巨艦大砲主義 まとめ。 /);`ω´)<国家総動員報 : 米国「失望した!」韓国「GSOMIA破棄で失望表明するの自粛しろ(上から目線」米国「は?」超大国に言論弾圧を要望する国→

大砲

巨艦大砲主義 まとめ

杏ちゃんの旦那さんである東出昌大さん。 その浮気相手である 唐田エリカ(からたえりか)さんの浮気後の今現在が気になりますね。 「唐田エリカは終わった な!」 「唐田エリカは韓国でも嫌いって叩かれてる !」 「インスタ削除してる!」 芸能界引退や消える・干されると言われていますね。 唐田エリカさんの今現在のインスタ顔画像• 唐田エリカは韓国人?浮気した東出昌大は韓国人?• 韓国人気の理由は少女時代の動画 唐田エリカさんが日本人か韓国人かはどうでもいいですが調べてみました。 浮気、不倫した唐田エリカさんは消え、東出昌大さんは離婚してから消えていくのでしょうか? 不倫騒動後の今現在、唐田えりかさんは行方不明だそうです。 どこで何をしているんでしょうか? 杏ちゃんの 離婚決意報道が出ていますが、東出昌大さんが離婚すれば 芸能界引退、唐田えりかさんとの 復縁の可能性があると言われていますね。 — 2020年 1月月23日午前4時58分PST 俳優の東出昌大(32)が17日、都内で行われたドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」公開直前トークイベントに豊島圭介監督とともに登場した。 東出は女優・唐田えりかとの不倫報道後、初の公の場。 イベント後、東出は囲み取材に応じ騒動を自らの口で謝罪した。 カメラの前での発言で「これ以上妻を傷つけたくない」という理由から何度も「申し上げられない」などの明言を避けるシーンがあった。 更には、杏と唐田、どちらが好きなのか?というド直球質問にも「申し訳ございませんが、お相手もあることで、また私の心の内を喋るのは妻を傷つけることになるので申し上げられない」と明言を避けた。 yahoo. ここで、「杏を傷つけてしまったけれど、今後、必ず杏一筋で参ります」くらい言えな いとさぁ…。 これに答えるのに妻を傷付けることになるってことは、結局唐田なの?って感じします。 松本人志「愛人の方が好きでしょうね」 ワイドナショーで松本人志、松ちゃんが東出昌大さんの会見でコメントしました。 唐田と「3年間ぐらい付き合っていた?多分その3年間がよぎっったんでしょう。 一瞬いろんなことが出てきたと思うんですよね」とコメントしていた。 さらに「僕は知らないですよ」とした上で「3年間も愛人いたとしら、正直、男側からしたら、愛人の方が好きでしょうね」と指摘していた。 リュックの値段とか何の関係もなくない? 東出昌大の不倫謝罪会見、なぜ女性リポーターしかいないのか? — ポンコツ丸 ponkotu2sei 今年1月、妻の杏がいるにもかかわらず、10歳年下の女優・唐田えりかとの不倫が発覚。 以来、初めて公の場に登場した東出だったが、まさに四面楚歌。 萎縮して細々とした声で答え続けた彼を囲んだのは、見事に女性リポーターばかりだった 「女性側は、杏さんと同じ立場に立って見る気持ちがあるのだと思います。 yahoo. 「でしょうね。 「一応見たけど。 こっちから何を言ってもしょうがないから……。 「全然、話してないからわからないね。 会っていないから」 初めて騒動を知ったときは、ショックだったと話した。 孫娘については、これ以上話すことはなかったが、東出には思うところがあるようだ。 「言いたいことは100もあるけど……、私が何を言っても意味がないから。 これ以上は話すことはありません」 そう語る言葉は弱々しく、祖父の心痛が伝わってくる。 yahoo. 祖父のコメントに対して、ネットの反応をみてみましょう! 口コミ.

次の

日本は大艦巨砲主義だから負けたという風潮

巨艦大砲主義 まとめ

大艦巨砲主義(たいかんきょほうしゅぎ)とは、大きいことはということである。 概要 の技術発展に伴い、威力が増してくると、に多数のを並べることがむしろ弱点を晒すことになるため、その数を減らし、一門あたりの威力をあげることが重視されるようになる。 一方で敵艦砲の攻撃に耐えるため、艦船全体に装甲を施すようになる。 の始まりである。 さらにの役割分岐が進んでゆき、大型の戦艦と小型のに分岐していく。 その内の大型戦艦に用いられた設計思想がこれである。 技術が発展し、大砲の威力と大きさがほぼ比例するようになった事もこれを推し進める結果となった。 ここから転じて特定の方向性に一点特化(そしてそれ自体によってしばしば機能不全に陥る)することを比喩もしくは揶揄する意味でも使われる。 現実では第二次世界大戦で航空機とそれを搭載した空母の方がより重要という事実が判明し、実戦でその戦力の高さを示し、機動性・汎用性・コストパフォーマンスの面で劣る戦艦が重視されなくなった結果、現在は「戦艦」というジャンルごと廃れてしまっている。 (一応、ロシアのは「巡洋戦艦」と呼ばれることもあるが、厳密には装甲を備えた大型のミサイル艦である)... と思いきや、 大艦巨砲主義が現代によみがえる可能性が出てきた。 その理由は「 」である。 レールガンとは「電磁気力で弾丸を射出する」砲熕兵器であり、弾速は既存の火器を遥かに上回る。 アメリカ軍が開発中のものでは試験射撃で マッハ6を記録したとされ、2016年に試験運用が開始されるところまでこぎつけた。 何故これが大艦巨砲主義の復活に関わるかというと、前述の通りレールガンは弾速が桁外れな程高速である。 つまり「高速で動く目標にも対応しやすい」ため、 「砲熕兵器でありながら対艦ミサイル等を迎撃できる」可能性が高いのだ。 さらにさらに高弾速のため射程はそこらの大砲より長い(というかミサイル並み)上、命中した際に相手に与えるダメージも大きいとされる。 つまり実用化すれば、「砲熕兵器であるレールガンが対艦戦闘の主役になる」可能性があるのだ。 大艦巨砲主義の部分的な復活と言えるだろう。 とはいえ現代では 艦隊戦自体が完全な時代錯誤の代物であるため意味はないが。 しかしこうなるとイージス艦のやられる前にやるから装甲は薄くても良いという前提が覆される可能性もないわけではなく、砲弾に砲弾を当てて迎撃できれば問題はないのだがレールガンほどの高速飛翔体ともなるとどうなるか分からない。 レールガンが実用化するかどうかはともかく、タンカーとの衝突も増えてきた昨今、多少なりとも被弾を考えた装甲が必要になっている…のかもしれない。 pixivでは 上記の意味通り、戦艦のイラストに使われる以外に、 「大きければ大きいほど良い」というようなイラストに使われることがある。 特に「」のブレイク以降、派生タグ「」の使用頻度が増加している。 ちなみに艦隊これくしょん関連のイラストにではなく当タグが付けられる場合、を主とした砲撃艦の艤装が印象的なイラストである場合が多いようだ。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

大艦巨砲主義

巨艦大砲主義 まとめ

このレンズも例外ではない。 こと、解像力に関してはいまだに第一級である。 筆者は、第一世代(AiNikkor400mmF3. 5S)と併用しているのだが、解像力は、確実に進歩している。 また、後継のAF-INikkor600mmF4D 借り物)と比較しても引けをとらない(というより凌駕しているように感じたのは身びいきかな?) 注)上記の比較はあくまで筆者の経験および主観であり、レンズ特性、個体差、諸事情などは加味していない。 「解像力の測定は、解像力チャートを撮影し、現像後そのフィルムを顕微鏡で観察し・・・・」(深堀和良 レンズテスト 朝日ソノラマ 2001) 残念ながら上記のような測定は筆者にはできないが、撮影したポジを15倍ルーペで評価している。 普段は、撮影したポジを10倍ルーペでピントのチェックをしている。 時たま、猛烈にピントのよいカットがあった時、15倍ルーペに取り替える。 15倍ルーペをご存知であろうか? ISO100のポジフィルムでは、粒子が見え始めてしまう。 そんな中、ベルビアクラスで撮った本当にピントがよいカットは、細部まで(私の場合は、羽毛の1本1本の中の縮れまで)写し取っているのである。 こんな芸当ができるのは、先の二本を含め、数ある筆者の望遠レンズの中でも(USMも含む)、このレンズだけである。 注)筆者は、SWM、HSM、USM-ISの望遠レンズはまだ使ったこと無い。 解像力だけで、レンズ性能は語れないがシャープなレンズ好きなニコン様信者には、十分ではなかろうか。 WEBではここまでが限界だが、原版のポジでは、羽毛の1本1本が分離している。 6の撮影である。 それ以上絞ると、このレンズを持つ意味がなくなるので、使ったことが無い(今、これを書いていて気が付いた!) 先に述べたようにイメージサークルが大きいため、開放でも絞っても、画質は然程変わらない。 絞りの役割は主に被写界深度の調節ということになる(もちろん露出調節もあるが・・・) 紙のように薄い被写界深度とよく言われるが、開放で最短撮影距離でも、2〜3ミリはあるようである。 ) 理論上はf5. 6に絞ると、多少増えるはずだが、どんなものか? 実際、撮っている時は安全パイとして絞るが、そのような良い状況はなかなか得られない。 シャープなレンズの常として、二線ボケの傾向がある。 通常は少しでも被写体の後があけば、大きなボケですべて隠してくれる。 この大玉、手持ちがしたいって人がいれば(筆者はいやだ!)話は別だが、頑丈な三脚を使うことを前提とするので上記の法則は当てはまらない。 また、そんな良い(光の豊富な)場面はまれであるから、シャッター速度とはいつも格闘である。 足場をしっかりさせて、ケーブルレリーズを使用・・・手ぶれ側はいろいろ工夫できる。 相手が静物で在らば良いのであるが、こと動くものである場合、被写体の動きにも注意が必要になる。 画角が狭まる分、ちょっとした動きでも被写体ブレにつながるのは、手ぶれと共通である。 画質が良い分その辺が目立ちやすいので、注意が必要である。 尚、手ブレに関しては、ニコン様らしいしっかりした造り(銅鏡、三脚座)であるため万全である。 お値段もスーパー。 このレンズを新型に代替する意味はあるのだろうか(今のところ筆者にAFは無縁)と考えたところ、答えは・・・ 「テレコンバーター使用を前提とした過剰品質・・・云々」(佐藤治夫氏 ニッコール千夜一夜物語) とのこと。 ニコン様信者はこういう言葉に弱いんだよね。 でも、テレコンで、レンズ構成枚数が増えるということは・・・ どこかのメーカーのようにいたずらに構成枚数を増やすようなことは考えて欲しくない。 で、故星野道夫氏など著名な写真家たちが愛用していたこのレンズ、 つい最近、中古店でS3-2000より求めやすい価格で並んでいた。 筆者のずいぶん前に、中古店で新品同様で手に入れたのだが、 もし、筆者が「買って後悔はなかった?」と聞かれたら、その答えは・・・・ 「もう十分、元を採りました(^^)」 おしまい。

次の