビ本体のデザイン性にも関係してくるので、最終的にはご自身の判断で決めていただきたいと思います。 次に、スタンダードモデルの主要機能を以下に記載しますね。 0型WVGA• 感圧式タッチパネル• メモリータイプ 16GB• ワイドFM• ステアリングオーディオスイッチ対応• スマートフォン連携• DVD VIDEO• 音楽再生 CD• 音楽再生 SDカード• 音楽再生 USBメモリー• 音楽再生 Bluetooth• 音楽録音 CD• Bluetooth ハンズフリー通話• VICS WIDE• 全方位モニター対応• ドライブレコーダー ナビ連動対応• 最長5年間地図データ無料更新• ETC2. 特に 音楽再生機能は充実していて、5つ以上のメディアを再生可能な点は大きなメリットです。 車内で音楽を聴かない人でもテレビ番組やラジオを視聴することができるので、暇をつぶしたいときも安心です。 必要そうだけど、実はいらないオプション 全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。 スペアタイヤはまず使わない SUVということもあり、スペアタイヤは付けたくなりますが、実際に舗装されていない道を走ることは少ないですし、特に女性の方はいざとなったらJAFを呼んだ方が早いので、不要です。 オプション選択は後悔の無いように オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。 カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。 そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。 この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。 クロスビーを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ クロスビーの新車を買うときに、下取り車があるなら さらにオトクに購入可能です。 下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。 最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

次の

クロスビーの最新マイナーチェンジ情報&モデルチェンジ情報ある?特別仕様車登場の噂も!?

クロスビー マイナーチェンジ

新型スペーシアのマイナーチェンジについて エクステリアのデザイン変更、インテリアの質感をアップ。 「」「 」同様に、 新開発「R06D型」エンジン(NA車)と新開発CVTを組み合わせた新しいパワートレインを採用、軽快な走りと低速域から中高速域までの実用的な速度域で優れた燃費性能を実現。 「 前後の衝突被害軽減ブレーキ」「 後方誤発進抑制機能」「リヤパーキングセンサー」をCVT搭載車(FA 5MT車除く)に設定した。 「スペーシア」、「スペーシアカスタム」「スペーシア ギア」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。 3kW(3. 9kW(2. 安全技術の向上により「サポカーS ワイド」に対応するので軽自動車で安全性を気にする方にはおすすめの一台となる。 スペーシアについて 現行 2代目「」と「スペーシアカスタム」のフルモデルチェンジを行い2017年12月14日に発売した。 初代モデルは2013年3月から販売を開始しており、丸5年でのフルモデルチェンジを行う。 今回のフルモデルチェンジでの最大の目玉は新型アルトに採用された新プラットフォーム「HEARTECT」を採用し軽量化と剛性アップさせ燃費向上を果たす。 新型プラットフォーム HEARTECTについて プラットフォームを刷新し、剛性や静粛性、衝突性能、走行性能などを大幅に向上させた上で軽量化を達成している。 プラットフォームを滑らかな形状にすることで補強部品を減らし、さらに板厚を薄くするとともに骨格部を連続化することで、より少ない部品で十分なボディー剛性を確保。 ボディーでは高張力鋼板を全体の約46%に使い、とくに強度の高い超高張力鋼板(1180MPa 980MPa)の使用範囲を11%から約16%まで拡大。 アンダーボディーでは主要な構造と部品のレイアウトを全面刷新しており、剛性、静粛性、衝突性能、走行性能などを軽量化しつつ引き上げている。 これらにより、曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上させている。 軽量化の面ではフロントフェンダーやロアクロスメンバーなどに樹脂素材をスズキ車として初めて使用。 シートでもシートバックフレームの構造見直し、ボディー側に対する取付部品の溶接化を行う。 新型スペーシアボディサイズについて 全長:3,395mm 全幅:1,475mm 全高:1,785mm ホイールベース:2460mm 車重:850kg(HYBRID G 2WD車)軽ハイトワゴン最軽量 新型スペーシア 新型スペーシア エンジンについて と同様にS-エネチャージを更に進化させモーターアシストする時間とモーター出力をUPし、容量の高い小型リチュウムイオンバッテリー 3Aから10Aに大容量化 を採用、更に、次世代軽量プラットフォーム採用とコンパクトで 軽量なエンジンを採用し燃費向上をする。 3kW 3. 新型スイフトや新型ワゴンRに採用された単眼カメラ+レーザーレーダーの強みを活かして危険を回避する。 フロントガラスに設置した単眼カメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで前方を検知するシステムを採用。 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する。 衝突の可能性があると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示によって警報を発する機能。 2.前方衝突警報ブレーキ機能 衝突の可能性が高まると、警報に加え自動的に弱いブレーキを作動させ、運転者に衝突回避を促す機能。 3.前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能 衝突の可能性が高いと判断したあと、運転者が強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動しブレーキ制動力を高める機能。 4.自動ブレーキ機能 衝突が避けられないと判断した場合に、自動で強いブレーキが作動し、衝突の回避、または衝突被害を軽減する機能。 誤発進抑制機能 ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。 車線を逸脱すると判断した場合、ブザー音とメーター内の表示灯によって運転者に注意を促す機能。 先行車発進お知らせ機能 先行車の発進をブザー音とメーター内の表示でお知らせ 停車時、先行車が発進して約4m以上離れても、自車が停止し続けた場合、ブザー音とメーター内の表示で運転者に先行車が発進したことをお知らせする機能。 後退時ブレーキサポート 軽自動車で初採用 リアバンパーに内蔵した4つの超音波センサーが車両後方にある障害物を検知すると自動ブレーキを作動させる。 全方位モニター用カメラパッケージ (セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 メーカーオプション) クルマの前後左右4カ所にカメラを設置。 対応ナビゲーション(販売会社装着アクセサリー)を装着すれば、クルマを真上から見たような俯瞰(ふかん)の映像などをモニターに映し出す「全方位モニター」に。 運転席から見えにくい場所も画面上で確認でき、狭い場所での駐車に貢献する。 アダプティブクルーズコントロール(ACC) ステアリングのACCスイッチを押せば先行車との距離をミリ波レーダーで測定し、車間距離を保ちながら自動的に加速・減速。 車間距離は3段階(短・中・長)で設定が可能。 ヘッドアップディスプレ イ軽自動車のオプション装備 初採用 スズキ 新型 スペーシアギア スズキは新型スペーシアの派生モデル新型「スペーシアギア」を追加し2018年12月20日発売した。 スペーシアをベースに外観をSUVテイストに演出。 見た目は今話題のや、に似たフロントマスクを採用している。 ギアと名付けているが「道具」を表しており、ベースはスペーシアのためMTではなくCVTをそのまま採用している。 4〜28. 0〜25.

次の