ラインモバイル mnp転出。 転入も!転出も!LINEモバイルのMNP乗り換え手順と4つのポイント

LINEモバイルからMNP転出するときの方法と時間は?

ラインモバイル mnp転出

LINEモバイルからMNP転出する手順 LINEモバイルからMNP転出するには、以下の手順となります。 LINEモバイルでMNP予約番号を発行すれば、電話番号はそのままで別のMVNOへ転出が可能です。 LINEモバイルにログイン• 「MNP転出・解約」をクリック• 「MNP予約番号の発行・MNP転出手続き」の右横の「発行する」をクリック• MNP予約番号を発行• MNP予約番号発行受付が完了 1. LINEモバイルにログイン LINEモバイルにします。 PC・スマホでもどちらでも構いません。 「MNP転出・解約」をクリック 左のメニューにある「MNP転出・解約」をクリックします。 「MNP予約番号の発行・MNP転出手続き」の右横の「発行する」をクリック 「MNP予約番号の発行・MNP転出手続き」の右横の「発行する」をクリックします。 MNP予約番号を発行 MNP予約番号を発行するので、以下の手順を行います。 MNP予約番号発行受付が完了 MNP予約番号発行受付が完了しました。 以下のような完了画面が表示されます。 MNP予約番号発行お手続きを承りました。 ご登録メールアドレスに翌日以降3日以内にMNP予約番号をお送りします。 MNP予約番号は、すぐに発行されるのか? 僕の場合、MNP予約番号を申し込んでから、30分後にメールで送られてきました。 MNP予約番号の有効期間 MNP予約番号の有効期間は、発行日を含む15日間です。 MNP予約番号が発行されたら、他社のMVNOで転入の手続きを取ればOK MNP予約番号が発行されたら、他社のMVNOで転入の手続きを取ってください。 MNP予約番号の有効期限内に手続きを行ってくださいね。 LINEモバイルをMNP転出する際の注意点 LINEモバイルをMNP転出する際の注意点についてです。 月の途中でMNP転出しても、料金は月末まで発生 月の途中でMNP転出しても、料金は月末まで発生しますのでご注意ください。 なるべく月末に他社のMVNOへ移行することをオススメします。 LINEモバイルのMNP転出にかかる費用 次の金額がかかりますので、ご注意ください。 MNP転出手数料:3,000円(税抜) MNP予約番号を取っただけでは費用はかかりません。 実際に別のMVNOへ移行が完了した段階で、MNP転出手数料は発生します。 通信SIMは最低利用期間あり 通信SIMは、最低利用期間があります。 12ヶ月間の最低利用期間中に解約すると、解約手数料9,800円 税抜 がかかりますのでご注意ください。 解約手数料:9,800円(税抜) LINEモバイルの最低利用期間は、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)で、この間にサービスの解約またはMNP転出をする場合は9,800円 税抜 の解約手数料が発生します。 データ通信SIMを使っている方は、即解約してもOK データ通信SIMを使っている方は、転出の手続きは不要です。 また、解約手数料も必要ありませんので、即解約して大丈夫です。 SIMカードを返却しないと、3000円が請求される可能性がある SIMカードを返却しないとと3000円 税別 が請求される可能性があるようです。 返却しなかった場合、実際に請求されるのかどうかは分かりません。 でも不安な方は普通郵便で構いませんので、以下の住所に返却することをオススメします。 ちなみに送料は自己負担です。 〒210-0869 神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5 東日本ロジスティクスセンター LINEモバイル株式会社 返却窓口 3000円を請求される根拠を調べたところ、「LINE モバイル サービス利用規約」に記載されていました。 第25条 (SIM カードの返還) 2. 貸与した SIM カードを紛失、破損した場合およびその他の理由により SIM カードを返却しない場合、契約者は別紙に定める SIM カード損害金を支払うものとします。 別表を確認したらSIM カード損害金として3,000円 税別 と書いてありました。 さいごに 以上、LINEモバイルからMNP転出する方法を紹介しました。 LINEモバイルを解約して、他社へ乗り換えたい方の参考になればと思います。

次の

LINEモバイルからMNP転出する方法!

ラインモバイル mnp転出

この記事の目次• 「キャリアから格安SIMへ」「ドコモからauへ」のように、携帯電話会社を乗り換える際には、使っている携帯電話番号を持ち運ぶことのできる「MNP」の利用が多いでしょう。 MNP手続きの際には「MNP予約番号」が発行されますが、MNP予約番号には有効期限が定められています。 この記事では、MNP予約番号の有効期限と有効期限を過ぎてしまった場合の対処方法や確認方法などについてまとめました。 併せて、意外と盲点になりがちな「もう1つの有効期限」についても解説しています。 これからMNPを利用した携帯電話会社の乗り換えを考えている人は参考にしてください。 また、キャリアからMNP転出をする際の手続き方法(電話番号など)も掲載しています。 MNP転出:MNP制度を利用して今使っている携帯電話会社を解約すること• 有効期限を過ぎてしまった場合はどうなる?延長できる? MNP転出の際は今契約している携帯電話会社から「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。 このMNP予約番号を持って、次に契約したい携帯電話会社へMNP転入するという流れです。 MNP予約番号には 「取得日を含めて15日」という有効期限が定められています。 この期間に、次に契約したい携帯電話会社でMNP転入の手続きをする必要があります。 有効期間の延長はできないので、有効期限が過ぎてしまった場合は発行されたMNP予約番号は無効です。 そのため。 再び今使っている携帯電話会社から MNP予約番号を再発行してもらう必要があります。 MNP転入先の「受け入れ有効期限」とは キャリア、格安SIMともにMNP転入手続きを「ネット経由で行う場合」、有効期限ギリギリでのMNP転入の受付はしてくれません。 なぜなら、 MNP転入手続きを受けてからユーザーにSIMカードの発送をして、ユーザーが開通手続きを行うまでの間、どうしても数日間から1週間程度の日数を要してしまうからです。 受け入れ有効期限は各社によって異なりますので、MNP転入の際は確認を忘れないようにしてください。 キャリアの受け入れ有効期限 キャリアでMNP転入手続きを行う場合、ショップで手続きを行えば受け入れ有効期限は15日です。 しかし、ネット経由で手続きをする場合は、以下の受け入れ有効期限が設定されています。 【キャリア】MNP予約番号の受け入れ有効期限 ブランド名 有効期限(発行から) 5日間 2日間 8日間 格安SIM事業者の受け入れ有効期限 格安SIMのMNP予約番号の受け入れ有効期限は、以下の表のようになっています。 ショップでの受け入れ有効期限が知りたい場合は、コールセンターなどへ確認するようにしてください。 ショップの運営形態によって受け入れ有効期限が変わる可能性があるため、一番良いのは、実際に手続きをする店舗で直接確認をすることです。 【格安SIM】MNP予約番号の受け入れ有効期限 ブランド名 有効期限(発行から) 2日間 5日間 5日間 2日間 8日間 3日間 5日間 3日間 5日間 5日間 MNP予約番号のキャンセルについて 受け入れ有効期限が理由でMNP転入を断られた場合は、新たにMNP予約番号を発行してもらう必要があります。 MNP予約番号が 発行されてから15日以内であればMNP予約番号はシステム上まだ有効なので、一旦キャンセルをした後に新しいMNP予約番号を発行してもらうという流れです。 ただし、格安SIM「から」MNP転出する場合、格安SIM側でMNP予約番号のキャンセルは原則としてできません。 この場合、 15日の有効期限が過ぎてMNP予約番号が無効になるのを待ってから、改めて新しいMNP予約番号を取得することになります。 MNP予約番号の取得方法は?各キャリアの電話番号も紹介 各キャリアでのMNP予約番号の取得方法について紹介します。 MNP転出手続きは「電話」「ネット」「ショップ」のいずれかで行うことができます。 このうち、最もおすすめなのはネットです。 ネットなら待ち時間はありませんし、出向く必要もないからです。 ただし、パソコンやスマホの操作に不慣れな人や手続きに疑問や不安のある人は避けたほうが良いかもしれません。 もう1つ、ネットでのMNP転出の注意点として「 受付時間は24時間ではない」という点を頭に入れておいてください。 ドコモは21時半まで、auとソフトバンクは20時までとなっています。 ショップでの手続きはスタッフと直接対面で進められるのがメリットです。 しかし、待ち時間が長く手続きにも時間を要すること、場合によってはスタッフからMNP転出をとどまるように説得されることがデメリットとして考えられます。 また、各社共にネットでの来店予約システムを用意しているので、 ショップでの手続きをする前には来店予約をすることをおすすめします。 各社のMNP転出手続きについて、以下に表にまとめましたので参考にしてください。 ドコモの場合 手続き手段 手続き方法 受付時間 電話 151へ電話 9時~20時 ネット 「ドコモオンライン手続き」へアクセス 9時~21時半 ドコモショップ 直接訪問 各店舗の営業時間 ネットでの手続きの場合は、ドコモ回線以外からの手続きの場合は「dアカウント」が必要です。 auの場合 手続き手段 手続き方法 受付時間 電話 0077-75470へ電話 9時~20時 ネット 「My au」へアクセス 9時~20時 auショップ 直接訪問 各店舗の営業時間 ネットでの手続きに「au ID」が必要なので、MNP転出手続きの前に必ず取得しておきましょう。 MNP予約番号は有効期限に注意!早めに格安SIMへ乗り換えて携帯電話料金をお得にしよう MNP予約番号には制度上の「15日間」という有効期限のほかに、各社ごとに「受け入れ有効期限」があることは意外に知られていません。 他社へのMNP転出を考えている場合は、 MNP予約番号を取得したらすぐにMNP転入をようにスケジュールを組んでおくようにしてください。 もしもあなたがキャリアの高額な携帯電話料金に悩んでいるのであれば、格安SIMへのMNP転入がおすすめです。 格安SIMは、 キャリアに比べると毎月の携帯電話料金を半分程度にまで削減できます。 同じ料金なら 倍近くの高速データ通信容量になることもあります。 その上、格安SIMによっては他社からMNP転入するとキャッシュバック等のサービスを受けられるキャンペーンが実施されていることもあります。 ぜひこの機会に、格安SIMへの乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。 キャリアと格安SIMの違いがわからない人は 「格安SIM」という言葉はよく聞くけれど、そもそも格安SIMがどんなものかがわからないという人もいるでしょう。 そんな時はを参考にしてください。 格安SIMについての解説やキャリアとの違い、メリットとデメリット、選び方や乗り換え手順などについて詳しく解説しています。 おすすめの格安SIMは? 格安SIMについての概要が理解できたら、次はいよいよ具体的な格安SIM選びです。 しています。 各社のおすすめポイントや格安SIM選びの考え方などをまとめていますので、あなたにぴったりの格安SIMがわかるでしょう。

次の

LINEモバイルからMNP転出する手順と注意点、転出時の手数料を解説

ラインモバイル mnp転出

の格安SIMを解約しました! イオンモバイルは、イオン店舗に行って気軽に申し込みができ、料金プランも端末ラインナップも豊富ですが、総合的な魅力としては、UQモバイル、マイネオ(mineo)、ラインモバイル、楽天モバイルなどのMVNOの方が上です。 いつもイオンで買い物をしてるって方はイオンカードやイオンポイントの兼ね合いもあってイオンモバイルを使い続けるのが良いですが、イオンの利用頻度が少ない方は 解約または MNP転出がおすすめです。 イオンモバイル解約の注意点• 解約・MNP予約番号の発行は 電話または店舗受付のみ。 月末は電話が込み合って繋がりにくいです(汗)• 解約予約はできない。 解約した日以降は使えない。 日割り計算ではない。 SMS送受信の料金は 2か月後に請求されます。 月末最終日は解約できない。 解約対象SIMの 電話番号と ICCIDが必要。 一度解約申し込みをしたらキャンセルはできません。 MNP予約番号発行は、手続き後4・5日後確認できます。 解約先電話番号: 0120-025-260 イオンモバイルの解約は、解約手数料の無いデータSIMでも電話や店舗でしか解約できません。 マイページでさくっとできないのが面倒(汗) 音声自動案内がやたら長い(笑) 当記事では、 イオンモバイルの格安SIMの 解約・MNP乗り換え方法を紹介します。 合わせて、おすすめのMVNOもご紹介! スポンサーリンク 解約前に契約内容の確認を忘れず! イオンモバイルの解約・MNP乗り換えを決心したら契約内容の確認をしましょう! プランとか支払ってきた料金とか。 契約内容はイオンモバイル公式サイトの マイページで確認できます。 マイページでは、以下の確認・設定ができます。 お知らせの確認• 高速データ通信容量追加• プラン変更・取り消し• SIMカード・ ICCID情報の確認• 料金明細の確認• 契約情報の確認• マイページ登録情報の確認・変更• 050かけ放題申込書のご請求 残念ながら マイページで解約・MNP乗り換えの手続きはできません。 プランとこれまで支払ってきた料金を確認してください。 一覧の 明細をタップすれば明細を確認できます。 消費税とユニバーサル料を足して、 月額料金1,211円です。 契約内容を確認してから解約・MNP乗り換えを進めていきましょう。 イオンモバイルの解約方法 それでは、イオンモバイルの解約をしたので、解約方法を紹介します。 前述した通り、イオンモバイルの解約・MNP乗り換えの手続きは、 電話または店舗受付のみです。 マイページでは手続きはできません。 お客さまセンター 0120-025-260 電話でも親切に対応してくれます。 わからない方は近くのイオン(店舗)で直接手続きをしましょう。 ICCIDの確認方法 なお、解約・MNP乗り換えには、 ICCIDが必要です。 クリックできる場所と判断するには難しいUIですが、準備しておきましょう。 ICCIDはSIMカードがはまっていたプラスチックにも記載されています。 保管していたら確認してください。 MNP乗り換え MNP乗り換えは、解約・MNP乗り換えの電話手続きが終われば、 4~5日程でマイページで確認できるようになります。 MNP乗り換えするには、 タイムラグがあるので注意しましょう。 SIMカード返却先 解約手続きが済んだSIMカードは、返却する必要はありません。 自分で破棄しましょう。 記念に取っとく? 以上が イオンモバイルの解約・MNP乗り換え方法になります。 他のおすすめMVNOに乗り換えよう! 最後に、 イオンモバイルの解約・MNP乗り換えを検討中の方に、私のおすすめ・を紹介します。 楽天モバイル は 契約回線数No. 1のMVNOです。 ドコモ回線と au回線の格安SIMを選べ、スマホのラインナップも豊富です。 楽天スーパーポイントを貯められるし、支払いにも使えます。 1のMVNOです。 ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の格安SIMを販売してるのが大きな特徴! 「」というファンサイト(コミュニティ)が老若男女に支持されています。 契約プランより多く、データ容量が使える楽しいサービスがいくつもあります。 イオンモバイルより安くたくさんデータ通信ができますよ! ラインモバイル は、 契約回線数伸び盛りのMVNOです。 ドコモ回線と ソフトバンク回線の格安SIMを販売しています。 プランによって、「」やfacebook・twitter・Instagramなどを カウントフリー(通信し放題)で使えます。 また、をカウントフリーで使えるプランも! LINEをしている方は、写真や動画など、データ容量を気にせず通信をしていけます! LINEで 本人確認や ID検索ができるのも魅力です。 UQモバイル は、auのサブブランド的MVNOです。 携帯キャリア並みの通信速度に定評があります。 au回線対応スマホを持っていれば、のみ買うこともできます。 月額1,980円から。 があり、2回線目以降は 月額500円引きになるので、家族みんなで安く使うことができます。 通信側の安定さと速さを求めるならUQモバイルがおすすめです! 以上4つがイオンモバイルからの乗り換え先としておすすめのMVNOになります。 叔母が長い事イオンモバイルの音声通話SIMを使っているので、そろそろMNP乗り換えの提案でもしようかなw 関連 参照 UQモバイルは、 キャッシュバックキャンペーンで安く導入できるので、他社よりもコスパが良い印象です。

次の