は る あん パン レシピ。 とっても簡単!材料5つでパンを焼こう。|はるあん|note

あんパン レシピ・作り方 (写真付き)

は る あん パン レシピ

関連記事: アレンジパンは2時間15分 レシピがあるので、その通りに焼けばいいわけなのですが、ところが、このアレンジパンのレシピだと、普通の食パンが4時間かかるのに対して、このアレンジパンは2時間15分しかかかりません。 短くていいといえばそれはそれでいいのですが、発酵時間が短いので、通常の工程の方がパン生地自体がおいしいのではないと思い、食パンコースで焼いてみることにしました。 普通の食パンのメニューで焼くことに そこで、全工程が3時間50分の、「ハーフ食パン」を選択。 「ハーフ食パン」は、普通の食パンとおなじ工程で、普通の食パンの半分の量で焼くためのコースです。 よってここでは、普通の食パンコースであんパンを焼く時の方法をお伝えします。 パナソニック以外の他のメーカーでも、同じように焼けると思います。 パン生地の粉の分量は180g 粉の分量や水分量などの材料は、普通のパンと変わりませんが、通常の250gではなくて、 180gです。 今回は、パナソニックの「アレンジパン」のあんパンの生地分量をそのまま使いました。 ゴールデンヨットを30g 30gはゴールデンヨットを使用しています。 ゴールデンヨットは強力粉と同じですが、少量混ぜるだけでも、パン全体のふくらみが格段に良くなるというものです。 元々のレシピは「強力粉」ですので、もちろん、全部普通の強力粉でも同じように焼けます。 あん食のあんの量 あん食として焼く場合、あんの量は、強力粉が180gであるのに対して、 100gでした。 150gまで使えるそうですが、多ければ多いほどふくらみが悪くなります。 ただし、100gだと、普通のアンパンの量よりは、かなり少なめという感じです。 あくまで、アンパンではなくて、あんの入っているパンという感じですね。 食パン生地にあんを入れるタイミングは パナソニックのアレジパンのコースなら、あんを入れるところで、ブザーが鳴りますが、普通の食パンのコースで、あん食パンを焼く場合のポイントは、あんを入れるタイミングはいつになるかということです。 生地のこねが全部終わった時点で、パン生地を一度取り出して、あんを巻き込みします。 「ねり-ねかし-ねりーねかし」の後 パナソニックのホームベーカリーだと、 「ねり-ねかし-ねり-ねかし」の後です。 このHBだと、1次発酵と2次発酵の区別がないので、ここであんを巻きます。 この間はスイッチは切りません。 あんを巻き込んだら、生地を再びケースに戻してそのまま続けます。 HBを使わない場合であれば、1次発酵を終えて、ベンチタイム、その後にあんを巻いて2次発酵となります。 ホームベーカリーを使う場合でも、そのタイミングで撒けばいいわけです。 あんを巻き込む際のポイント あんを巻き込む時に大事なことは、パン生地を伸ばした際の大きさです。 パナソニックのアレンジパンのレシピの説明には、 ・あんを薄く全体に載せ、脇からはみ出さないように 周囲を1センチ残す ・空気を入れないようにくるくるとパン生地をまき、 とじ目をしっかりとじる ・ とじ目が下になるように、パンケースに生地を戻す その3点です。 あん食パンの出来上がり そして今回出来上がったのが、こちら。 外側は普通のパンです。 切ってみたら、あんがかなり偏ってしまいました。 というのは、上に書いた通り、パン生地を伸ばして、あんを巻くときに、 約8センチX30センチ がいいのですが、そこで、幅が広がり過ぎてしまったんですね。 そこで、余った部分の生地が膨らんでしまったので、あんが寄ってしまったのです。 パン生地が温かいので、どうしても伸びすぎてしまうのですが、横に伸ばさずに、縦にだけ伸ばすとうまくいくと思います。 あん食パンを作った感想 このパンは、今まで作った中で、一番おいしいかなと思えるくらい、生地がおいしかった! 餡は「あんぱん」の感覚からはかなり少なめですが、朝食に食べるので、これで十分です。 一つ一つ成型をして焼くより手軽にできるので、皆様もどうぞお試しくださいね。

次の

とっても簡単!材料5つでパンを焼こう。|はるあん|note

は る あん パン レシピ

スポンサーリンク 1 強力粉・薄力粉・ドライイースト・砂糖・塩が入ったボウルのドライイーストめがけて水を入れ、卵も入れる。 2 ヘラで混ぜてある程度まとまったら台に出し、台の上でひとつにまとめる。 3 生地を左手でおさえ、 4 右手で前にのばし、 5 右手を元に戻す。 3~5の動作を3~5分くらい繰り返し行う。 6 ある程度生地がまとまったらバターを入れてもみこむように混ぜる。 バターがある程度なじんだら3~5を10分くらい繰り返し行う。 7 生地の手前をつかんで軽く台にたたきつける。 8 たたきつけた後、手前から奥に二つ折りにして手を離す。 9 生地の右側を持ち、台にたたきつけ 7 、二つ折りにする 8。 7~9を3~5分繰り返す。 生地の手離れがよくなり、表面がきれいになったらOK! 10 表面がきれいになるように生地を丸める。 発酵した時にガスがぬけないように裏側のとじ目は指でしっかり閉じる。 12 あんこを6等分する。 13 生地が2~2. 5倍になったらOK! まだ生地が小さかったらあと5分時間を追加。 5分後に様子を見てまだ小さかったらさらに5分追加。 生地が2~2. 5倍になるまで待つ。 14 生地がくっつかないように指に強力粉をつけ、ふくらんだ生地に第二関節までさし入れる。 指をぬいても穴が縮まなければ一次発酵完了! 15 「グー」の形ににぎった手に強力粉をつけ、ガスを抜くためにゆっくり上からおさえる。 全体のガスを抜いていく。 16 ガス抜きが終ったらドレッジで生地をボウルから取り出して、ドレッジで生地を6等分する。 17 生地をまるめ、裏側のとじ目を指でしっかり閉じる。 18 台においたまま手の中でくるくるとまわしとじ目を台にこすりつける。 19 丸めた生地に乾燥防止のため、ラップとかたく絞ったぬれ布巾をかけて15分(夏は短め、冬は長め)ベンチタイム(常温でおいておく)。 20 ひとつ生地を取り出しとじ目を上にして、手で軽く押してガス抜きする。 ベタつく場合は手に軽く強力粉をつけて作業しましょう。 21 めん棒で円形に伸ばす。 真ん中が薄くなりやすいので、真ん中だけ生地の高さが残るようにして周りを伸ばしていき、最後に真ん中も伸ばす。 22 あんこを包み、生地をとじる。 23 生地のとじ目を下にして台におき、手の平で軽く押し、平べったい形にする。 25 生地が1. 5~2倍になったらOK! まだ生地が小さかったらあと5分時間を追加。 5分後に様子を見てまだ小さかったらさらに5分追加。 生地が1. 5~2倍になるまで待つ。 オーブンの予熱をはじめる。 生地の中央を指で押してくぼみを作り、黒ゴマをおく。 木村屋では宮中に納めるあんパンは一般に売るものとは差をつけて真ん中にへこみをつけ、桜の花の塩漬けをのせました。 これが評判になり、同じものを売るようにと要望がありましたが全く同じものはおそれ多いとして桜の花をのぞいて売ることになりました。 これが「木村屋のへそパン」として評判になり、真ん中がへこんでいるあんパンが出回るようになったそうです。 私もあんパンといえば真ん中がへこんでいるイメージが強くて、このレシピでもそうしています。 パンの成形にも歴史あり、ですね^^.

次の

あん食のホームベーカリーでのレシピと作り方 食パンコースで焼ける

は る あん パン レシピ

おうちでパンなんか焼かなくても、おいしいパン屋さんはいっぱいあります。 でもね、わたしはこう言いたいのです。 焼きたてのパンは本当においしいよー! そうなのです。 焼きたてのパンの香りや温かくて幸せな感じ...。 やみつきになりますよ。 1、強力粉300g、塩4g、砂糖ふたつまみ、ドライイースト2g、水200mlをボウルに入れる。 (わたしはダイソーの蓋つきタッパーで作っています) 2、たったの「1分間」こねる。 ざっくり生地がまとまるまで。 3、冷蔵庫で寝かせる。 5時間とか1晩とか。 そう超テキトウです。 4、ちょっと膨らんできたかな?と冷蔵庫を開けて気づいたタイミングで、取り出し何回かこねて冷蔵庫へ戻す。 生地のさわり心地が全然ちがいますよ〜。 5、また膨らんでいたので取り出す。 12時間くらい冷蔵庫でほったらかしていたらビックリよく伸びる! 6、生地を丸めてとじ目をしっかりと。 蓋の上で丸めるのオススメですよ。 笑 7、丼の上に手ぬぐいをしき、強力粉をたっぷり振っておく。 その上にとじ目を上にしたパン生地をゆっくりと置いて2次発酵。 8、ひとまわり大きく膨らんだら天板の上にひっくり返して、包丁で切り込みを入れる。 9、オリーブオイルを切り込みにかけるとさらにバリっと! 10、230度のオーブンで30分焼いて完成。 まずはガリガリとパンを切って、そのまま食べてほしいです。 きっとね、ふわっと焼きたてのパンならではのいい香りに包まれます。 そしたら次はバターかなぁ。 できればおいしい発酵バターでどうぞ。 たまらないです。 でもね、わたしのオススメは 「明太子クリームチーズ」 明太子とクリームチーズを混ぜるだけ、なのにとってもおいしいのです。 ポイントはクリームチーズを室温に戻して柔らかくしておくこと。 ぜひ作ってみてくださいね! *** 今日のしつもん 「パンに塗って食べたいものはなんですか?」.

次の