絆2 特殊画面。 ユニメモのミッション一覧(バジリスク絆2)

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2

絆2 特殊画面

【その1】継続のカギはシナリオと絆高確 AT「バジリスクタイム」はセット継続タイプで、前作のATを継承した流れで進行。 継続システムは変更されており、1セットごとの継続率はシナリオで管理。 BC抽選およびBC当選時のAT突入率には通常時の内部状態と内部モードの特徴はしっかりと押さえておこう。 前作と同じくBCのスルー回数をチェックしての立ち回りも可能だ。 モード移行は専用のテーブルによって管理されており、AT非当選のBC終了時に上表の順番で移行していく。 テーブル振り分け率の詳細は現時点では不明だが、どのテーブルも最後は必ずBC当選でAT突入確定 絆高確も確定 となるモードDに移行するため、前作と同じくBCのスルー回数狙いは有効だ。 基本的には最大7回目のBCでモードD到達となるが、テーブル5は6回目までが期待薄な代わりに、8回目までたどり着いた場合は複数のATストックに期待できる特殊なテーブルとなっている。 モードテーブルは有利区間移行時に抽選で決定。 ただし天井BCからATに当選しなかった場合はテーブルが再抽選される。 通常時およびAT中に当選する疑似ボーナス。 大きく分けて異色 赤・赤・青or青・青・赤 と同色 赤揃い・青揃い の2パターンがあり、同色BCの方が抽選値が優遇される。 パターンは「甲賀10名(通常&アニメ)」「伊賀10名(通常&アニメ)」「徳川家康」「服部半蔵」「デフォルメ3種」「設定示唆5種」の全部で50通り存在する。 下表の数値をすべて把握する必要はないが、表は1戦ごとにまとめてあるので、シナリオ判別ひいては設定推測に役立ててほしい。 セットごとの背景と合わせてシナリオを看破していこう。

次の

パチスロ[バジリスク絆2]ユニメモミッション一覧

絆2 特殊画面

ある程度情報が揃ったら不要なので考察は消し飛ばすかも この表だけで一気に色がついたように感じますね 個人的に 設定要素として感じる点は、 設定1が非常に辛い。 同色BC天井 800G をスルーするの1くらいなんじゃね?ってくらい1だけ辛いです。 リゼロと同じく 246の演出は意外と出やすいみたいなので最低条件として設定2を使ってくれるホールにはいきたいところですね。 初日の都内データを見てる限り稀にリゼロの時みたいに4000枚以上吸い込んでるグラフが見受けられます。 そのホールは少し注意が必要かもですね。 で、設定別で6に近づくほどAT初当たりが軽くなりますが 6だけは別格ですね。 これは、前作踏襲と言ったところでしょうか。 一方で、初当たりに関しては奇遇というより設定毎に段階的に差がある感じですね。 逆に感じた点が、 設定2345にそこまでスルー回数で差がつかない点。 スルー回数より、 どちらかと言えばATの出玉性能に差があるので、もしかすると設定狙いが非常に難しいかも… なので、6は見世物用のエクストラ設定で、普段の 最高設定は4か5になると予想しています。 5で110%、4で106. 6%もあるので十分打ち切れるという点が優秀ですね。 テーブル 0スルー 1スルー 2スルー 3スルー 4スルー 5スルー 6スルー 7スルー 1 B B A B A B D — 2 B A B A B A D — 3 B B A B B C D — 4 B A B A C B D — 5 A A A A A A C D 6 B B B C B C D — 7 B A C B C B D — 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 10 B C A B A B D — 11 C B B A B A D — 12 B C B C B C D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — 前作同様に、基本的にはモードCから一気に抽選が優遇される傾向にありますね。 Dはテーブル時にBC当選すると、AT当選+絆高確が付与されるので AT1セット目に絆高確がなければモードD以外でのBT当選が濃厚です。 暫定的ですが、前作同様にATへ当選しやすいテーブルとし辛いテーブルがあるので、ざっと区分してみます。 スルー回数は一律6回までで、Cは稀にあるが基本はABを行き来する事が多い。 モードCスタートが多めでCが連続するテーブルは8のみ。 基本はABとCを行き来することが多い。 今作の最大の特徴は前作のように、一度テーブルが上がると良いテーブルをループして最終的に天井という形ではありません。 それによってテーブルの推測が非常に難しくなっています。 また、顕著なのが下位テーブルはBスタートの割合が多く、上位テーブルはCスタートの割合が多めです。 Aスタートはかなりチャンスで地獄テーブルor天井が短いテーブルしかないので、移行した際は設定面的にプラスに捉えてよさそうです。 高確示唆とごっちゃになりますが、モード示唆のみです。 忍びの玉演出 液晶左下• 陽炎 甲賀 の妖艶なポーズ エフェクト大• 基本的に、滞在時のステージ対応です。 対応ステージと矛盾した場合は継続確定で、今作の駿府城は基本的には矛盾した際に出るステージという認識でいいと思います!• 昼:AB• 夕方:C• 夜:D• 駿府城:E 5号機で一番稼働がついたと言っても過言ではない、バジリスク絆の後継機種である絆2。 初動を見てる限りかなり前作を踏襲した感じの作りになってますね。 前作の設定6である119%という出玉感はなくなったものの112. 9%という6号機トップクラスの性能によって設定6は非常に安定したグラフを描きますね。 逆に前作でも判別の非常に難しかった設定2と4の違いを探すのには苦労しそうです。 が、この難しさが稼働貢献につながるのではないかと予想します。 また、他の6号機では実現してこなかった、専業でも一日粘れるラインである106%を設定4が超えているのも本気の魅力で、逆に低設定域がすこし辛めなのも相まって、ホール側は非常に大切に扱ってくれるのではないでしょうか! 私自身初打ちはまだですが、はやめに触ってみようと思います。 ハイエナのボーダーなどは次回記事で詳しく紹介していこうと思います。

次の

バジリスク絆~甲賀忍法帖~絆2 解析情報

絆2 特殊画面

みなさんこんにちは!さばかん です!楽しくスロット打っていますか!? 【前回の記事はこちら!】 この日は凱旋で本前兆中にGOD揃いという楽しい展開できっちりプラスでした!ただ、個人的にはおまけ稼働の方が実は今の時代を反映してるなと思っています。 6号機が始まる前は悲観的な意見も多かったですが、いざ始まってみるとこれはこれで勝てるというか、しっかりポイントを押さえればまだまだ立ち回れるなという気がしています。 その中の一つが前回の稼働記事のように、 「21時以降の高期待値台回収」 かなと思っています。 5号機よりも閉店取りきれずのリスクが少ない+時間計算が楽なので、21時以降も十分にチャンスありかなと僕は感じています。 もちろんメインの立ち回りには出来ませんが、期待値底上げのためにも一日の最後にホールに寄ったりもう一回全体を見渡すのはとてもオススメです! さて、今回の記事ですがバジリスク絆2ではじめてBT開始画面で特殊画面が出ましたのでテーブルの勉強も兼ねて公開出来ればと思います。 それではいってみましょう!• 1台目 青鬼 120G〜 想定期待値65枚 この日はなかなか打てる台が見つからず、とにかく早くATに入れないとAT入れられないまま撤去されかねないので青鬼をガツガツと打っていきます! そして時は流れ…。 (余談ですが保健室ステージ移行の先生煽りがめちゃくちゃ好きです。 ジワります) 今回は捕縛確率55%です!無理ゲー感甚だしいのですが、これでも通している人がいるのを心の拠り所にして打っていきます! 本当に怖そうですね…。 あ、このCZは二人目で失敗しました() いつになったら素直にAT入ってくれるんでしょうか…。 急がねば…。 3戦目 巻物 赤異色 4戦目 最終G巻物 青異色 4戦目では見事に負け濃厚展開からの最終G巻物で回避! この朧、前作より可愛くて好きです。 この感じ、絆打ってるなーって感じしますよね。 6戦前追想 巻物 赤異色 6戦終了 883枚(画像撮り忘れすいません…) というわけで最終的にはやっぱり普通テーブルだったんだなーという感じで6戦目で終了でした。 (1戦目赤いですが多分ストック持っていた可能性あり) 【結果】 投資368枚 回収927枚 収支559枚 想定期待値135枚 最終結果 投資782枚 回収1,031枚 収支249枚 想定期待値221枚 というわけで今回はバジリスク絆2をメインの記事にさせていただきました!テーブル示唆は理解して打っていくとなかなか楽しいですね。

次の