上弦の鬼。 【鬼滅の刃】上弦の四【半天狗】のクズな鬼の過去とは?|おさるの空飛ぶリンゴの見つけ方!

十二鬼月のメンバー!上弦、下弦の全キャラクター解説【鬼滅の刃】

上弦の鬼

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】上弦の肆 半天狗 はんてんぐ) 半天狗は、名前に天狗と言う文字が入っていますが、鼻は高くありません。 怖い顔をしているのに、発言は「不吉」などネガティブなものが多いです。 半天狗の能力は 分裂して新たな鬼を作り、若返ることです。 喜怒哀楽の4体に分裂し、さらに4体が合体して僧珀天という鬼になります。 積鬼は、怒りっぽく、錫杖を持っていて雷を呼びます。 可楽は、楽天家のようで、ヤツデの葉のような大きな扇を武器にして、無一郎を軽く吹き飛ばしてしまいます。 空喜は、喜びの感情を持ち、翼を持っていて空を飛ぶことができます。 口から音波のようなものを出し攻撃します。 哀絶は、哀の感情を持ち、槍を使って戦います。 最終形態の僧珀天は、全部の能力を使うことができる最強の形態です。 そして 半天狗の本体は、心臓に入ってしまうくらい小さいサイズです。 自分の分身の4体が鬼殺隊と戦っているとき、本体はその陰に隠れながら戦います。 しかし首が固すぎて刀が折れるくらいなので防御力は強いです。 スポンサーリンク まとめ 140年もの長い間、鬼殺隊に倒されることもなくあらゆる悪の限りをつくした十二鬼月上弦。 無惨でさえ、 代替の利き辛い希少な手駒と評価しています。 メンバーも変わっておらず、鬼殺隊の最高位の剣士・柱を何人も倒して来たという事を物語っています。 しかし何らかの悲しい過去を持っていて、人間時代の悩みや苦しみから地獄に足を踏み入れた者たちです。 血を与えることで鬼に変えることができるため、そういう者たちをスカウトしているのでしょうか。 現在炭治郎や柱が上弦の鬼と戦っていますが、 その速さや威力は以前戦った下弦の鬼とは比べ物にならないほどです。 上弦の鬼たちの身体能力と超再生力はさらに極まり、加えて応用範囲の広い血気術をすべての攻撃等に上乗せするものも多くなってきています。 その戦力は人間の手に届く範囲を大きく超えてしまっています。 鬼滅の刃は、主人公の炭治郎が自分以外の誰かのために努力をしてだんだん強くなっていくという、思わず主人公を応援したくなる話です。 強くなる目的が、鬼になってしまった妹を人間に戻すことです。 もう応援しないわけにはいきません。 それに対しての敵、十二鬼月のキャラクターが個性的で、強く魅力的です。 身体能力で完全に鬼に劣っている人間が、鬼殺隊としてこれから戦っていくのでしょうか。 鬼達ももとは人間で、過去の記憶がなかったりするだけなのです。 その過去がこれからも大きなカギとなるのでしょうか?.

次の

【鬼滅の刃】上弦の参、猗窩座(あかざ)の泣ける過去、鬼になった悲しい理由が、、、

上弦の鬼

十二鬼月「上弦の参」猗窩座の性格 煉獄さんを殺した鬼、炭治郎にとってはにっくき相手でもあり、因縁は強い鬼となります。 性格は強さを求めている鬼であり、強ければ人間でも好き、という強さにしか興味がないタイプの鬼となります。 そのため炎柱の煉獄さんをスカウト(鬼になれと)しにきたりしています。 また女性は食べない主義なようです( 童磨談) 戦闘スタイル 素手です!武器特にないです。 変化系なものがないのですが、回復力、回避能力、攻撃力がものすごく高い、要は弱いところがない優秀な戦闘タイプの鬼となります。 上弦の参。 全身に刺青が入った鬼。 初めて登場した上弦の鬼である。 猗窩座の過去は? では本題です。 猗窩座の本名(人間だった頃の名前)は 狛治 となります。 この頃病気の父と暮らしていて、父は寝たきりとで暮らしは貧しく狛治は父の薬の代金のために盗みを繰り返して薬を買い父の病気を治そうとしていました。 そのため捕まることも多く 厳罰を受け、 腕に罪人の入れ墨を入れられていました。 その入れ墨が6本目になったとき父親は首を吊って自殺をします。 遺言として 「真っ当に生きろ、まだやり直せる。 俺は人様から金品を奪ってまで生き続けたくはない。 迷惑をかけて申し訳なかった」 その遺言は、父のためなら自分は死んでもかまわないと頑張ってきた狛治にとってはとても残酷なものでした。 慶蔵と恋雪の出会い 父親が亡くなった後は、特に理由もなく喧嘩に明け暮れていましたが、ある日 慶蔵という男に出会い、自分の道場にこないかと勧められます。 慶蔵には身体の弱い娘がいて、妻は看病に疲れ自殺を図っていたり、隣の道場から嫌がらせを受けていて門下生がいないことなどを聞かされ、娘の看病を頼まれました。 慶蔵の娘の名前は恋雪 寝たきりで咳をする恋雪をみた 狛治 は父親を思い出します、 狛治はその後看病をしながら慶蔵から武術を学ぶ毎日を過ごしました。 看病をしている際 恋雪と花火を見に行く約束をしたりもしています。 月日は流れ 恋雪の体調も少しずつ良くなり 狛治は慶蔵に道場を継いてほしいと言われます 狛治はまだやり直せるかもしれないという思い、慶蔵と恋雪のことを命を懸けて守りたいと思いました。 そして初めて会った頃の約束を果たし、恋雪と花火を見に行きました。 そして恋雪から「狛治さんとのささいなお話で嬉しいことがたくさんありました。 私は狛治さんがいいんです。 私と夫婦になってくださいますか?」 逆プロポーズをされます。 狛治は手を握り泣きながら答えます。 その幸せは長くは続きませんでした。 狛治が父親の墓参りに行った帰りに事件は起こります 恨みをもっていた隣の剣術道場の人間が 慶蔵 の家の井戸に毒を入れ、その水を飲んだ慶蔵と恋雪は死んでしまったのです。 狛治が帰ってきたときには、二人はすでに亡くなっていました。 狛治はまた大切な人を失ってしまいました。 無惨との出会い 狛治は、隣の道場へ向かい67人を殺害します(素手で) 返り血を浴びたまま 狛治 があるいたとき無惨様と出会います。 無惨様の攻撃を受けて、狛治は鬼となります。 このとき 狛治 はもうすべてがどうもいいと思っていました。

次の

十二鬼月 (じゅうにきづき)とは【ピクシブ百科事典】

上弦の鬼

十二鬼月「上弦の参」猗窩座の性格 煉獄さんを殺した鬼、炭治郎にとってはにっくき相手でもあり、因縁は強い鬼となります。 性格は強さを求めている鬼であり、強ければ人間でも好き、という強さにしか興味がないタイプの鬼となります。 そのため炎柱の煉獄さんをスカウト(鬼になれと)しにきたりしています。 また女性は食べない主義なようです( 童磨談) 戦闘スタイル 素手です!武器特にないです。 変化系なものがないのですが、回復力、回避能力、攻撃力がものすごく高い、要は弱いところがない優秀な戦闘タイプの鬼となります。 上弦の参。 全身に刺青が入った鬼。 初めて登場した上弦の鬼である。 猗窩座の過去は? では本題です。 猗窩座の本名(人間だった頃の名前)は 狛治 となります。 この頃病気の父と暮らしていて、父は寝たきりとで暮らしは貧しく狛治は父の薬の代金のために盗みを繰り返して薬を買い父の病気を治そうとしていました。 そのため捕まることも多く 厳罰を受け、 腕に罪人の入れ墨を入れられていました。 その入れ墨が6本目になったとき父親は首を吊って自殺をします。 遺言として 「真っ当に生きろ、まだやり直せる。 俺は人様から金品を奪ってまで生き続けたくはない。 迷惑をかけて申し訳なかった」 その遺言は、父のためなら自分は死んでもかまわないと頑張ってきた狛治にとってはとても残酷なものでした。 慶蔵と恋雪の出会い 父親が亡くなった後は、特に理由もなく喧嘩に明け暮れていましたが、ある日 慶蔵という男に出会い、自分の道場にこないかと勧められます。 慶蔵には身体の弱い娘がいて、妻は看病に疲れ自殺を図っていたり、隣の道場から嫌がらせを受けていて門下生がいないことなどを聞かされ、娘の看病を頼まれました。 慶蔵の娘の名前は恋雪 寝たきりで咳をする恋雪をみた 狛治 は父親を思い出します、 狛治はその後看病をしながら慶蔵から武術を学ぶ毎日を過ごしました。 看病をしている際 恋雪と花火を見に行く約束をしたりもしています。 月日は流れ 恋雪の体調も少しずつ良くなり 狛治は慶蔵に道場を継いてほしいと言われます 狛治はまだやり直せるかもしれないという思い、慶蔵と恋雪のことを命を懸けて守りたいと思いました。 そして初めて会った頃の約束を果たし、恋雪と花火を見に行きました。 そして恋雪から「狛治さんとのささいなお話で嬉しいことがたくさんありました。 私は狛治さんがいいんです。 私と夫婦になってくださいますか?」 逆プロポーズをされます。 狛治は手を握り泣きながら答えます。 その幸せは長くは続きませんでした。 狛治が父親の墓参りに行った帰りに事件は起こります 恨みをもっていた隣の剣術道場の人間が 慶蔵 の家の井戸に毒を入れ、その水を飲んだ慶蔵と恋雪は死んでしまったのです。 狛治が帰ってきたときには、二人はすでに亡くなっていました。 狛治はまた大切な人を失ってしまいました。 無惨との出会い 狛治は、隣の道場へ向かい67人を殺害します(素手で) 返り血を浴びたまま 狛治 があるいたとき無惨様と出会います。 無惨様の攻撃を受けて、狛治は鬼となります。 このとき 狛治 はもうすべてがどうもいいと思っていました。

次の